いまさら聞けない投資のこと!ポートフォリオとアセットアロケーション?

今日はいい天気で、いい三連休を迎えられそうです。
普段から早起きのフェニックスは、土曜日の朝はおかずのクッキングを見ております。
密かな久富アナのエプロン姿のファンです。

ところで、年末も行いましたが、四半期程度ですが投資の状況確認を行い、ブログにもアップしています。
皆さんのブログを見ていると、私はポートフォリオの確認と書いていますがアセットアロケーションの確認が正しいのではないかと思い、投資経験10年目を迎えて今更ですが調べてみました。

JPX(日本取引所グループ)の用語集によるとアセットアロケーションは、
アセット(資産)のアロケーション(配分)という言葉のとおり、リスクを抑えつつ安定したリターンを獲得するために、運用資産を配分することをいいます。主な運用対象としては、「国内株式」・「国内債券」・「海外証券」・「不動産」・「現金等価資産」などがあり、これらの配分を決定した後に、運用対象ごとに銘柄の選定を行うのが一般的です。」

一方で、ポートフォリオは、
「元々(様々な証券の入った)"書類カバン"といった意味なのですが、資産運用の世界では、様々な資産ないし、銘柄の組み合わせのことであり、投資家の保有証券リストといった意味として使われています。」

私が四半期ごとに確認しているのは、個別のファンドを確認して、日本株、先進国株などの割合をブログにアップしています。
ですので、やはり正確にはアセットアロケーションの確認を行っているということのようです。

ポートフォリオの確認というのであれば、ニッセイTOPIXファンドやニッセイ外国株のリストをアップするということになるんですね。
投資をするときには「アセットアロケーションの決定→ポートフォリオの決定」ということなんでしょうね。

意外とこんがらがっている方も多いかと思いますが、その理由はポートフォリオ理論という考えによるのかなと思ったりします。

ポートフォリオ理論とは、
「ポートフォリオ理論と言えば、所与としての資金を、いかなる資産ないし銘柄で持ち、かついかなる割合で保有することが投資家の期待効用にとって最適な姿であるかを、期待リターンと同リスクとの組み合わせの中で実現させるかを工夫する方法論のことになります。」

これを読むと、ポートフォリオ理論ではなくてアセットアロケーション理論というべきなのでは?と思ったりしますよね。
まー、なんとなく意味が分かればいいかと思う、フェニックスでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR