リスク資産は100-年齢!?

今日は東京マラソンでしたね。
よく分かりませんが、国内最高記録が出たそうです。

先日も書きましたが、最近twitterなどもやっていると、いろいろと勉強になります。
昨日も、アウターガイさんさんという方に「ニッセイグローバルリート」には新興国REITも含むということを教えていただき、ビックリでした。ありがとうございます。

同様のたわらシリーズなどを見ても、「日本除く」とは書いてあるので同じに見えるのですが、指数がS&Pグローバル(←こっちはニッセイで新興国含む)かS&P先進国(←こっちはたわら)で、指数が違うんですね。

根がいい加減な私は、ま、いいかというところです。すいません。

ところで、投資のアセットアロケーションについて、年齢を重ねるほどリスクを減少させたほうがいいとして、リスク資産(日本株・先進国株など)は「100-年齢」という本などを見ます。

つまり、徐々に年齢が高くなると日本債券比率を上げるということで、40歳ならリスク資産は60%(債券は40%)、60歳なら40%(債券は60%)ということです。

これについての私個人の見解ですが、必要ないのではないかと現状思っています。
前提として、生活防衛資金をしっかりと貯めている、大きな病気等を抱えているわけではない、退職金が支給されるサラリーマンであるということがありますが。

理由とすると、退職時に退職金が支給されるためということです。
不確実な世の中ですので、退職金を当てにするというリスクはありますが、現状の日本社会では、退職金が老後の資産形成の大きな部分を占めています。
個人的には、退職時に支給するより毎月の給料に上乗せして自分で運用したいと思っていますが、それはおいておきます。

本などを見ていると、老後資金として3,000万円ほど必要とされているようです。
そして、退職金は務めるところによりけりですが2,000万、これを日本債券クラスとして試算してみます。

年齢に合わせて調整する場合と、調整なしで見てみました。

100-年齢だとおおよそこんなイメージです。
taisyoku0226.png

調整して退職金を受けると、こんな感じです。
taisyoku02262.png

一方で、調整しなくても退職金を受け取ると、日本債券クラスが49%となります。
taisyoku02263.png

割合は現在のPhoenix Fundのを調整した場合の目安であり、調整ありは日本債券を60%まで調整、調整なしは今まで通り日本債券を15%で退職を迎えるということです。
調整をかけてしまうと、退職時には76%にまで上がってしまいます。

そう考えると、退職金を考慮すると無理してリスク資産を減少させなくてもいい気がしました。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

投信協会自動積立シミュレーション!インデックスVS人気?アクティブファンド対決!

東京では春の嵐のかんじですね。
もうそこまで春が来ていますね、でも去年あたりから花粉症のようで心配なフェニックスです。

先日、投信協会でファンドの積み立てシミュレーション機能が追加されたというので、早速使ってみました。
サイトは、こちらです。
ファンドを選択して、積立投資計算を選択すると、毎月の積立額などを入力すると、自動計算してくれます。

これはありがたい機能です、パチパチ。
でも、ファンドの検索が面倒くさい、インデックスファンドでもこんなにあるの!?というぐらいあるんですね。
ネット証券では見ないJAとかでてきて、同じ運用会社でも複数あって、選ぶの大変ですね~と思いながら探しました。

あとは、残念ながら5年分しか計算できないんですね。
できれば、今後10年、20年と増やして検索しやすくなるとありがたいですね。

で、せっかくなので、シミュレーションしてみました。5年積み立てで比較できる、eMAXSIS TOPIX(信託報酬0.432%)とアクティブ日本株純資産最大のフィデリティ・日本成長株・ファンド(信託報酬1.6524%)の対決をしました。

結果は、評価額は
sisann0223.png
はい、eMAXISが17,797円上回りました。

収益率も、
syuueki0223.png
eMAXISが2.97%上回っていますね。

ニッセイなどは、5年比較できませんでしたので・・・
これだけで、どうこう言うつもりはありませんが、このように使うと、本当にいいアクティブファンドを探すことも可能かもしれません。

でも、eMAXISは純資産271億、フィデリティが3,427億です。
ただ、設定来でいくとフィデリティはベンチマークを36%近く上回っているんですね。

やはり、5年では分かりませんかね・・・
ファンド選びの手助けになるのかな?

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

eMAXIS乗り換え第二弾!先進国債券編!

あったかいのか、寒いのかわからない今日この頃。
インデックスファンドも多くなってきて管理しづらいと思っていたところでしたので、eMAXISシリーズ先進国株に続いて、先進国債券も乗り換えました。

三菱UFJ国際-eMAXIS先進国債券インデックス は信託報酬0.648%で、ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国債券インデックスファンド は0.1836%です。

これを機に、その他の少額ファンドも一部売却したりしています。
はい、タイミングは分かりませんが、シンプルisベストの考えです。

アセアロの確認など、ファンドが多くなると大変なんですよね~
ただ、基本理念はより低コストへの乗り換えです。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





今の投資環境はいいんですよ!おじさんの独り言・・・

今更ながらtwitterなど見てるとすごいですね。
おじさんにはついて行けない面もあります。
少し疲れたので、週末にブックオフでかった「しんがり」清武英利著なんぞ、読んだりしているフェニックスです。

で、eMAXIS slimでもいろんな意見が出ていますね。
いい悪いは主観的なものもありますのでほっておいて、今の投資環境は昔に比べるといいんですよと、おじさんは思ったりします。

今のインデックス投資ブロガーの方は、インデックスファンドはノーロード(販売手数料なし)が当たり前だと思っていませんか?
でも、10年ひと昔でインデックスファンドを郵便局が確か2%近い販売手数料を取っていた気がします。
ネット証券は、このような環境に穴をあけてくれたわけですね、パチパチ。

そして、販売手数料だけでなく信託報酬も下がっています、
先日も書いたように、昔はおじさんの記憶ではeMAXISは最低の部類だったはずです。
当時は、確か個人投資家との対話も熱心だったはずです・・・

いずれにしろ、その後回転売買の問題、確か裁判もあった気もしますが、金融庁の指導、NISAの導入などの時代の変化を迎えます。

この間も、著名ブロガーの方、FPの方、金融庁の方、ネット証券会社の方の努力があって、今のような低コスト、少額積み立ての環境が整備されているわけです。

そう考えると。今後もwin-win-winの考えであってほしいですね。
運用会社も、適正な利益を取ってしかるべきで、そうでないと我々投資家の未来もありません。

投資家サイドとすると、無駄なコストは削減する、より低コストのファンドに投資するという選択はいくらでもできます。
今日は呑んでいるので、明日にでも保有eMAXISは他のファンドに乗り換えようかと思います。

これだけ選び放題の環境です。
私は傍観者でしたが、様々な提言をしてきた方々に感謝です。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

やっぱり俺はあほうやった・・・eMAXIS喜んでる場合やなかった!

やっぱり俺はあほうやった・・・

偉そうにブログなんてやっていますが、基本頭よくありません、残念ながら・・・
今朝のブログにも書きましたが、eMAXIS先進国株を持っています。
確か販売当初は低コストの部類だったので積み立てていたのですが、今は通常(特定)はたわら、NISAはニッセイにしています。

基本はBuy & Holdですので、アセットアロケーションの確認と低コストファンドが発売されると積立先を変えるかどうか?ということぐらいしかしていません。

ですが、今年になってTwitterで著名な投資マニア(よく勉強してる方)の追っかけ??をしていることもあり、いろんな情報が入ってきます。
既存のeMAXISを「eMAXIS fat」(笑)と呼んでいる方もいたので、改めて信託報酬の確認をしてみると、なんと・・・0.648%(税込)です・・・
3倍とは確かに高いですね!

軽減税率期限切れの頃に一度売却してETFへのリレー投資を行ったことがありますが、それ以降保有ファンドの報告書もよく見ていませんでした←ここがあほうなとこ!!

でも、他の方はきちんと見ていらっしゃるんですよね。反省しています。
で、果たして乗り換えたほうがいいのかどうか?です。
10%ちょっと評価益があるので、譲渡益に税金がかかるしどうしましょう?
0.43%の差だと果たしてどうでしょうか?

これぐらいの差であれば、税金がとられない分乗り換えなくても問題なしですよね。
と思っていましたが、困った時のアウターガイさんです。

Beatrex(リンクに追加しましたので興味のある方は利用してみてください)に「乗り換えコストチェッカー」というツールを開発されています。
評価額110万円、含み益10万円、収益率5%での試算です。
結果は、こちらです。

norikae.png

どうも税金がとられる、という損失回避の行動をとってしまいがちですが、たった0.43%でも5年で逆転ですね!!←ここも行動経済学で説明できる罠!
もっと早く乗り換えればよかった。それにしてもETFへのリレー投資ってあまり聞かなくなったのかな?0.05%程度の差だと、買い付けコスト、配当による複利効果の低減もあるので皆さんやってないのかな~

今朝のブログでも書きましたが、既存ファンドの低コスト化はありえないので、乗り換えが正解です!!
皆さん、乗り換えましょう、って私だけか持ってるの・・・←今さら言ってるあほう

あっ、今度復習も兼ねて亜玖夢博士のこと書こう!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR