金融庁がつみたてNISAガイドブックと投信比較サイトを作成する!?

IMG_1001.jpg
(写真は投信協会のガイドブックです)

今回は、まだ金融庁が発表しているわけではないですが、週刊金融財政事情(夏季合併号3225号)の「貯蓄から資産形成への真価を問う」に掲載されていた記事の紹介です。

投資教育の推進と情報提供活動に踏み込む金融庁という記事に要点以下のような記事が掲載されていました。

金融庁がつみたてNISAガイドブックなるものを作成していて、おそらく積立NISAの口座開設が始まる10月をめどに配布するのではないかということです。

なぜ、金融庁が作成するのかについては、信託報酬や配当のデメリットについて解説するのではないかということのようです。

そして、もう一つが、投資信託比較サイトを開設するらしいということです。
ただし、これは個別の商品の紹介になるため、外部(投信協会とかかな?)に依頼してお願いベースで作成してもらうようです。よく分かりませんが、金融庁はお金が出せないということのようです。

そして、更に先日の金融庁での個人投資家イベント(販売会社を呼んだ例のやつです)の紹介もありました。

まだ、金融庁から発表されているわけではないようですが、ぜひともいいガイドブックを作成していただきたいものです。

楽しみに待ってます!

【追記】
金融庁が意見交換会をやるそうです。

http://kokucheese.com/event/index/482068/
興味のある方は参加してくださいね。



にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR