Phoenix Fund運用方針変更のお知らせ!

今日は寒かったですね。
そろそろ、資産規模もそれなりになってきたので、まじめにポートフォリオのリバランスを行う必要があるかと思っています。
毎年、年末には考えているのですが、これぐらいならいいかと思ったりして、しっかりできていませんでした。

そもそも、私はPhoenix Fundのファンドマネージャーでありますので、このままでは受託者責任(フィデューシャリー・デューティ)を果たせていないということで、これからしっかりと責任を果たしていく所存です。

ということで、運用方針を2013年1月当初から澪なしていなかったので、一部変更させていただきます。
日本株ポートフォリオの変更は、なぜ15%にしているのかその根拠が分からないので、一部変更しました。
その分先進工区債権比率を下げました。
また、セミリタイヤ時期を加速するために、投資額を月10万以上と変更しました。
リタイヤ年度は、運用状況次第なのでとりあえず据え置きです。

Phoenix Fund運用目論見書

1. ファンドの目的
長い人生を幸せに暮らすために必要となる金融資産を、早期リタイアとHappy lifeを送ることができる資産を形成することを目的としています。
なお、名称の由来は、永遠の時を生きるとされるPhoenixのように長期にわたり、相場環境が悪くなった時もPhoenixのように蘇ることを願い、命名されています。

2. ファンドの特色
低コストのインデックスファンドを主体とし、リスクを低下させるためバランス良く資産を分散するポートフォリオを重視した長期の運用を行います。
なお、投資を楽しむために資産の一定割合を限度として高コストのファンド等に投資を行い、自己の相場観のなさを嘆くというMな遊びを行うことがあります。

Phoenix Fund運用方針

1. 運用期間
ファンドマネージャーが生きている限り運用を行います。

2. 投資金額
年間手取り収入の1/3を目標に投資資金の確保を行います。
なお、早期リタイヤを目標とし、2030年までに生活防衛資産を含め金融資産を7,000万円とすることを目標としています。

3. 投資対象
株(日本・先進国・新興国)、債券(日本・先進国)、REIT等のインデックスファンドを主な投資対象として投資を行います。

4. ポートフォリオ
日本株・・・20%
先進国株・・・20%
新興国株・・・15%
日本債券・・・15%
先進国債券・・・10%
REIT・・・10%
その他・・・10%
なお、ポートフォリオは早期リタイアを目指す、2030年の5年前の2025年から経済状況を考慮しつつ、リスク資産を40%程度まで減少させる予定です。

5. 生活防衛資産
生活防衛資産として生活費の3年分程度を確保し、普通預金・定期預金で運用する。
なお、当面予定はないが、仕事も満足にできないオヤジが生きていく希望を持てるよう、結婚資金を含めて500万円とする。

6. リスクへの対応
2.に定めた投資金額への2割程度は投資防衛資金として積み立てを行う。
なお、当該防衛資金は、生活防衛資産を除く金融資産全体の評価損が10%を超えた場合に投資資金に充て、各資産の積立額を20%程度増額し積み立てを行うものとする。
 
7. 資産の売却
原則、ファンドマネージャーが50歳頃を迎える2025年までは資産の売却は行わない。
なお、ETFへのリレー投資のための売却、その他資産の売却は除くものとする。

8. ポートフォリオの見直し
ポートフォリオの見直しは、年1回年末に行う。各資産の4に定める割合からの乖離が5%以内の場合は、積立額の変更により行うこともできることとする。

9. その他への投資
その他に分類される投資対象は、純金等のコモディティ商品、買付手数料・信託報酬が1%を超える商品とし、ポートフォリオは10%を必ず超えないものとする。

10.その他
上記に定める運用方針は、現在のファンドマネージャーの収入状況・生活環境を基に定められたものであり、状況の変化により変更されることがある。


2013年1月14日
ファンドマネージャー フェニックス

Phoenix Fund運用方針 附則

2013年は運用方針に則り、以下のとおりとする。

1. 投資金額
運用方針2に定める投資金額は月10万円以上とし、そのうち2万円を投資防衛資金とする。

2. 運用方針の適用
2013年2月の積立てから適用する。

2013年1月14日

2016年改正附則
2016年12月11日、運用方針の一部変更する。
4.ポートフォリオ、の日本株15%を20%に変更する。
また、先進国債の15%を10%に変更する。
8.ポートフォリオの見直し、の乖離率を3%から5%に変更する。
附則1.投資金額を月10万円から月10万円以上に変更する。



スポンサーサイト

運用方針を規定しました

今日は寒波到来で、一度自宅を出てぶらぶらしていましたが、あまりにも雪が激しいので11時過ぎに急いで自宅に戻ってきました。
さて、どうしようかと思っていましたが、一念発起して運用方針を立てました。

私の投資履歴も3年ほど経過して、資産規模もある程度大きくなってきました。
また、これまでは相場が大きく下げる中、今が買い時だと思って愚直に積み立てていればよかったのですが、最近の相場環境の上昇により当初のインデックス投資の考えからぶれてしまっている自分がいました。

そのため、自分を戒めるつもりで運用方針を定めました。
また、自身をファンドマネージャーに見立てていますので、今後はフェニックスと名乗ることにしましたのでよろしくお願いします。

なお、毎月の積立額を10万円としていますが、月々の手取り収入では3分の1に足りないためボーナスを流用することにしています(残念ながら月々の手取収入はそんなにありません・・・)。

また、資産目標もカッコよく1億円と書きたかったのですが、収入が3年前から10%以上減っている状況を考えると、7%近い利回りでも7,000万が限度のようです。

これまでの経験も踏まえ、王道のインデックス投資から若干のアレンジを加えておりますのであまり参考にはならないと思いますが、私はしばらくこの方針でいこうと思っています。

以下、長くなりますが興味のある方はご覧ください。
原本はPDFにしたのですが、アップできないみたいで・・・

Phoenix Fund運用目論見書

1. ファンドの目的
長い人生を幸せに暮らすために必要となる金融資産を、早期リタイアとHappy lifeを送ることができる資産を形成することを目的としています。
なお、名称の由来は、永遠の時を生きるとされるPhoenixのように長期にわたり、相場環境が悪くなった時もPhoenixのように蘇ることを願い、命名されています。

2. ファンドの特色
低コストのインデックスファンドを主体とし、リスクを低下させるためバランス良く資産を分散するポートフォリオを重視した長期の運用を行います。
なお、投資を楽しむために資産の一定割合を限度として高コストのファンド等に投資を行い、自己の相場観のなさを嘆くというMな遊びを行うことがあります。

Phoenix Fund運用方針

1. 運用期間
ファンドマネージャーが生きている限り運用を行います。

2. 投資金額
年間手取り収入の1/3を目標に投資資金の確保を行います。
なお、早期リタイヤを目標とし、2030年までに生活防衛資産を含め金融資産を7,000万円とすることを目標としています。

3. 投資対象
株(日本・先進国・新興国)、債券(日本・先進国)、REIT等のインデックスファンドを主な投資対象として投資を行います。

4. ポートフォリオ
日本株・・・15%
先進国株・・・20%
新興国株・・・15%
日本債券・・・15%
先進国債券・・・15%
REIT・・・10%
その他・・・10%
なお、ポートフォリオは早期リタイアを目指す、2030年の5年前の2025年から経済状況を考慮しつつ、リスク資産を40%程度まで減少させる予定です。

5. 生活防衛資産
生活防衛資産として生活費の3年分程度を確保し、普通預金・定期預金で運用する。
なお、当面予定はないが、仕事も満足にできないオヤジが生きていく希望を持てるよう、結婚資金を含めて500万円とする。

6. リスクへの対応
2.に定めた投資金額への2割程度は投資防衛資金として積み立てを行う。
なお、当該防衛資金は、生活防衛資産を除く金融資産全体の評価損が10%を超えた場合に投資資金に充て、各資産の積立額を20%程度増額し積み立てを行うものとする。
 
7. 資産の売却
原則、ファンドマネージャーが50歳頃を迎える2025年までは資産の売却は行わない。
なお、ETFへのリレー投資のための売却、その他資産の売却は除くものとする。

8. ポートフォリオの見直し
ポートフォリオの見直しは、年1回年末に行う。各資産の4に定める割合からの乖離が3%以内の場合は、積立額の変更により行うこともできることとする。

9. その他への投資
その他に分類される投資対象は、純金等のコモディティ商品、買付手数料・信託報酬が1%を超える商品とし、ポートフォリオは5%を必ず超えないものとする。

10.その他
上記に定める運用方針は、現在のファンドマネージャーの収入状況・生活環境を基に定められたものであり、状況の変化により変更されることがある。


2013年1月14日
ファンドマネージャー フェニックス

Phoenix Fund運用方針 附則

2013年は運用方針に則り、以下のとおりとする。

1. 投資金額
運用方針2に定める投資金額は月10万円とし、そのうち2万円を投資防衛資金とする。

2. 運用方針の適用
2013年2月の積立てから適用する。

2013年1月14日
プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR