個人投資家を広めるには?

個人投資家を増やすというスローガンは果たしていつからあるんだろう?
私が投資を始めた頃から、聞いているような気がする。

そして、投資環境はネット証券の台頭を境に、ファンドも1万円からだったのが遂には100円から投資できるところまで、小学生のお小遣いですら買えるところまで来ている。

更には、金融の優遇税制(20%→10%)が終わったと思っていたら、NISAやDCなど格段にサラリーマンの少額投資家にも適した環境が整備されている。

私のような?投資を広めたいと思っているブロガーも数百人もいるような時代である。
でも、一般市民に投資は受け入れられていない、残念ながら・・・

なんでなんだろう?ってずっと思っている。

でも、ある意味個人はデフレ時代に無駄なリスクを負わないで、正しい選択をしていたとも考えられる。ましてや、日本株式市場は、未だに最高値の2/3程度。

日本人はある程度の知識があって、比較的安定的な政治環境であり、我慢してそれなりに仕事すれば、わずかでも退職金が出て、不安があるものの、年金制度があり、それがだめなら生活保護がある。

なんで、投資しなきゃいけないの?今を楽しめればいいやん、あくせく貯めて投資しようが、国が何とかしてくれるやん、なんて思いが強いのが現実のような気がする。

それが、有価証券投資の必要はないという8割の方の現実のような気がします。
先日のダン・アリエリー教授も、老後資金を貯めるのは難しいと、あまりにも先のことを人間は、考えられないと言っていました。

投資を広めるには意識改革しかなくて、むやみに不安をあおる必要はないですが、年金や財政問題について、政治家が本気で説明するしかない気がします。
そのような中、与謝野馨氏がお亡くなりになりました。

色んな意見があるでしょうが、現実から目を逸らしていない数少ない政治家だった気もします。ご冥福をお祈りします。

厚労省の夢物語でなく、金融庁が年金制度の現実を話す、それが個人投資家が広まる現実的な選択肢であり、あり得ない選択肢である。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR