公的年金国内債券により5,700億円の大損失!

1日たった3時間の残業で違反になるなんて、どうりで残業代すべてでないわけだと、今更うちもブラック企業だと気づいたフェニックスです。でも、昔はこれが当たり前のような気もしないような、時代の流れですね・・・きっと。

ところで、今日のF新聞によると、
「公的年金、国内債券により5,700億円の大損失!」との見出しで2016年10月から12月の国内債券の運用により大幅な損失を蒙ったことを掲載しています。
さらに、野党R議員のコメントとして、「国債の運用により大幅な損失を蒙るなんてありえない。国債は安全資産であり、何かの間違いである。きっとトランプショックのせいだ。」と掲載されていました。

このコメントに対して、元シルバーマン証券元支店長のF議員は「金融緩和はもうルビコン川を渡っている。いずれハイパーインフレが訪れるため、今後も公的年金の損失は加速度的に増えていくだろう。これまでの野党議員の指摘は金融リテラシーの欠如が原因で、もっと株式、ドルに投資すべきだ。」と述べています。


以上、フェニックスニュースからの引用で、全てフィクションです。

実際は、今日の日経新聞5面によると、「公的年金運用益10兆円超」との見出しで「国内株で4兆円、外国株で5兆2千億の利益を上げた」とされています。
一方で、国内債券は5,700億円の損失だそうです。

大事なのは、国内債券でもリスクがあるということを理解していただきたいのです。
何も株式だけがリスク(振れ幅)がある資産ではありません。
個人的には、金利の機能はマイナス金利と誘導策により失っていると思っていますので、過去保有分とブログ用楽天証券以外では投資せずに縮小傾向が正しいのかなと、漠然と思っています。

いずれにしろ、損失が大きくなると株式が悪いように書かれますが、株が上昇する局面では債券が下落するというセオリーがありますので、両方を見て判断する必要がありますね。

いずれにしろ、公的年金のように数十年単位で投資するのであれば、四半期は資産状況の確認であり、損益で一喜一憂するのはあまり意味がない気がしますね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR