FC2ブログ

【コロナショック】反省、追加投資もルールが必要だよね。

IMG_1067.jpg


こんばんは、フェニックスです。

あれほど連日下げていたのが嘘のような連日の上昇ですね。
確か先物だったか日経は15,000台まで下げたような気がしたのですが、今は19,546円台まで、底値から20%近く戻しましたね。

また、NYダウも18,213ドルが、今は20,704ドルと13.6%上昇しています。
今回は、本当に目まぐるしい展開で、あっという間でしたね。

今回も自身の反省と次回に生かすための備忘録です。
今回30%近く下落してくると、50%もあるのかと思って大きく買い向かうことができませんでした。

これは買い向かうのが早かったのと、肝心の時に資金がショートしたためです。
それぐらい下落のスピードが速かったということです。

私の余裕資金の多くは、実は財形で確保しています。
また、ここ数年の余裕資金の多くは定期預金(3か月から1年もの)で運用していました。

4月頃と6月頃に満期を迎える資金でじっくり買い向かえばいいのかな、なんて思っていましたが、想定以上に戻りが早かったですね。

そのようなスピードの速さは想定外でしたが、やはり本当に欲しい株やETF(ある程度の大型株で個人的に安定していると考えているもの)は、評価損が30%の下落で買い向かう方がいい、景気敏感株派50%からで十分ということでしょうか。

そして、欲張り過ぎてはいけないということです。
50%の下落でも追加していいものは、50%の下落で追加すべきということ。
欲張って、50%下がっているから、もっと下がるだろうと思って更に10%下で指値していたら刺さらずに気が付けば上昇しているということもありました。
やはり、淡々と安定銘柄は30%下落、景気敏感高配当なども50%、場合によっては40%で淡々と買い向かえばいいのかな、なんて思いました。

一方で、よかった点もありました。
ずっとほしい銘柄をウォッチしていたことです。
特に、連続増配銘柄(減配しない)やREITの分析をしていたことです。
といっても大した分析などできるわけではないですが、この銘柄は比較的安定している、今後のトレンドとしてもいいのではないか、というのをリストアップしてみていました。

正直、これまでは高すぎて買えませんでしたが、ちゃんと見ていた銘柄は多くが現時点で含み益になっています。
一方で、利回りなどに目移りして衝動買いした銘柄は購入後に50%近い含み損を抱えて塩漬け近くになっているのもあります。

全ての銘柄に当てはまるわけではないですが、やはりメンタルをしっかりもって、欲しいものを欲しい価格で買う、衝動買いはダメという、株以外にも当てはまることですね。

で、今後どうするのかということですが、とりあえず様子見です。
1から3月期の状況の発表を待つ、そして肝心のコロナの状況を見るというスタンスです。

今日も丸紅の減損やらREITの業績予想の未定など、今後高配当銘柄などでも減配が見込まれるのが多くあると思います。
その時に更に売却される可能性もあります。

いずれにしろ、今後は実績値を見ながらの上昇、下落になると思うので焦る必要はないのかな、なんて思っています。

これは個人的感想で、もちろん私ごときが予想できるわけではありません。
ただ、今回思ったのは、やはりある程度ルール化しておく、特にリーマンの時もそうでしたが、下落率が大きくなるほど感情に流されてしまいます。

私もリーマンを契機に30%下落を目安にするとしていたのに、早めに追加投資したこと、その後ついつい基準もなくナンピンしたのも反省です。

ただ、高配当銘柄はつい現在の配当利回りにも目移りするので、難しいんですけどね・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【投資について】こういう時こそ資金管理が重要、リスク許容度の確認も!

IMG_3545.jpg


おはようございます。
フェニックスです。

それにしてもコロナは治まりませんね。
この時期、例年であれば18きっぷで旅をするのですが、自粛しています。

でも、もういいよね、なんて思いつつ、今日出かけようかなと思っていたのですが、想定外の洗濯物が残っていた(干していたのが飛ばされていたので再度洗濯の必要があった)のと、強風予想で行き先を変えようかな、と思っていたので、今日はのんびりです。

で、改めて投資のことについてです。
まず、大事なのは資金管理です。
個別株の分析よりも、仮に地銀のクラッシュや新興国のドル調達などのリスクが表面化して50%近い下落が訪れた時に投げ売りせざるを得ない(生活資金が確保できなくなる)のが最悪の事態ですので、きちんと資金管理をする必要があります。

そのために、まずリスク資産と安全資産の状況を確認する必要があります。
そして、これはひとそれぞれで、家族の有無(これから教育費がかかるのか否か)、生活防衛資金の有無や勤務先の状況(打撃のある観光業か、リスクの少ない公務員か、大企業か)などで様々です。

ですので、せっかくの三連休、少し今回の下落で恐怖を覚えている方は、じっくりと自身の投資方針を考え直す、下落時の方が自身の本当の投資の耐性、リスク許容度を確認するいい機会だと思います。

まず、私のおおよその投資方針はインデックスメインと高配当株、そして分散投資です。
インデックスは、今は全世界のもの、米国株、新興国、幅広く保有しています。

高配当は、通信、たばこ、石油、医薬、食品などの個別株と高配当ETFなどです。

そして、他には金、REIT(ETFや個別)、インフラファンド、債券(ハイイールド、新興国、先進国)と分散しています。

そして、生活防衛資金として生活費3年分、そして定期預金や普通預金を保有しています。

現状大きく分けて、リスク資産が60%、安全資産(生活防衛資金除く)が40%という感じです。

30%の下落状態に合わせてリスク資産に10%ほど追加投資しています。

別に自分の状況を紹介したいわけではなくて、記録のためと当時の考えを残しておくこと、そしてその時の資産の状況を知ることは大事だと思っているからです。
リーマンの時に、ブログも日記もしていなかったので、どういう状況だったのか、残っていないんですね。
人の記憶は曖昧なので、残しておこうということと、少しだけ参考になればということです。

私は、通常であればリスク資産は50%程度がいいのかなと、特に過熱感がある時はそれぐらいが限度かなと思っています。
そして、インデックス積立派であれば、30%程度の下落(20%の下落時点)ぐらいから追加投資してもいいと思っています。

今回は10%の下落ぐらいから追加投資を始めたのは、やはりこれまで買いたくても高くて手が出せないと、焦る気持ちがあったためかもしれません。

いずれにしろ、ちょっと自分の資産状況を改めて確認しようと、全ての投資資産や定期などを確認し、自身の投資余力を確認しました。

コロナがいつ収束するのか見えない中で、次はGW前に出てくる1~3月期の決算が、いまの下落相場で織り込んだ程度なのかどうかというのが1つ、そしてやはり心理的には五輪がどうなるのか、なのかなと思います。

観光業の打撃もさることながら、REITの激しい下落は地銀の投げ売りのようですから、どこかの地銀が飛ぶこともあり得るのかなと、そうなると40%安の14,400円割れの最悪の事態も考える必要があるかもしれません。
そして、やはりグローバルな時代ですから、海外リスク、特に新興国リスクも考える必要があるかもしれません。


心配事は尽きませんが、今後は、個別株は30%以上下落したもので現在でも追加投資したい銘柄、高配当ETFは10%下落を拾いに行く、欲しかったREITに多めに投資するイメージで、時間も分散しつつ追加投入していこうと考えています。

でも、できればあと10%ぐらいの下落で終わってほしいですね!
皆さんも、凛冽の宙を思い出して、この寒さを耐え抜いて暖かい春を迎えましょうね!!


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



【運用状況】投資防衛資金を発動か!?

LRG_DSC00652.jpg


こんばんは、フェニックスです。

今回は、あまりうれしくもなんともないですが、将来にこの暴落を記録する意味合いで書いておきます。

昨晩もNYダウは2,997.10ドルと12.93%下げました!
これで3度目のサーキットブレーカーの発動だったようです。

この先どうなるのかなんて分かりません。
私の投資方針とすると、日米各国およそ30%下落局面なので、いわゆる投資防衛資金の発動を見据えています。

これは、リーマン時を経験して、30%近く下落すると怖くて追加投資すらできなくなってしまった反省から、投資防衛資金を確保することとしています。

よく言われるように、リスク資産は100-年齢などといいますが、私の場合はそれ以外に投資防衛資金を持つイメージです。

もっと分かりやすく言うと、過熱感がある時はリスク資産は50%程度に抑えつつ、今回のように30%近く下落した局面では、安全資産の30%ぐらいをリスク資産に投じるという考えです。

正直、これがあるために私はこれぐらいの下落ではメンタルは影響をそこまで大きく受けていません。

ただ、これは今だから言えることで、私はずっとなんでもっとリスク資産に資金を投下してなかったんだって、この上げ相場の中で後悔していました。
まさか、10年を超えてここまで上昇するなんて想定していなかったんです。
なんで、今年に入って少し物色しだした中での今回の下落にあっています。
もう、踏んだり蹴ったりですが、慎重派なので少しづつだったのがまだ傷を大きくしていません。

何度も言うようですが、積立派は淡々とこれまでどうりで、下げ相場があればあるほどその先の上昇の恩恵を受けると考えで積み立てるだけです。

ただ、その際もこれまでのように米国株だけでいいのか、全世界がいいのか、REITなども含めたほうがいいのか、値動きは確認しておく方がいいかもしれません。

私は、リーマンの時の値動きの反省からある程度の予備資金は確保しておくべきだと思ってこれまで投資をしてきました。
これは、人それぞれです。

毎月100万円稼ぐような人で50万円投資できる人と、30万円で5万円投資する人では意味合いが全く違います。

そういう意味で、投資は本当に人それぞれです!

せっかくの機会なので、自身のメンタルも含めて投資方針を見直すいい機会かな、なんて偉そうに思いつつ、手が震えているフェニックスでした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


【投資損益】投資は率で見る、元本の拡大を!

LRG_DSC01819.jpg

おはようございます。
フェニックスです。

暴落のせいで体調まで不調になってしまいました(笑)
というか、急に寒くなったのが原因だと思いますが、独り身の40代のおっさんには辛いですね・・・

それはいいとして、改めて今回のコロナイルショックについて記録しておきましょう。
私は、コロナショックとオイルショックが重なったのが大きいと思っています。

今回は日経平均の年初来高値が24,115.95円、安値が16,690.60円と30.7%安、NYダウは年初来高値が29,568.57ドル、安値が21,154.46ドルと28.5%安と概ねどちらも30%安になりました。

先週のブログで20%安の時に、通常の調整だと30%の下落、景気後退まで見込むと40%ぐらいはあるのかなと書いていたのが、その通りになってしまいました。

今回は、コロナが治まらないと需要回復が見込めずに、本当に50%ぐらいになるかもしれない気もしてきました。
日経平均は五輪延期・中止で50%に行くのではないかと50%安もあるのではないかと思っています。
そのようにならないことが望ましいですが、最悪も考えていく必要がありますね。

ところで、今日の本題は投資の損益は率で考えようと、ついつい額で見てしまいがちですが、率で見る癖をつけておきましょう。
そして、やはり元本の拡大が大事だということです。

セミリタイアを考えている方は、おそらく3,000万円から1億円ぐらいの資金を目標にされていると思います。
そうすると、30%の下落だと3,000万円の方は900万円の損失、1億円の方は3,000万円の損失になってしまいます。

つい、3,000万円の損失になると大変だーと思ってしまいますが、リスクは上下の変動なので、3,000万円の利益になることもあるわけです。

特に、若くて投資を始めたばかりだと、せっかく100万円とか300万円投資したのに、30万円、100万円も損失を抱えて大変と思うかもしれませんが、率を見て落ち着いてください。

私も最初の頃は、50万円近い損失になった時焦って損切りをしてしまいました。
でも、何度も言う様に通常の株式のリスクは30%前後、非常時は40%から50%はあるわけです。

短期で勝負している方は別ですが、じっくり積立派の方はあせらずに淡々と一定のリズムを保ってください。
そして、余裕があれば30%以上の下落はバーゲンの機会なので、積立額を増額するのも一つの手かもしれません。

そして、今回思ったのはリタイアを考える元本の大きさです。
つい私も過去最高の上げ潮を受けてそろそろセミリタイアを考えていましたが、やはり元本をもう少し貯めて、安全なリタイアを考えようと思います。

1億円貯めている人は、これでも7,000万円あるわけですが、3,000万円しかない人は2,100万円になっているわけです。

リーマンショックの時のように、急速に戻ればいいですが、今回のような長期拡大局面の後は、下手すると長期低迷なんてことがあるかもしれません。
現在のような人の移動がなくなると、配当・分配金も維持されるかも心配になってきますよね。

今回の底がいつかなんて分かりませんが、底でも3,000万円は確保できるようでないと、無謀なリタイアになるよな、なんて思った今回の下落相場ですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】震災から9年、今年も凛冽の宙を想って復興を願う!

IMG_1663.jpg

あれから9年ですね。
10年ひと昔と言います。あと1年で東北が復興するとは正直思えません。
地方が衰退する中で、とても東北が劇的に復活するなんて未来は見えないのが現実のような気がしています。

でも、でもという気もします。

このコロナウィルスに打ち勝てるように、きっと再生して欲しいという想いはあります。
でも、人海戦術じゃないけど、人口減少時代にどう立ち向かうのか、独身男性の私がいうのもなんですが、難しい時代ですね。

今年も、幸田真音さんの「凛冽の宙」のあとがきを紹介します。

『いま、日本はまさに凛冽の時代。経済も、世の中も、そして人の心までもが冷え切っています。でも、そんななかで、ほかと違って正しいことをしようとすると、もっと寒さを覚悟する必要があるのかもしれません。
ねえ、あなた。教えていただけませんか。この国は、いったいいつまで凛冽の時代を続ける気なのでしょう。
それとも、すべてを知ったうえで、正しい改革の道を選んだからこそ、いま「凛冽」なのでしょうか。
この先、寒さに耐え抜いたら、必ず春はやってくるのですよね。』(略)


まさに、コロナを契機とした世界経済の転換点にいるのかもしれません。
そんな中でも、寒さに耐え抜いたからこそ、暖かい春を迎えられるといいですよね。

そんな未来を見たいものですね!!

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR