なぜリスクをとって投資をするのか

なぜ私はリスクのある投資信託に投資をするのでしょうか?
それは、資産を保全したいという気持ちがあるからです。
正直言って、私の給与もあまり上がっていません。このような状況において、何を気にして資産の保全を図るべきなのでしょうか?
昔のように、日本の定期預金の金利が7%近くあれば、10年預けておけば倍になっていたので、投資を行う必要もなかったかもしれません。
今の日本の状況を見ると、低金利、円高、デフレという状況にあり、給与が減っている状況でも何とか生活していくことができる状況です。

しかし、円安になった場合、食料品の価格が上昇することが想定されます。その時に備えて外貨建ての資産を保有する必要性が考えられます。
インフレになった場合は、今までせっせと貯めていた100万円の価値が90万や80万円になってしまう可能性もあります。このような状況で、普通預金や定期預金にだけ預けておくリスクがあるのではないかと考えたからにほかなりません。

このため、私のような少額の資産しか持たない人ほど、外貨建ての資産や株式等へ投資する必要があると考えたからです。今は欧州危機などにより円高になっているので投資する必要はないと思う方もいらっしゃるようですが、将来はどうなるか分かりません。
ただ、円高が進めばモノの価格がやすくなるためその利益を得られますが、いざ円安になった場合どのように生活を維持していくのか深刻な課題になる可能性もあります。
私は、その時に備えて資産の一部を外貨建ての株式等に投資しています。

皆さんも、一度考えてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

お金の教養フェスティバル2012に参加しました

今日は、ファイナンシャルアカデミーが主催の「お金の教養フェスティバル2012」に参加しました。
このアカデミーについては、正直よく知らなかったのですが、講師陣が竹中平蔵教授、野中ともよさん、インデックス投資の普及に貢献されている、内藤忍さん、カン・チュンドさん、しかも無料ということで参加しました。

野中さんと竹中さんからは、大局的な観点で日本経済や、世界経済のお話がありました。竹中教授からは、経済学における人口(BRICSの人口増の経済に与えた影響)のお話や政治の話もあり、楽しめました。

カンさんからは、皆さんが株式会社に勤めている=リスクマネー(株=出資)の提供を受けて仕事をしていることを話していました。つまり、株式会社で働いている以上、リスクマネーと皆さんがとかかわりがあり、投資とは身近なものであるという趣旨であると理解しました。
また、人的資産(給与の獲得)と金融資産を活用することにより今後の選択肢を広げることの重要性をお話されていました。

内藤さんからは、投資を始めるにあたり、自分の現状を把握し、目標額をいつまでにいくら必要なのか設定し、どのように増やしていくのか実践することがまず必要であるといわれていました。
そして、資産を増やすにはリスクの分散(アセットアロケーション)、コントラリアン(逆張り)、
情報収集の重要性を説かれていました。
そして、投資を行う前に自己投資を行い、しっかり勉強することをおっしゃっていました。また、富裕層は、向上心が強く、長期の観点で投資をしていることを述べられていますた。

私は、カンさん、内藤さんのブログや本を読んでいましたので大きな変化はありませんでしたが、内藤さんは富裕層向けの職業に就かれたこともあり、インデックス投資よりも少し進んでいる(富裕層向けにリスクをとる投資)になっているのかなという気もしました。

今回のセミナーを受けて、なぜ投資が必要なのか、どのようにライフプランを作っていけばいいのか、私の考えを今後ブログで紹介できればと思います。
今回のセミナーを受けて、やはり投資は唯一の正解はないなと改めて思いました。

ただ、今回思ったのは、若い人(20代、30代)の受講者が多かったなーということです。やはり、自分の資産形成について真剣に取り組んでいる若い人が多いなということでした。



なぜインデックスファンドなのか

なぜ私はインデックスファンド(投信)に投資するのでしょうか?
ファンドには、市場平均を上回るパフォーマンスを目指すアクティブファンドと、日経平均などの市場平均に連動することを目指すインデックスファンドがあります。

ファンドは私たちのような素人ではなくプロのファンドマネージャーが投資をするわけですから、アクティブファンドに投資し、少しでも市場平均を上回る利益を得たいと思ってしまいます。
しかし、投資を始めるにあたり様々な本を読んだりしてみると、長期でインデックスを上回るアクティブファンドがほとんどない事実が分かり始めました。

私が読んだ本は、
「ウォール街のランダム・ウォーカー」バートン・マルキール著
「敗者のゲーム」チャールズ・エリス著、いずれも日本経済新聞社発行、です。
これらの本は、インデックス投資家ならおそらく一度は読んだことがあると思う名著です。

これらの本に書かれているのは、ほとんどのアクティブファンドは、インデックスに負けているという事実です。
また、最近ではモーニングスターのサイトにおいても、「75%のアクティブファンドがインデックスに敗北」としています。その他、私がこれまで書いてきたインデックスのメリットである低コストであることも書かれていますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
http://www.morningstar.co.jp/event/1206/vanguard/index.html







インデックス投資のメリット~その2~

前回は、低コストであることをとりあげましたが、それ以外もあります。
それは、手間がかからないことです。
私は、仕事の関係で個別株の投資はやったことがありませんが、いろんなブログ等を見ていると仕事をしながら個別株の短期売買をするのは大変そうです。

オリンパスやOKIのように、ネガティブな情報が発表されると瞬時に株価は下がってしまいます。そのため、毎日、場合によっては勤務時間中も、新たな情報が出ないか気になってしまうそうです。

インデックスは、様々な企業が含まれているのでそのような情報のインパクトも少ないため、あまり気にする必要がありません。
なので、一度ネット証券で積立額、積立日を設定してしまえば、どんなに仕事が忙しい人も、全世界の企業の成長に期待して、世界の企業に投資すればいいのです。

でも、インデックスファンドでなくても、環境や資源などのテーマに絞ったアクティブファンドでもいいんじゃないの、そっちのほうが儲かるんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

その点については、また次回に!

積立投資のメリット

積立投資のメリットは、よく言われますが「ドルコスト平均法」があげられます。
これは、毎月一定額を投資することにより、ファンドの基準価格が上がっている時は買付口数が少なくなり、下がっている時は買付口数が多くなり、買付単価を抑えることができます。
実際に私はリーマンショックの前からインデックスファンドの積立投資を行っています。
リーマンショックの時は、私もボーナスが吹っ飛ぶくらいの損失を被りました。その際も投資を続けられたのは、「ドルコスト平均法」の考えにより、今が安く大量に買えると考えたからです。
実際に、今では先進国ファンドは7%近い上昇となっています(日本株インデックスは1%程度のマイナスですが)。
安い時に大量に買うことができれば一番いいですが、私が投資を始めた時にリーマンショックや欧州債務危機など誰が予測できたでしょうか?
愚直に、毎月インデックスファンドを積立投資することにより、10年後、20年後に大きな資産を形成できたらと思います。皆さんも少額からでも始めてみてはいかがでしょうか?

インデックス投資のメリット

なぜ私はインデックス投資を行うのでしょうか。
私は、日本、先進国、新興国のインデックスファンドを毎月積み立て投資をしています。
そのメリットは、ずばり低コストだからです。
ネット証券であれば、ほとんどのインデックスファンドはノーロード(手数料無料)です。
アクティブファンドのほとんどが、3%近い手数料が取られてしまいます。
今のような経済環境では、最初に高いコストを取られるのは長期投資にとって大きなデメリットです。
簡単に、100万を投資して1年後3%上昇したとした場合、ノーロードでは3万円の利益が出ていますが、3%手数料がひかれていると、ようやく元本に戻る程度です。
このように考えると、インデックスファンドがやはり有利です。
その他のメリットは、またの機会に・・・

ニッポン金融力会議(日本経済新新聞)

今日の日本経済新聞に、「ニッポン金融力会議」について掲載がありました。
今後、個人向けセミナーを8回開催するそうです。
インデックス投資に限ったセミナーではないと思いますが、幅広い金融の知識を得るために、興味のあるものに参加したいと思います。
みなさんも、このような機会に自分の投資について考えてみてはいかがでしょうか。

はじめまして。

みなさん、はじめまして!
新しくブログを始めました。

このブログは、このような不確実な時代に、インデックス投資・世界への分散投資により資産を形成・保全し、将来の豊かな生活を目指すためのブログです。

今後は、インデックス投資を通じて、みなさんと豊かな資産形成を目指していければと思っています。
よろしくお願いします。
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR