Fund of the Year(モーニングスター)発表

投資をしてからよく見るサイトの一つに、モーニングスターがあります。
市場の状況や、投資の基本的な知識、投信(ファンド)のリスクなどの評価もしています。

建前と言っては失礼かもですが、第三者的な立場で評価しているようです。
無料のセミナーなども開催していたりしますので、興味のある方は参考にしてみてください。

本題のFund og the Yearですが参考値ですね。
毎年思うのですが、その年にリターンがよかった物や人気があった物になっている気がします。
ここ数年の表彰ファンドを一覧にしようと思いましたが、去年とまったく違っていたのでやめました。
よく言われることですが、去年上昇したからと言って今年も上昇するとは限りません。


何千本とあるファンドからあるものから、上昇するファンドを選ぶのは困難です。
つい最近まで、シェールガス関連のファンドが任意があったのに、結果はご覧のとおりです。
人気があると一時的には上昇しますが、長期的に上昇することは困難です。

ソニーや任天堂、シャープなど一世を風靡した企業を見ても分かりますね。
そいう意味では、モーニングスターのより個人投資家が選ぶFund of the Yearの方が参考になると思っています。

モーニングスターさんも参考になりますが、セミナーなどもスポンサーが付いているので完全な独立かというと個人的には疑問を持っています。
スポンサーを見たうえで、投資判断する必要があるのではと、思ったりもしています(でもいい会社だと思いますよ)。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

貴方は源泉徴収票をきちんと見ていますか?

先日勤務先から源泉徴収票が渡されました。
正直、投資をするまでは源泉徴収票なんて気にしていませんでした。
給料に敏感な方はじっくり見ていたりするのかもしれませんが、見ても給料が下がっている事実を知りたくないのと、あまり金銭に固執していなかったせいもあり、働いて10年ぐらいは関係ないと思ってよく見てもいませんでした。

投資を始めて、すぐに損失が出たこともあり確定申告をしたこともあり、それ以降源泉徴収票なるものをじっくり見る機会ができました。
そうすると、給料が減っていることや、所得税よりも社会保険料が高いことが見えてきます。
私は消費税増税派ですが、社会保険料を抑えるのは、高齢者も負担する消費税を上げるべきだと思うからです。


ともかく、毎月の給料明細はこれだけ振り込まれるのかぐらいしか見ませんが、年間の給料額や所得税、社会保険料をどれだけ払っているのかを見るだけでも、自分が国や地方自治体にどれだけ貢献しているのかを実感できます。

そうすると、選挙も行かなければと思ったりもします。
日々の生活に追われてつい気にしませんが、年間にすると税金、社会保険料はバカになりません。
投資をしていない方も、源泉徴収票は取っておくと、給料の増減や税金の状況を見ることができるので、一度よく見て下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

やはり今年は地政学リスクか?

ついに、ギリシャ野党が圧勝しました。
反緊縮派であり、EUからの離脱もあるのでしょうかね?
幸い織り込み済みのようで、ユーロ圏の株価に大きな変動はないようです。

いずれにしろ、やはり原油価格の下落により、ロシアだけでなくイスラム国も打撃を受けております。
サウジが下落を容認するのも、イランへの思惑もあり、当然米国もロシアへの思惑もあるわけですね。

このまま下落すると、このような国々がどうなるのか分かりません。
先日のダボス会議でも、地政学リスクが大きな話題だったようです。

私のような素人が世界経済を予測できるわけではありませんが、こんなことに関心を持つようになるのも、投資をしているからです。

どうしても、社会人になると仕事中心になり関係する分野のアンテナは高くなりますが、それ以外は無関心になりがちです。
投資することによって、少し視界が広がっていきます。

だからどうだというわけでもないですが、少し世の中の動きに興味を持てますね。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

2014年の配当総額!!

今更ですが、郵便受けにメイン口座のSBI証券から、年間取引報告書ザ届いておりました。
昨年から、ブログでも配当収入の記事をアップしていました。

でも、それは通知が書面で来るものだけでした。すいません・・・
電子書面でも送付されているのですが、正直よく見ていません。
本来、そんなことではいけませんけどね。

電子書面のみの通知は、投資信託からの配当ですね。
だいぶ昔に買った国際REITはなんと毎月分配ですね・・・
10万ほどなんで未だに持っています。

その他はマニアックなアフリカなどを投資対象にしたもの、ハイイールド債投資などもあります。
いずれも少額ですが、サテライト投資という位置付ですね。

メインの日本株や先進国ETFなどの配当も含めて、273,421円(税込)でした。
金額としては個人的には大満足ですね。

国債に預けていたとしたら8000万円近くないとこの配当は得られません(0.3%計算)。
もちろん元本割れのリスクはありますけどね・・・

でも、これで私の収入はおよそ13カ月分になっているわけです。
何もしないよりはリタイヤ生活に着実に近づいている感じですね。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

独身貴族は40までに3500万!?俺は完全な負け組かい・・・

衝撃の記事が日経電子版に載っていました。
私は完全なる負け組ですね。
確かに若い頃は、飲み会、スロットと貯蓄ゼロのダメ人間。

当たり前ですが、時間もお金も取り戻せません。
でも、そんなに必要かというと、結婚する前提で持ち家も考慮してということですね。
私と結婚する方(いるか分かりませんが)持ち家はあきらめていただくか、預金が2000万ぐらいある人ですね。

でも、大卒で20年で3500万とは年間200万近い貯蓄が必要になります。
少し現実離れしていると感じるのは私だけでしょうか?

昔なら定期預金の利率が7%近くありましたが今は0%に近いし・・・
年収1000万クラスの人は別にして、平均で年100万円の2000万が妥当ではないでしょうかね?

若い方は早いうちから貯金・投資することをお勧めします。
私も投資していなければ、とんでもないことになっていました・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ECBが金融緩和を決定!

ついにECBが金融緩和を発表しました。
月に600億ユーロというものだそうです。

日米欧の金融緩和ですね。
でも、ギリシャは対象外、
どうなることやら、また荒れそうですね。

ETF残高が10兆円突破!

こんな時代が来ましたね。
私が投資を始めた頃は、ETFもなかったような気がします。
投資経験のある方はついに日本にもETFが・・・とおっしゃっていた気がします。


私も今となっては、投資の約半分はETFになっています。
メリット(低コスト)とデメリット(配当)がありますが、投資の選択肢が広がることはありがたいですよね。

今後もETFの残高が多くなってより低コストになって欲しいものです。

こちらがデータです。
投資信託協会のサイトです。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

一人身の寂しさ・・・

風邪をひきました・・・
体には自信があったのですが、久々に風邪です。
全身がだるくて、目はうつろで鼻水は止まらないし・・・

インフルかとも思いましたが、結果は大丈夫でした。
この年までインフルにかかったことがないのでよく分かりませんが、これ以上の苦しみなんでしょうね。

病院帰りに梅干を買ってきておかゆを作りましたが、この年になると一人身の寂しさがこたえますね。
体も弱ってくるし、少々の小金を持っていても全てを面倒見てくれるところなんてありません。
かと言って、偏屈ですから結婚できても熟年離婚で金だけ持っていかれるのが関の山でしょうか?

気が弱くなるとこんなくだらないことを考えてしまいます。

それにしても、株価は乱高下していますね。
忙しくてじっくり見ていないうちに、スイスフラン問題、EUの金融緩和観測、イスラム国、原油と先が読めません。

積立を半分休んでいるので、大きく下げればスポット買いでもしますかね。

阪神淡路大震災から20年

早いもので20年ですね。
震災に会われた方、亡くなられた方、色々ですね。
亡くなられた方のご冥福と、残された方の思いを考えています。

私も当時は京都にいたのいたのですが、早いものです。
その後東京でも東日本大震災と、自然の恐ろしさを改めて思い返しています。
これを機会に、改めて非常食など震災への対応を考えます。

いろんな意味でリスクへ備えないといけませんよね・・・

ラップ口座が増えているらしいけど・・・

最近ネットや新聞で、ラップ口座なるものが話題というか、資産残高を増やしているそうです。
もともとは富裕層向けであったラップ口座が、小口の投資家向けにも開放されたということなんでしょうか。
いずれにしろ、資産流入が続いているようです。

色々と調べてみると、大手でもネット証券でも信託報酬、口座管理料?は1.5%程度のように見受けられます。
ネットの普及により様々な投資対象へのアクセスも便利になり、一部ヘッジファンドへ投資しても、この程度の費用なのかなと、意外と安い手数料がこれだけ広まっている理由なのかなと、漠然と思っていました。

でも世の中それほど甘くありませんよね・・・
よく見ると、別に投資先の投資信託の報酬がかかるんですね。
ということは、実質3%程度ということでしょうか?

おそらくは、定年退職した方が退職金をどうしようか、最近株も上がっているし、富裕層向けだったラップ口座が少額から投資できるし、よく分からんけどヘッジファンドも組み入れていると、大きなリターンが得られるのではということでしょうか。

でも大手の証券会社だと300万円からとありますから、年間手数料だけで10万近くかかる可能性があります。
10年間になると90万近く・・・
そして、ヘッジファンドは手数料の割に儲からないということで、米国の年金基金カルパースも縮小するという話もありました。


いずれにしろ、高い手数料がかかる気がしますね。
でも証券会社もよく考えますね。金融庁が回転売買を問題視するとラップ口座内で回転売買して手数料を稼ぐのですかね。まさか、ラップ口座の中身はグループ内のファンドばかりということはないんでしょうけどね。

個人向けにカスタマイズされるそうで手数料などは推測も入っていますのでご留意ください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR