ちょっと待って!そのセミリタイア早くないですか?

私が投資を始めて10年が経過しました。
目的は人それぞれでしょうが、私はセミリタイアを目的としています。

実際にセミリタイアを考えた場合考えるのは、一番はどれだけ貯めればいいのか、ということですね。それによって、リタイア後の生活水準は大きく変わってきますし、最悪は老後破綻なんてことにもなってしまいます。

金額は人それぞれ、置かれた状況(相続の有無、持ち家の有無、家族構成など)により異なってきますが、私は月15万~20万円でいろいろシミュレーションをしています。

その過程で、最近色々退職した際の税金のことを調べていました。
数少ない詳しい友人にも聞いてみると、ちょっとセミリタイアはもう少し待って可能かどうか検討しなければいけないのかな、と考えています。

それはなぜでしょうか?
もちろん、消費税アップや、社会保障負担の拡大などもあります。
でもそれだけではなく、今後所得税についても大きな見直しが想定され、それによって独身者の負担が増えるかもしれないということです。
その中には、退職所得の控除も含まれているという話を聞きました。

実際には、どうなのかは分かりませんが、昨年の税制改正に絡んで以下のような検討課題が示されています。
zeityou.png

以下は、税制調査会の資料から一部抜粋です。こちら
『個人所得課税において、家族構成などの人的な事情に応じた負担調整を行う「人的控除」の役割の重要性が高まっていると考えられる。したがって、諸外国の制度も参考にしながら、給与所得控除や公的年金等控除のような「所得計算上の控除」と、基礎控除のような「人的控除」のあり方を全体として見直すことを検討すべきである。こうした見直しを通じ、人的な事情に応じた配慮を行うとともに、個々人のライフスタイルに合わせて多様な働き方を自由に選択できるようにすることに寄与することが期待される。』

これだけでは分かりませんが、私の想像では、①高所得者への負担が多くなる、②独身中所得者も負担が多くなる、③低所得者・子供の多い人の負担は軽減される、④年金受給者の負担も変わってくる、という気がします。

色々と税金のことを調べると、面白いもので収入の種類に応じて様々な控除のような仕組みがあります。
私たちが給料をもらってもそれが全て課税所得になるわけではなく、65万円ほどは控除され所得が計算されますし、年金も70万(65歳以上は120万)は控除されます。
更には、基礎控除や社会保険控除などなど、様々な控除があります。

おそらく今後は、収入の種類によって異なる控除をフラット化する、子育て支援も考慮して扶養の多い方の負担は軽減する流れのように思われます。

方向性としては、今の社会情勢を考えれば仕方ないと思いますが、私のような独り者は負担が多くなることを覚悟せざるを得ない気がします。
そして、気になるのは退職金への課税と、年金への課税ですね。

これまでも調べてきましたが、退職金は勤続年数に応じて大きく控除されてきましたが、見直しが進むと1割程度課税されることも考えなければいけないかもしれません。
年金についても、120万円までは課税されませんでしたが、今後はそうはならないかもしれません。

あ、でもセミリタイアすると年金は年間100万円ほどもらえるかどうかだから、そんなに心配しなくてもいいですね。

でも、先日読んだ「未来年表」や最近「下流老人」を読んでいますが、自分の想定が甘かったなと、独り身であること、今は健康ですが徐々に問題も出てくる中、月15万~20万で老後生活を考えると少しリスクが高いかなと感じているこの頃です。
また、2024年には国民の3分の1が65歳以上で、大量年金受給者になる中、税制や社会保険制度が今後どうなるのか、正直全く読めないですよね。

税金や社会保障について、今後も時間を見つけて勉強しながら、セミリタイアを考えないと、億り人や副収入を確保されている方、稼ぐ能力のある方以外は、早まるのはリスクかな、まだまだ先だな、なんて思ったフェニックスでした。

日本の現状とこれからを知るには読むべき本です。


過度に悲観する必要はないですがしっかり準備する必要を考えさせてくれる本です。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リーマンから10年、「世界金融危機開いたパンドラ」を読み返す。

昨日はリーマンショックから10年という日だったんですね。
私は、弱小投資家ではありますが、その後もいろいろと試行錯誤しながら投資を続けています。

nydow 10year

振り返ると、2007年にベアー・スターンズ傘下、その後BNPパリバ傘下のファンドが破たんしたのがリーマン・ショックの始まりでしたね。
その後、2008年の7月ごろには、ファニーメイやフレディマックなどのGSE危機、そして9月にはリーマンブラザーズ破たんへと向かっていきます。

その後も、AIG問題、そして個人的に一番驚いたのが、アメリカ議会下院が金融安定化法案を否決した9月29日でした。この日のNYダウが777ドルというまさかのフィーバーのスリーセブンという下げで、私はこの時ほどアメリカ政府を呪ったことはありませんでした。

私はというと、当時もてはやされていた新興国株やらコモデティに多くの投資をつぎ込んでいました。
といっても、今考えると微々たる金額ですが、投資額の半分以上をつぎ込んでいた気がします。

なんで、コモデティになんて投資していたのか?バカな奴だと思っているでしょうが、当時は中国の石油の爆食問題、そのような中でトウモロコシを使用したエタノールが新エネルギーとして注目されていた時です。

リーマン・ショックでは、CDSの問題が大きいですが、そのような中で、意外と忘れ去られていますが、コモデティ価格が上昇するという、ドット・コーン・バブルの問題もあったわけですね。

ここから学ばなければいけないのは、よくわからないものには投資しない、コモデティ投資なんかは、上がるか下がるかの博打の一種だということです。

リーマン・ショックから10年、各国の金融緩和で低体温の経済成長が続いているようですが、BOJなんかはまだまだ抜け出せないままのような気がします。
そのような中、NYダウは、昨夜22,268ドルと最高値を付けています。

凡人には、相場の先は見通せません。
ジョン・テンプル卿も「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」と述べています。
今がどこかは分かりませんが、しっかりとしたアセット・アロケーションを組んで、防衛力も備えておく必要がある気がします。


先日読んだのは、日経の滝田洋一さんが当時の模様を描いた、「世界金融危機開いたパンドラ」で、リーマン・ショックを追体験しました。



最近の株価などの状況を書かれた、こちらもお勧めです。


iDecoシンポも開催されるよ!

こんばんは、フェニックスです。
夏が終わってしまったせいか、楽しみにしている3連休に台風がくるせいか、18きっぷシーズンが終わってしまったせいか、なんかやる気がでません。
というより、セミリタイアが見えてこない現実に愕然として、ギャンブルに狂った10年を悔やんでも、時は戻ってこないというところでしょうか・・・

ま、それはとりあえずいいとして、最近金融庁の告知ばかり応援していましたが、厚労省も何もやっていないわけではありません。
地味にiDecoシンポジウムを、かの大江加代さんを招いて行うようです。

しかも、大阪、福岡、札幌です。
毎回、大物芸能人まで呼んで、金融庁よりカネをかけているかもしれません・・・

idecosimpo.png

ただ、あまり話題になっていないようなので、おじさんがブログにアップしようというものです。
申し込みなどは、こちらです。

10月4日は投資の日ということで、様々なイベントが証券業協会などでも行うようです。
投資をしようか悩んでいるあなた!国やいろんな協会がイベントを行うようですので、悩まずにとりあえず参加してはいかがですか?

もしかしたら、金融意識の高い、イケメン、美女に会えるかもしれませんよ!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

金融庁がつみたてNISAガイドブックを公表!!

こんばんは、フェニックスです。
なんか今週は早くもぐったりモードです。

果たして日曜日のあほな行動の影響なのか、セミリタイアに向けた試算をしても、全然先が見えてこないことなのか分かりませんが、疲れています。
今日は、さっさと風呂でも入って寝ようかと思っていましたが、金融庁がつみたてNISAガイドブックを公表していますのでご紹介です。こちら

FSAgbook.png

全般的によくできてますね(お前が偉そうに言うなと言われますね)。
色々書いてありますが、実際にどのような商品に投資すればいいのかは結局よく分かりませんね。

噂によると、120本もあるので初心者にはまず選べませんね。
そこで、私からのアドバイスです。

①国内外(日本、先進国、新興国)の株式インデックスの一番手数料の安いファンドを探す。
②複数ある場合は、とりあえず資産残高の多いものを探す。
③新興国は、好みによって投資するか考える。
④投資したら20年続ける。

それだけです。悩むことなんてありません。
1年も投資すると、いろいろ気になって自分で勉強すると思うので、その時また自分で判断する。
これだけです。

まずはやってみなはれ!ですね。

おやすみなさい!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



つみたてNISAフェスティバル2017が開催されました!

昨日は金融庁が主催する「つみたてNISAフェスティバル2017」が開催されましたね。
フェニックスも怪しげな人見知りではありますが、200人ということでどさくさに紛れ込めるのではないか、一応投資ブロガーのはしくれなんで申し込みをしました。

昨日は天気もよく、朝はプールで目の保養をして、少し疲れたな、なんて思いながら、いざ会場へと向かいます。
おお、ここが会場となる建物か、なんて余裕をみせつつ40分ほど前に到着です。

IMG_1826.jpg

さて、そろそろ4階のホールを探しますが、どこにも見当たりません。
ん、おかしいな?なんて思いながら違う建物かと彷徨います。

やばい、もう15分前・・・
ここは勇気を振り絞って、綺麗な受付のお姉さんに、「この会場はどこですか?」と尋ねます。
お姉さんは?という感じで、「何処ですかね?」と尋ね返してきます。

そこで、メールを見せると、「おじさん、ここは六本木ヒルズですよ、ここに書いてあるのは虎ノ門ヒルズですね。」と・・・

私には、「田舎者のおっさん、ここは六本木やで、虎ノ門ヒルズも知らんのか。」としか聞こえません・・・

しまった、日本にヒルズは1つと思っていたのに、虎ノ門にもあったのか・・・
そう知った瞬間、フェニックスの瞳から一筋の光るものが流れたかどうか・・・

はい、小さい頃から「問題はよく読みなさい。」と言われ続けましたが、バカは治りませんね。
あまりのショックに、もう私のヒットポイントはゼロです。
調べたら六本木から虎ノ門ヒルズへは30分近くかかります。もう間に合いません。

遅れて入る、お上にこれ以上迷惑をかけるわけにはいけません。
ということで、断念して一人自己嫌悪の中、帰宅するという残念な事態になってしまいました。

ただ、Twitterで「#つみフェス2017」で検索すると、盛り上がった会場の雰囲気が味わうことができます。
また、今回相変わらずのバカっぷりをお披露してしまいましたが、何が悪かったのでしょうか?

はい、ヒルズと聞いて六本木だと完全に思い込んでいました。
この先入観がすべての失敗の原因です。

私のブログを訪れていただいているのは、1日10人ほどの選ばれたメンバーで、投資経験者の方は1度見ると、内容やレベルの低さから再度訪れることはほとんどないですが、女装趣味の方、ホラー話やら料理ブログの方など、投資未経験者の方がたまにふらっと酔ってくださいます。

そんなあなたは、投資に関して「投資は損する怖いものだ」、「投資で稼ぐお金は汚い、汗水かいて稼ぐべきだ」なんて先入観をもっていませんか?

こんな私でも、長期のつみたて投資で、もう10年近く投資をして、定期預金金利では考えられないリターンを得ています。
頭のいい金融庁の方がガイドブックなるものを作成したようなので、是非読んでみて先入観をとっぱらって資産形成してはいかがでしょうか?

「ここにたどりつけない人にどうやって投資に関心を持ってもらうかが課題」というTwitterを見て、思わずそうなんだよね・・・簡単に虎ノ門ヒルズにはたどり着けないんだよねと思ったフェニックスのバカなお話でした。

会場の様子は、素晴らしいブロガーの皆さんが投稿しています。
副大臣からも拡散希望が出ているようですので、せめて参加できなかったお詫びに、ご紹介します。

セルリアンさんこちら
安房さんこちら
じゅんさんこちら
虫取り小僧さんこちら
ぱっくさんこちら
Joyさんこちら

金融庁、参加された方、皆さんお疲れさまでした。
まともな人間になれれば、フェニックスもいつか参加します・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、しがないリーマン個人投資家が、インデックス投資を通じて、早期リタイア、豊かな生活を目指しています。
Phoenix Fund(将来のための自己資金)のファンドマネージャーと称して、自己資金を運用。
趣味は、Clash of Clansとお酒。
アイコンは、フェニックス(火の鳥)と幅広く8資産に分散投資することをイメージしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR