FC2ブログ

【レポート紹介】フィデリティ証券から「高齢者の金融リテラシー」についてレポートが発表されています!

fd退職

今日は、フィデリティ投信の野尻さんのレポートのご紹介です。詳細はこちら
外資系の証券会社なのにというと失礼かもですが、老後の資産形成の重要性を本やレポートで紹介されていらっしゃいますね!

今回は、「高齢者の金融リテラシー」ということで、50ページ近いレポートです。
おそらく、資産形成をしている理由は人それぞれでしょうが、現役世代の大半は老後への不安が最大の理由ではないでしょうか?

そういった意味では、このような高齢者の方の現状というか、生活の実感、投資への考え方というのは、我々世代の資産形成の目標(年間生活費や、退職後の仕事、資産形成額など)の参考になるものではないでしょうか。

最初のポイントを見ると、年収300万円を超えると満足度が高い、退職時の保有資産は2000万円程度、毎月分配への需要が高い、金融リテラシーの自信過剰な人が詐欺に遭いやすいというところが興味があるところですね。

なかなかおもしろくて、年収300万円ということは、独り世帯だと200万円程度になるのでしょうかね?
ツイッタラーやブロガーを見ていると金銭感覚がおかしくなることがありますが、毎月25万円あれば十分ですよね。

独身の私が気になったのは10ページですね。
年間生活費の中央値は179万円、月15万円ですね、たまたまこの前月15万円ぐらいの生活ができないかな、なんてつぶやきましたが、まさにその額で多くの方が生活をしているという現実ですね。

そして面白いのが、レポートでは独身者の生活が厳しいということが書かれていますが、一方で夫婦のみが病気・介護リスクへの不安が高いということです。
当たり前ですが、2人だと病気・介護リスクは2倍になるわけで、そういった意味では果たして独身が忌み嫌われていますが、そうでもない気もしてきますね(やせ我慢です)。

その他、最近政府は人生100年時代と盛んに言っていますが、年金だけで生活している人の方が満足度は高い→実は働きたくないのではないかor年金だけでやっていける人は高所得者なのか、どっちなんだろうという感じですね(20ページ)。

いずれにしても、これらの高齢者(65歳以上)の感想ですので、我々がリタイアする頃には年金ももっと減っている?のかもしれないですが、これを参考に今後の資産形成を考える助けになるかもしれませんね。

最近は、資産形成よりも健康が一番の資産形成ではないかな、なんて思いつつハイキングやら運動するように心がけていますが、お酒だけは呑んでしまいますね、ウェーイ!!


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【NISAの日】色んな投資イベントが開催されますよ!

NISAnohi.png

今回は、真面目に?投資のお話です。
といってもNISAの日(2/13)が近いというので、色々な協会さんがイベントを行うそうです。

本来であれば、これらの人たちがもう少しまじめに広報してくれていればいいのでしょうが、いかんせんこういう中の人はくそ真面目で奥ゆかしい方が多いせいか、自己アピールが苦手です。

そう、引きこもりの私のようですので、微力ながらブログにアップします。
もともとは、私も投資になじみのない方に少しでも投資を知ってほしいと思っていたので、呑んだくれつつ記事にしているところです。

ということで、投信協会さんは、福岡であの!山崎俊輔氏と元プロ野球選手なぞを読んでセミナーだそうです!!
詳細は、こちら

そして、証券業協会では色んなイベントをやっているそうです!!
こちら

はじめての資産運用講座は、名古屋から仙台、大阪、札幌、宇都宮なんかでやっているそうなので、興味のある方は行ってみるといいかもですね。
詳細は、こちら

それにしても、とうしくんの中の人のつみGさんはいつ広報してくれるんですかね?


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】戦後最長の景気拡大らしいけど!?

こんばんは。
今日は何を書こうかな、なんて思う日も少なくなってきて、ブログ更新が減少しています。

呑みだすと面倒くさくなって書くのを諦めてしまうんですよね・・・
本当に、ダメ人間です・・・

そうは言ってもということで、少しメモ程度に最近の話題。
サンバイオなるベンチャーの製薬会社の株価が大きく下がっているというか、ストップ安でマザーズが大きく下げているようです。

この辺は投資をしていないのでよく分からないですが、ベンチャーの製薬会社は当たれば大きいですが、外れると怖い、当たり前ですね。

そして昨日でしょうか、戦後最長の景気拡大、いざなみ景気を超えたそうです。
もう、驚きしかありませんね(笑)

この状況で景気拡大なんてどこをどう見たらそんな見解になるんだよと、突っ込みたくなりますが、一方で人手不足は確かなようなので、リーマンの頃のような悲観的な雰囲気はないのは確かですかね。

それにしても、働けど働けど我が暮らし楽にならず、というか相変わらずの節約生活です。
独り身だからまだなんとかやっていますが、よほど理解のある相方でも見つけないとダメなんですよね・・・

個人的には、都会は苦手なので田舎の方で二人で30万(手取り一人15万ずつ)ぐらいで生活できる人がいればいいんですけど、そんな人いないですかね?

なんて柄にもなく思った夜でした。

【追悼】ボーグル氏、コストより価値を、投機より投資を、複雑さよりシンプルさを!

今朝は驚きのニュースが入ってきましたね。
かのバンガードの創設者でインデックス・ファンドの先駆者と言われるジョン・ボーグル氏が亡くなりました。

私もそれほど詳しいわけではありませんが、以前モーニングスターさんから頂いたボーグル氏の「Enough」という本で考えを知りました。

最近は投資の本やら勉強から遠ざかっていますが、改めて以前読んだ時の感想を自分自身のブログ(日記)から発見しました。

2017年4月23日に、我ながらいいことを書いています(笑)
ま、本を引用しているので私の言葉ではないですね・・・

「コスト」より「価値」を
「投機」より「投資」を
「複雑さ」より「シンプルさ」
だそうです。

そして、私のようにバカなのにタイミングを図ろうとしている投資家に対してこんなことをおっしゃっていますね、ある意味今の相場にはぴったりですかね?

ボーグルさんは、「タイミングを探る危険性」として以下のように述べていらっしゃいます。

「市場に出入りするタイミングを見定めるとする動機が、欲望だろうと、恐れだろうと、それ以外の何かだろうと、投資家全体を考えてみれば、市場にタイミングなどというものはけっして存在しない。」とされています。

そして、「もしも、あなたが正しいタイミングであらゆる取引を行って、大成功を収めたとしても、それは、哀れな私が、まちがったタイミングであらゆる取引を行うという失敗を繰り返しているだけのことだ、このことを忘れないでほしい。生涯をこの業界で費やした私の経験からいえば、市場のタイミングを見極める戦略を含め、あらゆる形態の投機に対しては非常に懐疑的にならざるを得ない。」

氏の言葉を胸に、のんびりと投資を続けていきたいと思います。

それにしても、この前軽々しく日本のバンガードを目指すとのたまわっていたところがいたような・・・気のせいですよね、きっと。

いずれにしても、ボーグル氏が亡くなられたことは残念ですが、ご冥福をお祈りいたします。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


【イベント】Fund of the Year2018表彰式に行ってきたよ!

IMG_8348.jpg

1年に1度の大規模イベントFund of the Year2018(FOY2018)が先日開催されましたね!
フェニックスも、投票&参加しましたので備忘録として感想を残しておきます。

詳細は公式HPこちらを参照してください。

そもそも私がブログを始めたのもFOYに投票したいという想いがあったためであり、楽しみなイベントです。思い返すと2016にも参加していたのですが、人見知りな性格なので昨年は不参加でした・・・

そんな前置きはいいとして、今回は色々な意味で面白い投票結果でした。
個人的には、つみたてNISA導入を機に金融庁が旗を振って低コストインデックスファンドの普及を勧めると、こんなにも運用各社は従順に従うんや・・・という想いがあったためです。もちろんいい意味でですよ(笑)。

FOYも運営の方の想いまでは詳しく知りませんが、始まったころは高コストのだめファンドではなくて、そんなファンド業界の中でも本当の投資家のためになるいいファンド(アクティブ含む)を紹介し、熱い想いのある運用会社を表彰するというイベントだったような気がしています。

そんな中で、FOYの努力の影響もあってか、ここ最近は低コストインデックスファンドがやっと普及してきたのか、なんて思っていたところでつみたてNISAの導入、そしてお上に従順に従う金融業界、低コストインデックスファンドの乱立、なんてある意味夢のような時代になりました。

最近は、若い投資家、ブロガーも増えてきており、どのような結果になるのかな、なんて漠然と思っていました。


で、結果とすると順当な感じでしょうかね?(ファンド名などは適宜略称を使用)
eMAXIS Slimシリーズが上位10位の中に5本(先進国、全世界、バランス(8資産)、S&P500、全世界(日本除く))と圧倒的な強さだったような気がします。

一方で、昨年トップの楽天VTが9位、三連覇を成し遂げたニッセイ(先進国)も2位、アクティブに至っては11位のひふみ、結い2101が15位、コモンズが20位という状況でした。

私が投票したのは、株式(日本、先進国、新興国、全世界、バランス)の低コスト商品に1票ずつ、だったはずです。
これは、ずっと同じ思いですが、投資を始める人に紹介するのなら分かりやすく(実質コストの問題はあるにせよ)表示されている信託報酬が低コストでバランスよくという想いからです

想いが強かったのは、やはりニッセイシリーズの先進国やTOPIXなど、バランスはSlimに投票しました。

Slimシリーズが強い中でニッセイが2位に食い込んだというのは、なんとなくですが投資経験が長い方はニッセイ推し、最近の方はSlim推しという感じでしょうかね?

ニッセイは、やはりこれまでの低コスト化、信託報酬引き下げの先頭を走ってきた、そしてFOY授賞式でのコメントが例年、熱くて秀逸!というのがファンの感想でしょうかね?

一方で、Slimシリーズは業界最低コストを目指すという分かりやすいコンセプトなので安心して投資できるという面がありますよね。

私も投票はニッセイですが実際に投資しているのはSlimというわけワカメ状態ですが、ニッセイがいないとSlimのコストが下がらないと、そんな想いで投票しました。

ただ、Slimシリーズは販売会社もネット証券がメインで手数料引き下げの障害が少ないことなど、規模が大きくなるとニッセイよりも、より低コスト化できる仕組み作りができている気がしています。

いずれにしても、上位10位までがインデックスタイプ(ETFもありますが)でどれも低コスト、そして上位5位の中に同シリーズ3本がランクインするという状況でした。

5位以上は受賞コメントがあるのですが、三菱UFJ国際投信の方3名、ニッセイAM、楽天投信1名ずつとなってしまい、バンガード社や野村やアセマネなど、多くの運用会社のコメントが聞けなくなったのは残念ですね・・・

私のようなひねくれた心を持った人間は、受賞スピーチで偉そうなこと言う前に結果を示せよと(金融庁に言われる前にやることやれよ)と思いながら聞いていましたが、純粋な若手投資家の心を打ったようですので、もう少し多くの運用会社の方のスピーチが聞きたかったのが正直な感想です・・・

ただ、これからは本当に難しくなりますね。
つみたてNISAが始まったことにより、若い投資家の方へのインデックスファンドの認知度が上がってくる中で、その差はコストしか示すものがなくなっています。
今後は各社がどのようにしてコストの低減を図るのか、それともコストをかけて金融教育、個人投資家・ファンを育てていくのか、相反する課題と向き合うのかもしれませんね。

いずれにしても、FOY運営委員の方このような機会を作って頂きありがとうございました!!

にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR