FC2ブログ

【18きっぷの旅】小野上温泉とリゾートやまどりを愉しむ

LRG_DSC02298.jpg

ちょっと遅くなりましたが、2019年春の18きっぷの旅の記録です(笑)
遅すぎですが、平成最後ということと、今回乗った列車がかなりよかったのに、意外と乗車率が低かったので、是非皆さんに利用していただきたいという個人的に熱い想いを持っての紹介です(私はJR関係者では残念ながらありません)。

今回の旅の目的は、「リゾートやまどり」に乗るというものです!
こちらは臨時列車で、今からだと5月11日と12日、11日は大宮(8:52発)から中之条(11:22着)(群馬県)、12日は中之条(15:23発)から大宮(17:20着)へという運行だけです。

中之条は私もよく知らなかったのですが、そこからバスで行く四万温泉が有名なようです。
四万温泉は、千と千尋の神隠しのモデルとなったとされる積善館がある温泉街で、更には四万ブルーと言われる奥四万湖などがあるそうですが、私は、今回は諸般の事情(つまりは金がない)で日帰りの旅となりました。

今回の旅程は、
新宿:6:58発湘南新宿ライン→高崎8:51着 8:53発JR我妻線→大前10:38着 11:00発我妻線→小野上温泉12:05着 14:41発我妻線→中之条14:49着 15:23発快速リゾートやまどり→大宮17:20着
というものです。

当初は直接小野上温泉に行って渋川の小野上温泉センターさちのゆさんで温泉に浸かって帰ることを考えていたのですが、Kzさんが我妻線の大前に行かれたという記事こちらを見たことから、ついでだから行ってみようということで大前を目指しました(私自身も川原湯温泉駅までしか行ったことがなかったので)。

大前駅に向かったのは10数人という感じ(時間が経ったので記憶が曖昧ですが)でしたが、みなさん18きっぷの方なのか、降りてからプラプラとしつつ、ほとんどの方が写真をとったりとして折り返しの旅の方が多い感じでした。

はい、大前駅の先には線路は続いていませんね・・・
IMG_9302.jpg

LRG_DSC02269.jpg

LRG_DSC02271.jpg

大前駅に着くのは一日5本なんですね。
LRG_DSC02275.jpg

私も11時発の折り返しで、今回は小野上温泉駅で降りて温泉を愉しもうという考えです。
ただ、お昼時ということで今回は自宅から持ってきた乗り弁当でお昼ご飯です。
IMG_9315.jpg

IMG_9323.jpg

はい、駅弁という楽しみもあるのですが、いかんせん先立つものがなければ駅弁を愉しむことも難しいですよね。どこかでお金を使えば、どこかで我慢するしかありません・・・

私の中での優先順位はお酒、電車代、食事代なのでお酒代を捻出するためには止むを得ません。お金がなくて旅行をためらっている方は、1食分自分で準備すればのり弁だと200円以下で用意できるのでお勧めですね!

今回は、温泉の先に川が流れていたのでそこの公園といいますか階段のところで頂きました。
その後は、温泉ですが「小野上温泉のさちのゆ」さんでなんと2時間410円というお手頃価格です!!

どうですか、予想以上の込み具合です。
IMG_9318.jpg

正直、私自身はよく知らなかったし、前回行った水上温泉も人が少なかったので、今回も10人もいないかな?と思っていたのですが、駐車場から見て結構混んでいる感じ・・・露天風呂にも10人は行かないが5人以上、内風呂も含めると常時20人近くいる感じで、想像以上に皆さん利用されているんですねという感じでした。

そしてお湯は美人の湯と言われるだけあって、すぐにお肌がすべすべになる感じで、なるほど人が多いのも納得という感じです。

その後、一度中之条駅に戻るかたちでリゾートやまどりの始発駅に向かいました。
ただ、肝心の売店がありません。・・・えっ・・・

私の楽しみの電車でひたすら呑むという、そのお酒を仕入れる場所がありません・・・
急いでグーグル先生に問い合わせると、ヤオコーがあるそうです。
そこからは、ありったけの体力を使ってヤオコーを目指します!

なんとか片道10分以内でお酒を調達して出発に備えます。
駅に戻ってくると、なにやら太鼓の音が聞こえてきます。

LRG_DSC02296.jpg

LRG_DSC02303.jpg

うーん、けなげにも子供たちが演奏していくれていますね。
そして写真を撮ったり、拍手するおじさんたち、こういう時に鉄道おじさんたちは優しいですね、ちゃんと聞いて拍手していますね(笑)

まー、都会ではこんなことをやっても間違いなく子供が集まりそうにもありませんが、いいか悪いかは別にして(個人的には好きですが)こういう感じが、ローカル線というかリゾート線のいいところでしょうかね。

それはともかく、このやまどりにはいろんな共用スペースがあるんです。
このような畳の座席であったり、キッズルームであったりといいですね!!
IMG_9336.jpg

IMG_9340.jpg

トイレもきれいですね。
IMG_9341.jpg

そして、座席はこのように二人用と一人用になっているので、私のようなぼっち旅にもぴったりです。最近はなにげにSLの旅や只見線でも見ましたが、鉄女の方もいるようなのでそんな素敵な貴方にもぴったりです。
LRG_DSC02297.jpg

こんな列車に、たった一人520円(指定席券)でこの贅沢が味わえるんですよ!
でも、でも、でも意外と席が空いているんですよね・・・

先頭も見晴らしがいいですね。
LRG_DSC02300.jpg

走ってゲットしたビールとハイボールで帰りを満喫します。
IMG_9344.jpg

IMG_9342.jpg

こんなビスケットもたくさんいただきました。
IMG_9346.jpg

千と千尋が好きな方は、家族で上手く18きっぷを活用してやまどりも使えば、ゆったりと電車だけでなく土日で温泉と四万ブルーも愉しむというプランができますね。

皆さん、インフラはあって当たり前のように思っていても、利用されないといずれ無くなってしまいます。こんな素敵なリゾート列車、ぜひ「リゾートやまどり」を利用してみてはいかがでしょうか?



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【18きっぷの旅】2019年春~水戸偕楽園と弘道館の旅~

LRG_DSC01931.jpg

おはようございます。
今回は、恒例の18きっぷの旅(2019年春)の記事です。
遅くなってしまいましたが3月3日に行った記事になります。

5月に改元があるということで、今回が平成最後の18きっぷということになりますね。
18きっぷの旅ももう5年目ぐらいでしょうか、なかなか稼ぎが少ないとお金がかかる遠出の旅をためらってしまいますが、この時期だけはなるべくどこかに行くようにしています(学生時代は除く)。

投資を始めた頃は、稼いだお金のほとんどは節約して投資に振り向けていましたが、ある時からお金だけを貯めても仕方がないと、親戚が大病したのを機に、行ける時にいろんな所に行っておかないといけないなということで、節約しても楽しめる18きっぷの旅を始めたような気がします。

それはいいとして、春の18きっぷは、3月1日から4月10日までと期間も短く、会社員だと長期休暇も取れない時期なので使い切るのはハードルが高いですが、平成最後ということでチャレンジです。

今回目指すのは水戸の偕楽園!です。
行ったのは3月3日(日)でしたが、梅酒祭りもやっていたので少し天気が悪かったですがこの日にしました。

東京7:32発 東京上野ライン→偕楽園 9:32着
偕楽園11:16発 →水戸11:19着
水戸13:00発 常磐線→北千住14:46着 14:49発→東京15:12着

途中から雨が降ってきたので、少し駆け足になってしまったのと、お昼に行こうとした黄門そばが定休日だったので、急きょ駅弁にしようということで、少し早めの帰りとなってしまいました。あと、梅酒祭りも大盛況で並んでいる人が多かったので諦めました・・・

東京駅ではサンライズ様がいらっしゃったので思わずパチリ。
IMG_8648.jpg

私が乗るのはこちら、最近は私も贅沢になってグリーン車です。
IMG_8653.jpg

IMG_8654.jpg

感想とすると、偕楽園の梅はやはり凄いけど、人も凄い・・・
LRG_DSC01876.jpg

LRG_DSC01881.jpg

こちらが後楽園の梅になります。
LRG_DSC01884.jpg

LRG_DSC01891.jpg

LRG_DSC01895.jpg

LRG_DSC01898.jpg

LRG_DSC01909.jpg

この下から弘道館になります。
LRG_DSC01957.jpg

LRG_DSC01985.jpg

個人的には、その後に行った弘道館(日本最大の藩校)が人も多くなくて梅もきれいだったし、私のような勉強ができない人間はちょっと頭がよくなったような気分になってよかったです。お勧めですよ!

ちなみに、有名なのが閑谷学校(備前市)、咸宜園跡(日田市)、足利学校跡(足利市)だそうで、足利学校も18きっぷで行きましたが、お勧めです。
弘道館は、徳川斉昭が作ったそうです。また、学問は一生行うものとして卒業という概念がないとか、奥が深いですね。

水戸駅に降りて街を歩くのは初めてでしたが、いい感じの地方都市というかんじでしょうか、城下町という特有の雰囲気がある街ですね。

ちなみに、今年が市政130周年ということらしいですが、何かやっていたのかは不明でした。

帰りは、黄門様の印籠の形をした駅弁とお酒を買って帰路につきました。
セコイ私は、お酒はファミマでPaypayで支払いして少しだけ安くすませました。

IMG_8663.jpg

IMG_8665.jpg

上手く撮れていませんが、上が炊き込みごはん、下がおかずで梅が入っているのが水戸らしいところでしょうかね。
まー、正直印籠型の容器にお金がかかっている感じでしょうかね?

次回は、ホリデー快速富士山の最終列車、往復の旅(一部ですけど)を書く予定ですが、いつになるかは未定ですw

【18きっぷの旅】念願の只見線に乗ってみる~会津若松②~

IMG_8011.jpg

おはようございます。
今回は、今年の18きっぷの旅 2018年冬編の2日目です!

1日目は只見線の旅と越後湯沢駅で日本酒を愉しむというプランでした。
2日目は、行ってみたかった鶴ヶ城を見るという行程と、会津若松でしょうか、喜多方でしょうか、朝ラーなる文化があるということをネットで知ったので急きょ、朝ラーを愉しむということも追加です。

そのため、会津若松駅を出発するというのは11時、途中郡山駅で駅弁を購入、宇都宮で餃子とビールのセットを頂いて帰るという感じでした。

《2日目》
会津若松11:08発 JR磐越西線→郡山 12:12着(駅弁) 12:50発 JR東北本線→新白河 13:31着 13:38発→黒磯 14:02着 14:09発 JR宇都宮線→宇都宮 15:01着 (宇都宮ぎょうざ)15:34発 JR湘南新宿ライン→新宿 17:13着

2日目はのんびりです。
鶴ヶ城(若松城)は8時半開城ということで、早起きの私はどうしようかな、なんて考えます。ネット情報でこの辺りは朝にラーメンを食べる文化があるということで、郷に入れば郷に従うフェニックス、鶴ヶ城近くの朝ラーのお店を探すと7時からやっている大笑家さんを発見!駅から歩いて行くと20分ほどかかりますが、他にやることもないので歩いて行きます。さすがに雪は降っていないですが、寒かったせいか恒例のお腹が痛くなってきました・・・

この時間空いているお店はないし、どうしよう???もうあかん、と思った時にコンビニが見えてきて事なきを得ました。
普段コンビニなんていう高級スーパーを利用することはありませんが、こういう時には本当にありがたいですね!

気を取り直してお店に入ると、ほぼ満席です!
食券でシンプルな支那そば650円を購入です。出てくると、こちらもシンプルながら麺の硬さもばっちりで、正直こちらの方が安くて美味しい!!

IMG_7996.jpg

IMG_7998.jpg

その後は、鶴ヶ城見学です。
IMG_8002.jpg

LRG_DSC01685.jpg

IMG_8003.jpg

綾瀬はるかさんが訪れた時に書いたものでしょうか?綺麗な方は字もきれいですね!
IMG_8004.jpg


大きくて立派ですね!周りには桜の木がたくさんあるので、この辺だとGW頃が満開の時期でしょうか?その頃にもう一度来たくなりますね。
今年は戊辰150周年ということで、特別展のようなものもやっていましたが、いかんせん時期が悪いのと朝早かったので、人はまばらでした。

こちらは天守閣からの街の景色です。
ちょっとこの日は曇りがちでした・・・

LRG_DSC01701.jpg

その後は、末廣酒造さんを覗いてみます。
LRG_DSC01714.jpg

LRG_DSC01715.jpg

だいたい、田舎の酒造さんは豪族が多いのか立派ですね!
酒造見学も定期的に行っているようですが、どうやら私一人しかいないような感じ・・・そこまでして見たいというものでもない(他で5回以上見学している)ので、今回は購入だけにしました。

他にも見どころはあるのかもしれませんが、自宅まで約7時間の旅を残しているので、この日は帰ることにします。

18きっぷの旅だと、お昼ご飯の時間の確保が難しいですが、この日は郡山駅で「のり弁当」をゲットして駅のベンチで頂きます(在来線ロングシートが多いので)。
IMG_8026.jpg

IMG_8027.jpg

人気のあるお弁当らしく、マツコの知らない世界でも取り上げられたそうです。
シンプルで飽きの来ない味、卵焼きが美味しく、のりもきちんと二重になっていて美味しかったです。
IMG_8028.jpg

IMG_8022.jpg

その後は宇都宮駅でエキナカの餃子屋さんで餃子ビールセット(1080円)を頂き、グリーン車で帰りました。
IMG_8031.jpg


この日は288.4km、乗車金額は5,080円、約7時間近い行程でした。
IMG_8092.jpg


2日合計で通常運賃であれば、11,560円、18きっぷ2枚で4,740円、グリーン券2枚で1,560円、ビジネスホテル5,500円で合計11,800円、その他食事代などがかかっていますが、ほぼ旅費を節約したお金で宿泊費をカバーできました!



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【18きっぷの旅】念願の只見線に乗ってみる~会津若松~

LRG_DSC01652.jpg

今回は、今年の18きっぷの旅 2018年冬編のスタートです!

もともと無趣味の私ですが、気が付くとなぜか18きっぷの旅にはまっています。
ブログを振り返ると、2015年の夏に長野、直江津、金沢を巡る旅をしたのが始まりで、その時はえちごトキめき鉄道とあいの風とやま鉄道が18きっぷで乗れないなんて知らないぐらいの鉄道おんちでした・・・

その後は、シーズンになると五能線、飯山線、飯田線、御殿場線、高山本線、身延線、八高線、両毛線、水郡線などなどを愉しむようになってきました。

ということで、今年はどこにしようかな、なんて思っていましたが、やはり一度は乗ってみたい聖線?乗鉄さんにも撮鉄さんにも人気がある路線である只見線にすることにしました!
せっかくの三連休なので1泊2日で、会津若松の観光も楽しもうというプランです。

《1日目》
東京6:20発 JR上野東京ライン→高崎 8:16着 8:24発 JR上越線→水上 9:30着 9:45発→越後湯沢 10:17着(ぽんしゅ館で日本酒とへぎそば)
越後湯沢 12:15発 JR上越線→小出12:56着 13:11発 JR只見線→14:28着 14:32発 代行バス→会津川口 15:22着 15:27発→会津若松17:19着


比較的のんびりしたプランですね。他の方のブログを見ていると、只見線なら日帰りというかたもいましたが、体力的な問題と、やはりせかっく行くなら観光も少しはしてみたい、ということで、只見線を愉しみつつ、越後湯沢で日本酒を味わい、鶴ヶ城と末廣酒造さんを見学するというプランです。

やはり北へ向かうとなると日本酒を愉しみたくなるということで、越後湯沢のぽんしゅ館で日本酒を味わって食事を取る時間を確保するため4時過ぎに起きて出発しましたが、8:29東京発でも会津若松には同じ時間に着けますね。

こちらがぽんしゅ館です。
IMG_7811.jpg

お土産やさんなども充実しています。
LRG_DSC01609.jpg

でも、せっかく18きっぷで旅をするとなると色んな駅で途中下車するというのも旅の愉しみなので、お酒が好きな方は是非ともぽんしゅ館でお酒を味わってみてください(500円で最大5杯まで)。

メダルの枚数が書いてありますが、500円で5枚もらえるので、それで好きなお酒を選びます(100種類以上)。
IMG_7821.jpg

こちらは夏子の酒のモデルになった酒造さんだそうです。
IMG_7820.jpg

その後は、ちかくのおそば屋さんでへぎそば(大盛り1000円)をいただきます。

LRG_DSC01615.jpg

この駅は、エキナカにお寿司屋、新潟のお米をいただけるおにぎり屋さんがあったり、ラーメン屋があったりと、充実しているのでいいですね。
結局、へぎそばを食べた後も、まだ時間があったのでもう一度ぽんしゅ館によるという、もう昼間からただの酔っ払いオヤジです・・・

そして、本日のメインである只見線に乗るため小出駅に向かいます。
こちらが時刻表です・・・本数が少ないですね。
LRG_DSC01624.jpg

LRG_DSC01630.jpg

小出駅で只見線のキハ40系に乗り込みます。2両編成で、意外と乗客が多いですね!
どうやら、観光客がほとんどのようで、中には中国人の家族連れまでいるという感じです。

なんとか座るところを確保して、景色を楽しみます。
やはり、乗っていて愉しい路線は川とダムと山がセットになっているんですね!
私も好きなのは高山本線と飯田線ですが、只見線もいいですね。

IMG_7875.jpg

IMG_78671.jpg

LRG_DSC01650.jpg

ただ、只見線でよく見る只見橋梁は乗っているとよく分からないんですね・・・
あっ、と思うと流れ去っていくような感じで、更には今年の暖冬のせいか、雪もそれほど多くないという感じでしたね。
でも、心配していた天気がよかったのが救いでした。

只見~会津川口間はまだ代行バスでの運行ですが、なんとか2021年の再開を予定しているそうです。
IMG_7857.jpg

LRG_DSC01651.jpg

当初は、ここ早戸駅の近くにある「つるの湯」さんに寄るか、泊まることも考えていたのですが、雪のことを考えて遠慮したんですが、全然積もっていないですね・・・
また、夏にでも来たときは寄ってみたいところですね。
IMG_7869.jpg

LRG_DSC01663.jpg

そうこうしていると、目的地の会津若松に到着です。
LRG_DSC01669.jpg

その後は、駅前に取ったビジネスホテルにチェックインして、近くの「喜多方ラーメン来夢」で確か910円だったような気がしますが、チャーシューがたっぷり乗ったラーメンを頂きました。お客さんは7、8人だったでしょうか?
IMG_7974.jpg

IMG_7975.jpg

6時過ぎだったと思うので、それほど混んでいないんですね。
駅からは10分ぐらいかかりますが、シンプルなしょうゆ味で美味しかったですが、少し麺がやわらかいのかな、という感じです。

その後は、軽く散歩をしながら飲み屋を探しますが、いまいちよく分かりません。
これといった感じのお店もないし、さすがに12時間電車に乗っていたので、ゆっくりお風呂に入ろうということで「富士の湯」さんです。

こちらがあったので、ビジネスホテルは安い大浴場なしのところにしました。
富士の湯さんは、地元の人も多いのか、結構混んでいますが、中の浴場も内風呂4つぐらいに、炭酸湯からジャグジー、壺湯や薬湯までいろいろあって温まれます。

そして、コンビニでお酒を買ってホテルでぼっち呑みです。
ホテルも古いですが中はきれいで、部屋が広めなのがよかったです。
10時過ぎぐらいには、眠りについてしまいました。
IMG_7983.jpg

ちなみに、東京から会津若松までは372.4km、普通運賃で6,480円、東京から約11時間(昼を抜くと約9時間)の旅でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【18きっぷの旅・番外編】上高地ソロキャンプの持っていくといいもの!

今回は、初めてのソロキャンプで持って行ってよかったものの紹介です。

1 テント
当たり前ですが、まずはテントですね。
私は、正直よく分からないのでmontbellのクロノスドーム1型にしました。



183㎝で98キロぐらいのメタボな私ですが、それなりに横になることができます。
そして、マット、シュラフを引いても、その横にザック、中から出した着替えなどを一通り広げることができます。
なにより、設置が本当に簡単です!!
ペグを打つのを除くと本当に5分、ペグ打ちを含めて20分もあれば設置できるという優れものです!

ただ、ネットなどで見ていると、キャンプメインの方はソロでも広い2型を使っている、登山メインの方はステラリッジの方が多いのでしょうかね?
そう考えると、初心者で登山もやってみたいということであれば、1型でもいいのかなと思います。
1型は2.19㎏、2型が2.43㎏です。

2 シュラフ
シュラフも迷いましたね。
で、一番汎用性があるらしいというダウンハガー800#3です。
こちらは600gだそうです。



3 マット
これが一番大きいのでしょうかね。寝心地を左右しますね。
昔はウレタンみたいなマットがいっぱんてきだった気がしますが、今はエアーマットがあるんですね!

これは正直、超おすすめです!514gで軽量、そしてサイズもコンパクトでマットの半分以下です。
空気を入れるとマットが2センチほどですかね、ふかふかとまではいきませんが、快適です!!


その際にあると便利なのがこちらです。
意外とあると便利なんですね。空気を含んで、えいって押してあげると空気が入ります。
10回ぐらい、やるとマットがふかふかになりますよ!

正直、あまりにも基本的ですが、これだけあれば十分ですね。

あとは、ランタン、もしくはヘッドランプですかね。
そして、チェアなどもありますが、上高地であれば川沿いにベンチがあるので、重いだけですね・・・


ま、後は好みでストーブなどなどの調理器具ですね。一人なので、いい物食べたい場合は無理せず食堂、安くあげたければラーメンなどですかね。

あれこれと考えてしまいがちですが、上高地には備品もそろっているので、無理のない範囲で不足していれば現地調達するぐらいで、いいと思います。

なにはともあれで、考えすぎるよりもやってみようという感じで、ぜひとも上高地(別名、神降地)を味わってみてはいかがでしょうか。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR