ギャンブラーから投機家に、そして長期投資家に!一攫千金を目指して投資を始めましたが何か?

今日は成人式でしたね。
今住んでいるところでも、成人式が盛大に行われていたようです。
失われた10年という言葉がむなしくなるくらい、今は失われた25年という時代です。
そんな中でも、晴れ晴れとした表情の若者を見ていると、明るい未来を築いてほしいと思うフェニックスです。

ところで、気が付けば投資を始めて10年目になるので、改めてなぜ投資を始めたのか振り返ってみました。
これまで書いてきたように、20代のころの私は、ダメダメ人間で貯蓄なんてせずに仕事が忙しいことを理由に、ストレス解消と称してパチンコ、スロット三昧、今でもそうですが酒におぼれて、女にだけは縁がなくて・・・

そんなところ、今では考えられないですが、うちは残業が比較的付く部署とつかない部署があって、気が付けば100万ぐらい普通預金に貯まっていました。もちろん、土日も出勤していたので、疲れてギャンブルどころではなかったのもあります。
(今のご時世なら200万ぐらいたまっていたかも・・・)。

よくよく振り返ると、私はその当時定期預金とかではなく、いきなり新興国株ファンドに行っています(財形はしてましたが)。
確か、同期が結婚して、自宅も購入したのに、俺には何もないと、女もいない、金もないと気が付いた時でした・・・
もともと、ギャンブラーでこれまで貯蓄していないのを取り返してやろうと、スロットから投機に走っていたわけです。
そして、投機の半分近くを失ったわけです・・・

でも、そこから勉強しました。
投資の雑誌を見たり、今ほど多くないインデックスブロガーの記事を読んだり、名著と呼ばれるものを週末ファミレスでよく読んだ記憶があります。
投機家ではなく、長期投資家になったんですね!

一攫千金が理由でも、気が付けばインデックス投資になっている、もちろん一攫千金を成し遂げた方もいますけど、
ま、私を見習う必要なんて一切ないですが、この低金利時代に投資をしないのはもったいないというのは断言できるかも?です。

ということで、来週のFund of theYear2016初参戦ですが、楽しみにしています。

今朝見た、TEDでも幸せを求める人は富と名誉を求めているが、実際は良い人間関係に尽きるというものがありました。

これは私も前から感じていることで、後輩には仕事が大変でも周りが良ければ耐えられるといっています。
時代にはあっていないですが、夜2時、3時まで仕事しようが、同僚が嫌な部長に一矢報いようと団結したりしていると耐えられたりするものです。

ま、ともかく今年は少しは外に出て人間関係を築く年にしようかと、引きこもりから脱しようかと思うフェニックスです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR