改めて投資を考える

暑くなってきましたね。
梅雨時期なのに、雨も少なく水不足のため取水制限もあるようです。

最近投資について考えることや損益を見ることもほとんどなくなってきました。
投資歴も10年近くになると多少のブレは何ともなくなってきています。
いいことなのかどうかはわかりませんが、投資していることが当たり前になっています。

一方で、先日も書きましたが、マイナス金利や消費税延期について、長期的な投資スタンスについては考えなくてはいけません。
昨日の日経新聞にも記載されていましたが、世界的に金利が低下しています。
中央銀行のおかげで、世界的にお金がジャブジャブです。

当初はインフレを懸念して投資していました。
適切に、賃金上昇、物価の上昇と考えていましたが、いわゆる悪いインフレ通貨の価値下落が見えてきてなりません。

いまだに多くの人が現金に固執しているようですが、現金の価値が毀損する可能性があるわけです。
ただ中央銀行や政府が全力でこのような状況を作っているので、どうなるのか知識のない私にはわかりません。

そんな時は愚直に分散投資ですね。
どうなるのか分からないときは、いろんな資産、株式、REIT、金、国債ともっていると少しは安心します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

落ちる時は何でも落ちる感じがするので最近はあまり分散効果はないように感じています。もちろん下落率に違いがあるのである程度の効果はあるのかもしれませんが。

私は現金+株式のみでいいかなと思っています。
プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR