FC2ブログ

【資産形成】改めて資産形成について考えてみる。

おはようございます。

最近ブログに書くネタもなくて困ってしまいます。
ということで、今更ですが2000万円問題を契機に、個人の資産形成について考えてみたいと思います。

私はインデックスをメインとした投資をして資産形成をしています。
20代の頃はほとんど貯金などせずに、パチンコや飲み会などにお金を使っていました。
そして、そんな生活になんの疑問も持っていませんでした。

でも、パリバショックの頃にセミリタイア、給料の減額などなど色々と考えることがあって、資産形成の一歩を踏み出したわけです。
そうすると自分ではそれほど貯められないと思っていましたが、始めだすと意外と資産形成できることに気が付きました。

私がその頃に色々な投資関連の本を読んで大事だと思ったのは、天引き(それに近いシステム)、節約、長期・分散だと思います。
おそらくこの辺はどの資産形成をするにあたっても前提になるのかな、なんて思います。

1 天引き
これは、投資をしようが貯金であろうがある程度の資産を形成するには必要なのではないでしょうか?私の場合は、給料がでると証券口座(ネット銀行)に貯金と投資の元本を移してしまいます。そして、投資はインデックスファンドをネット証券で設定したとおり買い付けるだけです(個別株は別ですが)。
人間は弱いもので、ついお金があると使ってしまうので、いかに先に貯金するか、使わないシステムが大事ですね。

2 節約
これも基本ですね。私も若い頃は当たり前のように朝もコンビニ、夜もコンビニでお弁当や飲み物を買っていました。それだと平気で1日千円以上使ってしまうことになります。
でも、自炊してご飯を炊く、お酒もスーパーなどで安いものにする、会社にも自分でお茶を入れて持っていく、それだけで1日千円分ぐらいの節約になります。
それが30日だと3万円、20日だとしても2万円ちかい節約になりますよね。
私もギャンブルを止めたことも大きかったですが、節約もして月3万円ほどの投資資金を確保できました。
当たり前ですが、先に保険や携帯などの大きな支出を先に見直すのが大事ですね。

3 長期・分散
これも当たり前ですね。
話題の2千万円を貯めるとすると、40年の勤労生活でいくら貯めて行けばいいのでしょうか?3%で運用するとしたら毎月21,600円積み立てる必要がありますね。
もし、この金額が用意できないとなると、3%の運用利回りを5%程度に引き上げる方法を考えるしかないですね。

私は、投資をしなさいというつもりは全くありません。
投資せずに今の利回りの0.1%程度で十分となると、元本を40,900円に引き上げればいいだけです。
なので、給料をたくさんもらっている方や、株式投資のリスクは取りたくない、という方は定期預金などで十分だと思いますが、その分節約してくださいね、としかいいようがないですね。

私は、そんなに稼いでいない、そして欲張ってセミリタイアまで望んでいるので、投資をする、そしてどの銘柄がいいなんて分からないのでインデックスで分散するという方法をとっているだけです。

ちなみに、3%で3万円を積立てだと
10年だと419万円、
20年だと985万円、
30年だと1,748万円になり、

5%だと466万円、1,233万円、2,497万円になります。

30年だから3倍ではなくて4.17倍(3%)、5.35倍(5%)と大きくなるわけですね。
私はこれを知った時、けっこうな衝撃でした・・・
もう、失った20代の10年を返してくれと、本当に思いました。

ちなみに、一般的に必要と言われる3000万円を40年で資産形成しようとすると、3%で月32,300円必要になりますね。
これが、ほとんどつみたてNISAの年間40万に近い額なので、毎月は無理でもボーナス併用で準備すれば可能な額ではないでしょうか?

そんなにお金もってねーよ、ボケと文句を言う方も、月1万円でも30年3%だと583万円とけっこうな額になります。
何もやらないよりやった方がまし、そして早くやった方がいい、貯金でもいいけど適度なリスクを取って利回りを上げると、見えてくる世界が変わってくるかもしれませんね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【市況】高配当も分散が大事だよね。

こんばんは、フェニックスです。

いやー、今日も下げましたね。
日経平均は200円ほど下げて21,402.13円でした。

そもそもの問題の追加関税は明日なんですよね。
どうなるのでしょうかね?

個人的には、トランプさんと言いますか、米国の対応は仕方ないと思っています。
新興国への債務問題だけでなく、知財も好き放題先進国の企業から提供させるという強権的な姿勢で成長してきているわけですから、この機会にしっかりと資本主義とは何かということを主張すべきです。正直、もっと欧州だけでなく日本も主張すべきだと個人的には思ったりします。

それはいいとして、そのあおりなのか、JT株がまた刺さってしまいました(笑)
その他にも、住友商事やら三菱ケミカルなど、ちょこっとした高配当株がまさか刺さってしまいました・・・

そして、残りの余裕資金がなくなりつつあります。
正直、今後どうなるのかなんて分かりません。

個人的には、JTが下げているけど、ソフトバンクや住友商事、オリックスなどが上がったりしているので、やはりJT集中投資もいいですが、私のような余裕資金が多くない人は高配当といいつつもある程度分散しておいた方が、精神的にはゆとりがありそうですね。

明日次第ですが、本当に発動されるともっと下げると思いますが、4%以上の配当水準の中である程度分散して投資していきたいと思います。

【市況】令和最初は335円安、JT株は刺さったよ・・・

こんばんは、フェニックスです。

今回は、記念すべき?令和最初の取引日ということでメモしておきますね。
と言っても、残念な結果になってしまいましたね。

日経平均はGW前から▲335.01円の21,923.72円ということで22,000円台を割ってしまいました。
昨日のトランプ大統領の対中の関税をかけるというツィートが原因のようですが、その後の関係閣僚の発言からも単なる脅しなのかどうか、という状況のようですね・・・

困ったものです。
一方で、私のポートフォリオで見ると、下落局面で買っていた通信などはそれほど被弾することなく横ばい程度で推移してくれたのが、なんとなく安心材料ですが、今後はどうなるんでしょうかね?
あ、インデックス陣はもれなく被弾していますけどね・・・

そのような中で、私も完全に忘れていたのですがJTが2,560円で刺さっていました(笑)
私は最近になってJT株に参戦しているので取得単価が2600円前後なんですが、Twitterを見ていると、配当利回り6%ぐらいで購入参戦している方が多かったので、なるほどな、なんて思って指値をしていたのを完全に忘れていました・・・
GWボケですね・・・

まだまだ含み損を抱えていますが、ちょっとでも購入単価を下げられたのでとりあえず良しとしましょう。
JTに関しては、今後どうなるのか分かりませんが、配当が現状維持だと6%前後で個人投資家が参戦してくるのかなという感じで考えつつも、チキンな私はNISAを活用して時間分散して最悪2000円(それはないか)を考えていこうかと思っています。

いずれにしろ、トランプさんの発言の真意は分かりませんが、私の投資スタンスは通信やタバコ、医薬系と高配当銘柄、そうは言いつつtも前のめりにならない感じで3年ぐらいかけて買い増していくイメージを持っていきたいと思っています。

私は、現実的にセミリタイアを考えているので、JT集中ではなくて、4%前後の高配当銘柄に分散しつつ、JTはNISAで課税なく配当を享受するスタンスで行きたいと思っています。




【雑感】一人と言えども心配性は5000万円は欲しいのかな?

昨日は天気もよかったのですが、まだ腰が少し良くはなっていますが本調子ではないということで、図書館に行ったりしつつ昼から呑んだくれていました。

私はというと、相変わらず、セミリタイアのことを考える日々です。
私のブログは私の頭の整理のためで、まだ考えがまとまっているわけではないのを、書きながらまとめつつありますが、悩みもつきませんね。

セミリタイア(半分は働く)する、そのためには、やはりインカムゲイン(配当や分配金)をなんとか100万円ぐらいは目指したいな、なんて思ったりしています。

でも100万円のインカムゲインってよく考えると2,500万円(4%で計算)の元本、税金を考えると3,125万円(125万円で手取り100万円)なんですよね!

こうして考えると、税金が高いということを実感しますね。
25万円の税金を考えると元本を600万円近くも稼がないといけないということですね。

そうすると、やはりNISAを使って高配当を非課税で手に入れたい、例えば人気のあるJTだと現在は5.86%、ソフトバンクだと5.92%の配当利回り(日経電子版による)ですので、120万円で7万円ほどを非課税で得られるというのは大きいですね(14,000円の節税)。

仮に現在の配当金額を今後も維持してくれるとすれば、600万円の枠を使い切ると毎年7万円の節税で35万円のインカムを得られるんですね。

改めてこう見るとNISAの節税効果は大きいですね!!
70,000円のインカム(4%計算)を得ようとすると175万円の元本が必要になりますよね。
でも、配当が非課税ということはそれが不要になる、その分を他の投資に充てられるということですね。

何が言いたいかというと、JTやソフトバンクなどの比較的大型の5%を超えるような高配当株をNISAで運用する。
そうすると600万の元本で約35万円の年間配当の仕組みができる。

残りの65万円を3.2%(税抜き)で運用できればいいということですね。
そうすると2,031万円ほど、2,700万円ほどの資金でなんとかなりますね。
ただ、株式だけだとやはり心配なので、その1.5倍ぐらいの元本があった方が精神衛生上いいですよね。

イメージとすると3,000万円を高配当株式に充てて、1,000万円ぐらいは現金というか安全資産でなんかあった時に対応する、そんな感じでしょうか?

ま、悲観的な私だとやはりもう1,000万円ぐらいあれば、株の下落時の対応費として欲しいですよね(来年あたりの経済減速で追加投資、4,000万円を株式、1,000万円を無リスクのイメージ)。

もう一つは、どの銘柄がいいのかというのも悩ましいですね。
今はたばこや通信などを中心に投資していますが、通信は楽天の参入もあってここに来て各銘柄とも軟調です。
そして、たばこは言わずもがなの先が見通せない銘柄です。

ま、そうは言ってもそれ以外の高配当は証券だったり商社だったり、景気敏感株だったり、こうして見ると、業界によって配当の傾向も全然違うんですね。

ま、今のところ5%後半の大型株は少ないのでJTやソフトバンクをメインに今後5年かけてNISA口座で購入、それ以外は通信や商社、リースや連続増配銘柄、あとはREITや新興国債券などになるべく分散するイメージでしょうかね?

あ、流行りの米国株ですが、こちらは外税のことを考えるとどうなんでしょうか?
結局は、高配当は通信やたばこというのは変わらないし、もう少し円高が進めば連続増配銘柄のP&GやJNJ、MMMなどは考えようかと思いまけどね(既にTやBTI、ABBVは保有)。

ま、米国が今後も覇権を握り続けられるなら米国株中心でもいいのでしょうが、そこは分からないので、米国の個別株だけでなくETFなんかも活用して分散するんでしょうね。

【市況メモ】日経平均が1000円近く下げてまさかの2万円台を割れた!!

こんばんは、フェニックスです。
今日も大きく日経平均が下げましたねー
なんとなんとの1010.45円の下落で5.01%で、19,155.74円と20000円台を割ってしましました。
久々の1000円近い下落で、割合で見ても5%というしびれる状況ですね。

比較的リスク資産を減少させていたのですが、ボーナス手取りが吹っ飛んでいく感じですね・・・
もう、半年の労働の対価が意味をなしていないという、さてさてな感じです。

正直、年内は20000円台をなんとか持ちこたえて、米中貿易摩擦やブレグジットで3月頃に18000円台、その後状況次第で10月の消費税増税から年末にかけて16000円ぐらいかな、なんてなんとなく漠然と思っていたのですが、ピッチが速いですね。

ただ、ちょくとく落ちているナイフをつかみに行っては被害にあっていますが、いつまで続くのでしょうかね?
なんとなく、5%下落するたびに少しずつ買い増していくような感じでしょうかね?

でも、下落がいつまで続くのか、それは分かりません。
すぐ買いましたい気もしますが、先ほど書いたように3月頃のイベントを待つ必要がある気もします。

これだけ振れ幅が大きいと、10%の下落のタイミングでいいのかもしれませんが、たまに落ちるナイフをつかむのも、今後のリターンを上げるには必要かもしれません。
ただ、どこまで下げるのか分からないのも事実ですね。

たんたんとつみたての実行をしつつ、ところどころの節目で買い増していきたいと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR