金融資産に応じた医療保険が導入されるの!?

おはようございます。
せっかくの三連休も雨でスタート、特に予定はないですがどっか山でも登りに行こうかと思っていたのですが・・・

ところで、最近、税務と社会保険の勉強をしています。
いっそのことFPの試験でも受けようかと思ったりもしますが、昔から試験は苦手、制度も今後大きく変わりそうなので、しばらくは様子見です。

勉強するのは、財務省と厚労省のHPを見るのが多いのですが、今回財務省のHPに「財政制度分科会」の資料がアップされていました。
新聞などで、この分科会の存在は聞いたことがあったのですが、きちんと資料までアップしてくれているんですね。

ということで、読んでみました。
税財政の一体改革という言葉は知っていましたし、社会保険料の負担が増加しているということは理解していましたが、こうして資料を読んでみると、理解できない部分も多いですが勉強になりますね。

その中で、資料28ページにしれっと驚きの記載がありました!!
「⾦融資産等を考慮に⼊れた負担を求める仕組みの医療保険への適⽤ (~30年度末)」
 

siryouiryou.png

よく覚えていませんが、税の世界では財産税は二重課税であり反対も多い理論だったと思います。これは、所得の段階で課税されているので、その後築いた資産に課税するというのはどうか?という理屈だった気がします。
 もちろん、過去には戦後の一時期は行われていましたし、政策的には行えないわけではないと思います(相続税もそうですね)。

 これに近い形で、金融資産に基づいた社会保険の負担を求める制度を、もう来年には導入するということなのでしょうか?
 
ちょっと驚いて調べてみると、一部制度ではすでに導入されているんですね!?
こちら
低所得者向けの補足給付については、単身世帯で金融資産1,000万円あると給付されないという制度がありました。


医療保障についても、このような制度が設けられると、セミリタイアのリスクは高まりますね。
当初は金融資産1億円以上ぐらいの人が対象になるんであれば関係ないかな・・・なんて思っていたのですが、1,000万円からとは・・・やはり社会保険関係はくるとことまで来ているということでしょうか。

というか、私のようなセミリタイア後は低所得層入りを目指すような輩を排除しようというものでしょうかね?
やはり、今後の社会保険や税の制度設計の概要が分かるまでは、セミリタイアは我慢して労働にいそしもうかと思います。

今後は、健康に気を使っていこうと思ったフェニックスでした。
よし、今日はプールで目の保養をしてこよう、老眼でますます先が見えずらくなってきたので・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

これはやばいですね><
でもこんなことをすると富裕層はどんどん海外に出ていくと思うので難しい気がします。
あと議員さんも全員対象になってくるだろうから反対は結構いるかなと感じます。

消費税50%にしてその他の税金は0にした方がよほど財政がよくなると思いますがどうでしょうね。今の税制は払ったら負け感が強すぎると思います。

だから若者はそこそこの生活ができる収入しか得ようとしないので企業自体も成長性を欠いていると思います。

介護保険とかはすでに資産別の負担に変わっているのではないかと思いましたが
まあ介護などは資産別は妥当な政策かなとは思いましたが
ほんとに困っているのは資産が少ない人なので

捕捉します。
医療とか介護は本人の努力とか意志でどうしょうもない面が多いので
例えば年金とかは、今まで払ってなかったのにもらえないのは自業自得だとか言えるのですが、介護や医療とかは運や遺伝などにより若くしてそれをしょわないといけなくなるケースが多いのである意味ノブレスオブリージュつまり富める者からの施しに合う分野かなと思います。

Re: タイトルなし


greeさん、コメントありがとうございます。

あくまで、早期リタイアを考える際に考慮すべき点かなという記事です。
社会福祉は、皆で支えあう仕組み、多く持つものが負担するというのは理解しますが、リタイア資金をどうするのか悩ましくなります。

> 捕捉します。
> 医療とか介護は本人の努力とか意志でどうしょうもない面が多いので
> 例えば年金とかは、今まで払ってなかったのにもらえないのは自業自得だとか言えるのですが、介護や医療とかは運や遺伝などにより若くしてそれをしょわないといけなくなるケースが多いのである意味ノブレスオブリージュつまり富める者からの施しに合う分野かなと思います。

Re: タイトルなし

クロスパールさん、コメントありがとうございます。

あくまでセミリタイアに向けて考慮すべき点であり、富裕層の反発を考えると過度な制度にはならないのかなと、楽観的に考えてはいます。

高齢者で金融資産5千万(3千万)以上は、医療費3割負担などが考えられるのかなと、思っています。
ただ、高額療養費制度があれば、過度な負担にはならないとは思っています。
この制度まで変えられると、辛くなりますけどさすがにそれは反対が多すぎる気がします。

消費税の方が個人的にはいい気がしますね。
こんなことをすると、老後資金を貯めなくなる、楽したい方は現役で使うだけ使う、年金も払わない、老後は生活保護なんて簡単に思う方が増えそうですね・・・

いずれにしろ、取れるところから取る、そこまで制度疲弊が進んでいる、今後何があるか分からないと思っています。


> これはやばいですね><
> でもこんなことをすると富裕層はどんどん海外に出ていくと思うので難しい気がします。
> あと議員さんも全員対象になってくるだろうから反対は結構いるかなと感じます。
>
> 消費税50%にしてその他の税金は0にした方がよほど財政がよくなると思いますがどうでしょうね。今の税制は払ったら負け感が強すぎると思います。
>
> だから若者はそこそこの生活ができる収入しか得ようとしないので企業自体も成長性を欠いていると思います。
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR