投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2016の投票が始まるそうです!!

気が付けばもう11月ですね。
もうこんな時期かという感じですが、恒例のイベントのお知らせです。

今は、インデックス(パッシブ)投資家を自認してるブロガーの方も多いですが、私が始めた頃は少なかった気がします。
そんな当時から活躍されていた方が中心になって行われているイベントです。


川崎さんのブログに載っています。
こちら

最近勉強していないので、週末にでも考えようかと思います。

それにしても、アセマネや投信会社からあいさつ文まで届くとは、時代は変わりましたね。
運営サイドのブロガーの方、陰ながら感謝・応援しております。


スポンサーサイト

iDeCoの資料請求いました!

急に寒くなりましたね。
順調にダイエットが進んで、マイナス5Kg達成です。
といっても、やっと80キロ台にというありさまですが・・・

少しの運動と、晩飯を少なめにして、来月は人間ドックなので禁酒しているのが大きいのでしょうかね。
ま、それは置いておいて、iDeco(個人型確定拠出型年金)の資料請求を行いました。

メイン口座のSBI証券です。
SBIでなくてもいいと思いますが、手数料と取り扱い本数でもトップクラスというこです。
今なら、加入手数料と、口座管理料が無料になるということのようです。


ただ、もうしばらくは他社もキャンペーンをやるかもですので、年末までにどこにするか決めればいいと思っています。
資料が来たらじっくりと勉強して、決めたいと思います。

「日銀失墜、円暴落の危機」を読んで

藤巻健史氏の本です。少し古いですが、2015年1月に発行された本です。
久々に、図書館に行ったので借りてきました。

藤巻さんは、以前からのハイパーインフレ論者です。
書いてあるので、特に興味を引いたのは、日銀の出口戦略がないということです。

正しく伝えられるか分かりませんが、私の理解では次のようなものです。
いずれ日銀または円の信認が揺らぐのは、量的緩和の出口がないというものです。
それは、仮にインフレ目標が2%を達成したときに、金利を上げて国債を売却する(量的緩和の縮小)ことはできないからです。

つまり、金利が上がる→国債価額が下落すると分かっているのに、市場で買い手がつかないというものです。
となると、日銀は満期まで国債を保有せざるを得ません。
そうこうしているうちに、国債の買い手がいなくなって日銀は引き受けざるを得なくなるということのようです(ここの理屈は簡単には書けませんので読んでみてください)。


そして最後に、藤巻さんはマイナス金利を導入すべきだったと述べています。
ただし、量的緩和とマイナス金利政策は真逆の政策で無理と述べています。

マイナス金利が導入された現状を見ても、この記載が正しいのかどうかよくわかりませんが、アベノミクスから5年ほど経ってもインフレになってないので、一理あるのかもしれません。

ハイパーインフレへの対処法は、ドル買いだそうです。
難しいことはわからなくても、資産を分散しておけばいいということでしょうね、きっと。

2016年9月末のポートフォリオ発表!

最近年のせいか物忘れが多いです。
ブログとネット銀行のパスワードを忘れて、再発行という情けないことをやってしまいました。
言い訳をすると、パスワードが多いのと、1月以上ほっとくことが多くなったせいです。
ネット証券は月1度ぐらいはチェックするのですが、銀行はほっておくと3か月に1度ぐらいになってしまいます。

今回もポートフォリオの確認で久々にログインすると、これと思っていたパスワードがどれも違っていました。
みなさんも月に1度ぐらいはログインするようにしましょうね。

ということで、9月末のポートフォリオです。
20160930.png

外側が目標とするポートフォリオで、内側が実績値です。
日本債券・預金の割合が相変わらず高いですね。
目標は投資を始めた頃のものですので、40歳を超えた今、一説によると債券割合は年齢と同じぐらいが目安という人もいます。

リスク資産の割合が減っているのは、株価の下落による部分もあります。
定期的に割合を見直すほうがいいのですが、そろそろ下落するかと思っていたのでその時にと思っていたのですが・・・

これまでは、積立額を少し増減して対応していたのですが、今後はどうしましょうか悩むところです。

生活費もbodyもスリムにダイエット!

お久しぶりです。フェニックスです。

暑い暑いと思っていたら、一気に寒くなりましたね。
やっと寒さに慣れてきたのかなと思ったら、早くも地下鉄は暖房を入れたのか、電車内は暑くて余計気分が悪くなって弱っているこの頃です。

よく取り上げられますが、年収1,000万円でも貯蓄できない人という記事がありますね。
つい、ランチに1,000円、ディナーに1,500円と、土日になるとご褒美といってランチに2,000円、昼からワインを飲んでさらに1,000円なんて方もいますよね。

いいですよね、せっかく働いたんだから自分へのご褒美は必要ですね。
でも、このような小さな無駄使いが大きな差を生むんですよね。

そういう私も、生活費のダイエットはかなりできていますが、先日メタボといわれました。
久々に運動して、食事も気にして、2か月で2キロ痩せました。


正直、ダイエットなんてすぐできると思っていました。
でも、ダメなんですね・・・

30代のころも、今ほど食事を気にしていなくても1年で10キロ近く痩せました。
その後、仕事のストレスなどもあって、お酒、不規則な生活でリバウンドです・・・

生活費もbodyのダイエットも、若いうちから継続することが大事ですよね。
お金はよく言われるように、運用期間が長いほど大きく増えます(今のようなマイナス金利時代にリターンが当てはまるかは別ですが)。
そして、ダイエットも、若いうちから気にしておけば、今ほど苦労しなくてもよかったのかなと思ったりしています。

貯蓄もダイエットも早いうちから対策したほうがいいですね、おじさんの独り言でした。

まさかこんなことに、マンション投資の実態!!

日本代表、よく頑張りました、。
最後まであきらめない姿勢が、勝ち取った勝利ですね、首の皮一枚ですがつながりました。

ところで、東洋経済がマンション投資の実態を書いています。
ありえないですね。
こちらです。

でも、私は日本が崩壊するリスクヘッジとしては現物不動産投資はあると思っています。
ただ、REITがあるので、思いとどまっていますけど。

政府日銀が本気で対処する中どうすればいいのか分かりませんけどね。

NISAの税制が変わるかも、金融庁がんばれ!

皆さんNISAを活用していますか?
いろいろとも問題もありますが、せっかくの制度なので、活用しないと思っています。
税制は難しいですが、利用者が少ないと制度化されないと思っています。

金融庁が29年改正でNISAについて大きく2つの改正要望を出しています。
新聞の記事で知ったので、金融庁のHPを見てみました。
分かりやすく、まとめられていますね。

詳細は、こちらです。

簡単にまとめると
①積み立てNISAの創設 
 積み立て年60万円20年間非課税というものです。
②現行NISA期間終了時のデメリットの解消
 100万投資して終了時に80万になっていると、終了時には80万が取得価額になってしまいます。
 その後、100万に戻って売却すると20万について課税されてしまいます。
 これを解消して、取得価額は100万のままにするというものです。

とりあえずは、これらの改正を頑張ってほしいですね。
個人的には、②のデメリットは理解していましたが、5年の間に恒久化されるのではという甘い考えがありました。

でも、将来的には、NISAの恒久化を勝ち取ってほしいですね。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

なぜ、専門家はマンション投資を進めるだけで自ら投資しないの???

以前から、マンションやアパート経営がもてはやされていました。
相続対策などが主な理由だそうですが、ここに来てひずみが出てきているようですね。

30年一括借り上げとか言っておきながら、実は当初5年とか10年など経過後に契約更新を迎えたりします。
築年数が浅いうちは有利な契約に見えますが、その後は不利になったりします。
そもそも、資金力に圧倒的な差がある大手企業がなぜ儲かるのなら自己投資しないんでしょうかね?


当然、将来のリスクよりも、建設時の利益、管理費用など、リスクを負わずに利益を得るためですよね。
そして、将来の空室リスクを個人が負って、大手は管理費用の収益を得るということです。

都心の一等地は、まだいいですけど、東京郊外では早くも空室率が上昇しているようです。
富裕層は別にして、不動産に資産の多くを投入するのはリスクがある気がします。
人口減少で、学生などが減っている中で、投資は自己責任ですね。

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR