【メモ】バフェット氏「株主への手紙」

著名投資家であり、バークシャー・ハザウェイの代表でもある、ウォーレン・バフェット氏が、毎年株主に宛てて出しているという手紙について、今日の日経新聞、そしてロイターニュースこちら、WSJこちらで取り上げられています。

ロイターでは、『バフェット氏は「何兆ドルもの資産を運用するウォール街の専門家が高額の手数料を課している場合、並外れたもうけを手にするのは顧客ではなく運用担当者だ。大口、小口双方の投資家ともに低コストのインデックスファンドでの運用姿勢を堅持しなければならない」と述べた。』とされています。

WSJでは、『バフェット氏は自身の運用戦略を念頭に、インデックスファンドを使ったパッシブ運用の有用性を改めて主張し、ほぼ全ての投資家にとって(他の運用戦略よりも)はるかに良い選択肢だと述べた。パッシブ運用はここ数年で大流行するようになったが、こうした流れに乗り遅れている年金基金などの主要投資家は余分な手数料やリターンの低迷で数十億ドルを失っているとバフェット氏は言う。』とされています。

また、これも有名な話ですが、『2014年には、バフェット氏自身が死去した場合に妻に残す資産の90%をS&P総合500種のインデックスファンドに、10%を政府債に配分する計画も明らかにしている。』とされています。

先日も米国株は、20年にわたり高い収益を上げていることを記載しましたが、バフェット氏は今後も米国株に強気です。

改めてインデックスファンドをメインでいいんだと思いました。

GPIFも高額の運用担当職員なんて雇ってインフラ投資やらオルタナティブに投資せずに、所定のアセアロのインデックスだけにすればいいのに・・・

今度、GPIF理事長宛にバフェットレターでも送ってみようかな?

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カンブリア宮殿、村上龍から学ぶ「投資とは希望である」!

先日のカンブリア宮殿で、ひふみ投信の藤野秀人さんが取り上げられていました。
私も少しですが投資しているので、興味があって録画していました。
以前にも、藤野秀人著『投資家が「お金」よりも大切にしていること』の感想を書いています(2016/6/19のブログですが内容が薄いですね)。

番組についてはいろんな意見があるようですが、少々煽るぐらいでないと視聴者は見ないと思うので、許容範囲かなと思ったりします。

ひふみのことは多くのブロガーの方が書いていらっしゃるので、私は村上龍さんのことについてです。

編集後記で、
『投資で重要なのは、未来の価値を見極めることだ。
だから、投資は、ときとして「希望」と同義語である。』
と述べています。

これは、いい言葉ですよね!
我々労働者は、少しでもいい生活をしたいと思って働いています。
そして、そのことが会社の成長、我々の給料にも反映されるはず?ですよね。
現実はそうでないかもしれませんが、私は自分の会社がそうではないかもしれないが、世界は良くなると信じて投資をしています。

投資は、そういった将来への成長に希望・期待して投じるお金のことです。
そして、村上龍さんの言葉は何も今に始まったものではありません。

皆さんなじみがないかもしれませんが、平成14年発行の「おじいさんは山へ金儲けに」(幻冬舎文庫)という本の第一条【カチカチ山】でも「時として、投資は希望を生む」と述べていらっしゃいます。

その中で、「心配ばかりが、人生を改善するわけではありません。投資に関しても同様です。希望を持っていて、はじめてチャンスを見つけることができます。希望を持って、意図的にリスクを取ることの必要性と有効性、そして楽しみを、知ってほしいと思います。」と書いてらっしゃいます(33ページから引用)。

どうですか?将来の不安の心配ばかりしていませんか?
そろそろ、希望を持って投資をしてみませんか?
カンブリア宮殿を見て、改めて村上龍さんのすごさを感じたフェニックスです。

ちなみに、この本は山崎元さんが、三和総研のころに企画・解説されています。






にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

今週の投資サプライズ情報発表!

おはようございます。
日米首脳会談も無事終わって、ほっとしているフェニックスです。

平日は、夜吞みながらブログを書いているのでグダグダな記事が多いので、休日ぐらいはまじめに書こうと思っています。
と思っていたら、ほとんど書き終わったところでデータが飛んでがっくりしているところです。

気を取り直して、今週の投資サプライズ情報です。

1つ目は、
楽天証券がなんとiDeCoの手数料を実質無料にしたことです。
私が楽天証券を選んだのは、口座残高が10万円以上で管理手数料を無料だったからです。
それがなんと、加入後1年間は手数料無料にするとのことです。
これにより、1年間月12,000円拠出すると、ずーーーーーっと無料ということです!!

プレスリリースは、こちら
もし、これからどこにしようかな?と思っている方がいればおススメです!

2つ目は、
eMAXISが業界最低水準のインデックスファンドシリーズ「eMAXIS slim」を出したことです。

eMAXIS1.png

事前報道と異なっていたことによる落胆されている方も多いよう?ですが、私は評価しています。
それは、
① 業界最低水準コストを目指すことを明らかにしていること
② そのための仕組みをしっかりと作ったこと
③ 我々投資家が望んでいる商品であること
です。

① は、プレスリリースで明記されています。
② は、このシリーズは店舗型証券会社ではなくネット証券(SBI、楽天、マネックス、カブドットコム)限定ですので、持続的な低コスト化が図れる仕組みがしっかりしているのではないかと思います。
③ は、FOYでも低コストファンドが多かったのもそうですし、投資家が管理できるのはコストだけという現状では望ましい方向だと思います。

ただ、残念なのは、①ネット証券に限定しているのに、他の同様ファンドを下回らなかったこと、②やはり、既存のeMAXISシリーズではなかったこと、ですね。
でも、今持ってるのどうしよう、手数料下げはなし宣言ですよね・・・

3つ目は、
ついに、預金利回りが0.00%になったということです。
『国内メガバンクの預金利回りがついに「0.00%」となった。マイナス金利導入から1年が経過し貸出利回りの低迷が続く中、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は4ー12月(第3四半期)決算で初めて預金利回りをゼロ%と開示した。』

『SMBC日興証券の佐藤雅彦アナリストは、預金利回りがゼロに近づいたことについて「銀行は金利を抑えても予期せぬ預金が集まり、止める手だてがないことを示している」と指摘。今後、銀行が収益性を高めていくには「投資信託など投資商品の販売強化が求められる」との見方を示した。』(Yahooニュースから引用)。

2つ目と逆の動きですが、銀行は今後ますます高コストアクティブファンドの販売を強化してきます。
金持ちご老人はどーでもいいですが、これから投資する方はよく考えて投資してくださいね!

私の信条は、「インデックス積立投資は、ベストではないかもしれないがベターな投資方法である。」です。
短期的にみるとインデックスを上回る方法もあります。長期的に見ても、上回る方法もあるかも?しれません。
でも、インデックス積立投資は、最高にベター(実質ベスト)な方法で誰でも始められますよ!

長くなったので、このへんで・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


手取り37万の独身男性と手取り20万台の私との差は!

今日は寒かったですね。
東京では雪が降ってない?と思いますが、寒かったので今日はお鍋にしました。
一応ダイエット中なので、もやしとお豆腐多めでした。

今日はブログ更新しないつもりでしたが、ちょっと気になる記事がありました。
日経マネー研究所の記事です。

前から言っていますが、こちらの記事は無料なのでおススメです。
金融リテラシーというと堅苦しい気も思いますが、金融の知識を持っていないと生活水準に大きく影響します。
今回は、こちら

相談者は私と同様独身男性ですが、手取りがなんと37万もあります。
おそらく、額面では50万近い私から言わせると富裕層です。

37万のうち、12万を貯蓄に回すというのはいい心がけですが、月の生活費が25万・・・
それはいいとして、足りない分をカードのリボ払いで支払っている、そして利息が10%以上つくというのを知らないという知識のなさ。

この、低金利時代にリボ払いなどもってのほかです。
定期預金でも0.05%程度、投資をしても3~5%程度なのに、そのためにリボ払い・・・

私も、昔ギャンブルしすぎてキャッシングに走った身ですので、批判はできない人間ですが、借金はしない、カードは一括払いが原則です。

私のような人間にならないためにも、ブログ読者の方には、金融知識をしっかりと身に着け豊かな生活を送ってほしいものです。

そんなことを思った、フェニックスでした。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


おひとりさま資産形成の極意?日経ヴェリタス

昨日は、運動もかねて井の頭公園恩寵公園でまったりしたフェニックスです。
三鷹駅で降りて、お散歩がてらぶらぶら歩くのがお気に入りのコースです。
なんだかんだで、1時間半ほどかかりますが、優雅?なおひとりさま、メタボ体質の私にはいい運動になります。

日曜日は、日経ヴェリタスの発売日なので、愛読新聞日経でどのような内容かを調べて興味があれば買うことにしています。
今回は、『脱「3低」時代の運用術』がトップ記事でしたが、私が目に留まったのは「おひとりさま資産形成の極意」です。

このような記事は、おひとりさま女子の資産運用などといったものなど、たまに見かけますね。
50歳の未婚割合は2035年には3割にも達するそうです。
そして、ゆとりある老後には4,000万円が必要としています。

え、そんなにいるのという感じですよね?
前提は月25万円の支出、年金が13万円、個人負担が12万円という前提です。

月25万円も使えるなら、結婚できるやろ、と思わず突っ込んでしまいますが、よく考えると私も月10万近くを投資して、固定費以外で月10万円での生活を目指しているので、そんなもんかと・・・

それはいいとして、資産運用のシミュレーションですが、うん???という内容でした。
こちらです。

IMG_0731.jpg

ヴェリタスの53面からの引用?です。
40代女性、55歳男性、貯蓄1,000万の前提で、いきなり900万を投資に回すという運用方法です。
55歳で貯蓄が1,000万円で900万も投資に回すというアドバイスはどうなんでしょうか?

健康優良児であればいいかもしれませんが、40代前半の私もドックでは少し問題も出てきています。
そのような中で、900万投資、しかも50%を株式に投資するというのは無謀ではないかと思ってしまいました。

リターンから算出した運用方法を掲載するのは、いくらなんでもコンサル会社に依頼しているといえども、どうかと思った次第です。
株式はリスクは約14%前後なので、わたしは30%の下落はあると思っています。

今年は専門家は楽観的な意見が多いようですが、私なら300万円は安全資産、700万を分散投資で1年かけて積み立てるのかなと思いました。

あと、最近twitterで知ったピヨママさんが、61面七転び八起きで紹介されています。

ヴェリタスさんには、セミリタイヤの資産形成をぜひ取り上げてほしいと思うフェニックスです。

意外と需要はあると思うんですが、セミリタイヤした場合のiDeCoの課税関係(50で退職金受領、60でiDeCo全額受け取りの課税関係)とか分からないことが多いんですよね。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR