FC2ブログ

【投資戦略】高配当株の投資も難しいよね

おはようございます。

最近は投資よりも違うことに関心が移っていますが、そうはいいつつも密かにセミリタイアというのか、アーリーリタイアというのか分かりませんが、考えております。

昨年の後半あたりから、最近?流行りの米国高配当株への投資を考えたり、そうは言っても日本株も割安かな、なんて思ったり、主に週末に図書館に行って珍しくZAIや日経マネーなどの投資雑誌を数年ぶりに眺めたりしていました。

正直、投資を始めた頃は個別株を買うお金がなくて仕方なくインデックス投資を購入していたのが、今こうしてある程度自由に個別株にも手を出せるようになっているのは、投資を始めて10数年経っていますが、感慨深いものがありますね。

ただ、やはり個別株は心穏やかでいるのが難しく、インデックスで積み立てるのがやはり最もベターな投資方法という考えは変わっていません。

個別株は、例えば安定していると思われる通信株でもNTTであったりKDDIやらSBがあるわけで、NTTがいいかなと思って買ったらKDDIが上がっていたりと、それだけでやっぱりKDDIにしておけばよかった、などと心が揺らいでしまいます。

一方で、先がないと思っていたたばこ株がここにきて上昇していたりすると、やはりこっちの株にしておけばよかったなどと、よく言われるように、たらればの連続ですよね・・・

ただ、今後の方針とすると
① 通信や医薬品、連続増配株の比較的安定的な配当が見込まれる銘柄、
② 既に割安であるけど配当利回りが高い銘柄で今後更に下落した際に買いたい銘柄、
③ 安定的な高収益銘柄、
ぐらいに分散して3%前後の配当利回りを狙っていければな、なんて漠然と考えています。

イメージは、安定的配当銘柄、景気敏感高配当銘柄、配当というよりも値上がり成長期待銘柄という感じでしょうか?

ただ、この戦略だとたばこやら商社や金融などにある程度資金を振り向けないと3%を超える利回りを維持するのが難しいんですよね・・・
いずれにしろ、今朝のFRBが年内の利上げなし方針、成長率予測を引き下げていること、日本の景気先行きも不透明なこともあるので、あせらずに、銘柄分散、時間分散の考えをとりつつ、今後はインデックス投資を半分ぐらいのペースで投資をしていこうかな、なんて思っています。

そして改めて思うのが、投資をするタイミングと時間のことですね。
今は2013年ぐらいに購入した日本株や先進国株のETFがそれなりの含み益がありつつ、利回りも3%前後あったりします。

投資したタイミングがよかったのか、これが長期投資の効用なのか分かりませんが、今後は少し下落局面を想定して資金を投じ過ぎないイメージで、そうは言っても不況まではないだろうという気もするので、3年ぐらいかけて資金を投じていきたいですね。

当面の目標は税込み50万円、数年以内に100万円ぐらいまでは行きたいけどどうなるんでしょうかね?

スポンサーサイト

【投資損益】分配金がキター!!

今回は、今朝までに届いていた収益分配金がいくつかありました。

昨年下期ぐらいからでしょうか、なんとなく本格的な下落相場がくるのかな、という大した根拠のない不安があったのもあって、比較的高配当のETFや個別株を購入したりしていました。

今回は、立て続けにETFから分配金の計算書が届きましたので、紹介します。

まずは、もうかなり前(2013年)に購入した上場インデックスファンド日本高配当(1698)からの配当です。
1口当り15.30円の分配金で日興AMのサイトによると利回り3.09%だそうです。

次に、上場インデックスファンド新興国債券(1566)です。
こちらは、1口当り457.00円の分配金で日興AMのサイトによると利回り5.98%だそうです。
残念ながら少し評価損が出ていますが、今回の分配金でカバーできる程度の金額で済んでいます。

そして、年末の下落時点で仕込んだNEXT FUND高配当50(1489)と同高配当70(1577)です。
購入手数料無料(正確にはキャッシュバック)をやっていたので購入したのですが、せっかくの下落相場だったのにチキンな私は、少ししか購入できませんでした・・・

こちらは高配当50が1口当り90円、配当利回りは4回の配当が1,266円で現在価格が34,400円ですので3.68%です。

高配当70は1口当り46円、配当利回りは4回の配当が734円で現在価格が23,070円ですので3.18%です。

なんとなく購入したETFですが、個別株はなかなか買うタイミングなど難しいところがありますが、ある程度50銘柄などに分散されていると買いやすいかもしれないですね。

ETFでは、定期的に分配金がでるので投資を継続するモチベーションといいますか、インデックスファンド投資だけではなかなか味わえないお得感といいますか、そういう点があります。

そして、同じ時期にTOPIXのETF(1306)も購入していますが、1698のほうが現在では7%ほど評価益も高いという現実があります。

詳しいことは、分析好きな方に任せますが、多くに分散するとくず会社も含まれてしまいますが、高配当はそれなりの利益を獲得する会社が多いのも事実かと思います。

今回、私の分配金はざっくり言うと3万円程度(税引き前)です。
四半期で計算すると12万円程度、いつリタイアできるようになるんでしょうかね?

最近は、50歳でも十分アーリーリタイアに該当するのではないかと思いつつも、日経平均が19000円台に下がればもう少し買うのにな、なんて思っています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


【配当収入】米国株から配当金を頂きました!

こんばんは、最近ブログの更新をさぼっていますね・・・

昨年から、インデックス投資だけではなく、一部高配当株にも手を出したりしています。
これは、インデックス投資のメリットは理解しているものの、やはり配当収入を重視してみたい、というか、原理原則ではインデックス投資を取り崩していけばいいのでしょうが、セミリタイアという長い生活を考えると高配当投資もありかなという考えで、一部の資金を高配当の個別株に投資しています。

たいした根拠があるわけでもないですし、さてどう銘柄を選ぶのかもよく分からない中で、えいやって投資をしたのですが、それほどパフォーマンスはいいわけではありません。

そんな中で、AT&Tから配当金が出たという通知がきました(少し報告が遅くなりました)。
1株当たり0.51ドル、今の株価が29.81ドルなので1.7%、この割合が続くとすると年4回とすると6.84%という高配当ですね。

私が購入したのは、32ドル近かったので含み損を抱えていますが、配当利回りでは6.3%程度ですね・・・
その他、日本株でも数銘柄、米国株でも2銘柄ほど購入していますが、結果的にはこれだけ日米株が戻ってきている中、少しですが含み損を抱えています。

私の高配当投資は、大して根拠があるわけでもないですが、なんとなく4%以上、そこそこのPBR、あとは好みという感じでしょうかね?

AT&Tなどの通信は、やはりインフラということ、その他日米の医薬品(これは最近リスクもあるかな、なんて少し心配)、たばこやら商社、その他好みの個別株なんてところでしょうか。

別にもったいぶる話ではないですが、配当を貰うたびにブログで公開していくのか、少し考えているところです。

それにしても、最近の株価の上昇にはついて行けないので、どうなるんでしょうかね?


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【運用方針改訂】Phoenix Fund運用方針の一部改訂します!

IMG_4787.jpg

おはようございます。
今日は三連休だというのに天気もいまいちということで、久々に年末の資産の棚卸と今後の投資の方針について考えていました。

久々に2018年の10月以降は血が滾ってくるような相場環境でわくわくしたのですが、つみたて投資をかれこれ10年近くしていても、評価益が大きく減っていく口座画面を見るのは、心穏やかになれるわけもなく動揺してしまいますね。

かくいう私も、2017年頃からリスク資産を減少させてしまっていたのですが、改めて投資の基本に立ち返ろうということで、投資をして4年ぐらい経った頃に前に書いたPhoenix Fundの運用方針を読み直して一部改正することにしました。

自分なりに考えて当時は作成していたのですが、ついつい雰囲気で売買することもあり、昨年色々と手を出した分を後出して改訂するという、ファンドマネージャーとしてはあってはいけないことですが、それはそれ、顧客は一人なので・・・

ということで、ざっくりいうと当ファンドも昨今の高配当ブームに三周遅れぐらいで参入しようと一部たばこや通信銘柄に資金を投じるなどの変更をしたこと、そしてリスク資産を少し減らしていたので、その分を今後3年ぐらいかけて正常なポートフォリオに近づけていこうと、そういった改訂を行いました!

性格的に目標の50%ぐらいできていれば満足する性質なので、あくまで目標・理想ですけどね。


Phoenix Fund運用目論見書

1. ファンドの目的
長い人生を幸せに暮らすために必要となる金融資産を、早期リタイアとHappy lifeを送ることができる資産を形成することを目的としています。
なお、名称の由来は、永遠の時を生きるとされるPhoenixのように長期にわたり、相場環境が悪くなった時もPhoenixのように蘇ることを願い、命名されています。

2. ファンドの特色
低コストのインデックスファンドを主体とし、リスクを低下させるためバランス良く資産を分散するポートフォリオを重視した長期の運用を行います。
なお、投資を楽しむために資産の一定割合を限度として高コストのファンド等に投資を行い、自己の相場観のなさを嘆くというMな遊びを行うことがあります。

Phoenix Fund運用方針

1. 運用期間
ファンドマネージャーが生きている限り運用を行います。

2. 投資金額
年間手取り収入の1/3を目標に投資資金の確保を行います。
なお、早期リタイアを目標とし、2030年までに生活防衛資産を含め金融資産を7,000万円とすることを目標としています。

3. 投資対象
株(日本・先進国・新興国)、債券(日本・先進国)、REIT等のインデックスファンドを主な投資対象として投資を行います。
投資対象に、高配当株式(配当利回り3%以上)の個別株も加える。

4. ポートフォリオ
日本株・・・15%
先進国株・・・20%
新興国株・・・10%
日本債券・・・15%
先進国債券・・・10%
REIT・・・10%
その他(高配当株含む)・・・20%
なお、ポートフォリオは早期リタイアを目指す、2030年の5年前の2025年から経済状況を考慮しつつ、リスク資産を60%程度まで減少させる予定です。

5. 生活防衛資産
生活防衛資産として生活費の3年分程度を確保し、普通預金・定期預金で運用する。
なお、当面予定はないが、仕事も満足にできないオヤジが生きていく希望を持てるよう、結婚資金を含めて500万円とする。

6. リスクへの対応
2.に定めた投資金額への2割程度は投資防衛資金として積み立てを行う。
なお、当該防衛資金は、生活防衛資産を除く金融資産全体の評価損が10%を超えた場合に投資資金に充て、各資産の積立額を20%程度増額し積み立てを行うものとする。
 
7. 資産の売却
原則、ファンドマネージャーが50歳頃を迎える2025年までは資産の売却は行わない。
なお、ETFへのリレー投資のための売却、その他資産の売却は除くものとする。

8. ポートフォリオの見直し
ポートフォリオの見直しは、年1回年末に行う。各資産の4に定める割合からの乖離が5%以内の場合は、積立額の変更により行うこともできることとする。

9. その他への投資
その他に分類される投資対象は、純金等のコモディティ商品、高配当株式などとし、ポートフォリオは20%を必ず超えないものとする。

10.その他
上記に定める運用方針は、現在のファンドマネージャーの収入状況・生活環境を基に定められたものであり、状況の変化により変更されることがある。


2013年1月14日
ファンドマネージャー フェニックス



Phoenix Fund運用方針 附則

2013年は運用方針に則り、以下のとおりとする。

1. 投資金額
運用方針2に定める投資金額は月10万円以上とし、そのうち2万円を投資防衛資金とする。

2. 運用方針の適用
2013年2月の積立てから適用する。

3.2017年頃からリスク資産を、運用方針に反して大幅に減少させていたことから、2019年から積立額を増加及び個別高配当株の購入により、今後3年程度をかけて適切なポートフォリオを構築する。

2013年1月14日

2016年改正
2016年12月11日、運用方針の一部変更する。
4.ポートフォリオ、の日本株15%を20%に変更する。
また、先進国債の15%を10%に変更する。
8.ポートフォリオの見直し、の乖離率を3%から5%に変更する。
附則1.投資金額を月10万円から月10万円以上に変更する。

2019年改正
2019年1月12日、運用方針の一部変更する。
3.投資対象に、高配当株式を追加する。
4.ポートフォリオ、の日本株式20%を15%に、新興国株15%を10%に、その他10%を20%に変更し高配当株を含むこととする。なお書きのリスク資産の割合を40%から60%に変更する。合わせて9に高配当株式を加える。
附則3に、今後の運用方針を追加する。



ま、ほとんど暇つぶしのようなものですが、長く投資を続けるには、目標となるライフプラン・人生設計とそれに合った資産形成が必要で、なんとなく文章にすることで、もやもやしていたのが明確になったり反省したりできるかもですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【分配金】この相場では嬉しい分配金をゲット!

最近、相場ではいいことがないですねー
なんていいつつも、荒れた相場は好きだったりするんですね。
元々はギャンブラーだったので、なんて。

そうは言いつつも辛いですね。
10数年つみたて投資をしてきて、ところどころで利確はしていますけれど、一部の含み益を食いつぶして、ところどころで乗り換えているファンドも多くが損失を抱えています。

こういう時どうすればいいのでしょうかね?
正直、自分が信じるようにやるしかないのですけど、個人的な感覚では証券アナリストなんかより、数十年生き抜いている投資家のつぶやきだったり、身近な変化に気をくばるしかないですよね。

それはいいとして、保有しているETFから配当(分配金)を頂きました!!
1つは5年ほど保有しているNEXT FUND 東証REITからで1口当り16円40銭です。
これまでの分配金の合計が65円30銭、今日の価額が1,879円なので3.47%の配当利回りですね。

もう1つは、上場インデックスファンド新興国債券で10口当たり467円ちょうど、これまでの分配金の合計が2,898円、今日の価額が46,750円なので6.20%の配当利回りですね。

正直、新興国債券はあまりボラティリティが高いのでお勧めできる商品ではありませんが、トルコショックの時に、つい利回りにつられて買ってしまいましたが、絶賛含み損中です!!

ま、基本的にはインデックスファンドのつみたてでいいと思いますが、長く続けるためには、こういう高配当など、たまにインカムゲインを得られるものを保有しておくというのも、気休め程度にはなりますね。

ぎりぎり言うと、複利効果がーとか、なんたらがーとか言うことはいくらでもありますが、人間理屈だけで生きていないですよね?
感情を伴いつつ投資するには、たまに配当がある投資商品もいいな、なんて思うこの頃です。

それにしても、20000円割れまで見えてきましたね。
おそらく、消費税増税やら中国の減速を考えると15000円を見据えた対策が必要なんでしょうかね?

ま、年内はもう大人しくしています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR