【備忘録】人見知り投資家が、インデックス投資ナイト2018に初参戦!

IMG_4215.jpg


おはようございます。
さて、今回は昨日初参加した「インデックス投資ナイト」についてです。

私の投資を開始した時とほぼ同時に開催されているイベントということで、一度は参加してみたいけど、人見知りの私にはなかなか参加するハードルの高いイベントです。

で、仕事もろくにできない人見知りの人間は、つい余計なことばかり心配しませんか?
こういうオフ会って早く行った方がいいんだろうか、飲食できるようだけどどいうシステムなのか、二次会ってどうすればいいのだろう・・・という余計なことを考えて、もう会場に着く前から頭の中はカオスで、プレミアムチケットだというのになぜか後悔するという、訳の分からない状態に陥っているのは私だけでしょうか?

ということで、座談会の内容は他の優秀なブロガーに譲るとして、心の準備を整理してみましょう。

0 呑まれる前に呑んでしまえ!
人見知りの身からすると、当日になってやっぱりやめようかな?何を話せばいいのか分からないし、大して投資のこと知っているわけでもないしという思いが出てきます。

でも、それだとこれまでと変わらない、と思い景気付けできる店を探しにブラブラですが、渋谷はよく分かりません・・・
高級イタリアンを探しますが、3時過ぎだというのに人が並んでいるようなので、一件め酒場で、ビール、ハイボールで勢いをつけて参加しようというスタンスです。
少々呑んでも暴れない自信がある方は、呑んで気分を高めてから行きましょう!
IMG_4213.jpg

1 入場方法って?
  私は開場前に現地に到着しました。既に10名ほど並んでいらっしゃいますが、最初は整理番号順に入場ですので、あまり早く行きすぎる必要はなくて開場と同時でも十分ということです。
  その後は、確認していませんが、おそらく到着の順番で入場という感じのようです。
  最初、席は整理番号で決まっているのかな?と思っていましたが自由席なので、早めに行った方がいい場所を取ることができる感じでしょうか?

2 食事や飲み物は?
  渋谷カルチャーカルチャーって、飲食できるイベント会場ってなっているけど、どういうシステムなんだろう?登壇される方もいる中、あまり飲食できないのでは、18時開始だけど、その前にご飯を食べておいた方がいいのかな、という心配をしませんか?
  システムとすると、各人で清算又はテーブルごとで清算する感じです(最後に一斉に清算するので、時間が少しかかります)。
  うちのテーブルは、まとめて清算して食事は割り勘、飲み物は私一人アルコールを飲んでいたので、飲み物は各人負担という感じですが、そこはテーブルによる(相談して決める)ようです。
  肝心の食事ですが、うちのテーブルはポテト、から揚げなどなど、おつまみがメインでしたが、他のテーブルでは、途中でカレーを食べているという方もいました。
200人ぐらいのイベントなので、その辺はあまり気にすることなく自由に注文できる雰囲気でした。

3 名刺なんかは?
  Twitterなどをやっている方、人脈を広げたい方なんかはあった方がいいですね。
  というか、初対面の人と話すのに、なんかきっかけがあった方がいいというアイテムの一つという感じで考えるといいかもですね。
  うちのテーブルはあまりTwitterなんかをされているという方も少なかったので私だけでしたが、Twitterやブログをしている方、人脈を広げたい方は、やはりあった方がいいのかなと思いました。
  なかなか、本名などをさらす場ではないと思うので、Twitterアカウントがなくても、コードネーム(ニックネーム)みたいなのはあった方が話しやすいのでしょうかね?
  
4 二次会って参加するもの?
  イベントは18時開演、20時30分終了で、その後1時間ほどの二次会が開催されます。
  一次会の清算をする際に、参加する場合はチケットを購入すると参加でき、フリードリンク、軽食を頂くことができます。
  二次会の参加率は、感覚的に8割ぐらいというかんじでしょうか?
  私は、普段休みの日は10時から11時には寝る人間だし、人見知りだし帰ろうかな?と思っていたのですが、たまたま一緒の席になった方に聞いてみると、出席するということだったので、なら出るかという相変わらずの他人任せで参加しました。

5 年齢層や男女比は?
  参加年齢は幅広いですが、出席されているのは20代、30代の方が多い感じですかね。女性はさすがに5%程度という感じでしょうか。
  というか、おじさんたちは、あの過酷なチケット争奪戦を生き残れてはいないのではないかという気さえしてしまいます。
  お酒が入ることもあってか、いかにもという固い投資イベントではないので、気軽に参加することができる年齢や男女関係なく参加できるのがいい感じの雰囲気のイベントです!

6 肝心の内容は?
  おじさんは、開場前から既に泥酔していたので、細かな内容は他のブロガーの方や、Twitterの「#インデックス投資ナイト」をご覧いただければと思います。
  登壇された方は、皆さんお話が旨いのと、お酒が好きという感じですかね!
  
  今回のテーマで興味があったのは、第一部の「米国株投資と国際分散投資、どっちがいいの?」でしょうか。
  このテーマは、たぱぞうさんのいうところの「投資はストーリー」に尽きるのかな?という感想です。
  米国が成長するストーリーを描いて投資する、いやいや全世界が成長するから投資する、どういう未来を想像するのかということに尽きるのかな、と個人的には思っています。
  あとは、米国流の経済合理的、株主重視の姿勢、過去の実績で米国株に集中するのか、日本や新興国もいずれは米国のようになるのでは?という未来を想像するのか、という感じの違いで、そこは正解がないような気がします。

  何が起こるか分からない、経済合理性だけではないでしょ、リスクを分散するという観点での国際分散投資支持派ですが、やはり個人的な結論はどっちでも好きな方でいいんじゃないの?という感じです。
  言葉は悪いですが、そんなのに時間をかけるならのんびり旅や趣味に時間を使った方がよほど楽しいと最近は思っています。
投資を始めた頃は、ない頭で少しまじめに考えていたと思いましたが、田村さんのお話にも出ていましたが、為替の要因など様々な問題を考えだすと、私のような人間は途中で投げ出して、リスク分散で幅広くでいいんじゃないの?というルーズな投資家です。

  ただ、米国にしろ全世界にしろ幅広い企業に安いコストで投資をできるインデックス投資を投資の根幹に、それをメインにしてサテライトで遊ぶという戦略が、長く続けるにはいいということのような気がしました。

7 感想
  今回の私の目的は、今のところ、あと2、3年でセミリタイアしたいな、東京にいるのも2020年までかな、と漠然と夢を見ているので、そのうちに、水瀬さんやkenzさん、イーノさん、などなど私が投資を始めた頃によく勉強させていただいた方々のお顔を一度でも見たいというミーハーな考えでした。
  そして、若者が二次会に行くならということで、普段Twitterで知っている、個人投資家テリーさん(第三部に出演)とtakachanさんやモアイ@王国民さんと名刺交換したり、山元さんや金融庁の今井さんとも少しお話しができるという、信じられないことができるんですね!
  ちなみに山元さんはスルガ銀行問題やGPIFのESG投資について猛毒を吐いていらっしゃって楽しかったです!!
  
  これまで、11回も参加するチャンスがあったのに、ずっと見送っていた身ですが(去年初チャレンジでチケット取れず)、人見知りの方でも、投資好きな方が集まる大きな飲み会だと思えばなんとかなるのと、私のような呑兵衛は、独りゼロ次会を行って燃料満タンで行くというのもありですね。

  何枚名刺を配るとか、より多くの人と絡むというのも大事なんでしょうが、人見知りの方は、自分に無理のないペースで普通に近くの方と絡む、皆さん投資家だけあって頭がよさそうな方が多いですが、投資という共通テーマについてお話する、疑問点があれば、有識者?を探して質問すればいいのではないでしょうか?

  私の中では、今回はまずは逃げずに参加したという点について、自分で自分を誉めてあげたい(そこからかよという突っ込みはなしで・・・)心境ですが、次回また機会があればテーブルを移動するという離れ業にもチャレンジできればと思っています。

  いずれにしろ、このような盛大なイベントを11回も開催して、ブログなども精力的に更新されている事務局の方々に感謝・感謝ですね!
    
  ちなみに、内容は青井ノボル氏が上手くまとめていらっしゃるようですので、ご紹介しておきますね
インデックス投資で長期縦走へ

 それにしても、おじさん参加してのんでただけなのに、異常に肩が凝って首が回らない・・・
 おそらくそれなりに緊張感があったんでしょうけど、そういえばここ数年、週末は誰ともしゃべってないし、山登りで「ちはー」っていうだけだったので、やはりリハビリしないとダメですね・・・

 いずれにしろ、とても楽しいイベントなので、インデックスをメインに投資している方は一度は参加してみるといいかもしれませんね。チケットはますますプレミアム化するでしょうけど、この規模感が大事なような気がするので、そこはそこで・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【雑感】日銀が4割の企業の大株主?日本株は手が出しづらい!

こんばんは、今日も暑かったですね。
今日は、久々の日経新聞ネタです。

今日の1面に、「企業の4割、日銀が大株主」という記事が出ていました。
ヤバいですよね、って思いませんか?

ここ何年でしょうか、日本株インデックスの購入はストップしています。
かろうじて、何年か前に買ったETF(TOPIXと高配当)は保有していますが、日銀が筆頭株主になりだしたという記事が多く見られるようになってから、購入することを辞めてしまい、挙句の果てにはファンドはほとんど売却してしまいました。

そうは言っても、セミリタイアを目指すとなると、日本株の高配当銘柄は欲しい所なんですけど、ちょっとどれも高い気もするんですよね。
ましてや、日銀の出口戦略が一切示されない現状だと、正直インカムゲインよりもキャピタルロスの方が怖くて買えないんですよね・・・

日銀のETF購入は、いずれというか近いうちに限界が来るはずなので、購入を止めると行ったときに、暴落とはいかないでしょうが、下落が来るのかなと漠然と思っています。

そして、最近人気の米国株も米中貿易戦争の様相で、年末にかけて下落局面が今後もあるのかな、なんて思っています。

ちょっと迷いながらですが、日本株はなかなか手がでないので、年内は米国が下落した局面で米国ETF、来年以降は日本株高配当戦略ですかね?

ただ、新興国株のETFなんかもこの下落局面で、10年後などを考えると面白いのかな、なんて思っています。
比較的、安全資産は多めなので、今後3年ぐらいの期間を見据えて、面白いのを探していきたいと思います。

こんばんは、今日も暑かったですね。
今日は、久々の日経新聞ネタです。

今日の1面に、「企業の4割、日銀が大株主」という記事が出ていました。
ヤバいですよね、って思いませんか?

ここ何年でしょうか、日本株インデックスの購入はストップしています。
かろうじて、何年か前に買ったETF(TOPIXと高配当)は保有していますが、日銀が筆頭株主になりだしたという記事が多く見られるようになってから、購入することを辞めてしまい、挙句の果てにはファンドはほとんど売却してしまいました。

そうは言っても、セミリタイアを目指すとなると、日本株の高配当銘柄は欲しい所なんですけど、ちょっとどれも高い気もするんですよね。
ましてや、日銀の出口戦略が一切示されない現状だと、正直インカムゲインよりもキャピタルロスの方が怖くて買えないんですよね・・・

日銀のETF購入は、いずれというか近いうちに限界が来るはずなので、購入を止めると行ったときに、暴落とはいかないでしょうが、下落が来るのかなと漠然と思っています。

そして、最近人気の米国株も米中貿易戦争の様相で、年末にかけて下落局面が今後もあるのかな、なんて思っています。

ちょっと迷いながらですが、日本株はなかなか手がでないので、年内は米国が下落した局面で米国ETF、来年以降は日本株高配当戦略ですかね?

ただ、新興国株のETFなんかもこの下落局面で、10年後などを考えると面白いのかな、なんて思っています。
比較的、安全資産は多めなので、今後3年ぐらいの期間を見据えて、面白いのを探していきたいと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




【セミナー紹介】インベスターZに出演の女優さんに会えるかも!?

おはようございます。

ついに、米国が中国への貿易など規制強化を行うようですね。
あまりいいことではありませんが、米中の覇権争いですからね、ここから武力行使に至らないことを願うばかりですね。

ところで、先日私の数少ないETFである「上場インデックスファンドNifty50先物(インド)1549」を売却しました。
これは、シンガポールの先物自体が廃止される見込みであるという発表があったためであり、個人的には保有スタンスであったので残念です。
かれこれ7年近くは保有していたような気がするんですよね。

ということで、新たな投資先を探そうかなと、久々にETFを調べてみても、国内ETFは魅力的な商品が少ないですよね・・・
つい昨日も、投資信託ではS&P500に連動するファンドが発売されるなど低コスト化が進んでいるのに残念ですね。

個人的にはファンドは三菱系のSlimシリーズが頑張っている気がするので、ETFは日興あたりがなんとかしてくれないですかね、なんて期待しています。

と思ったら、ETFのセミナーがあるようなのでご紹介です。
6月30日(土)13:00~日経ホール(東京大手町)


詳細は、こちら
JPX主催で日経が共催というものですが、何か変わるのでしょうかね?売買しやすくなるということで、商品が増えるというものではないようですね・・・
ま、それはいいとして、インベスターZに出演予定の女優さんが見れる!かもという特典の方が気になりますね。
無料ですので、時間がある方はいいかも知れないですね。

他にも、合わせて面白そうなセミナーの紹介です。
7月13日(金)19:00~20:30 大阪銀行協会(大阪市中央区)
こちらは、経済評論家の山崎元氏が個人の資産形成についてのセミナーで、先日も紹介した「知るぽると」のサイトに掲載されています。詳しくはこちら

そして、次は投資信託協会が行うセミナー@松江です。
もう来週なんですね!
6月23日(土)13:30~16:10 くにびきメッセ(松江市)
こちらは、セゾン投信の中野晴啓氏とFPの深野康彦氏などが参加されるようです。
くわしくはこちら

個人的には、山崎氏は経済合理性があって一貫した主張をされているので、なるほどと思うことが多く参考になります。
深野氏は、山崎氏より柔軟と言いますか、スポンサーよりのこともありますが、そこまで変な方向に行くことがないのかな、と思います。

投資を始めたばかりの方は、SNSなども大事ですが、その方が信頼できるかどうか分からないですよね。
まずは、このような知るぽるとやJPX、投資信託協会など、それなりのところが主催・共催しているセミナーの講師の方は、民間主催のものほどスポンサーよりにならない傾向があると思いますので、このようなセミナーに参加してみてはいかがでしょうか?

私も年2、3回ぐらいしか行きませんが、たまに行くと投資を継続する刺激にもなりますね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【講演レポート】池上彰氏「グローバル社会を生きる」に参加して(金融広報中央委員会主催)

おはようございます。
昨日は私にしては珍しくセミナーに行ってきました。

と言っても、すぐに儲かる〇〇セミナーや誰でもできる不動産投資!なんて類のものではありません。
かの大御所ジャーナリスト「池上彰」さんのセミナーです。
金融広報中央委員会(もしくは知るぽると)って聞いたことありますか?
私もそれほど詳しいわけではありませんが、政府、地方公共団体、日銀と協力して金融に関する広報活動を行っている委員会だそうで、日銀内に事務局があるそうです!

IMG_4089.jpg

たまに日銀のHPをチェックすることがあるのですが、その際になるべく「知るぽると」もチェックするようにしているのですが、たまたま池上さんがセミナー(しかも無料!)を行われるということで、早速申し込んでおいたんです。

昨日は、いい天気でもあったので、早めに行って前から3列目ぐらいをゲットできました。
1,000名規模のセミナーだったのですが、感覚的には、年齢構成どおりというか、年配の方が7割ぐらいでしょうかね?
ただし、近くには学生っぽい方もいるなど、20代ぐらいの方も目に付きました。

肝心の内容ですが、テーマは「グローバル社会を生きる」ということで、金融や投資というよりも、ちょうどG7があったり、米朝首脳会談が近いこともあり、やはりトランプ大統領のことについて、宗教の面、選挙のことなどなど、90分でしたがあっという間という感じでした。

昨日は、夜にTV朝日で米朝首脳会談の生放送があるということで、第一問目はシンガポールの所在地ですとおっしゃっていたのですが、その通りだったのでちょっと嬉しかったです。

あと、印象に残ったのが、今回の会談でシンガポール政府は各国のマスコミから高額のシャバ代?を取っているということです。へー、そうなんや!と思いました。
マーライオンとサンズをバックに撮影できるポイントには入場料のようなものが必要だそうです。
実際に記者意見や、マスコミがどこからレポートするのか、楽しみになりますね!!

あとは、サンズのオーナーがユダヤ系でトランプさんに献金をしている、そのためサンズが映るところで会見をするだろうと、トランプさんはオバマ大統領が大嫌いなので、対抗心を持っているのでノーベル平和賞を狙っている、そのためには、結果はどんなものであっても、会談は大成功だったと言い張るだろうという見立てでした。

そして、グローバル社会は止められない、歴史から学ぶべきということをおっしゃっていました。

英国のEU離脱でも、現在北アイルランド、アイルランド、英国の関係も混とんとするのではないか、これも宗教も絡んでいるのですが、私の若い頃によくIRAが爆破テロを行っていましたが、EUの枠を出ることによって、アイルランド問題が表面化するのではないかということをおっしゃっていました(正確にはアイルランドとの人の移動の自由化を認めるならそこから移民が入ってくる)。裏を返すと、人の移動を止めると、アイルランド内で、またプロテスタントとカトリックの紛争が起こるのではないか、というニュアンスなのかな?という理解です。

そして、歴史から学ぶということでは1929年の世界大恐慌をおっしゃっていました。
セミナーに出席した方の特典ということで、ここでは記載しませんが、私も改めて大恐慌の歴史を振り返ってみたいと思います(おっしゃっていたのは金融危機だけで恐慌が起こったのではないという趣旨ですので、これだけ言えば分かると思います)。

最後におっしゃっていたのは、学生から聞かれたら、プロセスを教える、今起きている事象から考えるくせを付けるというニュアンスのことを述べてらっしゃいました。

今回はあまりメモを取っていないので、全体的に私の受け取った印象です。
池上さんの本はこれまでも何冊も読んでいるので、やはり読むだけではなく、このような感じで実際にお話を聞く機会があると、より真面目に耳を傾けるといいますか、良かったと思います。

そして、多くの私より年配の方が(寝ている方もいましたが)、勉強するために休みの日に有楽町まで出てきているんですね。
あと数年したら東京を離れるつもりですので、東京にいる間は、このような面白そうなセミナーなどはなるべく参加しようかな、と思いつつも、休みの日にまで人の多いところには行きたくないな、という思いがせめぎあっております。

いずれにしろ、また、近いうちに面白そうなセミナーもあるようですので、投資初心者の方にもためになりそうなやつを今度紹介したいと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

仕事人間の老後は心底寂しいものになるの!?

今日は、なんだか疲れてしまいました。
帰りの電車に、やたらとため息ばかりつくおじさんがいたせいでしょうか?
私もたまにため息をつきそうになることがありますが、そういう時は大きく深呼吸をするようにしています。
なんか、ため息って大嫌いなんですよね・・・

それはともかく、今日のプレジデントオンラインで、「仕事人間の老後は心底寂しいものになる」という記事がありました。こちら

ま、記事自体は大した内容ではありません。
著者は外資系の社長を長年務めていた方なので、クルーズ船旅行を何回も行けるのでしょうが、普通のサラリーマンがクルーズ船旅行に何回も行くと退職金がすぐに底をついてしまうので、現実的ではありませんよね。

では、この記事の大事なところはなんでしょうか?

後悔のトップ3は家族との時間、趣味、スポーツなんですね。
私は独りなので家族の時間はよく分かりませんが、意外とかまってもらえない現実を実感しているということでしょうね。

本人は家族のために仕事をしていたと思ったのに、せっかく暇になっても誰も相手にしてくれない、というよくあるパターンのような気がします。
ということを考えると、大事なのは趣味、スポーツですよね。

これは、私が最近実感していることです。
これまで、30代ぐらいまでは仕事が中心で、土日は出勤したり、仕事の調べ物をしたりということも(たまに)ありました。
でも、40代になって働き方改革などもあって、残業も減って土日出勤もなくなってくると、ふとやる事がないんですね・・・

そして、いざハイキングやら水泳をしようとしても、思いのほか体が動かない、読書も老眼が入ってきて意外と苦労する、なんてことになっています。
まだ、かろうじて40代だからなんとかリカバリーできる気がします。

ま、今の時代は土日出勤や長時間労働の時代ではないので、若い方は是非とも自分の趣味や副業などいろんなことにチャレンジしてほしいものですね。


そんなことを感じた記事でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR