つみたてNISAは8割の人が知らない!どうすればいいの?

先日、三菱UFJ国際投信が「つみたてNISA」の認知度調査を行った結果を公表しました。こちら

tyousakekka.png

1 調査結果
1万人に調査した結果はというと、8,090人(80.9%)の人がつみたてNISAを知らないという、驚きの結果でした。
私は、Twitterなんかもやっていますが、金融庁が行っている個人投資家とのオフ会やつみたてNISAフェスティバルなんかもあったりと、盛り上がっている方が多いので、投資するかどうかは別にして、半分ぐらいなのかな?なんて思っていましたが、やはり投資についての認知度は低いですね。

tyousakekka2.png

ただ、知らないと回答した方でも、44%の方は「将来のために資産形成をした方がいい」、そして、「漠然としていてどうしていいか分からない」方も41%、「お金のことについてもっと考えたりする機会がほしい」という方も20%近くいます。

この辺の方は、資産形成をした方がいいと思っているが、どうしていいか分からない、学ぶ機会がほしいという方だと思われます。

2 対処法
 では、こういった方にどうすれば興味を持ってもらえるのでしょうか?
① 会社での投資教育
やはり、投資教育しかないですね。
投資は損しそう、よく分からないという方を無理やり投資させることはできません。
そして、どんなにいい制度であっても、資産形成の必要性、なぜ投資が必要なのか理解しないことには始まりません。
投資教育では、是非ともNISAだけでなくiDeCo(個人的には、社会保険制度など)も含めて、勉強する機会が必要かと思っています。

金融庁の方には、厚労省と仲が悪いのかどうか分かりませんが、ぜひとも、現状の年金、社会保険の状況がどうなのか、なぜ資産形成が必要なのかも含めて、会社で投資教育をできる機会を設けていただきたいです。

普通のサラリーマンが、わざわざ平日の夕方に金融庁に行って、NISAについて意見交換をするなんて、よっぽどのマニアしか行きませんよね・・・

② 制度の拡充
これは、本家ISAのように恒久化、給与からの天引き、更には拠出額残高の25%のボーナスが国から非課税でもらえる(ヘルプ・トゥ・バイのような住宅補助的な制度)など、様々な制度が考えられます。
住宅取得というと若い方も頑張って資産形成しよう、老後に備えるというよりもっと身近な目標にもなるのかな、更に住宅取得控除をやめて25%ボーナスというと、より制度を利用するとともに、投資しようと思うのかなと思ったりします。

ま、本家ISAも恒久化や利用者増加には10年近くかかっているので、これからいかに知ってもらえるのか、利用してもらうかが大事ですね。

うーん、でも2割しか知らないのに、現行NISAを利用している私はやはり変わり者なんですね、きっと。
でも、資産形成するにはいい制度だと思うんですけどね。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR