2016年を振り返って!皆さん良いお年を!!

どうも、長期休暇中のフェニックスです。
有給休暇がたんまり余っていたので、年末は12月23日から休んで、のんびりと旅行や実家に帰っていたので、ブログの更新も投資もさぼってしまいました。
NISA枠が余っていたので、年末使い切ろうと思っていたのに、すっかり忘れていました・・・

2016年は皆さんどんな年でしたか?
私は、プライベートは大したこともなく、無事お勤めも果たしてという感じでしょうか?
夏に行った18切符の旅、東北・白神山地・五能線の旅が結構充実していたのかなということと、オリンピック男子リレー、伊調選手の4連覇、体操男子金メダルなどなどが明るい話題でしたね。

投資でいうと、今年も外国の政治・経済に翻弄されたということでしょうか?
1月は中国の経済減速、株価の暴落、2月はマイナス金利突入、6月は英国のEU離脱、11月にはトランプ大統領誕生と、そのたびに大きく株価は変動しましたね。

ただ、2016年で見ると、トランプ大統領の政策(減税・公共投資等)への期待から大きく上昇して終えましたので、積み立てには向いている相場環境でしたね。

来年はどうなるのかよく分かりません、EU諸国の選挙の行方、中国の秋の党大会、トランプ政権とロシア、中国との関係、日本国債の暴落など、気になることは多いですね。

年末は、よくエコノミストや東洋経済の来年はどうなるかというような雑誌を買って暇つぶしをしていますが、これに中東や原油の問題なども含めると、世界経済の行方なんて誰にも分らないのではないかと思ったりします。

いずれにしろ、2016年も無事に積み立て投資をできるだけの収入と、そしてそれなりの投資収益(評価益)があげられたので、よかったというところでしょうか?

思いつくままのブログですが、見て下さった方、コメントくださった方、1年間ありがとうございました。
皆さん、良いお年をお過ごしください。
そして、来年もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

黒部総理大臣緊急会見!年金と社会保険が破たんしました!!part2

昨日、日経新聞の記事をデフォルメしたブログを記載したフェニックスです。
でも、改めて読み直すと財産税という記事はないですね、すいません。
正確には、資産のある高齢者には負担を多くすべきだという記事でした。

全体的な傾向とすると、高齢者はこのまま逃げ切りたい、若年層は高齢者にも応分の負担をということです。
いずれにしろ、わずか14年後の2030年に年金、医療などの社会保障給付は170兆円に達することが推計されています。

皆さん日本の税収はわずか約59兆円です。
社会保障の個人と事業主の負担も約60兆円です。
50兆円も足りませんよね・・・

さてはて、我々個人投資家はどのようにして幸せな将来をつかみ取ればいいのでしょうか?
私はもともと、インフレに備えて投資を始めました。
いろいろと勉強する中で、アベノミクスの失敗、日銀の金融緩和の副作用、そして社会保障への懸念がうまれてきました。
個人的には、早く理想のポートフォリオに近づけて、外貨の割合を高めようかと思います

ちなみに、社会保障債務の削減には国会議員債務13万年分、公務員給与74年分だそうです。
個人的意見では、国会議員、県・市区町村議員の給与半減、公務員給与の10%削減をすればなんとかなるのではと思いますけどね。

黒部総理大臣緊急会見!年金と社会保険が破たんしました!!

今日の日経新聞のパクリで申し訳ないです。
まさかの面白い記事なのに会社に忘れてしまいました。

細かくは覚えていないのですが、世代間格差をなくすのには消費税増税がいいと思いました。
上げなくて済むならそれにこしたことはないのですが、社会保障が持たないのは明らかです。

個人的には、消費税は合理的だと思っています。
節約する(投資する)人には課税されずに、高齢者にも消費する費用には課税されます。
今日の記事のように、資産のある人からとるなんてもってのほかです。
投資家は断固反対すべきです!

財産税は、コツコツ節約した方が形成した資産に課税するというもので、許せません。
少し酔っぱらってるので、この辺で・・・

積立ファンドを見直しました!

先日楽天証券からもiDeCoの資料が届きました。
楽天証券はメインの口座ではありませんが、資料は大変分かりやすいですね!
トップは、昨日も取り上げた竹川美奈子さんが、コメントを述べていらっしゃいました。
楽天市場は内紛?があるのかゴタゴタしているようですが、楽天証券は投信足あとサービスなどもあって、最近評価が上がっているフェニックスです。

ところで、ポートフォリオの見直しを考えていたので、じっくりと考えようと近所の喫茶店でまったりと考えていました。
そうすると、インデックスファンドの低コスト化が著しいですね!
金融庁の指導のおかげなのか、NISAのおかげなのか、個人投資家のリテラシーの向上なのかいずれにしろいいことです。

私が見直したのは、三菱eMaxis400をニッセイTOPIXに統一しました。
日経400はROEなどを重視した指標ですが、結局は他の指標とそんなに変わらないこと、信託報酬が0.2%ほど高いので見直しました。

そして、REITはこれまで日本とグローバルとも三井住友TSMTでしたが、いずれもニッセイに変更です。
REITは少額なのであまりよく見ていませんでしたが、信託報酬が2倍近く信託財産留保額もあるため見直しです。

新興国だけは悩ましいですね?
数年前驚きをもって登場したeMAXISシリーズを持っていますが、大和iFreeかたわらで悩みますね・・・
とりあえず、大和にしました。

少し保有ファンド数が多くなりすぎるのが気がかりですが、ETFへのリレー投資もどうしようかな?
以前ほどETFとのコスト差が大きくないので、課税を避けるため様子見ですね。
皆さんはどうしてるんでしょうかね?

iDeCo結局どうすればいいの?

今日はい天気だったので、街に出ましたが失敗でした。
電車に乗ったら、休日なのに満員電車・・・そうか皆さんボーナス出たからですかね!
いつも思うのですが、皆さんランチ千円以上もする店に行列ができたりしているので、本当にデフレなのかな?日本も格差が広がっているなということを一人思うフェニックスでした。

ところで、今日は早く起きたので、iDeCoの勉強をしようと思っていました。
SBI証券で動画セミナーがあるんですね。
有名な竹川美奈子さんも登場されています。

SBIに口座を持っていなくても見れるのかは分かりませんが、セミナーの個人型確定拠出年金から見れます。
メリットの紹介が多いですが、デメリットは先日も書きましたが、退職金によっては課税リスクがあります。
もちろん、60歳まで引き出せないということもありますが・・・
その他、コメントを頂いているたわら男爵さんのブログが参考になります。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-161.html
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-252.html
コメントありがとうございます。

私の結論は、投資をするというものです。
やはり現役時代の所得控除はメリットです。
受け取り時にリスクはありますが、20年後の税制はどうなっているのかなんて分かりません。
それに、退職金はどんどん減っているので、控除枠内で収まる可能性があります。

それにしても、セミリタイヤのプランはいろんな本を読んでも出てきませんね・・・
いずれにしろ財政が苦しくなると増税リスクが高まるので、今のうちに節税できるものは利用しなきゃダメですね!

忘れてた~SBIポイント交換!!

寒くなってきましたね、ベンゼマ、Cロナのシュートにうっとりしたフェニックスです。

私の、メインの証券口座はSBI証券です。
確か、イートレード証券なんて名称のころから利用しています。

今は低コストインデックスファンドが増えたので、ポイント付与対象外のファンドが多くなっていますが、私は一部高コストのフロンティアファンドなどを保有しています。
想定内ですが、全然儲かっていません・・・

どMな遊びと思っていますが、日本株は順調なのでいいですかね?
いずれにしろ、保有残高や買い付け額に応じてSBIポイントが付与されるんです。
久々に見たら結構たまっている・・・しかもパスワードが例によってわからないというお決まりのパターンです。

悪戦苦闘して、再発行してやっと入金されました。
なんと、15,000円の入金です!!
A型なのにずぼらな私は、ポイント管理が苦手なんですね。
だから、簡単で手間のかからない、インデックス投資をやっていて、だから満足にリバランスできない情けない自分がいます。

いずれにしろ、この時期にボーナスゲット!
皆さんもポイントは有効に活用しましょう!!

雑魚はいい、森を呼べ~NISAどっちを選ぶ~

こんばんは、12月になっても残業しないフェニックスです。
といっても、朝は7時台に出勤するんですけどね・・・

タイトルは、今日の日経新聞からの引用です。
要約すると、自民党の税制調査会の一コマだそうですが、財務省が10年を主張したのに、金融庁の森長官がケンカを売ったそうです。森長官は管官房長官の信頼が厚く、調査会に呼ばれて結局20年で決着したとのことです。

それで、10年と思っていたのに20年になったんですね!
でも、前にも書いたように、NISAは、①5年年間120万円、②子供用NISA、③積立NISA(20年年間40万円)と乱立していますね。

皆さんどれを選びますか?
①と③で悩みますね。
積立NISAの詳細が決まってないので何とも言えませんが、現時点では③にしようかと思っています。

その理由は、
①確か10年(7年だったかも)スパンで見ると、積み立て分散は過去のどの期間でみてもプラスであること
②マンション節税もそうですが、今のNISAは税制改正リスクにさらされる危険性があること
③トータルの非課税額は600万と800万で積立NISAが有利なこと

ですかね。
でも、③は600万×4(20年÷5年)と考えることもできますね。
うーん、悩ましいですね。

政権にそれだけ近いのであれば、やはり現行NISAの長期化を目指すべきではなかったのではないでしょうか?
積立NISAも普及しないと、総崩れになりかねませんよね?



やっぱりリバランスは積立額の変更で行います

先日私がファンドマネージャーを務めるPhoenix Fundの運用報告書を変更しました。
この前一応今の証券口座のSBI証券のポートフォリオを確認しました(この他にも財形などもありますが)。

無題

日本株がだいぶん多いですね・・・
やはりなじみがあるだけあって、1月に16,000円割れた時などに追加で投資したこともあり、またリバランスをさぼっていたこともあり大きくかい離しています。

でも、不安なんですよね。
いきなり何十万も追加投資してリバランスするのが・・・

来年の話をするのもなんですが、トランプ相場で世界的に株価が上がっています。
一方で、欧州は政治リスク、米国も本当の意味でのトランプショック(ドル安志向)、そして中国も自動車減税の反動などの減速リスクがあるのかと思ったりします。

根が悲観的なほうなので、皆さんのように男前にドンとリバランスできない自分がいます。
ということで、積立額の増減でとりあえず先進国と、新興国株、先進国債券を2倍にして積み立てようと思います。

年末時間があれば、1年後に理想のポートフォリオになる積立額を計算して変更しますが、とりあえず忘れないうちに変更しました。
いい悪いは別にして、こんなざっくりでもなんとかやっていけるのが積立投資のいいところですよね!

気が付けば、日経平均も年初来高値とかで評価益も18%台に来ています。
投資歴10年近くの成果ですが、ボーナス5回分近い利益(未実現)です。

預金等で10年間0.5%で預けていても50万ほどにしかなっていません。
現実は国債が0.05%なので5万ほどでしょうか?

環境が良かったといってしまえばそれまでですが、金融資本の有効活用を考えないと、セミリタイヤや豊かな老後をつかむのは困難な時代ですよね。

今がいいのか悪いのかなんてだれにも分かりません、とりあえず月3,000円(日本・先進国・新興国株)でもいいので、積み立てを始めてみるのもありですよ!
投資するなら?今でしょ!!


ふるさと納税しようと思ったのに生まれ故郷には何もない・・・

こんばんは、フェニックスです。
年末差し迫ってきましたね。

少しながら、話題のふるさと納税をしようと思って、生まれ故郷の市町村を探したけど何もない・・・
毎年帰っているのですが、年々クラス数も減っているし、幼稚園も1つなくなっています。
いわゆる、団塊世代の住宅開発地ですので周りには住宅だけで、どんどん廃墟?が広がっているのではないかと思っています。

常々思うのですが、東京などに人口が集中し幼稚園が足りないのに、地方では減っているんですね。
地方では住んでいない家も増えているのに、東京ではますますマンション価格も上がっています。

もう少し、地方を有効活用しないといけませんね。
これまでは投資の勉強に時間を割いてきましたが、セミリタイヤを見据えて、地方の勉強、セミリタイヤ後の住みやすい街を探すことも考えようかと思っています。

実家が京都の地方なので、京都市内から1時間圏内をまずは勉強しますかね。

ちなみに、ふるさと納税はふぐ鍋セットにしました。
昨年実家に送りましたが、ひれ酒がみなさん初めてだったんですよ。
確かに、うちは外食も100円回転すし、家族旅行もいった記憶は一度しかないな・・・

でも、今は甥っ子と毎年豪華な旅行に行っているんですよね・・・
団塊世代は、なんだかんだ恵まれてるんですかね?

Phoenix Fund運用方針変更のお知らせ!

今日は寒かったですね。
そろそろ、資産規模もそれなりになってきたので、まじめにポートフォリオのリバランスを行う必要があるかと思っています。
毎年、年末には考えているのですが、これぐらいならいいかと思ったりして、しっかりできていませんでした。

そもそも、私はPhoenix Fundのファンドマネージャーでありますので、このままでは受託者責任(フィデューシャリー・デューティ)を果たせていないということで、これからしっかりと責任を果たしていく所存です。

ということで、運用方針を2013年1月当初から澪なしていなかったので、一部変更させていただきます。
日本株ポートフォリオの変更は、なぜ15%にしているのかその根拠が分からないので、一部変更しました。
その分先進工区債権比率を下げました。
また、セミリタイヤ時期を加速するために、投資額を月10万以上と変更しました。
リタイヤ年度は、運用状況次第なのでとりあえず据え置きです。

Phoenix Fund運用目論見書

1. ファンドの目的
長い人生を幸せに暮らすために必要となる金融資産を、早期リタイアとHappy lifeを送ることができる資産を形成することを目的としています。
なお、名称の由来は、永遠の時を生きるとされるPhoenixのように長期にわたり、相場環境が悪くなった時もPhoenixのように蘇ることを願い、命名されています。

2. ファンドの特色
低コストのインデックスファンドを主体とし、リスクを低下させるためバランス良く資産を分散するポートフォリオを重視した長期の運用を行います。
なお、投資を楽しむために資産の一定割合を限度として高コストのファンド等に投資を行い、自己の相場観のなさを嘆くというMな遊びを行うことがあります。

Phoenix Fund運用方針

1. 運用期間
ファンドマネージャーが生きている限り運用を行います。

2. 投資金額
年間手取り収入の1/3を目標に投資資金の確保を行います。
なお、早期リタイヤを目標とし、2030年までに生活防衛資産を含め金融資産を7,000万円とすることを目標としています。

3. 投資対象
株(日本・先進国・新興国)、債券(日本・先進国)、REIT等のインデックスファンドを主な投資対象として投資を行います。

4. ポートフォリオ
日本株・・・20%
先進国株・・・20%
新興国株・・・15%
日本債券・・・15%
先進国債券・・・10%
REIT・・・10%
その他・・・10%
なお、ポートフォリオは早期リタイアを目指す、2030年の5年前の2025年から経済状況を考慮しつつ、リスク資産を40%程度まで減少させる予定です。

5. 生活防衛資産
生活防衛資産として生活費の3年分程度を確保し、普通預金・定期預金で運用する。
なお、当面予定はないが、仕事も満足にできないオヤジが生きていく希望を持てるよう、結婚資金を含めて500万円とする。

6. リスクへの対応
2.に定めた投資金額への2割程度は投資防衛資金として積み立てを行う。
なお、当該防衛資金は、生活防衛資産を除く金融資産全体の評価損が10%を超えた場合に投資資金に充て、各資産の積立額を20%程度増額し積み立てを行うものとする。
 
7. 資産の売却
原則、ファンドマネージャーが50歳頃を迎える2025年までは資産の売却は行わない。
なお、ETFへのリレー投資のための売却、その他資産の売却は除くものとする。

8. ポートフォリオの見直し
ポートフォリオの見直しは、年1回年末に行う。各資産の4に定める割合からの乖離が5%以内の場合は、積立額の変更により行うこともできることとする。

9. その他への投資
その他に分類される投資対象は、純金等のコモディティ商品、買付手数料・信託報酬が1%を超える商品とし、ポートフォリオは10%を必ず超えないものとする。

10.その他
上記に定める運用方針は、現在のファンドマネージャーの収入状況・生活環境を基に定められたものであり、状況の変化により変更されることがある。


2013年1月14日
ファンドマネージャー フェニックス

Phoenix Fund運用方針 附則

2013年は運用方針に則り、以下のとおりとする。

1. 投資金額
運用方針2に定める投資金額は月10万円以上とし、そのうち2万円を投資防衛資金とする。

2. 運用方針の適用
2013年2月の積立てから適用する。

2013年1月14日

2016年改正附則
2016年12月11日、運用方針の一部変更する。
4.ポートフォリオ、の日本株15%を20%に変更する。
また、先進国債の15%を10%に変更する。
8.ポートフォリオの見直し、の乖離率を3%から5%に変更する。
附則1.投資金額を月10万円から月10万円以上に変更する。



プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR