SBI債年率0.48%に応募しました!

どうも、フェニックスです。
最近寒くなってきましたが、まだなんとか暖房に頼らず生きています。

最近ブログの更新を心掛けていることもあり、SBI債の募集を知りました。
覚えていませんが、ここ2年ぐらい募集していないような気がしましたが、半年ぶりなんですね。

国債が0.05%の時代に0.48%とはお得に思えますね。
格付けはBBBということなので、一応は投資適格という水準です。


念のため、決算発表を見ると、大幅にキャッシュフローが悪化していますね。
ここ数年が良かったということもありますが、マイナス金利導入の影響なのか、と少し懸念はあります。
最近の決算発表では、営業利益は▲11.6%です。

トランプ相場もあって、金利の上昇局面があることや、来年のEU政治の混乱なども考えるとリスクもありますが、なんとか行けるのかなという感じです。

国債の0.05%の9.6倍ですのでお得に見えますが、0.48%、リスクは高く、リターンは低い気もしますがもう応募しました。
ちなみに、早いもの勝ちですがよく考えてからにしてくださいね。
スポンサーサイト

積立NISAってありえない!?

残念ですね・・・
今日の日経新聞に来年の税制改正の記事が出ていました。
積立型NISAを新設するというものです。

10月3日付ブログでも取り上げていましたが、NISAの恒久化はなくなったのですかね?
こちら

懸念していた通り、利用者が少ないことが原因のようです。
金融庁は、①積立型NISA(年60万、非課税期間20年)、②現行NISAの満了時対応、③投資満了期間の恒久化(現行平成35年)を求めていました。

残念ながら、②と③はなくなったということでしょうか?
しかも、①は現行NISAとどちらかを選択するというものらしいです。
また悩ましい問題になりますね?

しかも、積立NISAは長期分散投資に適した商品に限定する?という、訳が分からないものです。
そこまで、金融庁が関与する必要があるのかという気がします。

貯蓄から投資を目指すなら、いい悪いは別にして、リスクを負う個人の意見を尊重うべきではないでしょうか?
何を指しているのか分かりませんが、私のETFではほぼ同時期に投資したTOPIXと高配当ETFでは高配当が10%上回っています。
何が長期で向いているのか、アクティブなのか、低コストなのかインデックスなのか正解はないと思っています。

しっかりと、もっと金融知識の普及に努めないことには積立NISAを新設しても恒久化しないですよね。

それにしても、オリンピックも老害極まれりですね、
作ったはいいけど、どうせ使われなくなって維持費だけがかかるという、負の連鎖です。
でも、オリンピックは楽しみで期待しています。

生活水準と幸せは関係ないの?

日経電子版に、稲垣えみ子さんが取り上げられています。
正確には、日経マネーなんですかね?
タイトルは、「お金と幸せの関係は、切り離せる」というものです。

40代で天下の朝日新聞を退職し、「魂の退社」 という本を書いていられる方です。
私はまだ読んでいませんが、こんなことを述べていらっしゃいます。

「よく言うのですが、生きていくことへの恐怖がなくなったということが大きいと思います。もうほんとにお金をあまり使わないで暮らしているのですが、全然大丈夫、これで十分幸せだと分かった。それがすごく自信になっています。」

これまでは、お金を使って生活水準を上げる、それで満足を得てさらに仕事をする・・・
無限ループですよね。

でも、はたと立ち止まって生活水準を少し下げてみると、これでも生きていけるやんということでしょうかね?
おそらく、生活水準を下げるというのはたやすくないかもしれません。

特に奥さんや子供がいると、周りのお付き合いなどあって難しいと思います。
一方で、一人の方は自分の気持ち次第で、生活水準をたやすく変えることができます。

私も、まだ高いと思いますが、外食メインですが夕食を自炊にすることで1日1,000円前後で生活しています。
でも、おそらく安い食材ほどカロリーが低かったり体に良かったりしますね。

少しだけ価値観を変えると、新たな世界が見えるということかもしれません。
ただ、これが人生において正解なのかは分かりません。

資本主義というのは本来成長を求め続けるものと思っています。
私は、金融資本で資本主義、成長を求めつつも、人的資本で低コスト低リターンを求めてもいい時代になってきているかと思います
ま、独り身だからできることといわれるとそれまでですが、意外と子供のためと言って贅沢していませんか?


貴方はどこに?投資は分散・長期が基本!

今日はあいにくの雨ということで、朝からまったり過ごしています。
PCが新しくなったこともあり、ブログもいろいろといじったりしています。
でも、基礎知識がないので、難しいですね・・・

リンクの更新や、お気に入りに登録をしていた方の整理などをしていると、改めて分散投資、そして投資相場に居続ける大切さを痛感しました。

とある方のブログは止まっていましたが、国内株式2銘柄に投資して、1人アベノミクスに乗れず500万ほどの損失を抱えたところで、更新が止まっていました。
若い感じの方で、奥さんと子供がいるそうで、家族の幸せを願っていたことと思います。
その他にも、BRICSに集中投資をしていた方もいました。

今は、どこにいらっしゃるんですかね?

私は、個別株を行うほどの資金もなかったこともあって、いろいろと雑誌や本、リンクに貼ってある10年近く前から投資をされている方のブログ等を見て、インデックス投資を始めました。

最近は相場がいいので何とも言えませんが、14.5%の評価益が出ています。
その他、軽減税率終了時にもETFの乗り換えで売却益も得ています。


私は、個別株投資、特定の国などに投資することを否定するつもりはありません。
インデックスで、短期で大儲けしてリタイヤすることは無理だと思っています。
そして、個別株で何年かで10倍になったり、短期・デイトレードで儲けている方もたくさんいると思います。

でも、インデックスで複数の企業に、そして世界中に投資をすることによって、リスクが低減します。
リスクが低減するということは、リスクは上下の振れ幅(損失だけではない)ですので、当然儲けが低減します。

そして、長期に投資することによって時間の分散と天下の複利効果も得ることができます。
常々言っていますが、インデックス投資はベストではないが、ベターな投資です。
そんなことを感じた日曜日の朝でした。

リンクの整理もしましたので、上位の方は特におススメです。
時間があればぜひ覗いてみてください。
相互リンクも大歓迎ですよ!!

GPIF四半期運用状況を発表、日本債券▲6,671億円の大損失!マスゴミ、野党議員叩けよ!!

最近野菜が高いですね。
冬の定番の白菜は1/4カットで98円というのがここ数年の定番でした。
でも、今は130円ぐらいしますね。
今日は、ほうれん草が108円だったので、思わず買ってしまいました。
これでも、10円ほど高いと思いますが、久々にほうれん草とたまごで、新米を焚いていただきました。
トータル200円ほどの夜ご飯ですが、美味しくいただきました。見栄えは悪かったので、ブログには載せませんが・・・

私は、基本は大のお米派です。
パンを購入するのは、月1回あるかないかです。
あとは麺好きなので、外食はお蕎麦、ラーメンが多いです。
いずれにしろ、今年も美味しい新米をいただけてありがたい限りです。

ところで、GPIFが四半期の運用状況を発表しました。
こちら

今回はプラスを維持していますね。
よかった、よかったです。

でも、よく見ると国内債券は6,700億円もの大幅赤字ではないですか・・・
分散投資をしている方ならわかると思いますが、株が上昇すると債券は下がります。
投資のセオリーですね。

そして、今回は株が上昇して債券が下がっています。
株のほうがリスクが大きい分リターンは一般的に大きくなるので、今回はリターンが上回っています。

来週、野党議員は国内債券を減らせというのでしょうか?
これまで、無駄な国会論争をしていましたが、国内債券のリターンがマイナスになったのをたたいている議員は残念ながら見たことがありません。
残念ながら、多くのマスゴミもそうです。


ぜひとも、よくやった、国際分散投資の成果であるというべきではないでしょうか?
そうしないと、貯蓄から投資なんて掛け声は国民に浸透しませんよね?

年金カット法案成立?副収入、低コストでセミリタイヤを目指す!

今日は休みを取って、人間ドックの再検査に行ってきました。
初めてのことでよくわかりませんが、有給休暇でなくてもいいのらしい?のですが余っているので1日お休みです。
でも、病院は嫌ですね、というか、検査、検診で15分ほどなのに、トータル2時間半・・・

ところで、年金カット法案が今日強行採決されました。
理屈では、現役世代にはありがたいことのようです。
でも、年金制度はすでに崩壊していると個人的には思っています。
年金制度には詳しくないですが、iDecoなどを政府が後押しするのも公的年金だけでは成り立たないことの表れではないでしょうか?

そして、PCを買い換えたこともあって、ネットのお気に入りの整理なんかもしていました。
そこで本題ですが、たまたま見つけたセミリタイヤブロガーの紹介です。

今日勝手にリンクに追加した「cubの日記」さんです。
だいぶん前にお気に入りに登録していましたが、最近はチェックしていませんでした。
でも、なんとセミリタイヤされて台湾で生活し、台湾美女?と同棲までされているという・・・

cubさんは、ブログのアフィリエイトで月10万ほどの収入を得て、月15万程度での生活を送られているようです。
よくわからずにアフィリエイトをやったことのない私には無理ですが、元気なうちは稼げる手段ですね。

会社の規定で副収入は禁止されていますが、私も副収入の手段を模索する時期かもしれないですね。
月5万の貯金取り崩しであれば、セミリタイヤの道もぐっと近づきます。

低コスト生活を身に着けていると、年金の減額に不安を感じることもなくなりますね。
月5万稼げれば、現在の厚生年金が1人当たり14万程度、仮に10万に減ってもなんとかやっていけますね。


副業解禁も検討されているようですので、私もまじめに検討して、目指せセミリタイヤです!!
ちなみに、カテゴリにセミリタイヤも追加して、今後はまじめに投資だけでなくセミリタイヤを考えていきたいと思います。

※cubさん、見ることはないと思いますが、問題があれば削除しますので連絡してください。

FOY2016授賞式にニッセイの担当者は現れるのか!?

今日は11月に観測史上初の東京で雪が積もりましたね。
朝は5時台に家を出るので、まだ我が家も雨でした。

なのに、帰ってみると雪が積もっていました・・・
さすがにほとんど解けていましたが、車の上には2センチほど積もっていました。

ところで、ニッセイ外国株式インデックスファンドがベンチマークからの乖離率▲0.21%というのがブロガーの間で話題になっていたようですね。
ちょうど、信託報酬の下げとともに、Fund of the yearの期間、トランプ相場ということもあり、非難の嵐?だったようです。

私には読んでてもよくわかりませんが、為替の急変とともに、大口の売買が原因だったようです?
いろんな方のブログを見ていても、投票された方が多かったようですので、ランクインする可能性が高いのかと思っています。
で、FOYの受賞式に出席するのでしょうか?

純資産からすると、1日で75百万の資金を失ったわけです。
ファンドマネージャーの方は高給取りでしょうが、5年分ぐらいの給与をたった1日で失ったわけです。


デフレ時代でありますが、安かろう悪かろうでは話になりません。
ぜひとも、出席いただいて、今一度わかりやすい言葉で説明していただき、改革・改善をお願いしたいものです。

次やると、取り返しがつかなくなると思いますので・・・

日経新聞「定説覆す?アクティブ型投信」は本当か??

昨日は大規模な地震がありましたね。
私は、シャワーを浴びていたためか、一切気づかずにいました。
大きな人的被害がなくてよかったです。

ところで、私の愛読新聞に「定説覆す?アクティブ投信」という記事が載っていました。
日本市場だけ、10年単位で見てもアクティブファンドがインデックスファンドを上回っているというものです。


へーそうなんだと思ったので、珍しく自分でモーニングスターのサイトで調べてみました。
ただし、長期運用を考えると、30年(30歳から始めることを想定)してみると、そもそも30年のデータがないんですね。
おそらく、日経新聞さんが調べてるので、その通りということでしょう。


ということで、少し視点を変えて、長期投資に向くアクティブファンドはあるのかという視点で調べました。
アクティブファンドは現在590本あります。そのうち、11年以上運用が250本(42.4%)あります。
おー、意外と多いですね。
でも、30年以上の期間を見るとわずか6本(1.0%)です。

インデックスファンドで見ると、現在108本、30年以上で見ると7本(6.5%)です。
うーん、これでは比較しようがないですね。

分かったのは、意外とアクティブファンドが健闘しているということ、ただし半分はおそらく運用期間が10年もなく消えていること、そして、実体験で言えるのは、アクティブファンドが消えるのは運用が上手くいかない(損失が発生)して残高が減ってクローズされるので、多くの投資家が損失を蒙るということです。

アクティブファンドを選択するのであれば、やはり運用期間が長いものから選ぶのが賢明ですかね。

後悔しても仕方ないが、セミリタイヤはまだまだ先か・・・

一応セミリタイヤを考えて投資をしています。
残念ながら、20代はギャンブルに明け暮れていました。

今振り返ると一般財形は1998年から、住宅財形は2004年から、行っていました。
よく覚えていませんが、それぞれ1万ぐらいの少額で残りをすべて使っていました。

そして、20代後半で激務のところに行ってお酒、週末はギャンブル、そしてお決まりのカードローンです。
かろうじて1月の収入を超えたところで、財形を取り崩し返済して事なきを得ました。


そんな黒歴史もあって、10年ほど前から投資に目覚めました。
というか、結婚もあきらめて、仕事もあきらめてセミリタイヤを目指すようになりました。

残念ながら、投資を始めて10年ほど、投資環境が良かったのもあって想定以上の金額になっています。
でも、あと5年は少なくても無理な気がします。

社会保障費の増加が止まらずに、消費税増税は避けられそうにありません。
何より、投資環境が読めずにいる中、年収500万、定年まで考えると少なく見積もっても600万×20年の1億2,000万を投資で生み出すことは、インデックス投資では無理です。

ま、私の今の生活費を考えると、そんなに必要ないですがあと数千万は必要かと思います。
ただ、このまま投資環境が良くなれば早ければあと5年ほどで、セミリタイヤが視野に入ってくるかもです。


そろそろ、セミリタイヤの生活場所も考えないといけませんね。

マイナス金利の不都合!年金大崩壊!?

最近、金利が上昇しているという記事をよく見かけます。
また、日銀が指値オペをしたのに不発に終わりました。
そのほか、先日も、大前研一さんが財政破たんについてコメントされていました。

そんなこともあって、マイナス金利ということについて、興味があったのと、たまたま図書館で見かけた「【緊急解説】マイナス金利」(清水功哉著、日経プレミアシリーズ刊)を読んでいます。
まだ、途中ですが備忘録として、マイナス金利の不都合について記載しておきます。

①銀行の仲介機能が低下する恐れ
②保険、年金など資産運用への悪影響
③人々の心理を暗くしてしまう危険性
④財政の規律を低下させるリスク
⑤緩和政策の出口が遠のく可能性
⑥地価などバブル形成の懸念
⑦国際的な通貨安競争をあおるリスク

が挙げられています(以上、104ページから引用)。

すでに、②、④、⑥は起こっていますよね。
②は、我々の生活にも大きな影響を与えます。
すでに運用難から保険料の上昇などが起こるとともに、企業も年金債務が膨らむという悪影響が出ています。
さらに、地銀の再編が活発化しているのも、金融庁の方針とともに、運用難で低収益化、銀行株の下落という面も大きいですよね(そして⑥の拡大へと向かっています)。
④は今に始まったことではありませんね。
⑥も、量的拡大に合わせて不動産投資が活発になっていましたが、銀行貸し出しも確か過去最高になったとの記事が先日ありました。

こうしてみると、我々の生活にも大きな影響を与えていますね。
金融緩和、マイナス金利についてよく理解していなかったですが、アベノミクスも5年近くたっても、インフレは一向に起きる気配がありません。

そして、指値オペで一度低下した金利も上昇しています。
日銀はすでに国債を大量に買っているので、いずれ長期金利をコントロールできずに、物価の上昇ではなく金利上昇だけが起こるのではないかという懸念があります。そうなると、大量に国債で運用しているGPIFは巨額の損失を蒙ります

そして、アベノミクスのブレーンといわれる浜田教授も誤りを認めるような発言をされています。
「私がかつて『デフレは(通貨供給量の少なさに起因する)マネタリーな現象だ』と主張していたのは事実で、学者として以前言っていたことと考えが変わったことは認めなければならない」
こちら
(ヤフーニュース引用)。

ま、経済のことがよくわかっていない個人的見解ですが、年金制度が崩壊している今、国家は当てにできませんし、不都合な想定を伝えてくれるはずはありません。。
きちんと資産防衛をしないと、とんでもない将来になってしまいます。
こんな世の中だから、デフレ脱却はありえないよなと思う今日この頃です。
プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR