【楽天新春講演】もうセミリタイアを考えるまでもないのかな?

IMG_3120.jpg

今日は、楽天証券が開催する新春講演会に行ってきました。
年末に朝まで生テレビを見た時に、久々にジャーナリストの田原総一郎さんを見たのですが、なんとなく歳を取ったなという印象を受けました。

で、たまたま楽天の今年の新春セミナーは何かな?なんて思っていたら、田原さんが講演されるというので、申し込みました。
1日がかりのセミナーに申し込むのは、本当に数年ぶりです。

朝は早く起きたのですが、ゲームやTVを見ているとあっという間に出発する時間です。
洗濯をしていたのですが、間に合わずに急いで出ましたが、いつものように行かなくていいんじゃないの?という悪魔の声が聞こえてきます。

でも、今日はこのネタをブログにしようと決めていたので、なんとか出発です。
会場はパシフィコ横浜、普段は横浜には行かないので、迷いながらもなんとか到着!
広い会場で、1,000人ぐらい入るのでしょうかね。

今回、私が聞いたのは、
竹中平蔵教授「第4次産業革命からみた世界経済」
草食投資隊(中野晴啓氏、澁澤健氏、藤野英人氏)のパネルディスカッション
田原総一郎氏「時代を読む」です。


それ以降は、体力の限界と、もともと流されやすいので、投資判断に影響があると思って辞退しました。

会場は、ほぼ満員御礼という感じでしょうか、でも半分以上は60代以上という感じでしょうかね、あまり若い方は見かけませんでした。
今回の感想・要点です。

1 竹中教授
世界経済は、全体がいい。消費税増税ぐらいまではいいのが続くけれども、次に備える必要がある。リーマンショックから10年。
リスクは、地政学(北朝鮮、中東など)、中国はかなり無理をしているので、何か問題が起きると、韓国にも悪影響が出る。

今後は、AI、IoT、ロボット、ビックデータ、シェアがキーワードとなる。
今ある職業の半分が無くなる時代、例として、コマツの自動化によって測量技師がいらなくなった話。
その中で、リカレント教育が大事。

マイナンバーの活用も考えないといけない。
個人情報と言っている場合ではなく、インドでは指紋と瞳孔でIDを登録させている。
ディープフロッグ型の成長、アフリカも成長する。

2 草食投資隊
 ここは簡単に。
 これからは、①より健康、②長く働く、人とつながる、③長期投資が大事。
 長期投資が大事だよーというお話がありました。

3 田原氏
 平成が終わるので、平成を総括する。
 米ソの冷戦終結から始まった。イラク戦争や日米経済摩擦の話、レーガンがグローバル化を進めたが、矛盾が出てきている。
 日本の政治の話、日本は二大政党にはならない、与野党ともに経済はリベラルで、財政健全化を主張する政党がいない。
 経営者は、皆必死でAIに対応しようとしている。シリコンバレーに向かっている。
 銀行は大変だろうという感じの話がありました。

 自由質疑では、
 ビットコインについては、世界中で通用するようになるけれども、その価値が分からないということ。
 AIで人が就ける産業がなくなっていくが何が残るのか?については、ベーシックインカムかな?という答えでした。

キーワードだけで、申し訳ないですが、感じたのはやはりAI関連ですね。
竹中氏も、田原氏も職業の半分はなくなるとのことでした。

私の職業も、もしかすると5年後にはなくなっているのかもしれませんね。
いつリタイアしようかななんて考えていましたが、考えるまでもなくもしかすると仕事自体がなくなっているのかもしれませんね。

でも、大丈夫です!
その答えを田原氏はベーシックインカムとおっしゃっていました。
AIやロボットが、庶民が担う仕事を代替して、その分をベーシックインカムとして我々のような小市民を養ってくれるようになる、まさしく夢のような時代かもしれませんね!

間違いなく技術は大きく進歩しています。
私が小さい頃は、黒電話だったのがポケベル、PHS、携帯、スマホ、その先もあと10年の間にもあり得ますよね。

シェアだけでなく、車を呼べば自動で迎えに来て、会社まで自動で運んでくれる、そんな時代もすぐそこかもしれません。
その時、私のような人間は、何をすべきなのでしょうか?

個人的な感想では、私が一番苦手とする、人とのつながりなのかな?
人を感動させる、心を揺さぶる何かでないと、それ以外はAI、ロボットが対応する時代になるのでしょうか?
もしかすると、それすらAIが代替するのでしょうか、分かりませんが、そんな時代だからこそ、早いうちに時間を味方につけた投資が大事なのかなと思った1日でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

iDecoシンポも開催されるよ!

こんばんは、フェニックスです。
夏が終わってしまったせいか、楽しみにしている3連休に台風がくるせいか、18きっぷシーズンが終わってしまったせいか、なんかやる気がでません。
というより、セミリタイアが見えてこない現実に愕然として、ギャンブルに狂った10年を悔やんでも、時は戻ってこないというところでしょうか・・・

ま、それはとりあえずいいとして、最近金融庁の告知ばかり応援していましたが、厚労省も何もやっていないわけではありません。
地味にiDecoシンポジウムを、かの大江加代さんを招いて行うようです。

しかも、大阪、福岡、札幌です。
毎回、大物芸能人まで呼んで、金融庁よりカネをかけているかもしれません・・・

idecosimpo.png

ただ、あまり話題になっていないようなので、おじさんがブログにアップしようというものです。
申し込みなどは、こちらです。

10月4日は投資の日ということで、様々なイベントが証券業協会などでも行うようです。
投資をしようか悩んでいるあなた!国やいろんな協会がイベントを行うようですので、悩まずにとりあえず参加してはいかがですか?

もしかしたら、金融意識の高い、イケメン、美女に会えるかもしれませんよ!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産形成応援プロジェクト特別セミナーに行ってきたよ!

久々に投資に関するセミナーに行ってきました。
資産形成応援プロジェクト特別セミナー「人生を豊かにする長期投資セミナー」です。
日経新聞の本社の日経カンファレンスルームで開催されました。
日経新聞の本社って立派だな・・・なんて思いつつ、何とか開催時間前に到着です。

IMG_0908.jpg


最近この手のセミナーはご無沙汰していました。
積立インデックス分散投資ですと、そんなにセミナーに行かなくても、やることは多くないのもありますが、たまには行ってみるかということと、竹川美奈子先生の本は読んでいても、セミナーで聞くのが初めて、仕事が落ち着いたので参加してきました。

私の、つたないメモによると、講演内容はこんな感じです。
前半に、金融庁の森田総括審議官の講演です。
金融庁では、3つの施策に取り組んでいる。
1 金融機関が顧客本位の業務運営
2 積立NISA
3 実践的な金融教育

1は、先日の森長官の講演にもあったし、フィデューシャリーデューティーなどにも関係するものですね。
金融機関が目標を立てて、その通りになっているかチェックするという趣旨のようです。
2は、初心者向けということをおっしゃっていました。
そういった意味で、インデックスメインの積立投資。
アクティブの重要性は理解しているが、初心者には判断できない。
→これについては、投資を10年しているが、私にも分からないというので、仕方ないという気もするが、やはりアクティブは市場活性化なども含めて、どうするのかな?という個人的感想です。積立が初心者向けということであれば、現行NISAはアクティブも含めて、制度を継続してほしいと思いました。
3は、金融経済教育の教材や情報発信という趣旨の説明がありましたが、これが一番大事で一番解決策がないという悩ましいところですね。

いずれにしろ、金融庁が上記3つを重視していることが分かりました。

次に竹川美奈子先生の講演です。
こちらも、ポイントは3つでした。
1 コツコツ資産形成の基本
2 投資信託を活用した資産形成法
3 非課税の制度をかしこく利用する

1は、無理のない範囲で、世界の株式に投資する、長い目で、低コストでコツコツ積立投資する、ということでした。
2は、いろんな投資信託、日本、先進国、新興国に投資するということかな?
これは、私も実践していることで、日本、先進国、新興国に投資をすると、46か国約4,100社に投資できるということです。
改めて、そう言われると、すごいなと、それだけ分散されていると安心感がありますね。

そして、初心者には、バランス型もアリという趣旨の説明が、でも初心者でなくてもありかと個人的には思いました。
そうかと納得したのは、投資信託でアセットアロケーションで悩むより、早く始めるのが大事、最初の頃は金額が小さいので、アロケーションによる運用損益に大きな違いは出てこない、若いうちに失敗することはいいが、時間がなくなる頃(定年頃)にまとめて投資をして失敗すると取り返しがつかない、というところでしょうか。

3は、制度によって変えるものが違いますよ、という説明でした。

最後に、投資を続けることができる人は自立できる人、という言葉がありました。
そして、未来を信じてよくなると思って資産形成するという趣旨の説明がありました。

これは、その通りですね。
ブログにアップしようと思ってやめましたが、金融教育について、確か金融庁が個人投資家と意見交換するということで、私なりに考えたブログ原稿にも次のように記載しています。

「投資することは自立すること
投資するといろんなことが見えてきます。例えば、確定申告をすると自分がどれだけ社会保険料や税金を払っているのか、こんなに払っているのに、自分は70歳まで働き続けないといけないのか?考えるようになります。
そして、投資をするということは、自分で得た情報から最適と思われる商品に投資をするわけです。自分で判断する、自分で未来を切り開くというと言いすぎかもしれませんが、投資は自立(を目指す)だと思います。
平和な日本、終身雇用の日本であれば、文句をいいながら国家に守ってもらい、会社に守ってもらえるという意識が変わらないと、投資は始まりません。」


私のような人間でも投資はできるんですから、少し意識を変えて投資を始めてみてはいかがでしょうか?

で、竹川先生のセミナー資料にTOPOXという記載があって、てっきり笑いを取るためにわざと間違ったのかと思っていましたが、マジだったようです。
私も、会社内でたまに講師をすることがあるのですが、注意を引くためには笑いが必要だと思っていました。違う部署の人に好奇心を持ってもらうには、笑いが必要なんですよね、でもどうやら違ったようです、突っ込んですみませんでした。



にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




Fund of the Year2016ってこれから投資する方にも知ってほしい!

やっと体調が戻ってきたフェニックスです。

もうすでに多くのブログで取り上げられているので今さらですが、FOY2016に参加した感想です。

詳しくは、
第一部はrennyさんとm@さんによる、FOYの成り立ちやこれまでの10年、これからの10年というトークでした。

イートレード証券の話や当時私の証券会社で買えなかったCMAMなど、そして鳴り物入りのeMAXISなど懐かしいと思う反面、投資環境も大きく変わったなと、しみじみ思ったおっさんです。

肝心の受賞ファンドです。詳しくはスパイクさんのブログで公表されています。

感想としては、
1位の<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドです。
こちらが受賞したのは、信託報酬の見直しに尽きるのかなと思います。
受賞コメントにもあるように、運用会社の努力だけでなく販売会社の協力もあってのことだそうです。
このような気持ちで運用されているところには、今後も応援したいですが、運用乖離についても一言コメントがほしかったところです。

2位は、たわらノーロード先進国株式です。
ことらの受賞コメントでは、マザーファンドが大きいので乖離が少ない(一般的に運用額が大きいと乖離が生じにくいと言われています)という、ニッセイへの対抗心むき出し?のコメントに個人的には楽しみなファンドです。

3位はVTですが勉強不足ですが、昔から人気の低コスト全世界ETFですね。

その他今回すごいと思ったのは、大和証券のiFree8資産バランスです。
バランスファンドで衝撃の信託報酬0.28%です。
正直、最近あまり詳しくファンドのことをウォッチしていませんでした。
バランスファンドは高コストという固定概念があったためファンドの見直しもバランスはノーマークでした。
でも衝撃です・・・しかも大手証券会社がこのようなファンドとは、時代は変わっているんですね・・・

そしてもう一つが特別賞のひふみ投信です。
私もなぜか少し持っています。おそらく飲みながらブログチェックして感銘して積み立てたのでしょう、きっと・・・
でも、藤野さんの本も読んだことがありますし、運用理念と運用者の考えに共感した方が多いのかなと感心しました。

今回思ったのが、インデックスだけでなく、バランスファンド、短期テーマではないアクティブファンドなど投資の選択肢が広がりつつあるのかなと思いました。
もちろん、基本はインデックスでいいと思いますが、このようなバランスファンドや個性があって情報開示のしっかりしたアクティブファンドも増えてくるとますます投資が楽しくなってくるかと思いました。

それとともに、皆さんよく勉強されているなと、つくずく感心しました。

これから投資を始めようという方にも、こんな機会があるのかとぜひ知ってほしいイベントでした!
呑んでばかりいないで、たまにはまじめにブログを書きますので今後ともよろしくお願いします。
来年も、参加するぞー、きっと。



FOY(ファンドオブザイヤー)2016に参戦!金融庁長官から温かいコメント!!

昨日開催されましたFOY2016に行ってきました。
当日はなぜか朝4時に起きてしまい、体調不良、渋谷についた頃にはこのまま帰ろうかと思っていると、雪がちらほら・・・
でも、このままではいつもと同じだと思い勇気を振り絞って会場に無事到着。

会場には多くの個人投資家、ブロガーの方が参加されていました。
確か司会はイーノジュンイチさん、そしてm@さんとrennyさんが、この10年、これからの10年というようなテーマでお話がありました。

3人とも、私が投資を始めたころにはよく読んでいたブロガーなので、こんな方々なのかと感激!!

しかも始まるとすぐに森金融庁長官からのコメントが!!
こちら

多くのブロガーやゲストのカンさんもおっしゃっていましたが、キーワードは投資による資産形成ですね。
よく言われるように、日本人はお金は大好きだけれど、投資による儲けは汚いと感じているようです。

でも、働いて稼ぐという人的資本の活用と同じように、金融資本を通じて稼ぐのは、資産形成をしていくための1つのツールでしかありません。
おそらく「投資=儲ける」ことしか念頭(イメージ)にない方が多いのでしょうが、長期にわたってファンドに投資するというのは、金融機関に預金して金融機関から投資先にお金が回るのと基本構造は同じです。
「投資=資産形成」であり、相手をだまして儲けるとか、ギャンブルというものではないんですよね

そして、そのためにはコメントにあるように金融機関側もフィデューシャリ―・デューティーを高めていくとともに、我々個人投資家も金融リテラシーを高めていく必要があると感じました。

さらに、バンガードの方がFOYで1位を取ったことをきっかけに確か楽天証券などから一緒にやりましょうと、そしてバンガードの普及が加速したというようなコメントがあったときに、FOYというイベントはすごいなと、ブロガーの方の力は凄いなと感じました。

そういったことを通じて、10年前とは大きく投資環境は改善してきていますし、選ぶファンドも大きく変化してきています。
Twitter「#FOY2016」を見ていただくと多くのブロガーの方が、見やすい記事、ブログを多く書いていらっしゃいます。

投資をこれから始める方は、これらを参考に勉強されるといいかと思います。
いずれにしろ運営の方、参加された方々素敵な時間をありがとうございました。
受賞ファンドなどについては、またの機会に。

本日の日経電子版にも、FOY2016が紹介されていました。「個人が選ぶベスト投信」発表、森金融庁長官も激励 」!!

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR