ちょっと待って!そのセミリタイア早くないですか?

私が投資を始めて10年が経過しました。
目的は人それぞれでしょうが、私はセミリタイアを目的としています。

実際にセミリタイアを考えた場合考えるのは、一番はどれだけ貯めればいいのか、ということですね。それによって、リタイア後の生活水準は大きく変わってきますし、最悪は老後破綻なんてことにもなってしまいます。

金額は人それぞれ、置かれた状況(相続の有無、持ち家の有無、家族構成など)により異なってきますが、私は月15万~20万円でいろいろシミュレーションをしています。

その過程で、最近色々退職した際の税金のことを調べていました。
数少ない詳しい友人にも聞いてみると、ちょっとセミリタイアはもう少し待って可能かどうか検討しなければいけないのかな、と考えています。

それはなぜでしょうか?
もちろん、消費税アップや、社会保障負担の拡大などもあります。
でもそれだけではなく、今後所得税についても大きな見直しが想定され、それによって独身者の負担が増えるかもしれないということです。
その中には、退職所得の控除も含まれているという話を聞きました。

実際には、どうなのかは分かりませんが、昨年の税制改正に絡んで以下のような検討課題が示されています。
zeityou.png

以下は、税制調査会の資料から一部抜粋です。こちら
『個人所得課税において、家族構成などの人的な事情に応じた負担調整を行う「人的控除」の役割の重要性が高まっていると考えられる。したがって、諸外国の制度も参考にしながら、給与所得控除や公的年金等控除のような「所得計算上の控除」と、基礎控除のような「人的控除」のあり方を全体として見直すことを検討すべきである。こうした見直しを通じ、人的な事情に応じた配慮を行うとともに、個々人のライフスタイルに合わせて多様な働き方を自由に選択できるようにすることに寄与することが期待される。』

これだけでは分かりませんが、私の想像では、①高所得者への負担が多くなる、②独身中所得者も負担が多くなる、③低所得者・子供の多い人の負担は軽減される、④年金受給者の負担も変わってくる、という気がします。

色々と税金のことを調べると、面白いもので収入の種類に応じて様々な控除のような仕組みがあります。
私たちが給料をもらってもそれが全て課税所得になるわけではなく、65万円ほどは控除され所得が計算されますし、年金も70万(65歳以上は120万)は控除されます。
更には、基礎控除や社会保険控除などなど、様々な控除があります。

おそらく今後は、収入の種類によって異なる控除をフラット化する、子育て支援も考慮して扶養の多い方の負担は軽減する流れのように思われます。

方向性としては、今の社会情勢を考えれば仕方ないと思いますが、私のような独り者は負担が多くなることを覚悟せざるを得ない気がします。
そして、気になるのは退職金への課税と、年金への課税ですね。

これまでも調べてきましたが、退職金は勤続年数に応じて大きく控除されてきましたが、見直しが進むと1割程度課税されることも考えなければいけないかもしれません。
年金についても、120万円までは課税されませんでしたが、今後はそうはならないかもしれません。

あ、でもセミリタイアすると年金は年間100万円ほどもらえるかどうかだから、そんなに心配しなくてもいいですね。

でも、先日読んだ「未来年表」や最近「下流老人」を読んでいますが、自分の想定が甘かったなと、独り身であること、今は健康ですが徐々に問題も出てくる中、月15万~20万で老後生活を考えると少しリスクが高いかなと感じているこの頃です。
また、2024年には国民の3分の1が65歳以上で、大量年金受給者になる中、税制や社会保険制度が今後どうなるのか、正直全く読めないですよね。

税金や社会保障について、今後も時間を見つけて勉強しながら、セミリタイアを考えないと、億り人や副収入を確保されている方、稼ぐ能力のある方以外は、早まるのはリスクかな、まだまだ先だな、なんて思ったフェニックスでした。

日本の現状とこれからを知るには読むべき本です。


過度に悲観する必要はないですがしっかり準備する必要を考えさせてくれる本です。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

やっと届いた2016年ふるさと納税返礼品!

やっと暖かくなってきましたね。
冬を耐えしのげば春が来る、投資も同じで冬が長くても続けていると春が訪れます。
そんなことを思ったりしています。

で、フェニックスは少しだけふるさと納税をしています。
残念ながら出身自治体には1品しかないので、その他の自治体に。

寄付したのは宮崎県都農町、返礼品目当てです。
呑兵衛のため、霧島酒造の焼酎セットです。

還元率などはあまり深く考えずに、なるべく聞いたこともない町村などを応援したいと思っています。
返礼品はこちら。

IMG_0786.jpg

壮観ですね。
霧島が6本セット、13,000円の寄付で、1本1,000円としても半分近くの還元です。
今年は総務省の指導もあるので早めにしようかと思っています。

なんだかんだで、返礼品が今になるという、何事も周回遅れの人生ですが、自分のペースで十分です。
早すぎるのも疲れますよね。そういえば、iDeCoも音沙汰がないし・・・

寄付の使途が選べるなら、子育て支援などにしています。
結婚、子供を作れないせめてもの罪滅ぼしですが、このような時代にきちんと人並みの責任を果たして子育てしている若者や同世代の方には、感謝です。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

有給休暇って理由が必要?

今日は有給休暇を頂きました。
金曜日に申請を出したのですが、「どうしたの?」と聞かれます。

正直、これがあるため取りづらいんですよね。
考えすぎかもしれませんが、「独身なのになんか用事あるの?」と聞かれているように思ったりします。
で、毎年未消化が10日前後になったりします。

仕方なく、「確定申告の相談と提出です。」と言いました。
いろいろと調べても、理由は言わなくてもいいはずですよね?

私は、後輩が「明日休みます。」と言っても仕事に支障があるかだけ判断して、問題なければ「いいよ。」とだけ答えます。
それだけで十分ですよね?

さらには、有給取ったら次の日に「スイマセン。」や「ありがとうございます。」という人もいますが、私的には言わなくてもいいのではないかと思っていますが、私がおかしいんですかね?

働き方改革というのなら、このへんの意識改革が必要ですよね。

肝心の確定申告ですが、提出に行ったら長蛇の列、朝と昼過ぎに行っても並んでいたので、諦めて郵送にしました。
俺のマイナンバーカードは今どこにあるんだー
全てはこれのせいですが、いろいろと反論はあるのも理解できますが、利便性には勝てません。

こんなことなら18切符で旅に出ればよかった・・・


IMG_0747.jpg

写真は久々に行った新宿の十割そば「嵯峨谷」です。
2枚盛520円、プレモル150円です。
蕎麦とビール好きにはお勧めです。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

公的年金(GPIF)国内債券により5,700億円の大損失!

早いもので3月に突入してますね。
巷では、就職活動が解禁とのことですが、今年は売り手?市場だそうです。
東芝の現状、働き方改革などを見ていると、そろそろ会社に生涯拘束されるという時代が終わりつつあるのかと思ったりします。
就活なんて20年近く前かと懐かしく思う、氷河期世代のフェニックスです。

ところで、昨日のF新聞によると、GPIFが国内債券により5,700億円の損失を計上したとして、一面トップ記事とした。
また、国内外の株式で、9兆2千億円、外国債券で1兆4千億円の運用益を計上したと報じた。

これに対して、与党B議員からは、「アベノミクスのおかけである。国民の大事な年金を国内外の株式等に振り向けることによって、大きな成果を上げることができている」とコメントした。

一方で、野党R議員は、「前回に引き続き国内債券でこれほどの損失を蒙ることはありえない、トランプショックによるものであり、一過性のものである。日本はかねてから、株式等への投資を避ける国民性であり、国民を総動員して年金制度を支えるのが正しい姿である」と力説した。

また、野党議員でありながらしきりにハイパーインフレを煽る元シルバーマン証券東京支店長のF議員は、「国債はすでに死んでいる!」と一言述べて去っていった。

はい、毎度のフィクションF新聞でした。
実際は、日経新聞によると「公的年金、運用益10兆円」という見出しで記載されています。

損失を蒙ると株式のせいにするというマスゴミの体質は相変わらずのような気がするので、毎回同じようなブログですいません。

【補足3/4】
3/3付でGPIFが正式発表しております。
大損失と記載しておりますが、もちろん面白くするもので正確には-5,190億円(▲1.07%)です。
運用元本が大きすぎるので、1%でもこれだけの額が動くんですね。
運用の際は、額につい目を奪われがちですが%でみると大したものではありません。
運用先も、国内外の株式が約23%づつと、国内債券が33%、外国債券が13%という比率です。
インフラ投資もするようですが、しっかりと運用してほしいものです。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

黒部総理大臣緊急会見!年金と社会保険が破たんしました!!part2

昨日、日経新聞の記事をデフォルメしたブログを記載したフェニックスです。
でも、改めて読み直すと財産税という記事はないですね、すいません。
正確には、資産のある高齢者には負担を多くすべきだという記事でした。

全体的な傾向とすると、高齢者はこのまま逃げ切りたい、若年層は高齢者にも応分の負担をということです。
いずれにしろ、わずか14年後の2030年に年金、医療などの社会保障給付は170兆円に達することが推計されています。

皆さん日本の税収はわずか約59兆円です。
社会保障の個人と事業主の負担も約60兆円です。
50兆円も足りませんよね・・・

さてはて、我々個人投資家はどのようにして幸せな将来をつかみ取ればいいのでしょうか?
私はもともと、インフレに備えて投資を始めました。
いろいろと勉強する中で、アベノミクスの失敗、日銀の金融緩和の副作用、そして社会保障への懸念がうまれてきました。
個人的には、早く理想のポートフォリオに近づけて、外貨の割合を高めようかと思います

ちなみに、社会保障債務の削減には国会議員債務13万年分、公務員給与74年分だそうです。
個人的意見では、国会議員、県・市区町村議員の給与半減、公務員給与の10%削減をすればなんとかなるのではと思いますけどね。
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR