FC2ブログ

【ハイキング】雪の高尾山を愉しむ!

IMG_1663.jpg

最近ブログでハイキング記事を書いていないな~なんて思っていたので、今回はアップします。
相変わらずの気軽に行ける高尾山~小仏峠のピストンです。
景信山までとも考えたのですが、久々だったのと日曜日だったので・・・

ということで、いつものYMAPでの記録を見ると
8:39スタート9:35高尾山頂10:42城山(小仏峠)11:57高尾山頂12:53ゴール
でした。
最近お気に入りの6号路から登り始めましたが、思っていたほどの雪はありませんでした。
途中、それなりに積もっていましたが、普段の装備で問題ないレベルでした。
IMG_1620.jpg

順調に1時間ほどで山頂に到着です!
IMG_1630.jpg

IMG_1631.jpg

IMG_1632.jpg
もう、これが見たくて来たんですよね。寒ければ寒いほど空気が澄んで綺麗に見えるんですよね、富士山!!

普通の方はここまでですが、本当は高尾山頂から小仏峠に向かう見晴台からの富士山が最高です。こちら!!

IMG_1644.jpg
少し大きく見えるのが分かりますかね?
山頂からさらに30分ちょっとぐらい?でしょうか、余裕があれば是非こちらに来てください。

山頂から小仏峠に向かう階段辺りが凍結していたので、少し心配になって軽アイゼンを装着しました。
そうしたら親切なおじさんが「高尾山だと木道が多いからアイゼンだと足痛めるかもしれないよ。今日だったらいらないんじゃない?爪だけで十分だよ。」と教えてくださいました。

爪って?と思いながら、先端だけのやつかな?なんて思いつつ、念のため6本爪のモンベル軽アイゼンを装着していきました。
結果的には、8割ぐらいは泥や不要なところで、残り2割が少し雪や凍結している、本当にあった方がいいな、と思う箇所は5%ぐらいでしょうかね。
IMG_1650.jpg

IMG_1665.jpg

今回はなくても行けたかなと思う感じでしたが、油断するとこけている方もいたので、判断が難しいところですね・・・

小仏峠でなんとか座る場所を確保してランチ!
IMG_1655.jpg
寒かったので、今回は担々麺にしました!温まりました!!美味しかった!!!
手前は自分で作ったお弁当、といっても振り返ご飯に海苔とソーセージのみ・・・
暖かいカップラーメンとコーヒーがあればいいんです。

帰りは、今年初の高尾山だったので、薬王院にお参りも兼ねて1号路で帰りました。
1号路は舗装道路ですが、急な下り坂もあるので膝の負担があるんですよね。

ま、東京でも八王子辺りに雪が降るとこんな感じになるので、雪を体験したい方は是非とも高尾山にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【ハイキング】リハビリも兼ねて高尾山へ!

IMG_1067.jpg

久々に高尾山に登ってきました。
先日の台風やら大雨の影響と紅葉の状況確認です。
残念ながら富士山は見えませんでした・・・

私自身は、8月に尾瀬の至仏山で膝と腰を痛めて、ほうほうのていで逃げ帰ってきて、10月ぐらいからウォーキングを再開していたのでリハビリも兼ねてです。

ちなみに、ブログも投資とハイキング系を登録していますが、意外と登山家はルートの設定、万が一の回避ルート、そして装備など、意外と投資に通じるのかな、実際に投資家には登山が好きな方が多いので、両方に登録しています。

それはいいとして、高尾山のルートですが、大好きな6号路は通行止めだそうです。
ということで、お参りもかねて1号路から登って、今日はリハビリなので一丁平から稲荷山ルートでの折り返しにしました。
IMG_1062.jpg


小仏までも考えたのですが、やはり少し膝に痛みがあったので今回は無理をしませんでした。
紅葉は、正直いってまだまだという感じです。

最近は暖かいので、2週間かもっと先でしょうかね?

ちなみに、お昼は一丁平あたりのベンチでお独りランチ、今日は持って行ったお弁当です。
独男の手作りなので勘弁してください、カップラーメンも考えたのですが、10時過ぎだったので、お弁当だけで我慢しました。
IMG_1068.jpg

インスタ映えしないですが、鰹節と梅干と卵焼きのお弁当です、こう見えても美味しいんですよw

ちなみに、帰りに高級イタリアンに寄ってしまいました・・・

IMG_1076.jpg

ランチと日帰り温泉を我慢したので許してください(笑)


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【ハイキング】尾瀬の至仏山に登ってきたよ!!

IMG_0265.jpg

こんばんは、お久しぶりです。

ちょっとブログの更新をさぼっていました。
なぜかな、と思い返すと、7月に梅雨が長引いて山に行けずに、8月に山と18きっぷの旅を行っていて、なかなか忙しかったのと、仕事もなんやかんやで忙しかったのもあります。

その間に、大菩薩嶺に行ったり、念願の尾瀬にテント泊と至仏山、そして18きっぷでは宇都宮餃子巡りや定番の越後湯沢駅ぽん酒館に行ったりおいこっとという電車に乗って楽しんでいました。

その間にも、下げまくるJT株のナンピン買いを行うなど、投資活動も行っていました。

ということで、久々に念願の尾瀬に行ったので、これだけでも記事にしておこうということで残したいと思います。

行ったのは8月16日の朝の尾瀬号(新宿6:35発)で行きました。
その後の7:35発は結構混んでいるようなので6時台発にしたのですが、こちらはガラガラ、10人もいなかったのでどこでも好きに座っていいですよというありがたいお言葉!

そんなこんなで、尾瀬の戸倉まで行きます。
その後は、鳩待峠行きのバスというか乗り合いタクシーでしょうか?乗り換えます。

IMG_0242.jpg

念願の尾瀬、みなさんブログで写真をアップしている看板です!!
当初の計画では、山の鼻まで行ってテント設営、その後は自由行動、2日目は至仏山に行って見晴台に移動してテント泊、3日目に大清水に行って帰るというプランでした。

でも、あっけなくそのプランは崩壊してしまいました・・・
やはりトレーニング不足ということに尽きると思いました。

1日目は予定通り山の鼻までは1時間ほどでテントを設営、その後辺りを散策してビールなどを呑んで就寝しました。
IMG_0258.jpg

2日目は朝靄の中5時半過ぎに出発したような気がします。
少し呑み過ぎたものの、朝早いため余裕はある行動計画です。
登山計画を提出して出発しました。
DSC02662.jpg

途中までは、相変わらずのんびりとマイペースに出発です。
基本は、追いついてきた人は先に行ってもらいつつ、のんびり息を切らしつつ登っていきます。でも、7月はほとんど山登りをしていないのもあってか、結構つらい・・・

そして、個人的にあまり好きでない岩場が多いんですね。
そんなこんなで、7割ぐらいを登ったところで、腰に異変が訪れました・・・
IMG_0270.jpg


それ以降は、正直地獄の苦しみでした。
山の鼻からは登りのみで引き返すことができないルートです。
そして、おそらくは下るのは結構危険なルートのように感じました。

結果的には、腰を押さえつつ、なんとか気合で登っていく選択肢しかありませんでした。
ソロ登山が人気ですが、本当に今回ばかりは誰かいてくれたらなーなんて思ってしまいました。
IMG_0276.jpg


とは言うものの、やはり至仏山の雲海は圧巻で、小至仏山への稜線もそれなりの景色でした。
IMG_0279.jpg

年配の登山者の方にも抜かれつつ、腰を庇いながらなんとか下っていきます。

その際に、くまさんに遭遇です!!
厳密に言うと、私は見ていません(残念)

小至仏山から下っていくルートに親子連れのくまさんが現れたそうですが、その小高い場所まで登る体力が残っていませんでした・・・

結果、皆さんが鈴を鳴らしている間に山に帰っていったようで、無事に下山できました。
このルートは、戸倉に下山するので、そこで珍しく昼食をいただきました。
しかも、生ビールを飲む元気もありませんでした・・・

なんとか山の鼻まで戻って、ビールを飲んで横になりましたが、腰はぼろぼろ、足も思う様になりません。

結果的には、見晴台に行く気力もなく、山の鼻の山荘でお風呂に入ったりしましたが、夜になると、足がつったりして、もう2時間おきくらいに目が覚めてしまいました。

翌日もとてもではないけど動けないという気もしましたが、なんとか最後の気力を絞って鳩待峠を目指して歩きました。
結果的には、なんとか帰れましたが、未だに足腰の調子が悪いです。

DSC02685.jpg


今回学んだのは、やはり事前のトレーニングが大事ですね。
そして、急きょ行ったのもありますが、夏はゼリー状の栄養補給が大事です!
今回は、たまたまアミノバイタルみたいなゼリー状のものを持って行っていたのでよかったですが、暑いといつものスニッカーズはきついです・・・

いずれにしろ、基本に立ち返ってトレーニングと非常食の重要性を認識した尾瀬となってしまいました。

次回は、水芭蕉の頃に登山でなく散策ぐらいにしようかな?

【ハイキング】雪の高尾山を愉しむ!凍結時の下山は稲荷山コースがお勧めですよ。

今回は、先日の土曜日(2/2)、久々に雪の高尾山を愉しんできたので備忘録です。

ルートは、
高尾山口(6号路)→高尾山(57分)→城山(40分)→小仏峠(25分)→景信山(20分)昼食→小仏峠(20分)→城山(26分)→高尾山(36分)→高尾山口(稲荷山)(59分)
でした。

合計5時間41分、距離は15.9キロでした。

今回は、ちょうど2日前ぐらいに八王子に雪が降っていたので、高尾山にも降っているだろうということで、朝の洗濯などの仕事を終えてから出発です。

ちなみに、高尾山の標高は599ḿと高くないですが、雪は降ることもありますし、凍結することもたまにあるので注意が必要です。

今回も朝は6号路から登りましたが、結構凍結している個所もあったりと注意して登りました。ただし、登りの場合はそこまで凍結が激しくなかったので問題はありませんでした。
IMG_8495.jpg
(所々こんな感じで凍結している個所もありましたが、気を付けていけば問題ありません)。

凍結している場合は、下山時の方が滑りやすいので注意が必要ですが、高尾山の場合は稲荷山コースで下山するのがお勧めです!
このコースは日当たりがいいコースなので、夏は暑いですが今回このコースは雪もほとんどなく凍結個所はありませんでした。
IMG_8554.jpg
(稲荷山コースは地面もぬかるむ個所も少なく快適に下山できました)。

高尾山は気軽に登れる山ですが、登るルートで全然違うので雪が降った時や凍結している時は稲荷山ルートが下山にはお勧めです。
ただし、天気が良くて溶けていたということもあるので、おそらく一番安全なのは1号路だと思うので、その辺は臨機応変に対応してください。

ここから先は、写真集です。

IMG_8486.jpg
ケーブルの脇の道も凍結していました。

IMG_8498.jpg
6号路でも日当たりがいい所はこんな感じです。

IMG_8502.jpg
高尾山頂は、天気がよかったので比較的登山客も多かったです。

IMG_8509.jpg
城山に向かう途中が一番雪が綺麗に積もったいました!

IMG_8519.jpg

IMG_8520.jpg
日当たりがいいといつものコースです。

IMG_8521.jpg
城山の茶屋の広場も結構積もっていました。

IMG_8535.jpg
城山から小仏に下るこの辺が滑りやすいところでしょうか?

IMG_8542.jpg
景信山の茶屋で持ってきたカップラーメンとお弁当を頂きます。
天気が良くて見晴らしもよかったのでいいところですね!!

IMG_8544.jpg
こんな景色を見ながらお昼ご飯を頂きました。
この日は水筒にお湯をつめて持って行きカップラーメンを作りました(茶屋の了解がないとバーナーは使えないそうです)。

IMG_8547.jpg
景信山からの富士山です。

IMG_8549.jpg
茶屋はこんな感じです。やはり人は少ない感じですね。
お店の人なのか、お餅つきをしている方がいました。

IMG_8552.jpg
帰りに一丁平だったと思いますが、行きにはなかった雪だるまがあったので思わずパシャリ!

高尾山に雪が積もるのは年1、2回なので貴重な時に登ることができました。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【ハイキング】今年の登り初めは扇山から百蔵山への縦走!

IMG_8361.jpg

フェニックスです。
最近ブログの更新をさぼっている気もしますが、なんとなくモチベーションが上がりません・・・

それはいいとして、先日14日に秀麗富嶽十二景の縦走で扇山と百蔵山に行ってきました。
富嶽十二景とは、雁ヶ腹摺山(姥子山)、牛奥ノ雁ヶ腹摺山、大蔵高丸、滝子山(笹子雁ヶ腹摺山)、奈良倉山、扇山、百蔵山、岩殿山、高畑山、九鬼山、高川山、本社ヶ丸だそうです。
正確に言うと19峰が選ばれているそうですが・・・だいたいです。

大月市が1992年に大月市内にある富士山が綺麗に見えるというような趣旨で選んだそうです。

私が持っている電車で行ける関東の山みたいな本に載っているのが高川山と扇山ということで、昨年初めて扇山に行ったのですが残念ながら富士山は見れなかったのでリベンジです。

そして今回は、扇山と百蔵山の縦走、一粒で二度おいしいのかは分かりませんが、前回百蔵山にも行けるということが分かったのでチャレンジです。

ちなみに、おおまかなルートは,
鳥沢駅(9;00)→登山口(9:39)→扇山山頂(10:52)→百蔵山(13:16)→猿橋駅(14:45) という行程でした。

扇山までは約2時間、扇山山頂で30分ほど食事休憩をしたので、百蔵山までも2時間、少し休憩して下山、合計6時間ほどという感じでした。

この日は寝坊して出発が遅くなったのですが、確かバスがあると思っていったら、唯一の9時発のバスがなんと冬の間(12/17から)は運休中で再開は4月ということで、いきなりやる気をそがれてしまいました。

といっても、比較的登りやすい山ですので、さくさくと登山口までは整備された道を登っていきます。
IMG_8352.jpg

LRG_DSC01811.jpg

その後も、ゆっくりですが登っていくと水場があり、たまに見える富士山を愉しんだりして登っていきます。
IMG_8353.jpg

IMG_8354.jpg

途中は比較的急な登りもありますが危険な個所は特にない感じですね。
疲れたなと思う頃に山頂に到着です!

この日は天気も良かったので綺麗に富士山が見えますね。
確か山頂には15人前後の方がいらっしゃいました。
IMG_8363.jpg

ベストポジションに中で昼ご飯を準備する登山客・・・そこは入っても仕方ないよね・・・
IMG_8358.jpg

IMG_8361.jpg

恒例のおにぎりとカップヌードルで腹ごしらえをして、いざ百蔵山へ!
けっこう下っていきますね・・・
なだらかな稜線というよりはがっつり下ってまた登るという結構大変なかんじでしょうか。

しまったなー、素直に扇山で帰ればよかったな、なんか人も少ないな、寒いな、なんでいい歳したおっさんが独りで山登ってんだろうな・・・なんてどうでもいいことが頭をよぎります。

登り返しというのでしょうか、百蔵山付近でがっつり登ると頂上が見えてきます。
富士山はどこだ???なんて探しても見えてきません_| ̄|○
IMG_8366.jpg

IMG_8367.jpg

やはり朝出発した時間が遅かったせいですかね?この時期でも昼を過ぎると厳しいですよね・・・

そうなると用はないので下山です。
と思ったら、今度はがっつり下がります。もう久しぶりの登山で足が限界です。
下山用のロープにかじりつきながら(実際はそこまで危険なルートではありません)下山です。少し急で落ち葉もあるのと、足がいうことがきかないので安全策です。

しばらくすると、登山口から一般道に出るのですが、そこからも結構な距離ですね。
確か30分ほどでしょうか、猿橋を見たい気もあったのですが、疲れと電車の時間14:50がギリギリだったので諦めて帰りました!
IMG_8371.jpg

IMG_8372.jpg

百蔵山からの富士山が見えなかったのは残念ですが、今年の登りはじめで扇山から富士山が見えたのでいいということにしておきましょう!

今年の目標は健康のためにも1月1山、高尾山と御嶽山をベースにどっか新しいところにもチャレンジしていければと思っています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR