遅咲きの桜咲く!iDeCo不備軍卒業!!

今日は暖かい日でしたね。
桜の見納めと、電車で本を読むのが好きなので、千鳥ヶ淵まで遠足です。
で、何を迷ったか、人につられて東御苑に初めて入ってきました。

IMG_0813.jpg

IMG_0818.jpg

江戸城の跡地で天守台があるんですね。
更に、赤穂浪士の松の廊下の跡地もあるんです。

20年近く東京に住んでいながら、こんなところがあるの知らなかった・・・
来場者の7割ぐらいは外国人という感じでした。

周りは高層ビルなのに、自然にあふれたいい場所で、しかも無料で見れるんですね、少し仕事に疲れていたのでいい癒しになりました。

で、iDeCo申請してから、誤記入もあったせいか、1月に申請してやっと口座開設の連絡がきました。

IMG_0821 (5)_LI

仕事が忙しかったのもあり、朝新聞をとるだけで中をよく見ていなかったのですが、10日付でお知らせが来ていたようです。
はい、何事も周回遅れのフェニックスです。
ま、焦る必要はないです。結果的には、この下落局面から始めるというチャンスかもしれません。

まだ申請していない方も、無理に始める必要はないですが、資産形成、ご自身の老後資金について考えるきっかけにしてはいかがでしょうか?


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

金融庁長官が紹介するマルキール氏とエリス氏の本を読んでみよう!

「勧める」は正確ではないかもなので、タイトル「紹介」に変更してます。
金融庁長官森信親氏の講演が「日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナー 「資産運用ビジネスの新しい動きとそれに向けた戦略」における 森金融庁長官基調講演として公表されています。こちら

その中で、「資産運用の世界を代表する思想家であるバートン・マルキールとチャールズ・エリスは、 その共著1の中で、個人が投資で成功するための秘訣として
・ゆっくりと、しかし確実にお金を貯める秘訣は再投資(複利)にあることを認識すること、
・市場の値上がり、値下がりを気にかけず、一定額をこつこつと投資すること、
・資産タイプの分散を出来るだけ図ること、
・市場全体に投資するコストの低い「インデックスファンド」を選ぶこと、

を勧めています。」
として、マルキール氏とエリス氏を取り上げていらっしゃいます。
そして、その著書として「投資の大原則―人生を豊かにするためのヒント」日経新聞社刊が紹介されています。

インデックス投資にはまった方は一度よんだことがある本だと思います。
その他、マルキール氏は、「ウォール街のランダムウォーカー」
エリス氏は「敗者のゲーム」が有名ですね。

これから投資を始める方にはぜひ読んでいただきたい本です。

ところで講演内容は、販売会社には厳しい内容ですね。すでに公表されている、「顧客本位の業務運営に関する原則」の内容ですが、毎月分配型には複利の効果がなくなる、値上がりしているファンドでは、高値掴みの危険性を説明する、手数料の見える化はいいですが、これだけやって高コストファンドまで問題視されると、そもそも販売しなくなるのでは?と思わず思ってしまいます。
あまり規制しすぎると、自由に投資を楽しむということができなくなるような気もしてしまいます。

こういう少し相場が荒れてくると、精神安定剤にもなる本です。
私も読み直そうかな。







にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

東芝問題にみる行動経済学~サンクコスト・コンコルドの誤謬~

昨日は、のんびりと桜を見に行ったのですが、のんびりどころではありませんでした。
土曜日寒かったのもあってか、人が多すぎて落ち着いて花見をするどころではなく、少し見て帰ってしまいました。

IMG_0780.jpg

本題です。
若い方はコンコルドというのを聞いたことがあるでしょうか?
英仏が超音速旅客機として開発した航空機で、マッハ2という音速で航空するという話題になりました。
しかし、残念ながら2003年に全機がリタイヤしました。

もともと、開発途中から採算に合わないことが予想されていましたが、当時で4,000億円近く開発コストをかけていたことから、完成まで突っ走ってしまいました。
このことから、コンコルドの誤謬と言われています。
そして、サンクコスト(埋没費用)の過大視とも呼ばれます。

東芝問題を見ると、この言葉が当てはまるような気がします。
もちろん詳細は分かりませんので、推測の域を出ませんが・・・
東芝は2006年に米国原子力会社に多額の費用をかけて買収しました。
なんだかんだで、6,000億円近くをかけているとも言われています。その結果、1兆円近い損失を出してしまいました。

悲しいことですが、2011年の東日本大震災で原発への信頼性が大きく揺らいでしまいました。そのような中、東芝のような優秀な企業で役員まで務めた方々が経営判断を誤ってしまいました。

なぜでしょうか?
真実は分かりませんが、サンクコストの過大視があったのではないかと思います。
6,000億円ものコストを払ったのだから、何とかしないと経営問題になる、過去の役員への配慮もあったのかもしれません。

そのような中、時代や経営環境が変わってしまったのに、過去に投入したコストを惜しんで、一線を越えてしまったのではないでしょうか?

投資の世界では、ナンピン買いに例えられたりします。
100万円で買った株が80万に下落して、追加購入したもののさらに60万に下落するなんてことが株ではあります。下落におびえて、当初投入予定以上の投資をして、リスクを負ってしまうことになってしまいます

もちろん、ナンピンがすべて悪いわけではありませんが、サンクコストに目を奪われて想定以上のリスクを負うことを戒めているものです。

私も、サブプライムで新興国株が大きく下落して追加購入して、リーマンで吹っ飛んだ経験があります。
それに反して、積立投資は下落局面でも心情に惑わされずに一定額を購入できる、適度にリスクをとることができる投資法です。

下落局面かもしれませんが、過度に投資費用に目を奪われてリスクを負っていないか考えてみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

インデックス投資は普及しない!?

いやー、今日も残業です。
ありえないけど、雇われている以上は仕方ないです。
最近、twitterもしていましたがついて行けずに、スマホからは削除して、自宅PCだけにしようかと思う情報難民です。

で、たわら男爵さんがいい記事を書いています。
インデックス投資を布教してはダメです

「我々インデックス投資家は、アクティブ投資家たちの累々たる死屍を養分として育った森の恵みをありがたくいただくフリーランチャーです。
森が生まれ、鳥獣が育ち、種果が実るためには、養分となるアクティブ投資家の死体が増えれば増えるほど良いことになります。
そして、そのためには、多数のアクティブ投資家たちがやる気になり、株式市場という戦場に参加してもらわねばなりません。
多数のアクティブ投資家たちをその気にさせるには、市場に歪みがあったり、ジェットコースターのように株価が乱高下するのではなく、スパイス程度の多少の値動きがありつつも、大局的には株価が右肩上がりである必要があります。
なぜなら、「自分なら儲かる」と思うからこそ、人はアクティブ投資家になろうと思うからです。」

一部引用なのできちんと読んでくださいね。

私も同感です。

しかし、私はインデックス積立投資の良さを知ってほしいと思ってブログをしています。
インデックス投資は10年以上(記憶では7年?)程度であれば、どの期間であっても、ほぼ利益を生みます。
なので、そのような時間軸を持った方には、知ってほしいということが正しいですかね?

でも、行動経済学の理論で行くと、人間は目先の利益を優先して、そんな先の利益なんてほとんどの方は追い求めていません。
こういうと、そんなことないと思うでしょうが、今1万もらえるのと1年後1万10円もらえるならほとんどの人が今もらいたいというそうです。

デイトレーダーの方や、毎月分配型も同じです。
なるべく早く利益がほしいんですよね。

なので、普及しようとしても残念ながら多くが徒労に終わる気がします。
この人間の経済的に不合理な行動を覆す、販売ストーリーを生み出せれば、普及するのでしょうが、いまだに思いつきません。

でも、たわら男爵さんがばっさりアクティブ派を切り捨てたことによって、目を覚ます人がいるのかな?
私は、インデックス積立はベターですよ、でももしかしたらアクティブもありですよと言って、せこく利益を得ようと思ってたのに・・・

人格の差ですね、スイマセン・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




財形の罠!?

今日は、三連休最終日ということで、朝から久々に近所のファミレスへ。
あろうことか、バイトさんが電波少年の坂本さんみたいな方に代わってた。
前はかわいい女子大生だったのに・・・

この時期だから卒業したのかな?と思い楽しみが一つ減ってしまいました。

その後は近所の公園で、天気が良かったので読書して、スーパー銭湯です。
珍しく2時間近くを過ごしましたが相変わらず混んでいます。
定番のあんま王でリラックスして、久々に行きましたが、いい季節になってきました。

で、先日財形をおススメしたわけですが、twitterの方から異議がありました。
引き出す時に手数料がとられるというのです。
そっか、そこまでは考えていなかったというところです。

いろいろと調べると、振り込みの手数料だけでなく利率も低かったりします。
何より、よくわからん、というかネットでもあまり詳細が出ていないんですね。

払い戻し時に0.2%の手数料がとられるが元本を割ることはないと書いてあることが多いようです。
ご指摘いただいたように、ネット証券で天引き積立するほうが利率なども有利なのは確かですね。

自分できちんと管理できる方は、ネット証券などの有効活用、私のようにギャンブル好きな方、つい使ってしまう方は財形(引き出しづらい)がいいのが正解ですかね?


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR