FC2ブログ

【配当金等】上半期の配当金等は約20万円でした!

おはようございます、フェニックスです。

三連休だというのに雨ですね・・・
この時期は18きっぷも使えないし、雨だと山もつい敬遠してしまうので、少し上半期の投資の状況を振り返ってみました。

昨年後半ぐらいからでしょうか、少し資産構成を高配当銘柄にも配分するようになりました(そういえば自己資産運用であるPhoenix Fundの運用方針を見直していないのに方針を変えてしまっていますね・・・反省)。

ということで、上半期の配当状況の発表です!
税抜きで20万円に届きませんでした・・・残念。

一部は決算以降に追加購入した銘柄もあるので年間だと40万円少しぐらいになりそうです。これは大きいですね!
月に約3万円というとオヤジの小遣いの額ですよね?

なんとか早く年間120万円ぐらいにしたいのですが、少しこの相場では買い辛いですよね。

高配当は現金が入ってくるというメリットはありますが、税抜きで年間40万円だと10万円が別途税金で消えてしまうというデメリットも大きいですね。

私はこれまではインデックス投資を中心に資産形成をしてきましたが、相場が軟調になるのではないかということと、セミリタイアを見据えて比較的ディフェンシブな高配当株式に移行しています。

ですので、高配当株への投資を単純にお勧めしているものではありません。
未だに資産の大半は指数連動型のファンドやETFが中心ですので、若い年代の方にはやはりインデックス中心でいいのではないかな、なんて思います。

ただし、投資をしている実感を得られるのが配当であったり優待であるのも事実でしょうから、8割はインデックス、2割が自分の好きなように投資する、ぐらいがいいのかな、なんて思っています。

私は、インデックス積立をしつつ、ボーナス資金などは高配当ETFや個別株に充てていこうと思っています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【優待取り】初チャレンジしてみました!

どうでもいいですが、備忘録です。

はい、投資を10年近くやっていながらやっていなかった優待取りというのを始めてやってみました。

5月末優待銘柄のキャンドゥです。
とりあえずどんな感じか分からないので1銘柄だけです。

現物買いと信用売りを組み合わせるのですが、明日現渡を行います。
トータルで儲かるのかどうなのか、よく分かっていないのでお試しです。

なんとなく感じが分かったら、6月銘柄から本格的にチャレンジしようかなと思っています。

【配当金等】海外やETFから配当金が来たー!

おはようございます。

日曜討論を見ながら、洗濯などしつつブログを書いております。
米中貿易戦争が本格化するとやはり日本経済への悪影響は避けられないようですね。

そして米中が解決できないとなると、日米交渉で成果を出そうと強硬姿勢に転じるのではないかと思ったりもしますね。

一方で、株価自体はそこまで悪くないという感じですね。
日本は今後、消費税の増税、オリンピックの工事などのピークアウト、そしてやはり貿易戦争の影響を考えると、来年あたりに本格的な景気減速になるのではないかと心配しています。

私のおおまかなポートフォリオは、現在リスク資産(株や投資信託、ETFなど)がおよそ50%程度です。
働いて収入を得ている立場からいうと比較的安全なポートフォリオだと思いますが、暫くは追加の購入(積立を除く)は我慢したいと思っています。

日本株で見ても、4%を超える配当を出す企業がわんさかあります。
日経新聞の高配当ランキングを見ると、1部上場の上位100社で見ても4.69%以上という驚異的な配当利回りなんですね。
そうそうたる商社やメーカーが並んでいるので思わず欲しくなりますが、おそらく今後の下落を徐々に織り込みつつあるのかな、なんて漠然と思っています。

高配当銘柄も今後は特に製造業で減配のリスクが出てくると思うので、そこは心配ですね。
それはいいとして、5月になって配当(分配)金をたくさんいただいたので自慢です(笑)

今回は外国株が多いですね。
といっても全部で3銘柄しか持っていないのですが、AT&TやBTIなどで今回はざっくりと1.5%程度、年4回の配当なので6%近い水準ですね。

そしてそれ以外にも日本の高配当ETF(NEXT FUND50や70)からの分配金も頂きました!

今月はそんなこんなでお父さんのお小遣い程度の配当金を得ることができました。
これが毎月だといいのですが、なかなかそうはいきませんね・・・

そして、セミリタイアを考えると世界経済の減速はやはり心配ですね。
たまに、仮に景気減速が本格化した場合おおよそ30%は株価が下落するよね、そうすると資産がいくらになるけど耐えられるかな?なんてイメージトレーニングをしています。

幸いというか資産が少ないので30%下落しても年収程度、安全資産(預金や国債など)を含めて考えると15%程度の下落で済むので大丈夫だと思いますが、ここ数年は含み益生活のぬるま湯にいるので耐えられますかね?

いずれにしろ、リスクの取り過ぎに注意をしつつ、配当も欲しいという欲張りな感情をどうしようかと悩んでいます・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【投資戦略】高配当株の投資も難しいよね

おはようございます。

最近は投資よりも違うことに関心が移っていますが、そうはいいつつも密かにセミリタイアというのか、アーリーリタイアというのか分かりませんが、考えております。

昨年の後半あたりから、最近?流行りの米国高配当株への投資を考えたり、そうは言っても日本株も割安かな、なんて思ったり、主に週末に図書館に行って珍しくZAIや日経マネーなどの投資雑誌を数年ぶりに眺めたりしていました。

正直、投資を始めた頃は個別株を買うお金がなくて仕方なくインデックス投資を購入していたのが、今こうしてある程度自由に個別株にも手を出せるようになっているのは、投資を始めて10数年経っていますが、感慨深いものがありますね。

ただ、やはり個別株は心穏やかでいるのが難しく、インデックスで積み立てるのがやはり最もベターな投資方法という考えは変わっていません。

個別株は、例えば安定していると思われる通信株でもNTTであったりKDDIやらSBがあるわけで、NTTがいいかなと思って買ったらKDDIが上がっていたりと、それだけでやっぱりKDDIにしておけばよかった、などと心が揺らいでしまいます。

一方で、先がないと思っていたたばこ株がここにきて上昇していたりすると、やはりこっちの株にしておけばよかったなどと、よく言われるように、たらればの連続ですよね・・・

ただ、今後の方針とすると
① 通信や医薬品、連続増配株の比較的安定的な配当が見込まれる銘柄、
② 既に割安であるけど配当利回りが高い銘柄で今後更に下落した際に買いたい銘柄、
③ 安定的な高収益銘柄、
ぐらいに分散して3%前後の配当利回りを狙っていければな、なんて漠然と考えています。

イメージは、安定的配当銘柄、景気敏感高配当銘柄、配当というよりも値上がり成長期待銘柄という感じでしょうか?

ただ、この戦略だとたばこやら商社や金融などにある程度資金を振り向けないと3%を超える利回りを維持するのが難しいんですよね・・・
いずれにしろ、今朝のFRBが年内の利上げなし方針、成長率予測を引き下げていること、日本の景気先行きも不透明なこともあるので、あせらずに、銘柄分散、時間分散の考えをとりつつ、今後はインデックス投資を半分ぐらいのペースで投資をしていこうかな、なんて思っています。

そして改めて思うのが、投資をするタイミングと時間のことですね。
今は2013年ぐらいに購入した日本株や先進国株のETFがそれなりの含み益がありつつ、利回りも3%前後あったりします。

投資したタイミングがよかったのか、これが長期投資の効用なのか分かりませんが、今後は少し下落局面を想定して資金を投じ過ぎないイメージで、そうは言っても不況まではないだろうという気もするので、3年ぐらいかけて資金を投じていきたいですね。

当面の目標は税込み50万円、数年以内に100万円ぐらいまでは行きたいけどどうなるんでしょうかね?

これからが本当の「入金力」が試される!?

こんばんは、今日も大きく下げましたね、ガーン!

朝方FRBが利上げするということでNYダウも下げていたので、少しは覚悟していたのですが、一時は700円近く下げたそうですね・・・こえー

なんだかんだで、595円ほど下げて20,392.58円で終了だそうです。
先物はぼちぼちのような感じ(20日夜)ですが、円高がボディーブローのように効いてくるんですよね・・・

そんな中、私も最後のNISA枠を今日使ってしまいました。
そして、見事に含み損ですね・・・
NISA枠を、我慢して今年後半の下落局面で買おう、買おうと思っていたのですが、最後は我慢できずに早く買ってしまったので、全てで大きなマイナスを蒙るという状況ですが、比較的高配当銘柄というのを心の支えとしています。
(ただ、これから業績が悪化すると意味ないんですけどね・・・)

これからは、徐々に円高と株安のダブルパンチの予感もするので、これまで言っていたように、3年程度かけて積立を増額しつつ、高配当銘柄をNISA枠で物色するというスタンスで考えています。

ただ、ちょっと悲観が先行しすぎているような気もするのですが、こればかりはどうなるのか分からないですよね。
うーん、よく分からないので、少しずつ円をドルに積立で変えつつ、高配当外国株を買う準備をする必要もありますね。

本当に米中貿易戦争で中国がこけたら、日経は15,000円ぐらいまでいくのかな、なんて思ったりもしますが、本当にそうなるなら早めに来て欲しいという感じなんですけどね。

どうなるんでしょうかね?
答えは誰にも分からないでしょうが、働いていれば後3年は割増積立を行う現金もあるし、暴落してもスポット買いできるんですけど、そうなるとセミリタイアが遠のくのが困りものですね。

そして、もしもこれから下落した時にも続けられるのが本当の「入金力」です。
人それぞれ、入金力って違いますよね。

いけいけの時には毎月10万も投資していた人が、下落相場になると途端に3万円になったりします、そして下手すると投資を辞めてしまったりするんですね。

それはそれでいいのですが、本当の入金力は下落相場であっても、自分のできる範囲で、毎月3千円や1万円だけであっても投資に充てられるのか、ということです。

そして、それは本当の意味で身の丈にあった投資をしていたのか、本当の意味で長期目線で投資をしていたのか、が問われるのかな、なんて頭が弱いながら思ったりします。

そういいながら、人間なんて欲深い生き物です、少しでも儲けたいなんて投資しているわけですが、これまででいくと10年ぐらいで景気のサイクル(後退)があるわけで、だいたい7年から10年ぐらいつみたて投資をしていると概ねプラスになるそうです。

難しいことは分かりませんが、それを信じてこれからもこつこつと投資をしてなんとか退場しなければいいな、なんて思ったりしている今日この頃です。

それにしても、金融庁のつみたてNISAの開始時期があまりにも遅すぎたのと、ここにきてソフトバンクのIPOでNTTの二の舞で個人投資家の芽を摘んだのが悔やまれるような気がしますね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR