医療負担が増加しています!

最近、果たして(セミ)リタイアできるのか?ということで色々と調べています。
残念ながら収入やらこれまでの運用状況を考えると、そもそもリタイアできるほど資産形成ができるのか?ということや、65歳まで働くのが当たり前になると、55歳ぐらいでも十分アーリーリタイアに該当する時代になったのかな?なんて思っています。

ということで、今回調べたのは医療保険関係です。
社会保険料の料率が毎年0.354%、10年で3.54%上昇していましたが、やっと終わったところですが、その他にもまだまだ負担は増加していますね。

1 高額療養費制度
  
kougakuiryouhi.png

普段の生活でもそうですが、何か病気にかかって手術・入院して高額の医療費がかかった場合、高額療養費制度がありますね。
  月々の医療費が一定額を超えると、健康保険組合などに超えた分を負担してもらえるという制度ですね。
  リタイアしようがしまいが、何かあった時に最高負担額を知る目安になるので調べてみると、高齢者(70歳以上)でも収入があると負担額が大きく増えていることを知りました!
 まだ、収入が大きい人のみの負担増大ですが、これから医療費が増えてくると、低所得者や現役世代の負担も多くなるかもしれませんね。

2 高額介護合算制度
  こちらも介護費用を含めたところでの、負担上限制度です。
  kougakugassann.png

  そろそろ両親が介護が必要になってくる世代なので、知っておきたい制度ですが、こちらも高収入の方の負担増になっています。

3 入院時の食事代・光熱費等
  入院した際に利用する食事や光熱費についても、微々たるものですが負担増になっています。最近は、医療の進歩で入院期間も短くなっているようですが、入院する際の負担増は結構痛いですね。
kounetuhi.png

syokuhi.png

4 まとめ
  医療費関係を調べてみると、制度が複雑で分かりづらいです。
  先日の新聞でも、いわゆる2025年問題により、医療保険組合の解散を考えている組合も多いというような記事がありました。
  これから、税金だけでなく医療費・介護費が爆発的に増えることが想定される中、ますます今後の税金・医療費などの社会保険料の動向が気になってきます。
  早めにリタイアすると、おそらく年金も100万円程度で住民税等も非課税の範囲で自己負担も発生しない、ということになるかと思います。
   中途半端に頑張らずに、さっさとある程度資産形成をしてリタイア、その後は住民税非課税程度の収入でやっていくというのが正解なんでしょうかね?
 でも、なんかおかしい気もしますね・・・ 

資料はいずれも、厚生労働省のHPから引用しています。こちら

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

医療費ではないですけど、介護保険の総報酬割なんていう制度も徐々に導入が進みますし、社会保障は増えるばかりですね。健保が存続できないというのはコレもあるからでしょう。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
おお、これでだと大企業の健康保険組合の負担は大幅に上がるんですね・・・
知りませんでした、うーん健康保険組合が持たなくなるのも当たり前ですね。
そして、やはり企業は人件費を上げないわけです。

アベノミクスの根本は、やはり将来不安と社会保険等の増大ですね。

> 医療費ではないですけど、介護保険の総報酬割なんていう制度も徐々に導入が進みますし、社会保障は増えるばかりですね。健保が存続できないというのはコレもあるからでしょう。
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR