【資産クラス別リターン】2018年5月の状況!

今回は恒例の資産クラス別投資リターンの確認です。
本来であれば、自分の資産チェックをすればいいのかもしれませんが、面倒くさい(笑)ので、モーニングスターさんのインデックスサイトで、大まかな流れを確認しています。

ブロガーの方を見ていると、毎月自分の資産状況などをチェックされている方がいますが、本当に凄いな!と思います。
家計簿やら資産状況のチェックより、毎晩のお酒を呑むのが楽しみなダメ人間ですが、なんとか投資を続けることができているのが、インデックス投資なんですよね!!

あまり推奨できるわけではありませんが、こんな私でも投資ができているんだと、ちょっとでも投資を身近に感じて欲しくてくだらんブログも書いたりしています。

それはいいとして、5月の結果発表です。

index20180531.png

5月は、米国の利上げを受けてアルゼンチンやトルコなどの新興国の通貨の下落、それに伴って新興国株も下落するという流れでしたね。
一方で、上昇したのが先進国株式ですが0.5%と微増という感じですね。
政治リスクが懸念されますが、一方で経済指標がいいという状況ですね。

明日の米朝会談も気になりますが、どうなるのでしょうかね?
よく言われるように、終戦宣言だけで、段階的非核化、拉致は取り上げるけど後は日朝で会談してね、ていう感じなんでしょうかね。

ま、よく分かりませんが、平和的に終わってほしいですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【講演レポート】池上彰氏「グローバル社会を生きる」に参加して(金融広報中央委員会主催)

おはようございます。
昨日は私にしては珍しくセミナーに行ってきました。

と言っても、すぐに儲かる〇〇セミナーや誰でもできる不動産投資!なんて類のものではありません。
かの大御所ジャーナリスト「池上彰」さんのセミナーです。
金融広報中央委員会(もしくは知るぽると)って聞いたことありますか?
私もそれほど詳しいわけではありませんが、政府、地方公共団体、日銀と協力して金融に関する広報活動を行っている委員会だそうで、日銀内に事務局があるそうです!

IMG_4089.jpg

たまに日銀のHPをチェックすることがあるのですが、その際になるべく「知るぽると」もチェックするようにしているのですが、たまたま池上さんがセミナー(しかも無料!)を行われるということで、早速申し込んでおいたんです。

昨日は、いい天気でもあったので、早めに行って前から3列目ぐらいをゲットできました。
1,000名規模のセミナーだったのですが、感覚的には、年齢構成どおりというか、年配の方が7割ぐらいでしょうかね?
ただし、近くには学生っぽい方もいるなど、20代ぐらいの方も目に付きました。

肝心の内容ですが、テーマは「グローバル社会を生きる」ということで、金融や投資というよりも、ちょうどG7があったり、米朝首脳会談が近いこともあり、やはりトランプ大統領のことについて、宗教の面、選挙のことなどなど、90分でしたがあっという間という感じでした。

昨日は、夜にTV朝日で米朝首脳会談の生放送があるということで、第一問目はシンガポールの所在地ですとおっしゃっていたのですが、その通りだったのでちょっと嬉しかったです。

あと、印象に残ったのが、今回の会談でシンガポール政府は各国のマスコミから高額のシャバ代?を取っているということです。へー、そうなんや!と思いました。
マーライオンとサンズをバックに撮影できるポイントには入場料のようなものが必要だそうです。
実際に記者意見や、マスコミがどこからレポートするのか、楽しみになりますね!!

あとは、サンズのオーナーがユダヤ系でトランプさんに献金をしている、そのためサンズが映るところで会見をするだろうと、トランプさんはオバマ大統領が大嫌いなので、対抗心を持っているのでノーベル平和賞を狙っている、そのためには、結果はどんなものであっても、会談は大成功だったと言い張るだろうという見立てでした。

そして、グローバル社会は止められない、歴史から学ぶべきということをおっしゃっていました。

英国のEU離脱でも、現在北アイルランド、アイルランド、英国の関係も混とんとするのではないか、これも宗教も絡んでいるのですが、私の若い頃によくIRAが爆破テロを行っていましたが、EUの枠を出ることによって、アイルランド問題が表面化するのではないかということをおっしゃっていました(正確にはアイルランドとの人の移動の自由化を認めるならそこから移民が入ってくる)。裏を返すと、人の移動を止めると、アイルランド内で、またプロテスタントとカトリックの紛争が起こるのではないか、というニュアンスなのかな?という理解です。

そして、歴史から学ぶということでは1929年の世界大恐慌をおっしゃっていました。
セミナーに出席した方の特典ということで、ここでは記載しませんが、私も改めて大恐慌の歴史を振り返ってみたいと思います(おっしゃっていたのは金融危機だけで恐慌が起こったのではないという趣旨ですので、これだけ言えば分かると思います)。

最後におっしゃっていたのは、学生から聞かれたら、プロセスを教える、今起きている事象から考えるくせを付けるというニュアンスのことを述べてらっしゃいました。

今回はあまりメモを取っていないので、全体的に私の受け取った印象です。
池上さんの本はこれまでも何冊も読んでいるので、やはり読むだけではなく、このような感じで実際にお話を聞く機会があると、より真面目に耳を傾けるといいますか、良かったと思います。

そして、多くの私より年配の方が(寝ている方もいましたが)、勉強するために休みの日に有楽町まで出てきているんですね。
あと数年したら東京を離れるつもりですので、東京にいる間は、このような面白そうなセミナーなどはなるべく参加しようかな、と思いつつも、休みの日にまで人の多いところには行きたくないな、という思いがせめぎあっております。

いずれにしろ、また、近いうちに面白そうなセミナーもあるようですので、投資初心者の方にもためになりそうなやつを今度紹介したいと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】政治家は庶民の資産形成に関心がないのか?自民党「2024年問題」の提言を見て・・・

おはようございます。
今月に財政再建?の方針と言いますか、骨太の方針が発表されるようで、先日ドラフトが公表されていましたね。
でも、相変わらず枚数が多すぎて読む気にもなれませんね・・・

ま、これは今後正式版が出てくれば、新聞がもう少しまとめてくれるので読めばいいですね。
で、個人的に気になったのが、自民党がまとめたペーパー「2024年問題」です。こちら

報道などによると岸田政調会長などが中心となってまとめたそうですが、一応知名度はないですが、次期総理候補の一人だそうです・・・

そして、安倍総理と違って財政健全化を目指している方のようです。
セミリタイアを目指すに当たって、これまでの制度を前提にセミリタイアをするのもありですが、今後の高齢化社会を見据えると、大きな制度変更も考慮してセミリタイアする必要もあるのではないかと思っています。

特におひとり様のセミリタイアは、何かあった時に働くことができればいいですが、そうなるとは言えないので、それなりの制度変更を見据えて備える必要があるのかな、なんて思っています。

キーワードとして出てくるのは、エイジフリー社会です。
そして、若者が支えるのではなく、皆で困っている人を支えるという美辞麗句です。
これは、聞こえはいいですが、年金受給開始年齢が70歳以降になる、歳をとってもできるだけ働け(そして保険料を納めろ)、ということですね・・・
そして、医療費の負担なんかも増加する、資産も含めて低所得者の扱いを考える、というのが今後セミリタイアを考える点で考慮すべきことでしょうかね?

結構ひどい内容ですが、現実を見るとこうならざるを得ないという感じなのでしょうね。
これまでは、定年60歳でそれから年金生活を前提にしていたのに、こうなるのが分かっていたのに何もせず、現役世代の社会保険料を上げてその場しのぎをしていたけど、それでも持たなくなって、支給開始を65歳、そして70歳以降へということです・・・

そうすると、当然退職してから年金支給開始まで生活が成り立たないので、エイジフリー社会、人生100年時代だから死ぬまで働けと、国民を洗脳しようとしているんですね(笑)

ま、よく言われる2024(2025)年には高齢者が半数を超える時代なので、このような提言にならざるを得ないのでしょうが、老人クラブの自民党が作ると資産形成について一切触れていないんですね・・・
この視点がないというのが残念でなりませんよね。
つみたてNISAはいい制度ですが、枠が800万円分しかないので老後の資産形成の一部でしかないんですよね。

今回は団塊世代の75歳突入を見据えた提言ですが、我々ジュニア世代が70歳を超えるころには、年金支給が75歳からなんてことも考えられますね?
そう考えると、やはりセミリタイアは、ざっくり余裕を見ると50歳で5000万円(25年×200万円)ぐらいでしょうかね?

ま、何が言いたかったかというと、政治家は庶民の資産形成には関心がないということですね。おそらく、つみたてNISAができたのは金融庁のパワーのおかげ?なんでしょうが、さすがに森長官の神通力もここにきて裏目に出てきている点もあるようですが、せめてつみたてNISA60万円×無期限ぐらいの道筋をつけていただけるといいんですけどね・・・



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【市況】日経はなんと197円も上げて22,823円に!

こんばんは、フェニックスです。
今晩も呑んでおります・・・

なんとか、禁煙生活も1月を超えたようです。
只今、フェニックスは蟄居中で閑職に追いやられているわけですが、お陰様で以前よりストレスが少ない、飲み会も少ない、それに輪をかけて給料が少ないという、ありがたい環境に置かれております。

きっと、そのおかげなのでしょうね、まさかの禁煙1月を達成できました!
これも、皆様の暖かい声援のおかげです、あ、コアな10人程度のサポーターの方のおかげです。

それよりも、ここにきて相場は堅調のようですね。
米朝会談や米中貿易戦争、EUのイタリア問題などどこふく風なんでしょうかね?

毎日のつみたて投資を継続していますが、貯まった余剰資金の投入は、もっと先になりそうですね。
ま、あせらずに、高配当戦略をその間に考えたいと思います。



【雑感】インデックス投資でいかに楽をしていたか、高配当株を探して流離う・・・

こんばんは、フェニックスです。
最近は柄にもなく高配当株を調べたりしています。

これまでインデックス投資を中心に資産形成をしてきましたが、セミリタイアを考えると、インデックス投資だけではどうかな?と疑問が湧いてきました(他のブロガーさんの影響もあります)。

インデックス投資のメリットは、配当されないので課税されずに配当を再投資するという、複利を最大限活用するということですよね。
確かに、経済合理性では複利パワーが凄いのは理解しているつもりですが、いざセミリタイアを考えだすと、毎年どれだけのインカムゲインを得られるのか?というのが一つのテーマですよね?

ということで、高配当株やら株主優待を調べてみたんですけれど、大変ですね・・・
これまで10年以上インデックスメインで投資してきたのが、いかに楽をしていたのかというのが改めて実感しているこの頃です。

調べてみてもどれがいいのかもよく分からない、更には株主優待なんてのもあるんですけど、ほとんどが自社製品などの食事券などが人気なんですね・・・

株主優待を含めると5%を超えるものもあるようですが、優待を除くと1%以下が多いんですね・・・
正直、外食をほとんどしない、マクドやガストを美味しいと思ったことがない身とすると、株主優待での高配当戦略というのも、私には合っていないんでしょうね・・・
外食を優待券でカバーできると、満足感はあるのでしょうが、普通に考えると外食で優待券とは言え500円使うより、自炊すれば300円でそれなりの満足度のある物が食べられますよね?

そう考えると、株主優待のメリットって私のような人間には向かないような気がします。
結局は、株主優待狙いであれば、自分が本当に好きな店舗であればいいのでしょうが、それ以外であれば、普通の高配当銘柄を探すべきなんでしょうね。

それにしても、もう10年以上投資していながらインデックス投資メインであったことのありがたさを実感するばかりですね。
高配当といっても、ETFもあれば米国株の高配当ETF更には個別株の高配当銘柄まであって、それがいつ安くなるのか、果たして今が安いのか?考えだすと、頭の弱いフェニックスでは判断できません・・・

皆さんの投資って、こんなに大変だったんですね・・・

投資は長期にわたって継続するのが大事なんですけど、今更ながらインデックス投資のありがたさを実感したこの頃です。
そうは言っても、ということで日本株と海外株の高配当ETFをメインにして、自分好みの高配当株を探すしかないのでしょうかね?

まだ、しばらくはボックス圏相場のような気がしますので、今年いっぱいじっくりと検討して、本格的に下落する来年以降に高配当ETFを仕込むイメージでしょうかね(個人的な相場観で当てにしないでくださいね)。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR