FC2ブログ

【雑感】アフターコロナは金融所得増税とインフレ懸念?

おはようございます、フェニックスです。

最近、在宅勤務が多くなってきて、基本週1、2日しか出勤しない日が続いています。
通勤時間が空いた分、朝なるべく90分前後のウォーキングをするようにしています。
ま、健康維持、生活リズムの維持という感じでしょうか。

そんな中、今日はあいにくの雨模様ということで、朝からどうしようかな、なんて思いながら、B’zのライブ映像が無料公開中ということで聴きながら、新聞を読んだりしながら、やはりコロナ後の世界のことを考えたりしています。

よく言われるように、価値観は大きく変わるのかな、なんて思っています。
TVやラジオもテレワークが当たり前、そして雑誌などの取材もリモートでの対応が当たり前になって、とある編集長さんはよりグローバルに取材できるようになったとおっしゃっていましたが、会わなくてもやっていけることは意外と多かったりします。

私も、東京に居る以上諦めていた通勤時間をより健康的に過ごすことの重要性に改めて気づいたわけで、これはもしかすると私のような年齢を考えると年100万円ぐらいの貢献になるのかもしれません(将来の慢性的な肥満や病気へのコスト換算)。

それはいいとして、気になっているのが国民1人に10万円はいいんですけど、これが今後どのような影響を与えるのか、ということですね。
これが与える財政への影響とインフレへの懸念ということで、ない頭で考えたりしていました。

補正予算込みで、歳出が128兆円、歳入は63兆円ですが、歳入はおそらく大きく落ち込むんでしょう。なんとなく、コメンテーターみたいな人たちは危機だから速やかな給付をと言っていますが、もちろん必要な人にはなんらかの支援は必要でしょうが、無尽蔵に支給する余裕がどこにあるのか、ということの議論はほとんどないような気がします。

未曽有の危機だから、迅速な対応で後から考えればいいということなんでしょうが、危機が去った後に一人当たり10万円返してねと、しかも大半の人は年金受給者だから勤労者は1人100万円返してねと、それだけで足りないから金融所得課税も30%とならないのか?という将来への負担が心配ですね。

そして、もう一つの懸念が財政出動などによるインフレですね。
ま、この点はこれまでの長きにわたるデフレを考えると、そこまで大きく心配する必要はないのかもしれませんが、近い将来セミリタイアを考える身とすると懸念すべき点ですね。

東京財団政策研究所などのサイトなど色々と見ていても、インフレになる懸念を指摘する声はありますが、正直どうなるのか、今回はというか、今回も日本以外も大規模な財政出動に動いていることから、懸念はありますが、これまでどおり株や不動産などにお金の置き場所を分散することである程度対応できるのではないかと考えています。

そうなると、やはり今後の増税ですね・・・
金融所得への増税論が出てきそうな気がします。
この状況で、企業も個人もダメージを受けているので、めずらしく法人税、所得税、消費税の増税シナリオはあり得ないでしょう。
残るは金融所得、富裕層からとってもいいよねと、これは格差是正にも合致するのでこの状況であれば世論も大きな反対は言えないのかな、なんて思ったりもします。


これに対しては、正直、どうしようもないですね・・・
税率アップなのか、総合課税化かどうなのか分かりませんが、これまで散々取り上げられつつも逃れてきましたが、現実味を帯びてきた気がします。

そんなことをない頭で考えた、みどりの日の朝でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【ETF分配金】外税二重課税調整がされていました!

IMG_1663.jpg

おはようございます、フェニックスです。

そういえば、なんとなく話題になっていた投資信託等の二重課税調整制度が開始されましたね。

今回、フェニックスが保有するETF(1497ハイイールド債)から分配金をいただきましたので、確認してみます。

etfbunpai.png

なんでインデックス投資家といっておきながら、ハイイールド債なんてものに投資しているんや、というつっこみはなしでお願いします。

今回は、分配金が4,945円、これまでであればこれに所得税(15.315%)757円がかかっていたと思われます。

しかし、今回から、所得税欄にあるように控除計算が行われることにより、605円と152円所得税額が低くなっています。
外国税額が179円のようですので、85%程度、全て控除されるわけではないんですね。

でも分配金額の割合で見ると152円は3%程度のインパクトなので大きいですね。

しかもこのように自動で外税の二重課税の調整までしてくれるのはありがたい限りです。

これまでは、国内ETFは外税が表示されずに二重課税調整ができませんでしたが、これでドル転などの手間をかけて海外ETFで投資→外税控除するメリットより、手軽に国内ETFで自動調整のメリットが大きいような気がします。

そう考えると、VTなどの海外ETFよりもMAXISの2558(S&P500)や2559(オールカントリー)のETFも手間を考えると、使い勝手がいいような気もしますね(もう少し人気が出て欲しい・・・)。

二重調整の仕組みの詳細は、日本証券業協会の資料が分かりやすいですかね。
こちら


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【社会保障等】消費税が上がったのに全世代型社会保障と銘打って負担増加?

zennsedai.png

気が付けば消費税10%が導入されていましたね。
私は、基本的に自炊派なのでそれほど影響ないかな?なんて思っていましたが、やはりお酒にかかる消費税は大きいですね・・・
毎日かかる食費のおおざっぱに1/4ぐらいがお酒(第三のビールと焼酎)のような気がするので、これはなんとかしないといけないですね。

既に、よく買うお豆腐は70円ぐらいのから40円、もやしも28円から18円のもの、納豆も70円のものから50円ぐらいに変更したのですが、最寄り駅ではないので、たまにしか行けないので、最後はお酒を節約するしかないんですかね・・・

個人的には、前から言っているように消費税増税には賛成派なんですけどね。
ただ、これは現役世代の社会保険料や所得税を上げないという前提が付くんです。
ま、老人優遇をやめて若者の働く意欲をそぐなということですね。

そうは言っても、団塊ジュニア世代になんら手当をせずに放置した政治の無能な期間が長かったせいもあり、ついに少子高齢化に拍車がかかり、今後加速度的に日本は老人が溢れる状況に追い込まれてきました。

ということで、名称は全世代型社会保障と銘打った、全世代に負担させる、死ぬまで現役という名の労働を強いる制度を作るようです。
全世代型社会保障検討会議の資料こちら

すでに、退職給与の税制の見直しや年金の支給開始年齢の後ろ倒しの選択、資産に応じた給付の見直し、医療費の自己負担の見直しなどなどがあるようですが、今後本格的に議論が始まるようです。

是非とも、高齢者の医療費自己負担の引き上げはやってほしいですね。
そうしないと、現役世代の自己負担が際限なく増加していきます。
自己負担を引き上げても、高額医療費の水準の上限をそこまで引き上げなければ、本当に負担の大きい人の生活は守れるはずですよね・・・

なんて思っています。

ただ、今後セミリタイアを目指す身とすると、おそらくバイトのような収入でも何らかの社会保険料を引かれる(8,8000円未満でも)となるのかな、なんて思ったりしているので、低収入+資産の取り崩しというのは難しくなるんですかね。

現実は、医療費が増加するとみられる2040年頃には、消費税が20%ぐらいになっているかもしれませんね・・・
消費税ではなくても、社会保険・医療保険などの負担金や自己負担額の増加があると考えると、セミリタイア後の生活水準を年180万(月15万)から200万円ぐらいにして考えないといけないですかね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【社会保障・税】社会保障改革やら老後の資産形成などの備忘録。

おはようございます。
72候では「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」といい、春の到来を感じた鶏が卵を産み始める時期ということのようです(農水省HPより)。

寒い寒いと思っていても、春が近づいてきているんですよね。

今回は最近気になる情報です。
まずは、厚労省HPから「今後の社会保障改革について-2040年を見据えて-」という資料がアップされています。こちら

2040社会保険

気になるのは社会保険料がどんどん上がっていくんですよね(資料7P)。
消費税の問題がクローズアップされていますが、社会保険料(医療も介護も)の上昇がはげしいですよね。
詳しく分かりませんが、1.5%ぐらい上がるとなると人によっては消費税の増税負担より大きくなるのではないでしょうか?

個人的には社会保険料を上げるより消費税を上げて欲しい人(支出のコントロールと非課税世帯や生活保護の不正問題など)ですが、今後はどちらも上げていかざるを得ないんでしょうね・・・

そして、税制関係ですが、先日新聞にも載っていましたが、老後の資産形成の在り方について海外調査をするということのようです。こちら

NISAとiDeCoと制度が併存している問題とかでしょうね。
どうなるのか分かりませんが、各国によって年金制度自体が異なる中、資産形成だけを比較しても仕方ないような気もしますがどうなんでしょうね?

おそらくこれによって金融資産課税の在り方も変えていくような気がしているので、そろそろ正念場ですかね。
将来は、個人的には金融所得課税の税率アップではなくて総合課税化、その中でNISAとイデコを統一して年間120万円を無期限で(勤続40年ほどで5000万程度を想定)がいいのではないかと思っています。

富裕層の税率が低いのは事実ですし、低中間層(税率20%行っていない人)の資産形成を後押しすることを考えると、NISA枠の拡大で非課税優遇、それを超える資産を保有している人は総合課税という感じですかね。

ちなみに、税制改正のポイントがまとまった資料もアップされているので、こっちの方が使う人には価値がありそうですね。

そして、もう一つはGAFAへの対応ですね。
もう既に公正取引委員会などがデジタルプラットフォーマーへの対応を打ち出していますが、OECDもデジタル課税を検討し結論を出すそうです。こちら

これまでGAFAは、効率的なプラットフォームを低コストで築きあげて高い利益を得てきましたが、世界的に独禁法の問題と課税の問題への対応が進んできています。

特に税金の問題は、デジタル化への課税の対応が遅れていた問題でありそれを上手く活用していましたが、今後はもしかすると利益率10%ぐらい影響を与えるのではないか、なんて個人的には思っています。
これまでがんばって株価を引っ張ってきてくれていただけに、どう影響するのか少し心配ですね・・・

いずれにしろ、物価の上昇は見込めないと思っていますが、消費税と社会保険料のインフレは確実ですよね。
私の年代だと、役職に付かない限りもう給与アップもないでしょうから、このインフレへの対応は投資によってそれ相応のリターンを得ていくのか、休日に副業するしかないですよね。

改めてそんなことを思った朝でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】消費税の迷走やらを見ているとセミリタイアはもう少し先なのかな?

さて、今回は珍しく消費税についてです。
ここにきて、なんかまたしても迷走気味ですね。
ポイント還元やら現金給付など、余計なことばかりしようとしていますね。

私はどちらかというと消費税賛成派なんですね。
なんといっても、セミリタイアしたら少しの年金と手厚い社会保障の恩恵にあずかろうと思っていたのです。

ただ、かれこれ2回の増税延期と子育て支援に使途を変更ということで、正直社会保障の崩壊は想像より早くなるのではないかという危惧を抱いております。

つまり、私が生きているうちに崩壊する(ここでいう崩壊は今の制度では維持できなくなり高齢者になっても3割以上の負担を負うことを想定)のではないかと思ってきました。

現時点でも、軽減税率による財源が確か数千億円穴が開いているはずなのに、ポイントやら現金給付をするそうです。

既に、医療や介護で資産に応じた負担が議論されていますが、おそらくこれはどんな形になるのか導入されるのでしょう。
そして、人生100年時代というように、70歳、75歳まで働くのが当たり前になり、年金支給も現政権では65歳より遅く支給は考えていないと言っていますが、2025年問題の頃には、その前提が崩れているのかもしれません。

なんて、色々と考えても不安になるだけですね。
私が目指すのは、ゆるく働くセミリタイアですが、このような状況だと、独り身なので少しでも多く資産を用意してリタイアしたくなるんですよね。

いずれにしろ、軽減税率の穴埋めに金融所得税制の改正(税率アップ)の噂もあるそうですし、税制の議論や社会保障の議論も本格化してくるようですね。

(リンクは貼っていませんが、財務省のHPで税制の議論や資料がアップされています)。

リタイアしたいけれども、最近の株価の乱高下やら社会保障、年金不安などなど、我々が考えても仕方ないですが、不安だけは募りますね。
社会保障改革は参議院選挙後という記事もありますし、やはりオリンピックの頃のリタイアは無理そうですかね・・・

人生100年時代、だからと言って70歳まで働くのがいいという気はないですが、その半分の50歳ぐらいまで働いても十分セミリタイアと言える気もしますね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR