ニッセイAM「徹底的にコストに拘る」!

どうも、トランプさんは暴走モードに突入していますね。
昨日も書きましたが、「トランプ大統領の衝撃」という本をまだ読んでいますが、西欧諸国は日本と違ってリーマンショックを機に大きな停滞、格差社会に突入している、そういった中での政治混乱で生まれた大統領なんですね。

今年は、オランダ、フランスなどの選挙もある中、短期的な調整局面は訪れるんでしょうね。
でも、我々小市民は心配しても仕方ないですが、このままだと米国抜きでG6で包囲網を引くというのも選択肢なのかと思ったりするフェニックスです。

ところで、ニッセイAMで<購入・換金手数料なし>シリーズの仕掛人ニッセイアセットマネジメント(株)商品開発部の寺前課長がFPの深野さんと対談されています。
こちら

注目するのは、今後も低コストに拘っていくということと、シリーズも増やすかもしれないということです。
この点は評価したいですね、そのためには「お客様には、是非、この商品へのご支援をお願いしたいと思います。」と、投資してくださいとおっしゃっています。
インデックスで低コストを実現するにはそれしかないんですよね、残高を増やすしか・・・

それは分かりますが、ぜひともニッセイさんとしても会社としてコストに拘るという考えを共有していただきたいですね。
日本のアクティブファンドが普及しないというか短命で終わるのは、優秀なファンドマネージャーも定期異動で外れてしまうという記事を昔読んだ気がします。
えっ・・・古いですかね?

いずれにしろ、日本でも低コストファンドが競争して、米国バンガードを上回る低コストが出てくる日を願っています・・・無理かな?

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

MORNINGSTA AWARD FUND OF THE YEAR 2016発表!高齢者からむしり取れ!!

先日コンビニ近くを歩いてると、タクシーがドアを半開きで出発しようとしているではありませんか・・・
運転手はどう見ても60歳オーバー、やばいと思いつつも発進してしばらくして無事気づいてくれました。
私のガン見に気づいてくれたのかな?
タクシーなんて高級車に乗ることはほとんどありませんが、高齢運転手は遠慮しよと思ったフェニックスです。

ところで、モーニングスターさんが毎年発表しているFund of the Yearが発表されています。
こちら

昨日モーニングスター社長さんの本を紹介したのは本当に偶然です・・・
すいません、勉強不足でよく分かりません。
ただ、毎月分配人気なんだなというのが分かります。

ま、ほとんどがバブル時代を謳歌して、大した年金保険料も払わずに高額な年金と退職金を受け取っている高齢者が投資しているので、問題ないのかと思う失われた20年しか働いていない40代おっさんです。

今、「トランプ大統領の衝撃」冷泉彰彦著を読んでいますが、トランプ支持派は中間層の高齢者、いわゆるアメリカの絶頂期を謳歌した方が多いようですね。
貧困層かと思ったら違うんですね。リーマン後に中間層の地位の低下を懸念して、昔を懐かしんで米国ファーストを唱えているんですね。
強い経済、強い軍事、20年前の強いアメリカを求める高齢者がトランプを作ったんですね。
英国もそうですが、若者はそんな世界を望んでいないのに、先進国は高齢化が進んで保護主義に走っています。

なんて思ってしまいました・・・

いずれにしろ、個人的には毎月配当、アクティブファンドはありだと思っています。
ただ、押し売りはいけないだけで、リスク、仕組みをしっかりと説明する必要はあるかと思います。

昔は、定期預金ですら年率8%近かったので、肉食系高齢者がこれらに投資するのは止めようがありません。
ブロガーFOYの参加者や他のブロガーを見ていると、これから資産形成する方は比較的よく勉強されているので、あと10年すれば変わるのかな、と思いました。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

「低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー」朝倉智也著を読んでみました!

今日は少しあったかい日で、まったりと部屋掃除などして過ごしたフェニックスです。

今日はブックオフで先日買った本を読みました。
好みもあるでしょうが、私は古本でも気にしません。
その時々ですが、月に4、5冊本を読むので、小市民としては投資資金の捻出のためには中古でもいいと思っています。

今回も1,500円の本を200円で手に入れています。
そして、もう一つのメリットが投資本の場合、当時の著者の考えなり投資本が果たして2、3年後に当てはまっていたのか検証ができるということです。

よほどお気に入りの本でもない限り、新刊で手に入れても数年後読み返すということはあまりありません。
もちろん、投資本でも永く愛され教科書となる本もありますが、ほんの一握りです。
一方で多くの本はその時は時代にあっていますが、数年後には対応できない投資手法であったりします。

今回は、残念ながら半々、少し後者の割合が高い評価です。
著者は、投資をしている方なら知っている方が多いかと思いますが、モーニングスター社長です。

私も大変お世話になっているサイトです。
感想としては、中・上級者向けで、以前より不確かな時代にどのように同投資すればいいのかということです。

著者は、景気循環に合わせてポートフォリオを組み替えるという考えです。
理屈上はそれは分かりますが、非常に難しい投資手法です。

そして、新興国のVISTAやNEXT11とされている、インドネシア、トルコを組み合わせるのもどうかと提案されています。
これは2012年当時ではよく聞きました、

でも、今となってはどうでしょうか?
トルコなどの新興国は政治リスクがあり、景気循環も新興国、先進国、日本で微妙に異なります。
朝倉さんも本心でかいたのかどうか分かりませんが、個人的にはいろんなファンドにリスク分散した積み立てがいいのかなという思いを強くした本でした。

iDeCo手数料比較!SBI証券vs楽天証券!!

これまでフェニックスファンドのメインの積み立て用取引口座はSBI証券でした。
ただ、ずいぶん昔に短期売買もやってみようかなと思って楽天証券口座も開設していました。

今回、iDeCo(個人型確定拠出年金)制度拡充に合わせて、どちらで開設したほうがお得なのか?ということで私なりに試算してみました。

基本条件はこちらです。
iDeCo手数料比較

月額手数料などはSBI証券が若干高くなっていますが、運用資産となる投資信託はSBI証券のほうが低コストファンドがそろっているので、果たして長期で見ればどうなるのか?というのが今回の目的です。

前提は、投資額は月額12,000円で、それぞれ一番低コストの先進国ファンドに投資する、信託報酬は便宜上年間投資額(144,000円)の半額と前年残高に信託報酬を乗じて計算しています。
また、口座管理手数料(証券)分は、楽天証券が10万円以上なので10か月目から無料、SBI証券は3年7か月目から無料としています。

結果は・・・
iDeCo 手数料グラフ

私の試算があっていれば、30年程度であれば楽天証券が有利のようですね。

手数料差

ただし、見ていただく通り長期になればなるほど信託報酬の差が効いてきます。
ですので、掛け金が23,000円や運用期間によってはSBI証券のほうが有利になる方もいるかと思います。

そして、今回試算して思ったのは、手数料が意外にかかるということです。
所得税控除による節税額は税率20%の方(所得195万~330万)で年額28,800円、30%の方(同330万~695万)で年額43,200円です。
注意が必要なのは、住宅取得控除で所得控除額を使い切っている方などはiDeCoの節税メリットがないのに、手数料だけかかるということもあり得ます。

iDeCoをこれから始めようと思われている方、ちょうど確定申告の時期です、普段見たことがない方も一度自分の源泉徴収票を見てはいかがでしょうか?

※試算に誤りがあれば教えていただけると幸いです。
あっ、これだとファンドの損益が反映されてませんね・・・上下するということでご勘弁を。



NYダウが20,000ドルを突破!

今日はなかなかストレスフルな一日でした。
ただ、何とか無事終わってくれてほっとしている、フェニックスです。

今回は備忘録記事です。
NYダウが20,000ドルを突破しました。
大きな節目の気がします。
世間ではトランプ相場ともてはやされていますが、私には正直分かりません。

今回のような市場は、何をベースに動いているのか、結局はマインンド、投資家の上がるのではないかという期待値で動く気がしてなりません。
トランプさん(大統領というのは少し抵抗が・・・)の進める政策がいいのか分かりませんが、おそらく今後も上下しながら進んでいくんでしょうね。
NYdow.png

TOPIXと比較しても、米国株の上昇は凄いですね。
3月ごろがピークで、その後は負の側面、欧州政治リスクなどで下がるのかなと、漠然と思いますが、こればかりは分かりません。
今後どうなるのか分かりませんが、積立だけは続けていきます。

投資を始めて祝10周年!良かった点、悪かった点!

今日は寒いですね。幸い東京は雪は降っていないですが、西日本では大荒れの模様らしいです。
フェニックスが一時期ゆかりのあった彦根城も雪景色ですね。

ところで、フェニックスファンドも無事に10周年を迎えました。おそらくですが、手書きの投資手帳に2008年末の投資残高が残っているので、10周年目を迎えています。

投資を始めて紆余曲折ですが、5年ほどしてブログ(大したことを書いていない日記ですが)を始めました。
いずれにしろ、10年無事投資を続けられたことに感謝です。

10年投資してよかった点、悪かった点を振り返りたいと思います。

まずは良かった点です。
1.精神的にゆとりができたこと
  これは、正直投資でなくてもいいのかもしれません。
  10年投資や貯蓄をしていると、一定額の資産が貯まります。そうすると、仕事に対する価値観も微妙に変化します。
  貯金がないころは、嫌なことでも会社にしがみついて、生活していくしかありません。
  でも、間違って首になっても10年程度生きていく資金を蓄えていると、無理な要求や上司にも自分の思っていることが言えるようになってきました。
  これは性格的な面もあるかもですが、つい私は「はい」と言ってしまいがちでしたが、少しは文句?意見を言えるようになりました。
  常々言っておりますが、仕事のストレスは、人間関係が大半と感じています。
  言いたいことを言える環境だけではないですが、少しだけ言える勇気を与えてくれる気がします。

2.興味のある分野(勉強する分野)が増えたこと
  投資をすると、確定申告する(損失が出ている場合ですが・・・)ことになります。
  そうすると、こんなに税金を払っているんだと気づくとともに、個人年金をかけたりNISAの勉強をしたり、今であればiDecoの勉強をしたり・・・
  さらには、日本の財政状況、世界の経済状況、果ては政治リスクにまで無限に広がっていきます。
  金融リテラシーというと難しく感じますが、知っていれば損しないこと、もらえる公的補助などが無数にあります。
  そういうアンテナを張って、無駄なコストは抑えて困ったときにしっかりと補助を受ける知識を得ることができたかと思います。

3.節約(貯蓄)スタイルが身についたこと
  これまでも書いてきましたが、20代まではギャンブラーでした。給料日から10日ぐらいでほぼ給与を使ってしまうこともありました。でも、目標をもって天引きなどを活用すると、貯蓄はできます。
  私の家計はざるですが、家賃の固定費を除いたところで月10万が目安です。
  大きなのは通信費ぐらいなので週2万円程度、一人暮らしだと十分なところだと思います。
  給料が入ると、生活費以外は証券口座、ネット銀行に預けるというスタイルが定着しました。

悪かった点は、そんなにないですが。
1.中途半端に投資を勧めないこと
  私も友人にインデックス投資をしていることを飲みながら話しました。でも、友人はインデックス投資ではなく、株式投資であると認識して、個別株の投資をして失敗しました。
  リスク分散も十分に理解せずにですが、リーマンショックから大きく回復していた時期なので、もうかっているような話をしたのが誤りでした。
  残念ながら、今の日本では一定の知識を持っている方以外には、投資の話をすべきではないかと悔やまれました。

2.無理な節約に走っているかも
  これはメリットの裏返しですが、ここ10年同じような生活スタイルです。
  つまり生活費は月10万を目安のまま変わっていません。もちろん、PCなどを買い換えたり、18切符の旅など少しは消費にも回していますが、もう少し人生を豊かにする消費に回すべきかと反省しています。

3.外部に目を向けよう
  投資10年目にしてFOYに参加しましたが、今後はもっと外部に目を向けようと反省しています。
  残念ながら多くの会社では副業は認められていませんが、今後もっと広い視野の人間が求められています。
  なかなか、会社にとどまっていても見えない世界があるはずです。
  せっかくの機会なので、今まで活用できていなかっや、共通の価値観を持った方たちと交流する機会を持てたらなと漠然と思っています。

投資10年目を迎えて、思ったことをつらつらと書きましたが、セミリタイヤという目標に向けてあと5年?10年かもですが、無理のない範囲で、幸せな生活を求めていきたいと思います。


  


  


Phoenix Fundに異変が!ファンドマネージャー出てこいやー!!

昨日のみ過ぎたのもあって、今日は一日だらだらでした。
といっても、天気が良かったので、掃除洗濯と、久々の三食自炊とのんびりしたフェニックスです。

で、取引残高残高報告書が届いていたので、確認です。
投資歴も、10年と他のブロガーさんのクオリティーを見てもう少しまじめに書かねばと思う今日この頃です。
といってもおっさんブログ、見た目は勘弁していただいて、Phoenix Fundのアセアロの確認と、弁明の機会を与えてください。

ドーン、これが2016年12月末の状況です。
20161231.png

外側が目標で、内側が実績値です。
日本債券が多いのは、ファンドマネージャーの能力不足ですね・・・

で、昨年末の状況です。
20151231.png

まさかの、日本債券クラスが3ポイントも上昇してるではないですか!
いっちょ前にファンドマネージャーと名乗っていますが、この点について説明させていただきます。

「えっと、正直分からないんです。おそらく財形などの積み立てと、生命保険を解約したこと、大きな買い物をしなかったこと、デフレ体質が身についてることによる、節約効果による現預金の上昇によるものと思われますが、家計簿は一切つけないというザル会計なので・・・」

このままでは、このご時世、受託者責任を果たしていないという責任問題、金融庁による行政指導を受ける恐れもありますが、幸い受益者は長期目的、トランプ相場で先が読めないので今後株式等を増やしていくのであれば、目をつぶるという方針のようです。

逆風の吹く中かもですが、少し投資を増やしたいと思います。

年末旅行の備忘録~金沢・和倉温泉・白川郷~

アメリカでは大統領就任式が始まったようです。
これからの4年間がどうなるのか分かりませんが、平和な世の中を作っていただきたいと切に願います。
投資環境もいいのか悪いのか分かりませんが、愚直に積立を続けていくフェニックスです。

ところで、今さらですが年末の旅行の記録です。
私のブログは、投資の記録と日々の記録という日記のようなものなので、今回は投資は一切関係ありません。

年末に甥っ子と両親と和倉温泉・白川郷に行くというのでノコノコとついて行きました。
おととし18切符で金沢旅行をしたのですが、白川郷には行っていなかったので・・・

甥っ子は京都からですが、金沢に朝9時頃と言われたので、私は前日に金沢入りしました。
なんといっても北陸新幹線に乗りたかったのと、その時間に行くには5時前に自宅を出なければいけなかったので・・・

IMG_0673.jpg

さすがに新しいだけあって、快適な旅です。
しかも東京~金沢が2時間半という短時間です。

夜はビジネスホテル、5,000円ほどでしたが、最近は大浴場が付いているところがお気に入りです。
そして朝は、近江町市場で朝からやっているいきいき亭さんに。
朝からやっているところは少ないし、休日だと混んでいるのかと思い早めにホテルを出て、7時過ぎに到着すると、2組ほどでしたのですんなり入れました。
カウンターだけの10席ほどのお店ですが、いい感じのお店です。

IMG_0682.jpg

おススメのいきいき亭丼2,000円です。
ご主人が丁寧に、ご飯の量を聞いてくれます。ダイエット中でしたが、大盛りを頂きました。
若い女性客の方には普通盛でも多いようで、半分ほど・・・少なっと思いました。
どうりでおコメの消費量が伸びないわけです。
IMG_0680.jpg

普段は素食でお寿司も回転寿司ですが、さすがに美味しい!!(比較すると失礼ですが)。
昼は大行列にもなるそうなので、余裕のある方は朝がおすすめです。朝も出るころには外に待っている方がいました。

その後、甥っ子と合流して、兼六園、和倉温泉に向かいます。
IMG_0690.jpg

電車といえば、ビールですね。
IMG_0691.jpg

和倉温泉では、ホテルでチケットをもらうと、卵と交換してくれるので、自前の温泉卵が作れるサービスがありました。
IMG_0697.jpg

和倉温泉は、シラサギが傷を癒すところから発見されたという、シラサギ伝説の湯です。
効能は、高張性弱アルカリ性温泉で、飲泉もできるのですが、さすがに海の近くでしょっぱいです!
翌日は白川郷に向かいます。
バスで向かいましたが、半分?近くは海外の旅行客ですね。
この日は12月というのに暖かったので、残念ながら雪の白川郷ではありませんでした・・・

IMG_0709.jpg

こんな年末旅行の記録でした。

ロボアドバイザーってどうなんだろう!

今日、育休明けの女性に5時間近になってあたふた仕事を指示している先輩を見て、こいつ何やってんだと・・・
年中暇な窓際の私が「手伝いましょうか?」と言ってみたが、断られたのですぐに帰ったフェニックスです。
どうすればよかったのか分かりませんが、残業嫌いなので・・・

ところで、今日の新聞に松井証券が「投信工房」の一面広告を出していたので、早速やってみました。
これまでも数社試してみましたが、ビジュアルはいいですね!
で、結果がこれです。
無題1

最近ロボアドバイザーを糸口に投資を始める方もいるようですから、初心者にはいいんでしょうね。
まずは、どんな資産に投資すればいいのか、イメージがつかめるというメリットがありますね。


でも、慣れてくるとこれは違うなというか、このアセアロは私には合っていない気がします。
私もまだまだ勉強中ですが、入り口としてはありなんでしょうが、メリットがいまいち分かりません。

今度ゆっくり調べてみようかな。
でも、松井証券の特許出願中の、「リバランス積立」はどんなものか少し興味があります。
私がFOYであったらいいなと言っていたサービスの一つです(自分でやれよと言われそうですが)。

SBI証券でも積立Fund of the yearが発表されていますよ!

私のメイン口座SBI証券で、「投信積立年間人気ランキングを公開!2016年の人気ファンドはこれだ!?」として10本発表されています。
よく見ると、1位は<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドです。
さらに、3位はひふみプラス、5位は<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド、7位はたわらノーロード先進国株、10位はiFree8資産バランスです。
なんと10本中5本がFOYと被っているんですね。

どうでしょうか?
私はテーマ型を証券会社が発売するのはある意味仕方ないと思っています。
証券会社が儲けるためには、個人の儲けたいという欲望に合った商品を売る必要があります。
どう思うかは個人の感性、知識によるのではと、特にリタイヤ後の方には長期より短期で儲けたい、毎月分配がありがたいというニーズがあるので、そこは規制すべきではないのかなと漠然と思ったりしています。

でも、積立に限ってみるとどうでしょう?
全てノーロード、なるほどと思えるものが多いような気がします(すべて知っているわけではありませんが)。
積立はおそらく20代くらい方が多いと思いますので、投資をしている方はしっかり勉強して、金融リテラシーを身に着けているのかなと感じたこの頃です。

是非、金融庁か文科省か分かりませんが、金融教育とともに、社会保障についても学生時代に身に着けるような場を作ってほしいと、この年になると思いますね。
プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR