FC2ブログ

【雑感】一人と言えども心配性は5000万円は欲しいのかな?

昨日は天気もよかったのですが、まだ腰が少し良くはなっていますが本調子ではないということで、図書館に行ったりしつつ昼から呑んだくれていました。

私はというと、相変わらず、セミリタイアのことを考える日々です。
私のブログは私の頭の整理のためで、まだ考えがまとまっているわけではないのを、書きながらまとめつつありますが、悩みもつきませんね。

セミリタイア(半分は働く)する、そのためには、やはりインカムゲイン(配当や分配金)をなんとか100万円ぐらいは目指したいな、なんて思ったりしています。

でも100万円のインカムゲインってよく考えると2,500万円(4%で計算)の元本、税金を考えると3,125万円(125万円で手取り100万円)なんですよね!

こうして考えると、税金が高いということを実感しますね。
25万円の税金を考えると元本を600万円近くも稼がないといけないということですね。

そうすると、やはりNISAを使って高配当を非課税で手に入れたい、例えば人気のあるJTだと現在は5.86%、ソフトバンクだと5.92%の配当利回り(日経電子版による)ですので、120万円で7万円ほどを非課税で得られるというのは大きいですね(14,000円の節税)。

仮に現在の配当金額を今後も維持してくれるとすれば、600万円の枠を使い切ると毎年7万円の節税で35万円のインカムを得られるんですね。

改めてこう見るとNISAの節税効果は大きいですね!!
70,000円のインカム(4%計算)を得ようとすると175万円の元本が必要になりますよね。
でも、配当が非課税ということはそれが不要になる、その分を他の投資に充てられるということですね。

何が言いたいかというと、JTやソフトバンクなどの比較的大型の5%を超えるような高配当株をNISAで運用する。
そうすると600万の元本で約35万円の年間配当の仕組みができる。

残りの65万円を3.2%(税抜き)で運用できればいいということですね。
そうすると2,031万円ほど、2,700万円ほどの資金でなんとかなりますね。
ただ、株式だけだとやはり心配なので、その1.5倍ぐらいの元本があった方が精神衛生上いいですよね。

イメージとすると3,000万円を高配当株式に充てて、1,000万円ぐらいは現金というか安全資産でなんかあった時に対応する、そんな感じでしょうか?

ま、悲観的な私だとやはりもう1,000万円ぐらいあれば、株の下落時の対応費として欲しいですよね(来年あたりの経済減速で追加投資、4,000万円を株式、1,000万円を無リスクのイメージ)。

もう一つは、どの銘柄がいいのかというのも悩ましいですね。
今はたばこや通信などを中心に投資していますが、通信は楽天の参入もあってここに来て各銘柄とも軟調です。
そして、たばこは言わずもがなの先が見通せない銘柄です。

ま、そうは言ってもそれ以外の高配当は証券だったり商社だったり、景気敏感株だったり、こうして見ると、業界によって配当の傾向も全然違うんですね。

ま、今のところ5%後半の大型株は少ないのでJTやソフトバンクをメインに今後5年かけてNISA口座で購入、それ以外は通信や商社、リースや連続増配銘柄、あとはREITや新興国債券などになるべく分散するイメージでしょうかね?

あ、流行りの米国株ですが、こちらは外税のことを考えるとどうなんでしょうか?
結局は、高配当は通信やたばこというのは変わらないし、もう少し円高が進めば連続増配銘柄のP&GやJNJ、MMMなどは考えようかと思いまけどね(既にTやBTI、ABBVは保有)。

ま、米国が今後も覇権を握り続けられるなら米国株中心でもいいのでしょうが、そこは分からないので、米国の個別株だけでなくETFなんかも活用して分散するんでしょうね。

スポンサーサイト

【雑感】副業を考えている?その前に簡単に稼ぐシステムを作ってしまおう!

最近、人生100年時代、働き方改革などの中で副業・兼業を勧めるような動きがあるようですね。

副業などと言っても様々ですが、なかなか時間が取れない人が大半なのではないでしょうか?
私も、そもそも平日は通勤時間なんかを考えると、12時間ぐらい拘束されているので、その後何かをするというのは大変ですよね。
土日ぐらいは、ゆっくりと休みや趣味に時間を充てたいですしね。

そして、漠然と思っているのが、副業などで成功する方は、普段の仕事もバリバリやる方なんではないか?と思っています。
私の周りにも、この人凄い仕事できるな!なんて方がいます。
そういう方って、仕事の進め方やポイントを抑えるのが上手いんですね。
そして、さっさとなんでも出来てしまう方が多い気がします。

では、そんな大して知力もないし、土日はゆっくりしたいし、かと言って、今後の生活や老後不安から少しでもお金を稼ぎたい!って思うとなると、やはり投資しかないのかな、なんて思っています。

投資って難しいと考えがちですが、アパート経営はリスクが高く元手が必要だし、仮想通貨は変動リスクが高いし、あまりお勧めできません。
やはり、少額から時間を味方にして、ゆっくり資産形成できる「つみたてNISA」がおすすめですね。

私が投資を始めた頃は、こんないい制度はなかったですが、10年以上前に毎月少しだけインデックスファンドを購入する、天引きのような形で購入するシステムを一度設定すれば、なんら時間もかからず、年間平均3%程度の収入をもたらしてくれるんです。

ま、毎月稼ぐ仕事があるというのが大前提ですが、能力があろうがなかろうが、それなりのリターンを稼いでくれるんですね。

やはり、能力が高い人は別ですが、まずは副業などを考える前につみたて投資などで資産形成、副収入を得るシステムを作るのが一番なのではないでしょうか?

そんなことを思った、ぎっくり腰のフェニックスでした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【NISA】つみたてNISA利用者の7割が40代以下、20代も15%もいるよ!さあ貴方も資産形成をしてみよう!!

今日は、春分の日ですが、各地で雪が降っているようですね。
72候では、菜虫化蝶(なむしちょうとなる)と言われますが、どうも天候不順なのか異常気象なんでしょうかね?

今回は、金融庁HPに掲載されている資料の紹介です。
「つみたてNISAの普及・利用促進を図るための金融庁の取り組み等」という資料が先日アップされています。こちら
tumiNISA.png

注目ポイントは、つみたてNISA利用者の約7割が口座の新規開設者であるということですね。
そして、つみたてNISA利用者の7割が40代以下、そして20代の方も15%もいるということです!!
意識が高い20代の方もたくさんいらっしゃるということですね。

そして、金融庁さんが職場つみたてNISAという取り組みを行っているそうです。
うちの職場であったのかどうか記憶にないですが、いずれ行われるのでしょうかね?
それはいいとして、どうしても社会人になると生活の大半が職場関係になってしまいがちになりますね。
職場で資産形成についても学ぶ機会があるというのはいいことだと思いますが、おそらく大企業だけなんでしょうね・・・
もちろん大企業に勤めている方も資産形成は大事ですが、iDeCoまで含めて考えると、多くの一般庶民が属する中小企業に勤めている方の方が、NISAとiDeCoの知識が必要だと思います。

そのような方は、是非つみたてNISA Meet Upなどのイベントに参加する、私のような人見知りで出不精の方は、ネットで情報を集めて勉強することもできます。

私が投資による資産形成を始めたのが30代になってからでした。
投資を勉強する機会も身近になく、ネット証券などもほとんどなく、そもそも証券口座を手軽に開設できない(平日しか証券会社に行けない)、投資信託も1万円からしか購入できない時代でした。

今では、ネット証券の開設も手軽にできますし、100円から投資信託を購入できます!
なんといってもつみたてNISAという資産形成に適した制度まで整備されています。
是非、20代、30代の若い方には、月1,000円からでも投資・資産形成に取り組んでみてはいかがでしょうか?

個人的には、20代から少額でもいいのでやっておけばよかったと、時間は取り戻せないということを痛感しているおっさんです。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

投信協会アンケートを見ると、20代の85%はつみたてNISAを知らない・興味がない!?

今日は寒かったですね。
というわけではないですが、月曜日から禁酒していたので今日は呑んでます!

早速本題ですが、投信協会が「投資信託に関するアンケート調査」を行った結果が発表されています。
詳しくは、皆さん見ていただければと思います。こちら
anketo.png

投資信託に投資しているのも、知識が多いのも年齢が高いという傾向にありますね。
これは仕方ないですね。
でも、おじさんからすると、ネットでこれだけ情報があふれているのに、やはり若い方ほど資産形成に興味がないせいか、投資信託に対する意識が高まらないですね。

やはり、資産形成や投資に対する意識が高まっていないというか、興味を持てないんでしょうね?
おじさんとしては、仮想通貨なんかより時間を味方にした長期投資の方がより堅実な資産形成には向いていると思うんですけどね・・・

そして気になったのが若い方ほど、投資信託は少額から分散投資できる(12P)と意識は高いですよね。そして、つみたて投資はなんと20代で58%の人が利用しているということです!!(20P)
でも、つみたてNISAに興味がない20代は85%に上っているというわけが分からない状況です・・・(32P)

ただ、投資している方は少額分散投資を理解していて、全体で見るとつみたてNISAの理解が乏しいということなんでしょうかね?

金融庁の方やブロガーのかたもいろいろと普及に努めているようですが、やはり投資の認知度を広めるというのは難しいのですね・・・

そんなことを思ったアンケート結果でした。
また、呑んでいない時にじっくり見たいと思います。

【悲報】iDeCo一括拠出の書類が戻ってきた、間違った点とは?

こんばんは。
今日も大きく下げましたね!
542.83円安の21,181.64円でした。

いい感じですね、今年はボックス相場、年末あたりから下げるのかな?なんて勝手に思っていますが、どうなるのでしょうか。
世界的に経済指標がいい中、米国の金利上昇、それにつれて欧州も正常化、そしてBOJも物価上昇2%に達すれば正常化に向かうという発言があったので、投資家もリスクオフに揺れている状況でしょうかね。

本格的な下落は、世界的な経済指標に悪材料が出てからだと思っていますが、それが今年なのか来年なのかは分かりませんよね。
でも、今は世界的に絶好調なので、金融引き締めに対する懸念だけで揺れている気がします。

なので、これまでと同じつみたて投資を継続しつつ、年後半から来年にかけて余裕資金を投下するスタンスです。

本題は、iDeCoの一括拠出の注意点です。
先日一括拠出の手続きを行ったのですが、書類が記載不備で戻ってきました・・・

一括拠出する制度ですが、毎月拠出ではなく特定月にまとめて拠出できるというものです。
これによって、①毎月拠出が経済的に厳しい方はボーナス払いもできる、②拠出手数料103円(月額)かかるため年間1,236円が1回にまとめると103円で済む、ということです。
もちろん、ドルコスト平均のメリットはなくなってしまいますが、長い目で見ると確実にメリットがある一括拠出を選びました。

私の間違った点は、年初に一括拠出しようとした点です。
どうやら、拠出額相当額が貯まった分を後の月にまとめて拠出することはできるが、前の月に繰り戻す?ことはできないようです。

毎月1万円拠出だと、1月に12万円という拠出はできない。
年間一括払いだと、12月に12万円まとめて拠出する。
ボーナスなどを利用する場合は、6月に6万円、12月に6万円という感じですね。

送られてきた資料はこちら(楽天証券の場合)ですので、考えている方は参考にしてください。

IMG_3292.jpg

IMG_3291.jpg

うーん、写真が反転できないですが、なんとなくイメージをつかんでいただけると嬉しいです。
スイマセン・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR