「日本国債」幸田真音著を読みました。

日本国債 幸田真音著を読みました。
ずいぶん昔の本ですね。
2003年になりますが、日本国債を取り上げた本で、当時としては珍しい分野の本です。

当時から日本国債については、危機感を持っていたのに、知らないふり?をしている政治家や、国民が多かったのに、取り上げたということで、話題になった気がします。

そして、14年たった今日本国債はどいう状況なんでしょうか?
私は、10年前投資を始めたのは、やはり日本国債への不安でした。
リーマンショックや、その後のギリシャ危機、日本もいずれそんな時代が来るのではという漠然とした不安からでした。

橘玲さんや、藤巻さん、副島さん、内藤さん、そういった本で紹介された投資本などから、マルキールさん、エリスさん、などなど読んで今の投資法に至っています。

今回の本は、JGBのディーラーが反旗を翻して未達に導くことを、市場の健全化を目指す中で生まれていきます。

それから年月を経て、今はBOJが多くの国債を買っている時代です。
金利は、経済の体温を表していない状況になっています。

中央銀行の政策に、投資スタンスとすると沿うことが合理的だと思っています。
金利はそれほど重要な要素だと思っています。


でも今後、JGBの引き受け手は地銀や都銀には望めなくて、GPIFも運用資産約145兆のうち33%保有するJGB48兆円を売りに出す時期、資産を取り崩す時期が来ます。

今、幸田さんがどう思っているのか気になりますね。
個人的には、外貨保有比率(外国株と債券)を高めようかと思っています。

ま、海外もどうなるか分かりませんけどね。



にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイアを目指しています。
軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)を楽しみつつ、少し投資して資産形成を中心に、日々のくらしを記載しています。

なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR