【記事紹介・年金】年金の繰り下げ支給に落とし穴がいっぱいあるの!?

今日も、禁酒しているフェニックスです。
平日はなるべく呑まないように気を付けていますが、月曜日呑んでしまいましたのでまだ今週は2日目です。
最低週に2日は禁酒したいと考えています。

それはいいとして、今日はダイアモンドオンラインにいい記事が掲載されていたので、紹介とともに、今後のためにメモしておきます。

書いていらっしゃるのは、深田恭子さんではなくてFPの晶恵さんです。
「年金は70歳受給開始にすると42%も増えるが、落とし穴も!」という記事で、内容が良かったので、今後のためにメモです。記事はこちら

1 年金を繰り下げ支給するとどうなるの?
ご存知の方も多いかもしれませんが、年金の受給開始は65歳からですが、支給開始年齢を70歳まで遅らせると、なんと年金額が42%も増加するんですね!
詳しくは記事を見ていただければいいのですが、1か月遅らせると0.7%ずつ増加するという制度らしいです。
試算では、年間200万円だとすると年84万円、1月では7万円増加するそうです。
仮に100歳まで生きたとすると、2,520万円(84万×30年)増加するので、5年間我慢すると1,000万円(200万×5年)ですので、1,520万円増加するんですね!

65歳以上に収入が全くなくても、1人暮らしであれば750万ぐらいあれば5年ぐらい耐えられそうかな、なんて漠然と思っていましたので、65歳時点で老後資金を見ながら繰り下げ支給もありかな?なんて考えていました。

2 繰り下げ支給の注意点
① 社会保険料が増加して手取りは33%の増加にとどまる
記事の試算によると、繰り下げで42%支給額が増加するそうですが、その分介護保険などが増加するため、実際は33%の増加にとどまるそうです。
こういう大事なことは、なかなか教えてくれないので大事ですよね。
② 遺族年金は繰り下げ前の支給額で計算される
これは私には関係ないですが、旦那さんが亡くなった場合に奥さんが貰う遺族年金は、繰り下げても関係ない!えー、ひどいですよね・・・
③ 医療費も収入に応じて負担があるよね
これは、記事にはありませんが、医療費や介護の負担も収入が現役並み(年収370万以上)だと負担は重くなりますよね。
これは、私の過去記事を参照してくださいこちら

3 結局はどうしたらいいのか?
これは、残念ながら、正直分かりませんね。
各人が持っている金融資産や収入に応じてということになりますね。
年金は、長生きリスクに備える保険のようなものだと考えると、我々世代は90歳近くまで生きる可能性がありますよね。その時に、毎月5万円近く支給額が増加する、というのはメリットでもあります。
そして、記事にもあるように、市町村の保険料もなんと26%近く増加するそうです!

4 まとめ
これはあくまでも、現在の制度設計であって、2025年問題が訪れるころには、もっと制度が改悪されている可能性が十分あります。
これは、保険料の増加や、医療費などの負担の増加という改悪です。
なので、少しでも若いうちから投資をして資産形成をするということとともに、制度がどうなるのか勉強するしかないですね!
そしてもう一つは、社会保険料などは市町村に応じて負担状況が異なることです。
ですので、リタイア後にどこに住むのか?ということを考えている場合は、市町村の保険負担がどの程度なのか、ということも考えて移住先を決める必要がありますね。
(ここはリサーチ不足なので、今後もう少し調べます)。

これがあてはまるのか分かりませんが、協会けんぽが都道府県別の保険料を掲載しています。
こちら

最近遊んでばかりでしたので、また空いている時に色々と調べて行きたいと思います。
もしいいサイトなどあれば、教えていただけると嬉しいです。




にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【書評】中韓とは分かり合えない!?「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」を読んで。

今回は、ケント・ギルバート著の「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」(講談社+α新書刊)です。
以前、そこそこ話題になっていた本だったので、ちょっと手に取ってみました。

韓国は、平昌オリンピックが開催されていますが、相変わらずひどい韓国の国民性が表れていますよね。
ショートトラック競技で、韓国選手が失格になった腹いせに、カナダ人選手をSNSで批判し続けることがありましたよね。
それだけなら愛国心なのかな?なんて思ってしまいますが、あろうことか、パシュートで自国の選手まで批判するなんて・・・ま、いろいろとあったようですが。

韓国とは未だに慰安婦問題があったり、中国とも一生分かり合えることなんてないのかな、と漠然と思っていましたが、今回、この本を読んで改めてそうなのか、ということとこれまでの中韓のしてきたことを思い出しました。

中韓は、道徳心を忘れた儒教思想(過度な上下関係)に依存していて、日本を下に見ていると、そして自己中心的であり、歴史認識も自己都合で現実を歪めているということのようです。

私自身、正直これまで歴史などについて詳しく勉強してきたわけではないので、米国人であるケント氏がもうちょっと日本人よ、勉強しなさいと言われているようで反省しました。

そして色々と言われていますが、安倍総理が長期政権であるからこそ、中韓ともにこれまでほど無茶をしなくなっているのかな、なんて思ったりもしました。
専門家でもないと、過去のODAやアジア通貨危機の日本からの支援にも感謝もしないこと、PKOの銃弾供与や、それ以外でも中韓の非礼な発言なんて、すぐに忘れてしまいますよね・・・
さすがに、総理大臣であれば、全て報告を受けているでしょうから、甘い顔をすると付け込まれるということを身に染みて分かっているでしょうから、外交面ではやはり1年で交代するよりは、5年ぐらいはしっかりと政権を運営するというのは大きいですね。

そして、やはり個人的には武力よりも情報戦にしっかり対応できる機関が日本にも必要かと思いました。もしかしたら、国民が知らないだけであるのかもしれませんが。

でも、小平選手とイ・サンファ選手のような関係もあるので、一概には言えないんでしょうが、彼女は若いうちから世界の舞台で活躍しているので、考え方が韓国人ほど凝り固まっていないのでしょうかね。

少し日本びいきの感じもしますが、今の日中韓の関係や、仕事で分かり合えない時などに、少しこういう考えなのかな、という時に参考になるかもしれませんね。




にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【記事紹介】又吉直樹氏、人生100年時代について!

IMG_3275.jpg

週末は、土曜日はメタボ解消のためプールで目の保養に行ってきました。
そして、日曜日は「いいね!地方の暮らしフェア」というイベントを覗きに行ってきました。
このようなイベントは初めての参加ですが、地方都市(宮城、福島、長野、三重、滋賀、鳥取、岡山、広島、山口、徳島、高知、宮崎)が地方の暮らしを紹介するというものです。

池袋サンシャインであったのですが、AKBのチーム8というアイドルが参加するということもあってか、どうやら移住を考えているよりも、追っかけ?でしょうか、ファンの方が多かったように感じました。
ちょっと思っていたのと違ったので、目ぼしいところのパンフレットを貰って帰るという感じでした。
IMG_3287.jpg

ただ、将来はどこか地方都市で、地方の活性化につながるようなこともやりたいな、なんて漠然とした思いがあります。
はい、現実逃避の面があるのは否めませんが、私が投資しているのは、今の仕事をリタイアしたいということだけで、完全なリタイアは、今のところ考えていません。
人生100年時代、転職もしたこともないので同じ仕事を50年近く勤めるなんて、ぞっとしませんか?

個人的には、できれば今の仕事は30年程度(50歳頃)までにはリタイアして、次の生活(ゆるく20年~30年)を考えたいと思っています。

で、やっと本題ですが、今日の日経新聞に「又吉直樹さんに聞く 人生100年時代の備え」という記事が載っていました。

そこで又吉さんがおっしゃっているのが、
「これまで60歳定年だったのが、80歳まで働かなければならない。モチベーションの維持が大変ですよね。」
「40歳ぐらいで次の人生の選択を考えて準備する必要があるなと、これからはそれを当然のことと考える必要があるのではないでしょうか。」
とのことです。

私もまったく同じ感じなんですね。
いいか悪いかは別にして、これまでも書いてきたように、典型的な日本企業に勤めていると40歳ぐらいには自分の先が見えてくるんですよね・・・
私の場合も、同世代の中では比較的恵まれていて役職では上位10%ぐらいにいるのですが、上位5%ではないんですよね・・・
というよりも、同じ会社で65歳や70歳まで働く、しかも東京のラッシュで通勤してなんて考えたくもないというのが正直な感想でしょうか。

私も、40代半ばの部類なので、次のステップを考えない時期だと感じているところです。
働く場所もそうですが、次のステップで何をするのか、悩ましいですね。

今回のイベントは、AKBが出演しているということもあって、地方の紹介、興味を持ってもらうという感じのイベントだったのでしょうが、今後もどこに住むのか、後はやはり何をやるのか、という観点でこのようなイベントがあれば参加していきたいと思っています。

ただ、地方の移住や仕事の紹介、体験などを見ていると45歳までの方を対象に支援するというものが多い気がします。
もし、将来地方への移住や、地方で農林水産業への就業を考えている方は、早めに考えたほうがいいかもしれないですね。
人生100年時代ですので、70歳、80歳まで働くことを考えると、50歳ぐらいまで支援の対象を広げるという考えがあってもいい気がするんですけどね・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【祝・金メダル】フィギュアスケート羽生選手!

おはようございます。
昨日は、平昌オリンピックで待ちに待った日本選手、金メダルが出ましたね!
期待通りの活躍の羽生結弦選手!!

凄いですね、これまで高木選手、小平選手、高梨選手、葛西選手、平野選手、渡部選手などなど、金メダルが期待されながら、惜しくも逃してきました・・・
でも、大大大本命の羽生選手、ケガを乗り越えての二連覇!
凄いの一言です。

羽生選手はなんだか修道僧のような感じですね、別次元のように思えます。
同じ雰囲気のある小平選手にも期待したいと思います。

がんばれ、NIPPON!!


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産クラス別リターンの推移(ドル・円建て2007-2017年)

おはようございます。
昨日は、羽生選手のフィギュアスケートSP終わって1位ですね。
今日のフリーも楽しみにしたいと思います。

今回は、ドル高が進んできたので、過去の資産クラス別リターンとの円とドル建て別、そして過去のドル円平均レートの推移とともに確認しました。
データは、例によってモーニングスターさんのINDEXを使わせていただいています。
doruenn index10years

これで何が分かるのかというと微妙ですね。
ドル円は年間平均レートを使用しているため、分かりづらいですが2013年のように20円近く円安が進んだ時に、先進国株の円建て資産も大きく上昇しているのが分かりますね。
そして、円高に進むと、やはり日本株が下げる傾向にあるのが分かると思います。


現在の為替レートが106円前後になってきていますので、2014年頃の水準ですね。
その頃の日経平均は16,000円前後、その後の世界的な景気回復を見込んで現在は22,000円近くですね。
この水準が適正なのかどうかは分かりませんが、円高水準がこのまま続くとなると日本株にもいずれ調整がくるのかな?なんて思っています。

いずれにしろ、単純にドル円相場で株価がどうなるのかなんてことはなかなか読めないわけなんですね。

合わせて、ここ1年の月間資産クラス別リターンの状況です。
index0217.png

去年1年間は日本REITが下げているみたいですね。
最近REITは、今後の金利上昇や既にバブルのような気もするので投資を控えていましたが、つみたてを再開しようかなと考えています。

メインは株式ですが、国内外のREITや金もスポットで購入しています。
REITについては、ある程度つみたてが進んだところで、ETFに乗り換えると分配金もそれなりにいただけるのと、インフレに備えるというスタンスです。

個人的には、もう少し円高と株価の調整が進んでほしいんですけどね。
山が高いほどその後の谷も深くなるなんて思いますが、どうなるでしょうか?

考えても仕方がないので、今日は、さぼり気味だったプールで目の保養でもしてこようかなと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイアを目指しています。
軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)を楽しみつつ、少し投資して資産形成を中心に、日々のくらしを記載しています。

なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR