忘れ去られた団塊ジュニア世代、給料が減っているんだって!

こんばんは、今日も禁酒をしているフェニックスです。
Twitterを見ていて気付いたのですが、今日はバレンタインデーだったんですね、それ以上は聞かないでください・・・

あまり盛り上がりに欠ける気もしますが、オリンピックで小平選手、高木選手がメダル獲得したんですね!おめでとうございます!!
あ、その他にも渡部選手、平野選手も銀メダルだったんですね!

本題ですが、またまた日経記事です。
細かなことはいいとして、「取り残される団塊ジュニア」という記事で、40代だけ給料が伸びていないというか減っている記事が掲載されていました。
団塊ジュニアはバブル崩壊後に入社して、頑張ってきているのに、バブル崩壊でずっと給料が伸びずにいる中、リーマンショックで給与カット、中には退職に追い込まれた人もいます。

そして、やっとここ数年、日本の景気も良くなってきているのに、団塊ジュニアだけ給料が伸びていないんですね・・・
悲しすぎますね。

フェニックスの給料も下がっているので、共感してしまいますね。
そのような中、日経の1面で60歳以上の再雇用のバブル組の給料が下がらない会社が多くなるようです、なんじゃそりゃ(怒)

はっきり言いますが、この人達が大量にいるおかげで、ポストもなく我々世代が割を食っているのに、給料を維持(これまで再雇用だと半減していたのを75%程度にする)そうです。

私はまだ定職に就けたからいいものの、同世代の方は派遣社員であったりして、結婚すらままならず、今のように子育て支援もなく、多くの人が結婚もできずにいるんですよね・・・
まさしく失われた時代を、サービス残業とパワハラに耐えてきた世代なのに。

なんて言っても仕方ないので、少ないながらも投資をして資産形成しておさらばしてやるぞ!!

思わずチョコを貰えなかった腹いせに、愚痴ってしまいました(笑)


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【記事紹介】国と金融機関が連携、預金情報を把握!

今回は、日経新聞記事の紹介です。
あまり詳しく書くと、著作権の問題もあるかもしれないので、リンクを貼っておきますが、会員限定記事なので、会員以外の方は全部見ることはできません。こちら

この記事が事実なのか調べようと思って、財務省のHPも確認したのですが、それらしい報道発表はありませんが、気になるとことですね。

これは、私が個人的に気になってこれまでも取り上げてきましたが、医療保険料などの金融資産に応じた負担を求める、ということを国(厚労省)が考えているためです。
詳しく知りたい方は、カテゴリ「社会保険・年金・税金等」をご覧ください。

金融資産の把握なんて簡単にできるわけないし、現実味がないのかな?なんて思っていましたが、国は本気のようですね。
2018年に一部の金融機関と実証実験を行う、そして2019年からは全国に拡大していくということのようです。

恐ろしい時代になってきましたね・・・
ただ、いい面と悪い面がありますね。
いい面は、社会保険関係の不正受給などがなくなったりすることですね。
悪い面は、タンス預金が増える、金持ちは必ず抜け穴を見つける、私のようにコツコツお金を貯めた人と、年収1千万円もあるけど好きなことに使って貯金がない人だと、コツコツ貯めた人がバカを見る・・・

デメリットしかない気もしますが、果たしてどうなるのでしょうかね?

個人的には、コツコツ資産形成を図るのであれば、正直者がバカを見ない制度にして欲しい、そんなささやかな願いを持っています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【軽登山】高尾山~小仏、アイゼンも使ったよ!

今日は、前回のリベンジということで、高尾山~小仏峠を回ってきました。
前回はアイゼンがなく、さすがに下りは危ないと思って1号路で断念したので、今回は稲荷山ルートで頂上を目指しました。

8時過ぎに高尾山口について、30分ほどで展望台、トータル1時間ほどで無事高尾山の頂上に到達できました。
IMG_3237.jpg

比較的時間も早いのか、人も少なめです。
IMG_3238.jpg

おかげで今日は寒かったですが、天気も良くきれいな富士山を見ることができました。
稲荷山コースは、比較的日当たりがよかったこともあってか、それほど雪も残っていない状況でした。
IMG_3240.jpg

小仏へ向かう途中の富士山です。
IMG_3249.jpg

その後、小仏峠のルートです。
こちらは、やはりそれほど高尾山ほど登山客が多くないせいか、凍っているルートが多いです。でも、完全凍結ではないので、登りルートでは大丈夫です。

なんとか、小仏の峠茶屋で早めのお昼御飯です。
IMG_3251.jpg

実は、土曜日にアイゼンを購入したのとともにバーナーコンロも購入しましたんです!
やっぱり、冬山は暖かいものを食べたくなりますよね。

購入したのは、mont-bellのスノースパイク6(5,000円ほど)とSOTOのレギュレーターストーブST-310というものです。

ということで、手作りおにぎりと、カップラーメン、インスタントコーヒーを頂きました。
結構、今日は風がつよくしかも寒かったので、持ってきて正解でした。
IMG_3255.jpg

IMG_3256.jpg

このストーブは市販用のガスでも使用できるので便利ですが、火力が弱いのかな?なんて心配しましたが、500㎖を5分ほどでお湯にしてくれ、しかもコンパクトです。

ここまではアイゼンを使うこともなく、今日は大丈夫かな?なんて思って峠茶屋から下っていきます。
そこで、いきなり滑ってしまいました。
下は凍っていますが、上に土が少しついているので大丈夫かな、なんて油断してしまいました。
やはり無理はダメですね。ということで、アイゼンを装着しますが、手が冷たくて、思いのほか手間取ってしまいました。
IMG_3257.jpg

さすがにこの道は滑りますよね・・・
IMG_3258.jpg

でも、装着してからは絶好調です!こんなに違うのか、というぐらいグングン進んでいけます。こんなことなら最初から装着しておけばよかったです・・・

途中、相模湖もきれいに見えます。
IMG_3259.jpg

今回は、土曜日久々に泳ぎに行って筋肉痛だったこともあって、後はバス停を目指します。
でも、11時40分ぐらいのバスは既に出発していました。しかも、次は12時40分・・・
しかたないので、歩いて高尾駅まで歩いて行きます。

なんだかんだ、1時間ほど歩いて、13時前に高尾駅に到着しましたが、さすがに疲れました。
帰りの途中で日帰り温泉にも寄って、三連休の最終日を無事、楽しむことができました。
寒い日は、空気が澄んで景色がきれいに見れますが、さすがに疲れました。




【過去記事紹介】相場の変動に一喜一憂!?そんな時は毎日つみたてにしてみよう!

おはようございます。
最近の相場の変動で、大きく相場が下落したタイミングで追加購入している方もいるのではないでしょうか?

でも、ファンドの購入は、当日(15:00)までに申し込みを行っても、翌日や翌々日の基準価格で購入することになりますよね。
まして、平日は仕事のため当日購入できない方も多いですよね。
そうすると、変動が激しいとリバウンドしていたりすることがありますね。

ということで、毎日つみたての紹介記事を書こうかと思っていたら、過去にも書いていましたので、参考になればと思ってご紹介です。

過去記事はこちら


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【投資方針】相場下落に思う。つみたてNISAはベストではないが最もベターな投資手法!

今年から、つみたてNISAを始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
最近の荒れた相場にちょっとびっくり、気が付けば元本が減って、やっぱり投資は怖いと思っているのではないでしょうか?

でも、大丈夫です、まだ下げますから(笑)
冗談ですが、株価が下がり評価損を抱えると、少し不安になりますよね。
私も投資を始めた頃に大きな評価損を抱えました。

といっても、損益率が▲60%程度でしたが、元本が少なかったので、今考えると大した額ではありませんでした。
結果的に、その後もつみたて投資を続けていたので、評価益は現在でも20%を超えています(途中に一部売却等を行っているため、ずっと続けていれば30%は超えていると想定されます)。
株価が低下した時に、つみたて投資を続けていると、後で株価が上昇した時に、リターンが得られるんですね!

個人的には、最近の株価は上昇し過ぎだと思っていたので、もっと下がってほしいと思っています。
その方が、つみたて投資だと安く買えるんですからね!

それはいいとして、つみたて投資の投資手法であるドル・コスト平均法と相場について、よく理解しておきましょう。
投資のバイブルでもある「ウォール街のランダム・ウォーカー」(11版)バートン・マルキール著(日本経済新聞出版)では、ドル・コスト平均法について、このように述べていらっしゃいます。

「ドル・コスト平均法は、決して株式投資のリスクを取り除く万能薬ではない。(略)たとえ空がどんな暗雲が垂れ込めていても、ドル・コスト平均法のメリットを享受するためには、信念を持って投資し続けなければならない。」(439P)

ドル・コスト平均法は、一定額を投資に充てるため、株価が高い時に少ない口数、安い時に多い口数を購入することになりますが、当然つみたてた投資元本はその後の相場の変動リスクにさらされてしまいます。
そのため、万能薬ではないですが、継続が大事だということです。

そして、相場については、以下のように述べていらっしゃいます。
「相場が急落し、その後すぐに回復する見込みがないような場合は、結果的にその時が絶好の買い時ということが多い。期待と欲望が相乗効果で膨れ上がってバブルを生むのと同じように、悲観と落胆が折り重なって、市場のパニックを引き起こすことも多い。(略)どれほど見通しが暗かろうと、物事は徐々に快方に向かっていることが多いのである。」(442P)

まだまだ、総悲観という相場ではないので、これからもっと下落するのかもしれません。
相場が分かれば、安くなった時に買って高くなったら売ればいいのですが、そんなことを続けられる投資家なんて、ほとんどいません。

つみたて投資は、ベストではないかもしれないが最もベターな投資手法であると思っています。
そして、相場はいい時もあれば悪い時もあります。
今後、もし本格的な下落相場が来たとしても、その時に継続する、それが後に大きなリターンを生んでくれるはずです。

投資をこれから始める方は、この本はお勧めですよ。



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイアを目指しています。
軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)を楽しみつつ、少し投資して資産形成を中心に、日々のくらしを記載しています。

なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR