FC2ブログ

【アロケーション】リバランスをした方がいいのか?

おはようございます、フェニックスです。

年始には色んなオンラインセミナーを少し覗いたりして、なんとなく今年の投資の方向性をどうしようかな、なんて考えていました。
検討するのは、リバランスとをどうするのか、各資産のバランスという点です。

現状を見ると、
日本株式 26%
海外株式 23%
海外債券 3%
REIT・インフラ 11%
国債・預金 37%


意外とバランスがいいなと思うのでは自分だけでしょうか。株が約半分、REITなどが10%ほど、40%近くが債券です。
ちなみに、株式と書いていますが、個別株・投信含む状況です。

ずっとリスク資産である株式クラスを増やしたいと思っていたのですが、コロナショックに追加投資したのとここ最近の上昇で想定以上にいい感じになっています。

もともとリスク資産を5割程度だったのを6割から7割程度にしたいと思っていたので、現在の安全資産を含めた国債等の割合37%は個人的にはバランスが取れているなと考えています。

1 株式クラスについて
  セミナーでも米国株は今年はそこまで大きく上昇しないのではないか、という意見が多かった気がするので、株式は日本株と海外株(全世界投信などほとんどが米国株クラス)で半分ずつでいいのかなと、全世界投信積立てと、高配当株やETFへ適宜投資する方向です。

2 債券クラスについて
海外債券は3%と少ない気もしますが、以前から山崎元さんなどがおっしゃっているように為替リスクは株式クラスでもとっていること、モーニングスターの朝倉さんもこの低金利(マイナス金利)では海外債券に投資するメリットがない、更にはリスク分散機能(株高・債券安⇔株安・債券高)も低下しているといおっしゃっていた気がしますので、海外債券は追加投資をしていない状況です。

3 REIT・インフラについて
  REITの内訳は、REITが6%ちょい、金3%、インフラファンド1%未満となっています。
  今年は、コモデティなどを推す声もちらほらあったこと、コロナショックからREITの戻りが遅いことから、少し増やしてもいいかなと考えています。
  一方で、財務の改善がメインでしょうが電通やエイベックスの本社ビル売却など、テレワークの定着化の影響などオフィスREITへの影響、人口減少や地方への移住などの住居系REITへの影響、そしてホテル系の回復はもう少し先なのかなと懸念材料もありますね。

 投資の基本的な方針は長期目線ですので、株式は全世界をメインに積立ですが過熱感を懸念して昨年の半分程度の額、その分REITの積立てを少しアップ、現預金を多めに確保するという方向で、売却のリバランスは不要、積立額により調整する方向です。

 今年も、大きな上昇は求めないですが安定して上昇してほしいですね!


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【運用状況】12/22ポートフォリオの確認!

おはようございます、フェニックスです。

気が付けば今年も残すところ十日ほどになりましたね。
少し早いですが、今年の年末近くのポートフォリオの確認です。

投資を始めて10年以上が経過して、個別株や高配当銘柄にも投資を始めたので、細かく分類するともっと別れるのでしょうが、次のグラフのような分類に分けています。

PF PF20191222

インデックスの中には高配当などのETFも含まれています。
また、全世界ファンドなども簡便的に先進国インデックスに分類しています。
金額がそれほど大きくないので誤差の範囲内だと思っています。

大きく見ると、株式クラスに39%、REIT3%、債券11%、現預金43%、その他4%というところです。

なんとなくの目安は株式50%、REIT15%、その他5%、債券・現預金30%ぐらいでいいと思っていますが、どうでしょうかね?

ちょっと先が不透明な気もしますが、昨日も書いたようにETFやら手数料無料化があるので、少し調整局面があればそれらを活用して買い増ししようかなと思っています。

不動産、REIT系は、悩ましいですね。

私は近い将来のセミリタイアを考えているから、あまり無理しないようにしていますが、今後5年、10年とある程度安定した収入が見込める方は、あまり気にせず淡々と積み立てて行けばいいと思っています。

さて、今年は昨年から種を蒔いてきた高配当銘柄から早速芽が出てきた感じで、配当収入が50万円弱になりました。

来年も、リタイアを見据えつつ、もう少し投資活動にも力を入れていこうと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【ポートフォリオ】2019年11月末のポートフォリオの確認!

IMG_1122.jpg


昨日は久々に高尾山にハイキングに行きました。
ちょうど天気もよく紅葉も見ごろだったので、人が多くて大変でしたが、城山の所まで行って戻ってきました。
冬場は空気が澄んで、富士山もきれいに見えるので好きなんですよね。

それはいいとして、久々にポートフォリオなるものを確認しました。
個別株への投資をすると、あまりポートフォリオというよりも、なるべく分散することと業種も分散させることに意識が行くのでポートフォリオの確認を行っていませんでしたが、ちょうど11月末ということで確認です。

結果は、日本株(インデックス)22%、日本個別株18%、先進国インデックス16%、米国株9%、新興国インデックス4%、債券(日・先進国など)19%、その他(REIT・金など)となりました。

日本株インデックスの中には一部高配当ETFなども含まれていますが、意外と日本への投資が多いですね・・・
はやりの米国株も少しはしていますが、まだまだ日本株が多いですね。
債券は大半が日本国債で、一部先進国債券への投資もしています。
ちなみに、生活防衛資金や待機資金は含まれていません。

今後どうしようかな、と考えるのですが、つみたては全世界型と日・先進国REITのみになりましたが、若干積立額を減らして継続中です。

先進国や米国も天井のような気もするので、それほどつっこむ気にはなりませんが、資産の配分を考えるともう少しあってもいいんでしょうね。

でも、先進国や新興国も随分と上がっている気もするので、これ以上投資するのもどうかと思ったりします。

ぼちぼちと、配当利回りが上がる銘柄を探していきましょうかね。


【運用方針】安全資産(現金)はしっかりと確保していますか?

IMG_3163.jpg
(高尾山薬王院)

今日も寒かったですね。
北陸地方は大変なようですね。
巷では立春、72候では東風解凍(はるかぜこおりをとく)なんて言うそうですが、まだ春は遠い気がしますね。

で、今日の市況ですが22,682円08銭で592円45銭の下落でした。
順調に下げていますね!

先日、NISA口座のファンドを売却しましたので、積立額を増額しているのですが、タイミングを計るというのは、やはり難しいですね。まだ下がる気もするし、実体経済は好調だからと上がる気もしてしまいます。

もともと、NISAのファンドは、昨年の低コストファンドラッシュで、信託報酬が安い同等ファンドが出ているので、売却してすぐに低コストファンドに乗り換えればいいと思うのですが、やはり少し調整がくるのかな?なんてことで欲張っていますが、どうなるのでしょうかね。

投資の基本は、やはりしっかりと決めたポートフォリオに沿って投資することだとは分かっています。
でも、いろいろと欲張ってしまうし、なるべくなら損失は蒙りたくないと思ってしまいます。

私の現在のポジションとすると、結構現金比率が高いです。
なので、下落局面が来ても耐えられる自信があります!

今回の高値からの下落は、日経平均でおよそ6%程度でしかないんですよね。
でも、6%って言っても人によっては感じ方が異なるのではないでしょうか?

例えば10万円投資している人は6千円、100万円なら6万円、1000万円なら60万円なんですね。
私も、10年近く投資をしていると、1日で数十万円下落することもあります。

でも、すぐ使う予定のお金はきちんと現金で保有しています。
悲観しすぎる必要はありませんが、だいたい30%下落した時の損失額を想像して、それが貴方の今後の人生というと大げさですが、趣味や勉強代を削らなければいけないかな?と思うようでは、リスクを取り過ぎているのかもしれませんね。

ポートフォリオや安全資産の比率は正解なんてなくて、人それぞれだと思います。
若い方はやり直しがきくので、大胆にフルインベストもありかもですが、含み損を抱えて投資をするというのはそれなりに疲れるものです。

まだ、下落の端緒なのかは分かりません。
でも、下落するときは、下がってちょっと上がってまた下がってとしているうちに、気が付くと20、30%下がっているなんて感じです。

その時が一番買い時かもしれませんが、その時につみたて投資止めた、なんてことがないように、安全資産はしっかりと確保しておきましょう!!



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

分散投資の重要性はこれを見て理解したんだった!

年末にふるさと納税のお米が20Kgも届いたので、最近また自炊をしています。
今日は、朝は卵かけ納豆ごはんと、豆腐と揚げの味噌汁でした。
中年になると、この定番朝ごはんが一番おいしく感じるフェニックスです。
なんて安い男だと自分ながらあきれますが、炊き立てのご飯が好きです。

で、人知れずこっそりと分散投資を続けていますが、10年経つとやっと人並みの資産規模になってきました。
そうなると、今更ながらきちんと資産管理をしなければと思う今日この頃なわけです。

でも、アセットアロケーションやポートフォリオも人それぞれで、考えれば考えるほどよくわからなくなります。
先日も書きましたが、単純にリスク・リターンを見ると米国株や先進国株が効率的な投資先となります。
では、なぜ分散投資するのかということを考えていると、先日インデックス投資日記@川崎さんという方がブログこちら で、「主要8資産の年間パフォーマンスからわかる国際分散投資の重要性」ということを記載されていました。

それを見て、ああ私も昔これを見て分散投資を始めたなと思い返しました。
新興国はここ最近不振のためリスク・リターンは良くないですが何かの機会にまた上がるかもしれませんが、それは神のみぞ知る世界です。

この表は大事なので、ちょっと探し回ってありました。
少し前の本ですが、「投資信託はこの8本から選びなさい。」中野晴啓著(ダイヤモンド社)の付録?にありました。
著者はご存知の方も多いセゾン投信の代表者ですね。
ということで、備忘録で過去の分散投資の年別パフォーマンスの推移です。

1996-2003.png

2004-2010.png

2008-2015.png

上の図2つが本から作成したもの、下の図が日興AMの資料から作成しています。
残念ながらコモディティと国内REITの違い、一部指数の違いもあるのでパフォーマンスに違いはありますが、分散することによってブレを抑えてるんだなと理解できますね。

これから投資を始めようかなという方にはぜひとも見ていただきたい図です。
あとは理解して、先進国がいいのか、新興国にするのか、分散するかは個人の自由です。

でも、1998年アジア危機、2007年サブプライム危機(2008年リーマンショック)、2018年トランプなどの政治危機なのかな、NISAは売却か悩みます・・・悩みは尽きぬ、一生勉強ですね。



新しいの出てたんですね、勉強不足ですいません・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
 40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をしならが、高配当株にも手を出したりして、資産形成・セミリタイアを目指しています。
 投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
 なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
カテゴリ
シンプルアーカイブ
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR