iDeCoや退職金の税制改正の方が気になるけど・・・

おはようございます。
気のせいか、休みの日は雨が多いような気がします。
ちょっと残業が続いており、ぐったりしているので今日はまったりしようか、でも少しはお出かけしないといけないな、なんて思っています。

もう年末も近くなり、税制改正について新聞やニュースで見ることが多くなってきましたね。
ニュースなどで取り上げられるのは、富裕層の増税(給与の控除など)や年金控除などの話題ばかりですね。

でも、個人的に気になっているのは、退職金の税制と公的年金の改正ですね。
ということで、前回の税調の中間報告を見てみました。こちら
退職年金税制(15ページ)については、これまでも書いてきましたが、20年以上務めた人の退職控除は優遇されていました。それを、年数に関係なくする(ざっくり言うと、今までは20年未満は40万×勤続年数、20年以上(の部分)は70万×勤続年数)が変わってくる(例えば60万に統一など)可能性があります。

これは、働き方の多様化という面ではそのとおりかなと思います。
つまり、10年勤めた方も、20年以上務めた方も同じ考えで控除されるので、終身雇用前提でなくなりつつある時代にあっている気がします。
ただし、退職が近い方や、早期リタイアを目指す方は増税になるのかどうか、気になるところですね。

もう一つは、公的年金(13ページ)がどうなるかです。
日本の税制はEET型と言われているが、Tの段階が実質Eではないか?という問題意識ですね。
よく分からないので調べてみると、拠出時、運用時、給付時でE(Exempted:非課税)かT(Taxed:課税)かで、EET型やらEEE(t)型というそうです。

zeiseikaisei nenn

議論でもどなたかがおっしゃっていましたが、これは個人が読んでも分かりませんよ!
というか、個人がこれを読むと思って議論されていたので驚きでした(笑)

資料だけ見てもよく分かりませんが、iDeCo(個人型確定拠出年金)は、確かに給付時は人にもよりますが、ほとんど課税されない制度(EEEに近い)ですので、見直しされるのか気になりますね・・・

今回は、初めて議論の模様の動画をゲームをしながら聞いたのですが、公的年金の議論は、今後の課題というニュアンスの発言もあったので、今回は反映しないのかな、と思っています。
でも、普通の人は動画や資料がアップされていても、見る気にはなりませんよね・・・

いずれにしろ、12月には与党税調でとりまとめがあるそうなので、その頃にはどうなるのか分かりますね。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

久々にETFから配当(分配金)がきました!

ちょっとしたメモです。

はい、私はETF(上場インデックスファンド日本高配当)を少し保有しています。
もう、かれこれ5年以上前に購入したものです。

おかげさまで、最近の株価の上昇もあってか、含み益も50%近くになっています。
おそらく、1年後ぐらいには下落している気もしますが、評価損が出るまでは保有するつもりです。

これだけの評価益を持っているというのは、他の資産がマイナスになった時の精神安定剤になります。
日本株にはそれほど楽観はしていませんが、悲観もしていません。
マイナス要因は、日銀がいつ売却するのか、という点でしょうかね。

いずれにしろ、今回配当をいただいて、年利で計算すると2.5%程度でしょうかね。
微々たるものですが、預金と比較すると100倍?ぐらいでしょうかね。

大きくリスクをとる必要はありませんが、無理のない範囲で少しリスク資産にも預金を振り向けてみませんか?
今週は、明日頑張ればお休みですね!

平凡な毎日ですが、もう少し頑張ってみます。

教育無償化って難しい、けどやった方がいいよね!高等教育は不要だけど・・・

今日は、寒かったですね。
はい、私はメタボコートがあるので、まだコートは不要です(笑)
冬でも、コートを着ると電車の中で汗をかくフェニックスです・・・

朝は、比較的早く出るのですが、今日は珍しく2人もママさんが乗車してきました。
だいたい電車では新聞を読んでいるので気づいていなかっただけかもしれませんが、今日は赤ちゃんの笑い声が聞こえて、思わず見てしまいました。

赤ちゃんは、かわいいですね!
こう見えて、子供には優しくしなければ、なんて思ったりしています。
でも、ママさんは大変ですね、朝早くから重たい?赤ちゃんを抱っこして、満員電車に揺られて、泣き出したら申し訳なさそうな感じで、保育園に連れて行って、たぶん会社でも気を使って、子供のいない私には頭が下がります。
あっ、その前に結婚もしていませんでした・・・

でも、教育無償化ってどうなるんでしょうかね?
認可外に入っているということは、ある程度所得があるような人の気もしますが、一方で、認可外にも入れない人もいるんですよね?

そして、富裕層でも子供がいる世帯は増税しないといっていますが、一方で、子供が欲しくてもできない人もいると思ったりします。

残念ながら、現在の財政状況を考えると、全ての人が満足できる方法はなくて、大多数の人がまあ、それならしゃあないか、と思える方法しかないんですよね。
だから、色んな批判はあるでしょうが、少子高齢化の時代、やらないよりはやった方がいい気はするんですね、子育て支援は。

いずれにしろ、今朝出会った赤ちゃんが大人になる頃に、住みやすい日本であってほしいな、なんて思った今日この頃です。

でも、大学なんかは、本当に勉強したければ、夜間やら奨学金で十分な気がするけど、夜間大学って今はないのかな?

そんなことより、独り身のおいらは、酒でも呑んで温まって寝よう。

神宮外苑いちょう祭り!

昨日は、呑みすぎてしまいました。
久々にジムビームを買ってしまい、呑んでいたら9時過ぎには寝てしまったようで、0時頃に目が覚めてしまいました。
その後スマホゲームをしたのが失敗で、2時過ぎまで起きていました。
気が付いたら、今日は起きたら6時を過ぎていました。

今日は天気がいいだろうから、富士山が見れるところに登りに行こうかと思っていたのですが、ダメ人間です。
で、気を取り直して都内の紅葉を見に行きます。

神宮外苑ですが、久々です。
そういえば国立競技場を立て替えているんですね、記念にパチリ。
IMG_2478.jpg

これが、有名ないちょう並木ですが、人が凄い!!
IMG_2481.jpg

いい天気です!
IMG_2487.jpg

少し離れたところで、森の工芸職人展がやっています。
少し心が動かされたのですが、家には置くところもないので諦めました。
IMG_2492.jpg

これもいい感じですね、来週あたりが見ごろでしょうかね?
IMG_2494.jpg

公園では、売店などがいろいろと出ていましたが、人が多くて新宿で食事です。
お気に入りの蕎麦、嵯峨谷で、150円のビールを頼みました。

昼ビールを飲むと、一気にやる気がなくなって、家に戻ります。
来週こそは、富士山が綺麗に見えるところに登りに行きたいものです。

IMG_2499.jpg

それにしても、いちょうだけでこれだけの人が、綺麗ですけどやはり時間を使うならどこかに登った方が楽しめますね。
さ、鍋の準備をしよう。今日は半額の春菊も手に入れました!!

日銀黒田総裁の2つの懸念

今日は朝から寒いですね。
朝からネットゲームなんかをしつつ、寒さをしのいでいますが、先日記載した「債券バブル」なることを調べてみようかと思いました。
でも、よく分からないですね・・・

ということで、日銀の黒田総裁がスイスで講演をされた記事にたどり着いたので、読んだメモです。資料はこちら

日銀の総裁任期も来年4月までとなっており、これまでの政策の総括と課題という感じで講演(あくまで私の感想です)されていたので、頭の整理に残しておきます。

これまでの日銀の主な政策の経緯は以下のようなものです。
1999年にゼロ金利政策を導入。
2001年には量的金融緩和を導入。
2013年には、量的・質的金融緩和(強力なコミットメント、大規模な長期国債の買い入れ)を導入。
2016年には、イールドカーブ・コントロールを導入。

もうゼロ金利を導入してから20年近くになるんですね・・・
なのに、デフレから脱却できるのかどうか、個人的には未だに疑問を持っています。

そして、2点課題を挙げていらっしゃいます。
第一の課題は、人々に根付いたデフレマインドを、どのように払拭していくかということです。
第二の課題は、2%の「物価安定の目標」に向けて最も適切と考えられるイールドカーブの形状を、どのように把握するかということです。

その中で、気になるのは、
「一方、より長めの金利については、保険や年金といった金融の社会インフラの機能と強い関連があると考えられます。このため、長期・超長期金利の過度な低下は、これらの運用利回りに対する不安感などを惹起し、マインド面を通じて経済に影響を及ぼす可能性に留意する必要があります。
このほか、金融仲介機能への影響という点では、最近、「リバーサル・レート」の議論が注目を集めています。これは、金利を下げすぎると、預貸金利鞘の縮小を通じて銀行部門の自己資本制約がタイト化し、金融仲介機能が阻害されるため、かえって金融緩和の効果が反転(reverse)する可能性があるという考え方です。日本の場合、日本の金融機関は充実した資本基盤を備えているほか、信用コストも大幅に低下しており、現時点で、金融仲介機能は阻害されていません。ただし、低金利環境が金融機関の経営体力に及ぼす影響は累積的なものであるため、引き続き、こうしたリスクにも注意していきたいと思います。」

ここは、個人的には非常に懸念している点です。
1つは、金利低下により個人はいくら貯蓄をしても資産が増加しないという面です。
一方で、富裕層などは預金ではなくより高い利回りを求めて、不動産や株などに投資を振り向けるしかなく、資産価額が上昇しすぎているのかという点ですね。

そしてもう1つが、金融機関への影響、既に、メガバンクが人員整理というか業務量の削減、支店の閉鎖を発表しています。
これ自体は、フィンテックやAIの進歩といった面、人口減少という流れの中で見る面と、マイナス金利によるコスト削減という面がありますね、きっと。

そして、より気になるのがやはり地方銀行などへの影響ですね。
メガバンクは海外に進出したり、フィンテックなどを活用して収益獲得、効率化を図ることができますよね。
でも、地銀にそこまで体力があるのか疑問ですよね。
既に金融庁は色々やっているようですが、地方経済は地銀や農協系、公務員と少ない有力中小企業で持っているんですよね。

このままマイナス金利が継続した場合、どうなるのでしょうかね?
少し心配してしまいます。

いずれにしろ、黒田総裁とすると粘り強く強力な金融緩和を続けていくそうです。
低金利ともしかすると来るかもしれないインフレに備えるとなると、やはり適切なリスクを図りつつ、投資するしかないですよね。

そんなことを思った、寒い土曜日の朝でした。

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイアを目指しています。
軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)を楽しみつつ、少し投資して資産形成を中心に、日々のくらしを記載しています。

なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR