FC2ブログ

【雑感】アフターコロナのセミリタイア生活・・・

IMG_1400.jpg

おはようございます、フェニックスです。

今回も、あくまで個人的な頭の整理と言いますか、コロナ禍を受けてセミリタイアへの考えをつらつらと・・・

1 ライフスタイル
 これまでも書いてきたように、東京に住んでいる、仕事の機会のため、もっと言うとお金のために東京(近郊)に住んでいるような人は、今後、私のような地方都市がいいと考えていたような人には理想のライフスタイルを選べるようになるかもしれませんね。
 今後の就職する学生は、週何日通勤の必要があるのか、もっと言うと本社や支店以外にどれだけのテレワークステーションを整備しているのか、というのが就職する際の基準になるのかもしれません。
 一方で、現場の仕事はますます敬遠されていくのかも知れませんね。
 いずれにしろ、今後の政治や行政のオンライン化の進み方によるのかもしれませんが、働く場所、生活する場所の分散化は不可避で、私のような地方都市でのセミリタイア生活を考える人には、地方でも人口がある程度維持されると想定され、いいことなのかも知れません。

2 資産形成・投資
 改めて、実際にコロナショックを受けて資産が減少する中で、改めておおまかな資産の状況を確認していました。
 あまり細かなことを気にしないいい加減な性格ですが、高配当戦略へシフトしている中で、減配する企業もあり、どんな状況なのかの確認です。
 ざっくり、世界への投資が40%、国内が50%、REITやインフラが10%に分散して、その中でも高配当狙いの個別株・ETF、インデックスの投信・ETFとある程度分散されているので、資産配分に大きな影響はないのかな、と思いつつも今回のように予想できない事態には分散しかないなと改めて感じました。
 個人的には、REITをもう少し増やして利回りを高めたいとも思っていますが、6月ぐらいの決算で分配金がどう変化するのか、特にホテル系や商業系がどのような影響を受けるのかという点と、オフィス系もどうなるのか読めないので悩み中ですが、その間にどんどん値を戻していますね・・・
 ただ、REITは90%以上を分配に回して備えがないので、稼働率が低下するともろに減配になるのは確実なのかな?と思ったりしています。

3 セミリタイア後の生活
 リタイア、セミリタイアと言っても人それぞれですよね。
 セミリタイアの人は、少し働く(バイト、短期、フリーなど)ことを想定していると思いますが、働く場が少なる気がしてきましたね・・・
 私は緩くリゾートバイトのようなものもありかな、なんて思っていましたが、その目がほとんどなくなったのかも知れませんね。
 在宅でできる仕事、スキルというのを何か身に付けるのか、それとも運送系やウーバーのようなものならできそうかな、なんて思っていますが、どのようにして月10万程度を得るのか、働き方をどうするのか、これは手探りの部分もあると思いますが、リタイアの際に考える必要がありますね。
 そして、セミリタイア時の資産の置き場の分散ですね。いつ収まるのか読めない中で、もしかすると病気なども含めて全く働けないという期間を想定しないといけないというのを改めて感じました。やはり3年分ぐらいの生活費は安全資産で確保する必要がありそうですよね。

 私自身は、高配当が全てとは思っていないし、景気敏感株であれば減配もあるというのも十分理解はして、広く分散するように心がけていたので、方向性はそれほど変える必要はないのかな、と思いつつも、シミュレーションする際の想定利回りは3%程度、安全資産を多めで想定する必要があるのかな、と改めて思ったりしました。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



【雑感】アフターコロナは金融所得増税とインフレ懸念?

おはようございます、フェニックスです。

最近、在宅勤務が多くなってきて、基本週1、2日しか出勤しない日が続いています。
通勤時間が空いた分、朝なるべく90分前後のウォーキングをするようにしています。
ま、健康維持、生活リズムの維持という感じでしょうか。

そんな中、今日はあいにくの雨模様ということで、朝からどうしようかな、なんて思いながら、B’zのライブ映像が無料公開中ということで聴きながら、新聞を読んだりしながら、やはりコロナ後の世界のことを考えたりしています。

よく言われるように、価値観は大きく変わるのかな、なんて思っています。
TVやラジオもテレワークが当たり前、そして雑誌などの取材もリモートでの対応が当たり前になって、とある編集長さんはよりグローバルに取材できるようになったとおっしゃっていましたが、会わなくてもやっていけることは意外と多かったりします。

私も、東京に居る以上諦めていた通勤時間をより健康的に過ごすことの重要性に改めて気づいたわけで、これはもしかすると私のような年齢を考えると年100万円ぐらいの貢献になるのかもしれません(将来の慢性的な肥満や病気へのコスト換算)。

それはいいとして、気になっているのが国民1人に10万円はいいんですけど、これが今後どのような影響を与えるのか、ということですね。
これが与える財政への影響とインフレへの懸念ということで、ない頭で考えたりしていました。

補正予算込みで、歳出が128兆円、歳入は63兆円ですが、歳入はおそらく大きく落ち込むんでしょう。なんとなく、コメンテーターみたいな人たちは危機だから速やかな給付をと言っていますが、もちろん必要な人にはなんらかの支援は必要でしょうが、無尽蔵に支給する余裕がどこにあるのか、ということの議論はほとんどないような気がします。

未曽有の危機だから、迅速な対応で後から考えればいいということなんでしょうが、危機が去った後に一人当たり10万円返してねと、しかも大半の人は年金受給者だから勤労者は1人100万円返してねと、それだけで足りないから金融所得課税も30%とならないのか?という将来への負担が心配ですね。

そして、もう一つの懸念が財政出動などによるインフレですね。
ま、この点はこれまでの長きにわたるデフレを考えると、そこまで大きく心配する必要はないのかもしれませんが、近い将来セミリタイアを考える身とすると懸念すべき点ですね。

東京財団政策研究所などのサイトなど色々と見ていても、インフレになる懸念を指摘する声はありますが、正直どうなるのか、今回はというか、今回も日本以外も大規模な財政出動に動いていることから、懸念はありますが、これまでどおり株や不動産などにお金の置き場所を分散することである程度対応できるのではないかと考えています。

そうなると、やはり今後の増税ですね・・・
金融所得への増税論が出てきそうな気がします。
この状況で、企業も個人もダメージを受けているので、めずらしく法人税、所得税、消費税の増税シナリオはあり得ないでしょう。
残るは金融所得、富裕層からとってもいいよねと、これは格差是正にも合致するのでこの状況であれば世論も大きな反対は言えないのかな、なんて思ったりもします。


これに対しては、正直、どうしようもないですね・・・
税率アップなのか、総合課税化かどうなのか分かりませんが、これまで散々取り上げられつつも逃れてきましたが、現実味を帯びてきた気がします。

そんなことをない頭で考えた、みどりの日の朝でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【ETF分配金】外税二重課税調整がされていました!

IMG_1663.jpg

おはようございます、フェニックスです。

そういえば、なんとなく話題になっていた投資信託等の二重課税調整制度が開始されましたね。

今回、フェニックスが保有するETF(1497ハイイールド債)から分配金をいただきましたので、確認してみます。

etfbunpai.png

なんでインデックス投資家といっておきながら、ハイイールド債なんてものに投資しているんや、というつっこみはなしでお願いします。

今回は、分配金が4,945円、これまでであればこれに所得税(15.315%)757円がかかっていたと思われます。

しかし、今回から、所得税欄にあるように控除計算が行われることにより、605円と152円所得税額が低くなっています。
外国税額が179円のようですので、85%程度、全て控除されるわけではないんですね。

でも分配金額の割合で見ると152円は3%程度のインパクトなので大きいですね。

しかもこのように自動で外税の二重課税の調整までしてくれるのはありがたい限りです。

これまでは、国内ETFは外税が表示されずに二重課税調整ができませんでしたが、これでドル転などの手間をかけて海外ETFで投資→外税控除するメリットより、手軽に国内ETFで自動調整のメリットが大きいような気がします。

そう考えると、VTなどの海外ETFよりもMAXISの2558(S&P500)や2559(オールカントリー)のETFも手間を考えると、使い勝手がいいような気もしますね(もう少し人気が出て欲しい・・・)。

二重調整の仕組みの詳細は、日本証券業協会の資料が分かりやすいですかね。
こちら


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【セミリタイヤ】生活費のダウンサイジング!

IMG_4787.jpg

どうも、フェニックスです。

資産形成を考える場合もそうですが、早くセミリタイアを考えると大事なことはやはり収入を増やす、支出を減らすしかないと思います。

30代でリタイアした人や、インデックス投資で億近い資産を形成した方は、正直収入が多い方です。
入金力が全てではないというものの、毎月3万円積み立てる人と9万円積み立てる人とではスピードが3倍違うわけですね。

収入アップの転職も今の時代はありでしょうが、かと言って私のような団塊ジュニア世代で大したスキルもない人間が転職して収入アップにつながるのかというと、そう上手くはいかないですよね。

そうなると支出を減らすしかないのが収入多くないのにセミリタイアを目指す一つの大きな手段となります。

生活のダウンサイジングというのか、断捨離生活というのか、かっこよく言うとそんな感じでしょうか。

私がセミリタイアを見据えて行っている生活費の削減の大きなのは、以下のものです。

1 禁煙
 今はタバコを吸わない人が多いですが、私は以前はかなりのヘビースモーカーでした。
 だいたい1週間で1カートン、今だと5000円×4週として20,000円近くを浪費していました。
 私が禁煙できた大きな理由の一つがセミリタイアへの想いです!
 禁煙の条例などもきっかけの一つですが、セミリタイアを考えると年24万円の収入は、時給1,000円で240時間、なんと8時間勤務で30日も余分に働く必要が出てくるんですね。
 いかにこれまで深く考えずに健康にも悪いのに喫煙していたのか、本当に無駄な支出をしたものです。
 いずれにしろ、まだ喫煙している人は是非この機会に禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

2 生命保険
 これは、加入を止めて5年以上経ちます。
 昔は月1万円近い金額を払っていましたが働けなくなっても生活費1年分はあるようであれば、必要ないと思っています。
 これは、もちろん人の属性にもよるかと思います。病気がちで心配な人や家族を抱えている方は安い掛け捨てのネット保険、都民共済のようなのも選択の一つかもしれませんが、この辺はそれほど詳しくないので、ご自身で考えてみてください。

3 家賃
 これも生活費の中で大きな割合を占めるものですね。
 そして、ここは価値観が反映される部分でもあるので、価値観と金銭の折り合いをつけるしかないと思います。
 私も以前は都区内に住んでいた時期もありましたが、お金を優先して区外の駅から徒歩20分近い所に住んでいます。
 ただ、ここは痛勤のストレスや効率的、快適な生活を求め、区外のワンルームだと2万円ぐらいの差でしかないので、そこをどう考えるかでしょうか。

 やはり毎月のコストをどう削るのか、私の場合はこれだけで生活費は4万円近く削れているのでその分を現役時代は投資に回し、リタイア後は生活費の取り崩しを押さえることができます。もちろん、リタイア後はもっと低コストなところに住みますが・・・

 こんなの既にやってるよという方も多いかと思いますが、私の場合は食費と酒代で月4万位に抑えているので、税や社会保証除くと低コストになってます。

 今の課題は通信費ですね。ケータイとネット環境の整備にそれなりの支出をしていますが、楽天の携帯が本格化すればと考えているのですがもう少し先でしょうかね?
 このへんも、月5,000円ぐらいコストカットできるのではないかと考えています。 

 その他、暖房をなるべく使わないとか、水道代とかいろいろとあるでしょうが、独り暮らしだとそれほど大きな金額ではないので、そこまでは気にしていません。
 
 ただ、将来は薪暮らしみたいなのには憧れがあるので、その辺はリタイアしてから考えようかと思っています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】相次ぐ早期リタイア、私も続くぞ!きっと・・・

IMG_0265.jpg


おはようございます。

私は、ずーーーっとセミリタイア目的で投資をしてきました。
そんな中、相次いで同世代の方が早期リタイアされたようです。

ずいぶん前からブログをされていた方で、最近はそれほどブログを訪問することもなくなりましたが、投資を始めた頃はよく参考にさせていただいていました。

投資の目的は人それぞれで、早期リタイアや、人生を豊かにする、家族を守るため、などなど色々あるかと思います。

そんな中で、同世代で10年以上にわたり資産形成をされてきた方が、めでたく早期リタイアをされたのは喜ばしいことだと思います。

人生100年時代、これまでのように一つの会社で勤め上げる、そういう働き方をするには人生は長くなり過ぎているように感じています。

どのような働き方がいいのか、私自身もよく分かりませんが、私自身も早期リタイアを目指す身なので、色々な選択肢を自由に選べるように、もう少し資産形成、投資活動と労働を続けたいと思います。

特に、若い方にはつみたてNISAなど多くの優遇税制や投資の低コスト化が実現しているので、将来のためにも早めに投資することをお勧めします。

少額でも時間は大きな味方になってくれますよ!

それにしても、私も早くリタイアしたい!!


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR