配当金と分配金ってなに?

前回のブログで、ETFから配当を頂いた話を掲載しました。
その際、ETFでは配当ではなく分配金ですよというアドバイスを頂きました。

私の、性格のせいですが、やはりブログを書く以上正確を期さないと駄目ですね。
ということで、ここで改めて、配当と分配金ってなんなの?ということを書いてみたいと思います。

今更ということもあるでしょうが、インデックス投資をメインにするのであれば、知っておくべきことはそんなに多くないんですね。

なので、大事なことは何度でも書いて、新たな投資家を生みたい、投資ってそんなに難しくないんだよ、私みたいな人間でもできるんだよ、ということをメインにブログで同じことをマントラのように、そして9割は意味のない日記を書いています。

前置きはこのへんにして、配当の定義を見てみましょう。
株式会社は営利目的の法人として利益を獲得しています。株主は持株数に応じてその利益の分配を受ける権利を有しています。分配された利益を配当といいます。(東証HPより)。

では、分配金の定義についてです。
投資信託の運用の結果、得られた収益を口数に応じて決算ごとに投資家に分配するお金のこと。分配金を出すかどうか、またはどのくらいの額を出すのかは、投資信託の約款や投資信託協会の規則に基づいて運用会社が決定するため、状況によっては分配金が出ないこともある(投信協会HPより)。
同義語として収益分配金と言われているようです。

で、もう一つ投資信託の分配金について、気を付けるべき分配金があります。
特別分配金(元本払戻金)と言われるものです。
収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」の区分がある。これは、受益者が収益分配金を受取る際、イ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額または上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、ロ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本下回っている場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となる。例えば、10,500円で一口購入しその後基準価額が10,800円となり決算時に700円の分配があったとすると、分配落ち後の基準価額は10,800円から700円を差引いた10,100円となる。この場合分配金の内訳は値上がり分の300円は普通分配金で課税対象であるが、400円は元本の払戻しとして非課税扱いの元本払戻金(特別分配金)となる。【取得価額の修正】ただし、この場合、非課税扱いの元本払戻金(特別分配金)400円を差引いた10,100円が新たな取得価額として個別元本が修正される(投信協会HPより)。

いろいろと書いてあるのでややこしいですが、投信には普通分配金、株式で言うところの配当と、元本の払い戻しの特別分配金があるということですね。
そして、分配金は、運用会社が決めていて、配当は確か株主総会等を通じて決めているはずです。

投信の特別分配金については、いろいろと問題視されているので、少し勉強した方は理解されていると思いますが、分配金と配当と言っても大きな違いがあるんですね。

私も投資を始めた頃に、先進国REITの毎月分配型を保有したりして、特別分配金を受け取っていたころもありました。
その頃は、何も理解していなかったんですね・・・

個人的には、特別分配金を廃止してしまえばいい気がするのですが、無理なんですかね?


ちなみに、REITは収益の9割を分配(配当)に回すと法律で決められていますので、特別分配金はないはずです。

追記
こんなご意見を頂きました。

bunnpai.png

追記パート2
REITは、益の9割を配当に回すと法人税がかからないので、配当に回すことが多いそうです。
難しいですね・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR