相場の変動に一喜一憂!?そんな時は毎日つみたてにしてみよう!

IMG_1897.jpg


今日は、天気が悪いのかな?なんて思っていましたが、外はいい天気です。
こんなことなら、どこか山に出かければよかったな、なんて思いながら洗濯しています。

それにしても最近は株価の動きが激しくなってきていますね。
でも、一喜一憂する必要はありません。
なぜかって?

そうなんです、毎日つみたての設定にしているからです!!

いい時代になりましたね。ファンドを毎日少額でも買える時代になったんですね!
おじさんが投資を始めた頃は、ファンドのつみたては1万円からでないとできない時代でした。しかも、積立設定日も月1で固定されていたような気がします。
それが、今では100円から毎日つみたてを設定してファンドが買える時代なんですね。

1 運用成績はよくなるの?
 残念ながら、運用成績は、つみたて頻度は毎月でも毎日でも大差はありません。
以前日経の記事「積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし」というものがありました。こちら
この記事によると、毎日でも毎月でも運用成績に大きな差はないということでした。
少し驚きましたが、記事によると『「調和平均」という数式を使って平均購入単価を計算するのだが、考え方としては「ランダムに変動する価格の平均購入単価は、その購入間隔の影響はそれほど受けず、一定の値に収束する」』ということのようです。
難しいことは分かりませんが、残念ながら運用成績には今のように大きく変動していても、長期のつみたて投資家にはあまり関係なく、ドンと構えていればいいということですね!

2 毎日つみたてになぜするの?
  運用成績はそれほど変わりませんが、特に投資を始めたばかりの初心者の方にはメリットがあると思っています。
  私が投資を始めた頃も、サブプライムローンからリーマンショックに向かう時期で、今以上に株価の変動が激しかった気がします。
  投資を始めた頃は、特に今日は上がった、下がったというのが気になります。
  大きく下がった時につみたて日が設定されていないと、なんだか損をした気になっていました。

  でも、まいにち積立にしておくと、そういった余計な邪念は持たずに大きく下がった日にも購入できます(当然、高値になった時も購入しているんですが・・・)。
そういった意味では、毎日つみたてには精神安定剤のような役割があるのではないかな・・・なんて思っています。
  
 後は、先ほどの記事も、よく見てみると毎日つみたての方が、運用成績が0.1%程度上回っているがファンドが多い気がします。今や運用会社さんは0.01%の低コストに努力している時代です。
  そう考えると、5年で0.1%の差でも毎日つみたてを設定する価値はあるかな?なんて個人的には思っています。

 気休めですが、最近の相場変動が気になってしまう方は、まいにち積立にしてみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

つみたてNISA×ロボアドもありなのかな?と感じた講演

IMG_2337.jpg

この記事を書こうと思っていたら、著名ブロガーの方が全否定していたので、参考程度の記事です・・・

先日、とあるFintech企業の取締役の方のお話を聞く機会がありました。
私のような人間には無縁の世界ではありますが、色々と勉強したいということで聞きに行ってきました。

AIどころか、ITの知識もほとんどない、会社でもアクセスを使っての業務効率改善は、後輩にお任せしているフェニックスです。

で、思ったのはつみたてNISA×ロボアドバイザーのコラボみたいなのもありなのかな?なんてことです。
いわゆるミレニアル世代?というのは、生活がスマホなんですね!

そこではやはり、アクセスの良さ、手軽さ、分かりやすさが求められるんですね。
ロボアドバイザーなども投資額を少額にして手軽に始められるようにしたところ、若年層の投資が増加したそうです。


そう考えると、つみたてNISAでも、もっと活用する余地はある気がしてきました。
もちろん、低コストという面ではロボアドを使用すると余分に1%ほどの手数料が取られるようですので、個人的には無駄なコストだと感じてしまいます。

あくまで、投資の入り口というだけですが、コスト(勉強する時間など)とアクセスのしやすさ、ロボアドによる投資対象選択のコストや安心感を比べてどうかということだと思います。

でも、それなりの数のミレニアル世代がロボアドを利用して投資を始めていると考えると、より低コストも大事ですが、よりアクセスしやすい、利用しやすいというためのコストと考えるのもありなのかな?なんて思ってしまいました。

個人的には、つみたてNISAはいいと思いますが、いかんせん対象となるファンドが多すぎる、という気がしています。

これから投資を始める若いミレニアル世代と言われる方には、もしかすると適切な商品を提供してくれる、つみたてNISA×ロボアドなどのサービスがあるのもありなのかな?なんて思った次第です。

それにしてもFintechってすごい気もしますが、正直ついていけませんね・・・
こんな私のような人間ほど投資をして将来に備える時代になっているな、ということだけは感じたお話でした。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

来年からDC(確定拠出年金)の拠出がまとめてできるようになるようです!!

これはうれしいですね、きっと。

完全にノーマークでしたが、DCについても制度改正が行われるようです。
これまでは、DCに拠出するには毎月一定額を拠出する必要がありましたが、来年から(平成30年1月)ボーナスなどを利用してまとめて拠出することができるようになるそうです。


DC.png

詳細は、こちら

私のような独り身の中年であれば月々1万円程度であれば拠出することは無理のない範囲でした。
でも、来年からはつみたてNISAも始まりますよね。

つみたてNISAも毎月だけでなくボーナスを活用するというのも可能ですが、NISAも含めると平均すると月5万円ちかく投資に回す必要がありましたね。
これは、20代のサラリーマンにはほとんど無理な投資額になってしまいます(ボーナスを利用しない前提)。

でも、DCでもボーナスを利用することによると、毎月の拠出額を抑えて将来に備えることができるようになりますね!!
これは、会社型のDCがない中小企業に勤めている方や自営業の方(毎月の拠出額が大きい方)のメリットが大きい改正ですね。

でも、つみたてNISAもDCもボーナスなどに集中しすぎると、何かあった時に投資できないなんてことになるので、若いうちは毎月2万円程度はNISAやDCに拠出して、不足する分をボーナスで補てんしたほうがいい気がしますね。

いろいろと制度は良くなっていますが、後は書類などの手続きも簡単になってくれるといいですね

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産形成シンポが開催されます!

金融庁さんが、頑張っていますね。
「安定的な資産形成に関するシンポジウム」を全国5か所で開催するそうです。
詳細は、こちら

fsa sympo

しかも、150名!!
意欲的ですが、こんなに人が集まるのか心配してしまいます・・・

講師陣も充実しており、野尻さん、深野さん、竹川さんなどなど、投資経験者としても聞きたい講師陣ですね!

内容はともかく、よく考えているなと思ったのが、テーマを安定的な資産形成にしていること、そして資産形成の必要性を理解するテーマになっていることですね。

更に、個人的に一番気になっているのが、後援に厚労省、文科省が入っていることです!!
金融庁が主催だと、どうしてもNISA関連になってしまいますが、資産形成のツールはNISAだけでなく、iDeCoもあるんですよね!そして、やはり若いうちに金融リテラシーを学ぶ必要があるんですよね!!

投資初心者にしてみると、NISAだけでなくiDeCoなど、どれを選んでいいのか分からない、ということで、是非とも今後は資産形成の必要性から運用方法までパッケージで広めていってほしいな、すでにそこまで見据えたていらっしゃるでしょうが、そんなことを思いました。

文科省や地方公共団体まで入っているということは、本格的に金融教育も広まり出そうとしているのかな、と感じている今日この頃です。

なにも私個人が肩入れする必要はないかもしれませんが、NISAが広まってくれないと、恒久化や金額枠の拡大はないと思っています。
ここが、個人的には一番気になるというか、大事なところなんですよね・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

つみたてNISAは8割の人が知らない!どうすればいいの?

先日、三菱UFJ国際投信が「つみたてNISA」の認知度調査を行った結果を公表しました。こちら

tyousakekka.png

1 調査結果
1万人に調査した結果はというと、8,090人(80.9%)の人がつみたてNISAを知らないという、驚きの結果でした。
私は、Twitterなんかもやっていますが、金融庁が行っている個人投資家とのオフ会やつみたてNISAフェスティバルなんかもあったりと、盛り上がっている方が多いので、投資するかどうかは別にして、半分ぐらいなのかな?なんて思っていましたが、やはり投資についての認知度は低いですね。

tyousakekka2.png

ただ、知らないと回答した方でも、44%の方は「将来のために資産形成をした方がいい」、そして、「漠然としていてどうしていいか分からない」方も41%、「お金のことについてもっと考えたりする機会がほしい」という方も20%近くいます。

この辺の方は、資産形成をした方がいいと思っているが、どうしていいか分からない、学ぶ機会がほしいという方だと思われます。

2 対処法
 では、こういった方にどうすれば興味を持ってもらえるのでしょうか?
① 会社での投資教育
やはり、投資教育しかないですね。
投資は損しそう、よく分からないという方を無理やり投資させることはできません。
そして、どんなにいい制度であっても、資産形成の必要性、なぜ投資が必要なのか理解しないことには始まりません。
投資教育では、是非ともNISAだけでなくiDeCo(個人的には、社会保険制度など)も含めて、勉強する機会が必要かと思っています。

金融庁の方には、厚労省と仲が悪いのかどうか分かりませんが、ぜひとも、現状の年金、社会保険の状況がどうなのか、なぜ資産形成が必要なのかも含めて、会社で投資教育をできる機会を設けていただきたいです。

普通のサラリーマンが、わざわざ平日の夕方に金融庁に行って、NISAについて意見交換をするなんて、よっぽどのマニアしか行きませんよね・・・

② 制度の拡充
これは、本家ISAのように恒久化、給与からの天引き、更には拠出額残高の25%のボーナスが国から非課税でもらえる(ヘルプ・トゥ・バイのような住宅補助的な制度)など、様々な制度が考えられます。
住宅取得というと若い方も頑張って資産形成しよう、老後に備えるというよりもっと身近な目標にもなるのかな、更に住宅取得控除をやめて25%ボーナスというと、より制度を利用するとともに、投資しようと思うのかなと思ったりします。

ま、本家ISAも恒久化や利用者増加には10年近くかかっているので、これからいかに知ってもらえるのか、利用してもらうかが大事ですね。

うーん、でも2割しか知らないのに、現行NISAを利用している私はやはり変わり者なんですね、きっと。
でも、資産形成するにはいい制度だと思うんですけどね。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイアを目指しています。
軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)を楽しみつつ、少し投資して資産形成を中心に、日々のくらしを記載しています。

なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR