FC2ブログ

【読書】大江英樹著「資産寿命」~人生100年時代の「お金の長寿術」~

IMG_6352.jpg

おはようございます、フェニックスです。

先日オンラインで参加した、コツコツイベントでいただいた大江英樹著「資産寿命」(人生100年時代の「お金の長寿術」)を読み終わりました(朝日新書)。

大江さんは、ここ数年よく投資イベントや本などを書いていらっしゃる方ですね。元大手証券会社勤務で、リタイア後に独立して資産形成関連について活動されている感じですかね。

大まかな構成を見てみると、
第1章 資産寿命という考え方
第2章 働いて資産寿命を延ばす
第3章 収支がすべて
第4章 間違いだらけの年金知識
第5章 運用で資産寿命を延ばす
第6章 私たちのお金の長寿術(体験談)

という内容です。

ここ数年人生100年時代というのがキーワードになってきていますね。
私も感じていることですが、私の親世代は定年が55歳、寿命が60台ぐらいだったのが、一気に20年ぐらい寿命が延びていますね。
そんな時代にいかに資産寿命を延ばしていくのか、ちょうど2000万円問題もある中で、著者の考えが述べられています。

私も、人生100年時代に40代でセミリタイアを考えている中で、改めて働いて得る収入についても考える機会になった気がします。

読者層は、よくある資産形成をしてこなかった40代後半、50代向けという感じでしょうか?
子育てなどがひと段落して、老後をどうしようかな、2000万問題などで改めて考えるとローンが残ってる上に資産なんてないよ、どうしよう?という方向けのような気がしました。

つまり、今資産がなくても企業に勤めていれば、年金、退職金がいくばくかは貰えるので安心してね(受け取り方や使い方は間違わないでね)、そのうえで人的資本を有効に使って足りない部分は収入を得ようね、ということを述べてらっしゃいます。

ポイントは、
1 年金の重要性(貰い方、時期、性質)
2 働いて収入を得る(年金で生活、年金の繰り下げ)
3 支出の管理

ですね。

やはり日本にいる以上、年金が老後資金の基本になります。
その受け取り方、時期はじっくり考える必要がありますね。
そして、大事なのは年金のことをよく知ることですね。
よく、払い損だなどと考える方もいますが、年金は保険であるということをよく理解する必要がありますね。

日本人は保険好きで、若いのに使わない医療保障の保険に1万円払うのに、なぜか国民年金には払いたくない人がいますが、年金も保険なんですよね。
大きいのが、障害年金や遺族年金があるように、障害を負った場合などにも保障されるわけですし、65歳以降生きている限り年金として掛金に応じて収入を得ることができますね。

もう一つが、働くということですね。
私も、セミリタイアを目指していますが、何らかの方法で月10万円前後は働いて収入を得ることを考えています。

健康でいること、生活のリズムを作るためにも何らかの労働は必要かと思いますね。ただ、雇われて働くのではなく、自分で仕事を選択できる、そういう生き方がいいですね。

そして、最後に運用についても述べています。
著者は、無理に投資する必要はないとしてます。

私も、そう思います。
20代から40代ぐらいまでは、リスクを取って投資することもできます。
でも、退職金を投資にあてるのは愚の骨頂ですよね。

私は、資産の根幹となる部分は大きなリスクにさらすのはどうかと思っています。インデックス投資も時間を味方にするから一定のリターンが見込まれるだけだけだと思っています。

いずれにしろ読んで思ったのは、ある程度の収入があれば、いかに支出を適切に管理するかが大事であること、ある程度の退職金もあわせれば老後に備えた資産が形成できるのではないかということ、そして年金と定年後も働くことが大事であることを感じました。

私自身、セミリタイアを考えつつ、年金なども考えるとどうしたものかなと思ったりしました。
ただ、色々と考えすぎてしまうとリタイアなんてできないので、最後は割り切りかなと思いました。

ということで、老後の資産に不安を抱えている、あまり資産のない40代後半ぐらいの方(サラリーマン)向けの本かと思います。
頂いた、コツコツ幹事の方、ありがとうございました。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



【雑感】コロナショックで思う投資とメンタルとつみたて投資。

LRG_DSC00525.jpg



おはようございます、フェニックスです。

ちょっと投資について頭の整理というか、気持ちの整理というか、今回のコロナショックを少し振り返ろうかなという感じです。

今回のコロナウィルスというのは、人生初の体験で見えない恐怖との闘いなんですね。
そして、私の投資の経験ではリーマンショックに次ぐ経験でしょうかね?

大きな相場変動はそうですが、振り返ると米中貿易戦争、ブレグジット、東日本大震災、PIGSなどなど、さすがに10年以上投資をしていると、いろいろあるんですね・・・

そして、今回のコロナショックです。
コロナでは、NYダウが高値(2/12)の29,568ドルから安値(3/23)18,213ドルへと38%近くも下落していたんですね。そして、今は既に25,605ドルへと13%ほど下げている、安値からは40%近く上げているんですね。

今回の下落でやはり思ったのは、
① 底で買うのは無理
② 人と比較しない
③ 積立てが一番

ということでしょうかね。

今回、一部追加投資をしましたが、正確にメモ等をとっているわけではないのであれですが、2月下旬ぐらいから追加投資を始めて、結構な高い水準で追加投資をしてしまっているんですね。
そして、3月中旬ぐらいで弾切れになってしまったのと、ついに評価損益がマイナスに突入した位で、恐怖心もあって手が出なかったという感じです。


今は銘柄によっては30%近く上昇しているものもありますが、まだ含み損のものもそれなりにあったりするので、底で買うなんてことはやはり無理ということですね・・・

そして、こういう荒れた相場の時なんかはTwitterなどあまり見ない方がいいですね(笑)
私は、投資はやはり心との闘いだと思っているんですね。

今も振り返っておいてなんですが、あの時もっと我慢して買い急がなければよかった、もし我慢して当初考えていた30%下落したら買い増しするルールどおり追加投資しておいたら、なんていう、もし~、~たら、~ればなんて考えが浮かんでは消えていくんですよね。

そして、そういうことを考えてしまいがちなのが、Twitterなんかですね。
つい、今投資家の人はどうしているんだろうか、なんて思いもあって眺めてしまう、ついこの人が底で買って儲かっているのに自分はダメだった、なんて人と比較してしまい、追加投資したら損するなんてことになったりするんですね・・・

やはり、投資でも人生の生き方もそうですが、アドバイスというか周りの意見も大事かもしれませんが、最後は自己責任ですね。

そして、最後はつみたて投資がやはり一番!ということです。
これは、底(付近)で買うこともできるわけですし、人との比較も不要でメンタルの影響もなく淡々と買えばいいからなんですね。
また、リーマンショック前からつみたてしている方は、今回の下落相場でも含み損にはならなかったそうです!!

私は、これまでつみたてしていた分も一部売却(低コストファンドへの変更や軽減税率の終了時の売却など)を行っているので、少し含み損になりました。
でも、これまでの売却益や配当を考えると、メインはインデックスのつみたて投資ですが十分な利益が出ているんですね。

しかも今は毎日つみたての設定もできるんですね!
そういう意味では、私も底で買えているわけなんです(笑)

今回の下落局面はいったんは落ち着いているわけですが、米国辺りは第二派のリスクもありそうですし、旅行や飲食なんかは稼働率が60%ぐらいが1年ぐらいは続くのかな、また冬に流行するのかな、商業系のREITも賃料減額などもあるようなので、9月の四半期決算が悪いというか、想定ほど回復していないのが明らかになってくると20,000円台で横ばいなんてこともあるかな、なんて思っています。

いずれにしろ、読めないのは確かなので淡々とつみたて投資をしていこうと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】アフターコロナへの投資法!?

IMG_1118.jpg


こんばんは、フェニックスです。

相変わらず心落ち着かない日々ですが、少しだけ東京都の感染者数も落ち着いてきている気もします。
でも、まだまだ100名を超える水準ですね。

今週末辺りで自粛から2週間、ちょっと羽目を外したくなる時期なので、この辺が今後どう影響するのかな、なんて思ったりしています。

それはいいとして、IMFの予想ではマイナス3%で経済損失は500兆円とかいう話が出ています。
しかも大恐慌以来というのに、なぜか米国株は上昇、日本株は下げていたけどBOJの買い支えで小幅安というかんじでした。

今後どうするのか、なかなか悩ましい展開ですね。
いわゆる2番底なるものもある気がします。

一方で、各国の財政出動が激しいので、現金の価値の下落、つまりはインフレへの懸念も考慮すべきのような気もします。

正直どうすべきなのか、素人にはよく分かりません・・・
インフレへの懸念ということであれば、理屈では株式や不動産(REITなど)、金などへの投資が考えられるのでしょうか。

ただし、株式もそもそも経済活動が止まっている状況での選択肢となるのか微妙です。
また、不動産も現物や住居用などはありなのかもしれませんが、ホテル、商業系などのREITは難しいですね。

そして金ですが、リスクヘッジとしてはありのような気もします。
一方で、私の場合は金の上昇もあり、リスク資産の7%ぐらいを占めるほどになっています。

やはり、素人にはどうすべきなのかよく分かりません・・・
下落局面で、これまで手薄だったREIT系を仕込んでいますがホテル系なども含まれているため、どうなるのかななんて思ったりしているところです。

ということで、しばらくは様子見ですかね(笑)
本当によく分からないので、株式、RIET、そして余裕があれば金などに幅広く分散する、そして日本だけでなく海外資産へも分散するということでしょうかね。

また、新興国はやはりリスクが高いので、あまり多く持たない、全世界型のファンドぐらいであればいいのでしょうが、このような局面ではリスクが大きいので、ちょっと少ないぐらいでもいいかもしれません。

今は、どの国もコロナの封じ込めの対応で大わらわですが、治まった時にこのバラまいたお金をどう回収するのか、真っ先に影響を受けるのが新興国であり、その次の次の次ぐらいに日本になるのかもしれません。

結局のところ、よく分からないので、分散、分散、時間も分散して投資を続けていきます!
そして、本当にコロナが治まって1年ぐらいしたらリタイアしようかな・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【投資について】こういう時こそ資金管理が重要、リスク許容度の確認も!

IMG_3545.jpg


おはようございます。
フェニックスです。

それにしてもコロナは治まりませんね。
この時期、例年であれば18きっぷで旅をするのですが、自粛しています。

でも、もういいよね、なんて思いつつ、今日出かけようかなと思っていたのですが、想定外の洗濯物が残っていた(干していたのが飛ばされていたので再度洗濯の必要があった)のと、強風予想で行き先を変えようかな、と思っていたので、今日はのんびりです。

で、改めて投資のことについてです。
まず、大事なのは資金管理です。
個別株の分析よりも、仮に地銀のクラッシュや新興国のドル調達などのリスクが表面化して50%近い下落が訪れた時に投げ売りせざるを得ない(生活資金が確保できなくなる)のが最悪の事態ですので、きちんと資金管理をする必要があります。

そのために、まずリスク資産と安全資産の状況を確認する必要があります。
そして、これはひとそれぞれで、家族の有無(これから教育費がかかるのか否か)、生活防衛資金の有無や勤務先の状況(打撃のある観光業か、リスクの少ない公務員か、大企業か)などで様々です。

ですので、せっかくの三連休、少し今回の下落で恐怖を覚えている方は、じっくりと自身の投資方針を考え直す、下落時の方が自身の本当の投資の耐性、リスク許容度を確認するいい機会だと思います。

まず、私のおおよその投資方針はインデックスメインと高配当株、そして分散投資です。
インデックスは、今は全世界のもの、米国株、新興国、幅広く保有しています。

高配当は、通信、たばこ、石油、医薬、食品などの個別株と高配当ETFなどです。

そして、他には金、REIT(ETFや個別)、インフラファンド、債券(ハイイールド、新興国、先進国)と分散しています。

そして、生活防衛資金として生活費3年分、そして定期預金や普通預金を保有しています。

現状大きく分けて、リスク資産が60%、安全資産(生活防衛資金除く)が40%という感じです。

30%の下落状態に合わせてリスク資産に10%ほど追加投資しています。

別に自分の状況を紹介したいわけではなくて、記録のためと当時の考えを残しておくこと、そしてその時の資産の状況を知ることは大事だと思っているからです。
リーマンの時に、ブログも日記もしていなかったので、どういう状況だったのか、残っていないんですね。
人の記憶は曖昧なので、残しておこうということと、少しだけ参考になればということです。

私は、通常であればリスク資産は50%程度がいいのかなと、特に過熱感がある時はそれぐらいが限度かなと思っています。
そして、インデックス積立派であれば、30%程度の下落(20%の下落時点)ぐらいから追加投資してもいいと思っています。

今回は10%の下落ぐらいから追加投資を始めたのは、やはりこれまで買いたくても高くて手が出せないと、焦る気持ちがあったためかもしれません。

いずれにしろ、ちょっと自分の資産状況を改めて確認しようと、全ての投資資産や定期などを確認し、自身の投資余力を確認しました。

コロナがいつ収束するのか見えない中で、次はGW前に出てくる1~3月期の決算が、いまの下落相場で織り込んだ程度なのかどうかというのが1つ、そしてやはり心理的には五輪がどうなるのか、なのかなと思います。

観光業の打撃もさることながら、REITの激しい下落は地銀の投げ売りのようですから、どこかの地銀が飛ぶこともあり得るのかなと、そうなると40%安の14,400円割れの最悪の事態も考える必要があるかもしれません。
そして、やはりグローバルな時代ですから、海外リスク、特に新興国リスクも考える必要があるかもしれません。


心配事は尽きませんが、今後は、個別株は30%以上下落したもので現在でも追加投資したい銘柄、高配当ETFは10%下落を拾いに行く、欲しかったREITに多めに投資するイメージで、時間も分散しつつ追加投入していこうと考えています。

でも、できればあと10%ぐらいの下落で終わってほしいですね!
皆さんも、凛冽の宙を思い出して、この寒さを耐え抜いて暖かい春を迎えましょうね!!


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



【積立投資】若い人ほど未来を信じてお金を投じよう!!

Image-44.jpg


今日の相場は落ち着いたようで、168.36円高の19,867.12円でした。
先物は、NYダウが24,900ドル台で推移しており、いったんは反発している状態ですね。

コロナショックとオイルショックのダブルパンチでしたが、しかしながら、これから小康状態になるのか、それとも更なる波乱が生じるのかは、まだ油断できないと思っています。

参考になるわけではないですが、リーマンの時もその前にパリバショックがあって、それからリーマンショックへと波及しましたので、これだけの外出制限などの影響が思わぬところへ波及する可能性もあります。
それが、半年後ということも考えられます。

何が言いたいかというと、反転したら買いという方もいますが、そう簡単に分からないし、もう一段の下落もあり得るということです。

投資を始めたばかりの若い方は、正直今回の下落は20%近い、しかも急激な下落にびっくりしたかもしれません。

でも、通常の株式のリスク(上下の変動幅)は30%程度、リーマンでは50%(新興国は60%以上)だったはずなので、今回はある意味通常の調整の域を出ていません。

これで退場するのは、リスクの取り過ぎ以外の何物でもないと思います。
そして、若い皆さんには、圧倒的な人的資本があります。

普通に考えれば、20代で年収300万でも30歳の頃には4、500万ぐらい?になるわけで、追加投資余力もまだまだあります。
今は、共働きが当たり前なので、結婚してもほぼ投資余力は変わらないのではないでしょうか?

まだ、リーマン時の時のようにレイオフ祭りでもないので、皆さんは働いている限り、追加投資を継続できます!

今回言いたいのは、今が下落の底かどうかは分からないので、時間も分散しましょうということです。そして、若い皆さんは、継続して積立を行えば大きな経済的な利益を得られるということです。

是非とも、若い方には今回の下落に負けることなく、少しずつでも構わないので投資を継続して欲しいと、その先に見える未来はきっと明るいと信じて、お金を投じて欲しいと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR