僕のETF~リレー投資編Part2~

今回は、ETF投資ブログ第5弾です。
海外株式クラスへのETFリレー投資です。

これまでのところ、失敗編が一番人気という、嬉しいような嬉しくないような複雑ですが、いろいろやってみないと、身につかないので少しでも参考になって笑っていただければ、ブログをやっている励みになります!!

で、まずは先進国株へのリレー投資、保有しているのは上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)(愛称:上場MSCIコクサイ株)1680です。
信託報酬は、0.15%(税抜き)です。実質コストは0.25%です。出来高は5,320です。

新興国は、上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(愛称:上場MSCIエマージング株)1681です。信託報酬は0.15%です。ただ、実質負担は0.27%との記載があります。
うん?どういうことなんだ・・・

私には、よく分かりませんがそれなりの低コストです。
ETFについては、正直手数料の表示がよく分からないと、SBI証券の画面で見ても、手数料がすぐに分かるわけではなく、運用会社のサイトまで調べにいかないと手数料が分からないというデメリットがあります。

sinkoukoku.png

先進国株式ファンドは、0.2%が最低コストなので、実質コストが0.25%だとETFにリレー投資する意味はないですね・・・
ただし、新興国ファンドは0.4%以上なので新興国ETFはまだメリットがあります。

海外ETFだとVTやVWOが0.11%、0.15%とより低コストなものがあります。

今回いろいろと調べてみると、インデックス(パッシブ)ファンドも低コスト化が進んでいることもあり、投資資金が多くない方や、私のようないいかげんな人間は、無理してETFへのリレー投資はしなくてもいいのかな?なんて思ったりもしました。

ただし、新興国は低コストメリットはまだあるのと、特定の国やフロンティアマーケットに低コストで投資できるメリットはありますね。でも、日本ETFは出来高が少ないというデメリットはほとんどのETFに当てはまりますね。
ETF市場を活性化させるには、最近でてきているOneシリーズなどのより低コストなスタンダードな商品、ファンドより低コストメリットが確保できそうなインドネシアやベトナムなどの新興国ETFが必要なのではと思いました。

GWも終わりが近づきブルーなフェニックスでした・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

僕のETF~リレー投資編~

今回は、ETF投資ブログ第4弾です。
昔は、ETFへのリレー投資を紹介するブログがたくさん?あった気がします。
これは、毎月ファンドへ積立投資を行い、ある程度の資金が貯まるとコストの安いETFへ乗り換えるというものです。

私も、ETFへのリレー投資としてTOPIX連動型上場投資信託 (1306)を保有しています。信託報酬を確認すると、0.24%(税抜き)と高い!!と驚きましたが現在は0.11%だそうです。
昨日紹介したモーニングスターさんのサイトを確認すると低コストファンドで0.19%ですので、ETFに軍配があがります。ホッとしました。

でも、今はもっと低コストETFがでていますね。
SBI証券で確認すると、iシェアーズ TOPIX ETF(1475)がより低コストで0.06%(税抜き)です。

低コストファンドより0.1%以上安くなっています。
日本株を対象とするETFはそれなりの売買代金もありますね。
ただし、ETFは配当がでることが多いので、少しだけうれしい反面、配当に税金がかかる分、効率的に運用できないというデメリットもあります。
ちなみに、2013年に購入しているので、評価益は26.23%となっています。

その他、上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100) (1698)にも投資しています。
高配当株の人気があるというので投資したETFです。信託報酬は0.28%と高いですね。
高配当100銘柄ですが、REITにも10銘柄投資しているETFです。

kouhaitou.png


しかも、TOPIXを下回っています。でも、投資したタイミングがよかったのか、私の現在の評価益は38.76%とTOPIXのETFを10ポイント上回っています。

ちなみに、アウターガイさんの乗り換えコストチェッカー(リンク先をご参照ください)でチェックすると、低コストファンドからETFへ乗り換えたとしても20年近くかかるので、ETFへのリレー投資のメリットは少なくなっているのかもしれませんね。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

僕のETF~失敗編~

さて、これまでマイナーな日本ETFの紹介をしつつ、上手くいっている銘柄を紹介してきました。
投資は、もちろん成功もあれば失敗もあります。
成功ばかりなら今頃はれてセミリタイアの道を歩んでいる?フェニックスです。

大きな失敗は、五輪を見込んだブラジルETFです。
NEXT FUNDS ブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信(1325)は、五輪に向けて大きく伸びるのではないかと思ってつぎ込みました。
結果敢え無く惨敗し、30%近い損失に耐え切れずに売却してしまいました。


brazil.png

五輪という特需があるのかなと思って欲張りましたが、やはりはやりものはダメでしたね。
我慢していれば損失を抑えられたのかもしれませんが、当時は汚職などマイナス面の報道ばかりがあって、失敗です・・・

もう一つが、上場インデックスファンド米国株式(S&P500)1547です。
こちらも、国内ETFでS&P500に投資するものですが、コストは年0.1728%です。
なにを思ったのか、経費率0.0945%というSPDRS&P500(1557)があるのに1547に投資するという初歩的なミスを犯しています。

はい、酔っぱらって証券口座をいじっていたせいかも・・・
ちなみに、米国のバンガードVOOなら経費率0.05%という超低コストで投資できるんですよね。

米国ETFがいいのか日本ETFがいいのかは、低コストな分米国ETFがいいのは間違いないですよね、たぶん。
でも、横文字が苦手なのと、外税控除???なので無理なフェニックスです。

やれば簡単なのかもしれませんが、ハードルが高い外国株未経験者です。
日本ETFの規模拡大を望むのであれば、東証さんにはいかに低コストな外国ETFの日本版を導入するかにかかっている気がします。

残念ながら、バンガードやSPDRに規模で勝てる日本の運用会社はありません。
私のような投資家にいかに応えるかが、日本株ETFの生きる道ではないでしょうか?

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

僕のETF~ゴールド編~

愛称「金の果実(1540)」を保有しています。
信託報酬は、税抜き0.49%、5/2現在の出来高は31,285で価格は4,390円です。

jyunkin.png

金を保有しているのは、資産分散と通貨リスクに備えるという観点です。
金は、なんら配当を生み出すものではないので、必要ないという投資家の方もいらっしゃるでしょう。
でも、これだけどの国も金融緩和を行っており、通貨の価値というのは下落するのではという漠然とした不安から投資しています。

世界の金ETFには、SPDR GOLD SHARE (GLD)がありますので、見てみましょう。
信託報酬は0.4%と0.09%低いです。
出来高は、10,307,679と圧倒的なボリュームです。
手数料も出来高も海外ETFに軍配があがっています。
こちらは、国内上場(1326)として円でも購入できますね。

金の果実を保有している理由は、手数料は高くなっていますが現物として引き取ることができるという点です。
ま、引き取ることを考えているわけではありませんが、なんかあった時にという感じですね。
ただ、引き取るときにそれなりのコストがかかります。
1Kgで約30,000円の手数料がとられてしまいますので・・・

純金への投資としては、純金積み立てがありますがこちらでもいいと思っています。
ただし、手数料が高めなのとスプレッドがありますのでその注意が必要ですね。
SBIネット銀行なら1,000円で手数料25円、スプレッドが85円ということのようです。

もう一つの注意点は、消費寄託か特定保管かということです。特定保管は、会社の資産と区別して管理されますが、消費寄託は会社になんかあると全て返ってこないリスクがあります。

私が投資したのは2011年と2014年に購入しています。
現在の評価損益は11.45%です。
定期的にウォッチしているので思うのは、円との逆相関が強いのではということです。
投資家がリスクオフになる時にゴールドが上がる傾向にありますが、その時は安全資産とされる円も強くなります。

goldyen.png

ゴールドと円の関係を見てみると、ゴールドが上がると円が強くなっていますよね。
なので、よくゴールドの価格が上昇していると騒がれていても、円建てで見るとそこまで上がっていないということがありますので、注意が必要ですね。
あくまで、保険ということで、資産の5%程度とよく言われていますが、私も4%程度です。

何もないのが一番ですが、国債の長期金利の値が付かない、北朝鮮リスクも考えると選択肢の一つかと思います。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

僕のETF~インド編~

おはようございます。
GW突入で5連休です、やったー!という感じです。
今回は、何の予定もない、無趣味なフェニックスです。

で、今回は保有するETFの紹介です。
今は、国内ETFがほとんど話題にならない気がするので、GWを機にチェックです。

国内ETFは、投資信託の信託報酬の低下が著しいのと、海外ETFが特定口座扱いになったということもあって、低コスト海外ETFに人気が移り、国内ETFの話題に乏しい感じですね。

今回紹介するのは、国内上場の新興国ETFです。
新興国株については、投資信託でも保有していますが、様々な国に分散できるメリットはありますが、あまり好きでない国も含まれていたりします。
で、学生時代に旅をしたことのある好きな国インドのETFを保有しています。

保有しているのは、上場インデックスファンドNifty50先物(インド株式) (1549)です。
信託報酬は0.55%(税抜き)で、さらに諸費用0.1%がかかります。
意外とかかっていますね。今は新興国株の信託報酬が0.3%台からありますので、ここでもETFの優位性はなくなっているんですかね?

ただ、インドといった特定の国へのファンドはなかなか見当たらないようなので、特定の国への投資をしたいという方には合っているのかもしれません。
ドイチェインド株ファンドなどもあるようですが、こちらは信託報酬が1.95%と高額なので論外です。
SBI証券の外国ETFで見ても、3本ほどインドETFがありますが、0.9%と高めですね。

ただし、日本のETFは売買が活発でないというデメリットがあります。
出来高が2,180と非常に少ないということで、売却したいときに適正価格で売却できないというデメリットがあります。

nifty50.png

私が投資したのは2011年ともう6年も前ですね。どうしてこのタイミングだったのかは正直もう覚えていません。
ただ、パフォーマンスは私の保有資産の中でもトップクラスの48.16%と、結果的には良かったようです。

ETF nifty

海外ETFが人気のようですが、国内ETFにも頑張ってほしいと思います。

ちなみに、インドでIT人材が豊富なのは、カースト制度が理由の一つのようです。
カースト制では、カーストによって就ける職業が決まっていますが、新しい職業であるIT業界については、カーストの制限がないため、カーストに関わらず優秀な人材がIT業界に流れているそうです。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR