FC2ブログ

【運用状況】投資防衛資金を発動か!?

LRG_DSC00652.jpg


こんばんは、フェニックスです。

今回は、あまりうれしくもなんともないですが、将来にこの暴落を記録する意味合いで書いておきます。

昨晩もNYダウは2,997.10ドルと12.93%下げました!
これで3度目のサーキットブレーカーの発動だったようです。

この先どうなるのかなんて分かりません。
私の投資方針とすると、日米各国およそ30%下落局面なので、いわゆる投資防衛資金の発動を見据えています。

これは、リーマン時を経験して、30%近く下落すると怖くて追加投資すらできなくなってしまった反省から、投資防衛資金を確保することとしています。

よく言われるように、リスク資産は100-年齢などといいますが、私の場合はそれ以外に投資防衛資金を持つイメージです。

もっと分かりやすく言うと、過熱感がある時はリスク資産は50%程度に抑えつつ、今回のように30%近く下落した局面では、安全資産の30%ぐらいをリスク資産に投じるという考えです。

正直、これがあるために私はこれぐらいの下落ではメンタルは影響をそこまで大きく受けていません。

ただ、これは今だから言えることで、私はずっとなんでもっとリスク資産に資金を投下してなかったんだって、この上げ相場の中で後悔していました。
まさか、10年を超えてここまで上昇するなんて想定していなかったんです。
なんで、今年に入って少し物色しだした中での今回の下落にあっています。
もう、踏んだり蹴ったりですが、慎重派なので少しづつだったのがまだ傷を大きくしていません。

何度も言うようですが、積立派は淡々とこれまでどうりで、下げ相場があればあるほどその先の上昇の恩恵を受けると考えで積み立てるだけです。

ただ、その際もこれまでのように米国株だけでいいのか、全世界がいいのか、REITなども含めたほうがいいのか、値動きは確認しておく方がいいかもしれません。

私は、リーマンの時の値動きの反省からある程度の予備資金は確保しておくべきだと思ってこれまで投資をしてきました。
これは、人それぞれです。

毎月100万円稼ぐような人で50万円投資できる人と、30万円で5万円投資する人では意味合いが全く違います。

そういう意味で、投資は本当に人それぞれです!

せっかくの機会なので、自身のメンタルも含めて投資方針を見直すいい機会かな、なんて偉そうに思いつつ、手が震えているフェニックスでした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



【投資損益】投資は率で見る、元本の拡大を!

LRG_DSC01819.jpg

おはようございます。
フェニックスです。

暴落のせいで体調まで不調になってしまいました(笑)
というか、急に寒くなったのが原因だと思いますが、独り身の40代のおっさんには辛いですね・・・

それはいいとして、改めて今回のコロナイルショックについて記録しておきましょう。
私は、コロナショックとオイルショックが重なったのが大きいと思っています。

今回は日経平均の年初来高値が24,115.95円、安値が16,690.60円と30.7%安、NYダウは年初来高値が29,568.57ドル、安値が21,154.46ドルと28.5%安と概ねどちらも30%安になりました。

先週のブログで20%安の時に、通常の調整だと30%の下落、景気後退まで見込むと40%ぐらいはあるのかなと書いていたのが、その通りになってしまいました。

今回は、コロナが治まらないと需要回復が見込めずに、本当に50%ぐらいになるかもしれない気もしてきました。
日経平均は五輪延期・中止で50%に行くのではないかと50%安もあるのではないかと思っています。
そのようにならないことが望ましいですが、最悪も考えていく必要がありますね。

ところで、今日の本題は投資の損益は率で考えようと、ついつい額で見てしまいがちですが、率で見る癖をつけておきましょう。
そして、やはり元本の拡大が大事だということです。

セミリタイアを考えている方は、おそらく3,000万円から1億円ぐらいの資金を目標にされていると思います。
そうすると、30%の下落だと3,000万円の方は900万円の損失、1億円の方は3,000万円の損失になってしまいます。

つい、3,000万円の損失になると大変だーと思ってしまいますが、リスクは上下の変動なので、3,000万円の利益になることもあるわけです。

特に、若くて投資を始めたばかりだと、せっかく100万円とか300万円投資したのに、30万円、100万円も損失を抱えて大変と思うかもしれませんが、率を見て落ち着いてください。

私も最初の頃は、50万円近い損失になった時焦って損切りをしてしまいました。
でも、何度も言う様に通常の株式のリスクは30%前後、非常時は40%から50%はあるわけです。

短期で勝負している方は別ですが、じっくり積立派の方はあせらずに淡々と一定のリズムを保ってください。
そして、余裕があれば30%以上の下落はバーゲンの機会なので、積立額を増額するのも一つの手かもしれません。

そして、今回思ったのはリタイアを考える元本の大きさです。
つい私も過去最高の上げ潮を受けてそろそろセミリタイアを考えていましたが、やはり元本をもう少し貯めて、安全なリタイアを考えようと思います。

1億円貯めている人は、これでも7,000万円あるわけですが、3,000万円しかない人は2,100万円になっているわけです。

リーマンショックの時のように、急速に戻ればいいですが、今回のような長期拡大局面の後は、下手すると長期低迷なんてことがあるかもしれません。
現在のような人の移動がなくなると、配当・分配金も維持されるかも心配になってきますよね。

今回の底がいつかなんて分かりませんが、底でも3,000万円は確保できるようでないと、無謀なリタイアになるよな、なんて思った今回の下落相場ですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金・分配金】国内高配当ETFから分配金!

IMG_8092.jpg


おはようございます、フェニックスです。

コロナウイルスの感染拡大は少し気がかりですね。
過度に敏感になる必要はないと思いますが、過剰に反応して経済が冷え込むのは困りますね。

ただ、投資の面では少し先行き不透明感が出てくると言いますか、世界経済第2位の中国の経済活動が停滞するので、やはり少し下落局面になることを想定する必要があるかもしれません。

そんな中、高配当ETFから分配金を頂きました。
東証配当フォーカス100(1698)とNEXT FUNDシリーズの高配当50(1489)、70(1577)からです。

1698からは1口あたり14.8円、1489からは103.0円、1577からは43.0円です。

公式HPを確認すると1698の配当利回りは3.21%、1489が4.05%、1577は3.63%です。

組み入れ上位は、1698が花王、キヤノン、JT、ブリヂストン、アサヒGHDです。
1489は、ドコモ、野村HD、三菱UFJHD、武田薬品、SUBARU、1577は清水建設、SBIHD、伊藤忠商事、大和証券G本社、オリックスとなっています。

意外と銘柄が分散されている気もしますね。
でも、NEXT FUNDシリーズは、配当利回りが高い分どちらかというと景気敏感株の高配当銘柄が中心のような気がします。

このため、今後もこれだけの高配当が継続するのか、日産も一時期高配当銘柄でしたが、あっさりと期末無配(年間10円と47円減配)に転落しましたので、注意が必要かと思います。

しかし、複数の会社に分散されていること、1698は連続増配銘柄の花王の比率が7%ほどあるのとREITへの投資も行われているので、今のところは継続保有というか永久保有を考えています。

ブログやTwitterを見ていても、ETFは日本国内より米国ETFが圧倒的な人気ですが、国内ETFも申し越し頑張って欲しいですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】XOMやRDSBのような石油高配当銘柄への投資はどうしよう?

IMG_1207.jpg


おはようございます、フェニックスです。

さて、S&P500は絶好調ということで、3,352.09ドル、NYダウも20,276.82ドルとなっています。
そんな中、絶不調なのがXOM(エクソンモービル)やRDSB(ロイヤルダッチシェル)です。

XOMをブルームバーグで見ると、株価は59.96ドル、配当利回りは5.80%です。
RDSBを見ると51.79ドル、配当利回りは7.26%とかなりの高利回りになっています。


私の海外株式は、通信銘柄、たばこ銘柄、医薬品銘柄、IT銘柄が占めています。
高配当銘柄中心ですが、一部成長期待のIT銘柄なども保有しています。
ただ、いずれもまだまだポートフォリオに占める割合は少ないです。

そこで、XOMやRDSBなどの資源・石油銘柄に投資するのかどうかということです。
私の中での投資判断基準とすると、高配当銘柄は3.5%以上、海外株であればできれば5%以上という基準ですので、いずれも基準を満たしています。

そして、資源・石油株は、世界でも大手が占めており、開発にも多額の費用がかかるので、おそらくこれから新規参入が見込まれる業態ではありません。
そのように考えると、資源価格の影響を受けると言えども投資する価値は高いのではないかと思っています。

しかし、一方で懸念する事項はESG投資の流れです。
この点をどのように評価するのか、そして投資だけでなく将来への環境問題への意識の変化と実体経済への影響です。

間違いなく、ESG投資は広まっており、たばこや石油銘柄への風当たりは強くなってきています。
そして、個人的な感覚ではたばこは私のようなダメ人間がなくなることはないので一定の需要はたばこなのかマリファナなのか分かりませんが、あり続けると思います。

一方で、石油などのエネルギーは、もしかすると10年後には電気自動車や発電も自然エネルギーに大転換している可能性があるのではないか、と思っています。

そして、環境問題、地球温暖化への懸念は、最近の異常気象の多さからすると、ますます世の中の人々の関心が高まっていく気はします。
そのため、冷静に考えるとXOMなどへの投資は合理的ではない気がします。

私個人もまだ悩んでいますけど、こんな感じでしょうか?
高配当目的の分散投資として投資するのはあり。
一方で、買ったとしても、あくまで高配当が目的なので配当が現状維持であれば継続保有、減配が発表されれば即売却、そんな銘柄
のような気がします。

実際に投資するかは、やはり最後は自己判断ということですね・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金・分配金】AT&Tから配当金を頂きました!

LRG_DSC01895.jpg

おはようございます。フェニックスです。

今朝は少し体調不良です。そんな時のために栄養ドリンクをなるべく常備するようにしています。ファイト一発で乗り切りたいと思います。

さて今日は、AT&Tから配当をいただいたので確認です。
私は、通信株は安定的な配当銘柄と考えており、初めて買った米国株がAT&Tということもあり、思い入れのある銘柄でもあります。

今回は、1株当たり0.52ドル、現在の株価が38.45ドルということで1.35%、年4回の配当ですので利回り5.4%程度となります。
かなりの高配当銘柄です。そして連続増配が34年だそうですので安心して投資できますね。

通信会社は、今はやりのサブスクリプションのビジネスモデルであり、安定的な現金収入が見込める、しかも各国とも免許制などをとるなど運営会社が限定されるビジネスでそれなりの利益率が上げられるのが安心して投資できると考えています。

一方で、それほどの成長が期待できない分野ですので、キャピタルゲインは限定されるのではないかと思っています。
この辺は各社とも動画配信であったり金融分野であったり、色々とチャレンジしていくことになるんでしょうね。

いずれにしろ、5Gなどもあり基本の通信事業は安定すると考えているので、増配はなくても減配にならなければ、また機会があれば買い増しも考えたいと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR