FC2ブログ

【分配金】MAXIS ETFから分配金!外税も自動控除の優れた投資ツール!!

おはようございます、フェニックスです。

今年は梅雨が長引いているのか、雨が多く比較的涼しい日が多いですね。
でも、そろそろ晴れてキャンプに行ったりしたいところです。

今回はMAXISシリーズのETFから分配金をいただいたのでご報告です。
これは人気のeMAXIS Slimを運用している三菱UFJ国際投信さんが出している国内ETFです。

ちなみに、主だったETFと投信のS&P500に連動する商品は以下のようなものがあります。

国内ETF MAXIS ETF(S&P500)0.0858%+α
国内ファンド SBIバンガードS&P500 0.0938%
eMAXIS Slim S&P500 0.0968%
海外ETF VOO 0.03%

圧倒的に低コストなのが本家バンガードのETFであるVOOですね。
ドルへの換算コストや売買手数料が割高でも、VOOは圧倒的な低コストというメリットがありますね。
たかだか0.06%の差ではありますが、100万円だと600円、運用額が多くなり1000万だと6000円、それが30年になると18万円の差が出てくる(コスト分を投資に回していたとするともっとですね)ことになります。

これをどう考えるのかは、精緻に計算されるような方にお任せしますが、つみたてに向くのはファンドですね。
少額から取引出来て手軽で、分配金が出ない分複利の効果が効くというものです。

では、なぜ私がMAXIS ETFを買ったかというと、今となってはなんとなくですね(笑)
せっかく低コストETFを出してくれたんだから応援したいという想いだったような気が・・・
そして、もう一つの理由が最近重視している配当・分配です。
よく高配当投資VSインデックス投資みたいに語られることがありますが、インデックス=ファンド(投信)だけではなくETFへの投資もあると思っています。

なぜかインデックス投資=指数連動型無配当複利投資でインデックス投資家は配当を敵視?しているみたいな方もいるようですが、本家?VOOも分配金を出しているわけで、私は最近の方向性とすると、なるべく元本を減らさず適度な配当を得たいと考えているのでETFも今後の重要な投資ツールと考えています。

そして、MAXIS ETFは自動的に外税控除を行ってくれるという、毎年の煩わしい手続きが不要です。
これだけで、0.06%のコストぐらい多く払ってもいいのでは、というぐらいのメリットがあると思います。

maxis sp500

今回だけで公開しますが、富豪の私は30口保有して810円の配当を受けて、国内の源泉税をざっくり20%とすると160円ほど引かれるはずですが、外税相当額66円加算されているので、控除は111円で699円入金されたことになっています。

このように自動で控除計算されるという手間が省ける、若くてしっかりしているうちはいいですが、自分に何かあった時に親族は外税控除もできないだろうし、そもそも手間もかかるしなどを考えると、配当も欲しいという方には国内ETFは有効な投資ツールになるのかな、なんて思うのですがどうでしょうかね?

いずれにしろ、まだ今は純資産が43億円しかないのが残念でなりません。
もっと規模が大きくなれば、より低コストになるかも知れないのにと思った、土曜日の雨の朝でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【配当金・分配金】2020年6月までの確認!

おはようございます、フェニックスです。

早くも6月の終わりが見えてきて、今年も半分が終わろうとしていますね。
今年はコロナ禍という前代未聞の状況で、まさかの自宅待機というかテレワークがあって1月近く監禁生活?でした。
その間もコロナショックで大きく株価が下がったと思ったら、奇跡のリバウンドでどういうことなのか正直理解が追い付いていません。

そんな中、多くの3月決算の会社から配当を頂くことができました。
6月分は対前年比で204.5%、ほぼ倍増しています。

haitousuii202006.png

こうして見ると5月も多かったんですが、米国や国内高配当ETFのおかげですね・・・

私がリタイアを目論んで高配当投資(連続増配投資)に移行して、かれこれ2年近く、コロナショックで買い増した3月決算株やREIT銘柄の一部の貢献もあって順調に増加しています。

そして、対前年との進捗で見ると昨年の全体の81.1%に達しています。
つまり前年100とすると半年で81配当金を頂いている状況です。

正直、今のところは順調ですがRDSB(シェル)や一部REITの減配を想定すると、おそらく中間配当(9月中間決算)で減配も想定されますね。

ただし、私はある程度幅広く銘柄を分散しているのと、比較的安定的?な通信、医薬品、食品、連続増配などに少額(ほとんどが100株)と、REITも今回は物流系を中心に買い増して分散しているおかげか、全体では含み益状態ではあります。

私は高配当株投資銘柄については、やはり収入・インカムゲインがある程度読みやすいという点を重視して値上がりを求めるものではないと思っています。
景気に左右されにくい銘柄と連続増配を中心に、一部景気敏感を含めて4%前後の利回りを得られればと考えています。

いずれにしろ、現状では生活費(家賃や遊興費を除く)程度の配当収入が見込めそうなレベルまで達しつつあります(自炊と質素生活で新卒の頃より生活水準は低下しています)。

ま、今後もインデックス積立をしつつ、大きく下げた時に高配当銘柄などを購入して資産形成を続けたいと思います。

あと、やはり移住をそろそろ本気で考えようかと思っています(かれこれ何度も言っていますが・・・)。
今はこういう状況ですが、移住相談会もオンラインでの開催が増えてきたようで、色々と参加したいなと考えています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金・分配金】NEXT FUND50から分配金がキター

IMG_0265.jpg


おはようございます。
インヴィンシブル投資法人のダメージから、気持ちだけは立ち直ってきたフェニックスです。

さて、投資をしているといい時もあれば悪い時もあるわけですが、なんだかんだで今月の配当金がたくさん届きましたので、自分の気持ちを高めるためにもブログを書いています。

気が付けば、今月分は普通のお父さんのお小遣い程度になっていました!
届いたのは、AT&T(通信)、QQQ(ETF)、MO(たばこ)からと、日本の高配当ETF(NF50、NF70)などです。

米国株なんかは金額が少しなのでいいのですが、今回は日本の高配当ETFの分配金の情報をチェックです。

まずは、NEXT FUND50です。
1口当り569円、年4回配当で直近1年分だと1,317円、現在の株価が26,070円なので5.05%の利回で十分高い利回りですね。

ただし、今回の分配金は前年同月が604円から569円と5.79%減少しています・・・
仕方ないですね。
ちなみに、構成銘柄TOP5は、ドコモ、武田、野村、伊藤忠、KDDIと大型株で安定しているイメージですね。もちろん、野村、伊藤忠などの景気敏感株も含まれているので、コロナが長引けばどうなるかは分かりませんね。

そして、もう一つが同じシリーズのNEXT FUND70です。
こちらも今回は397円、直近4回合計が829円、現在の株価が17,440円なので4.75%の利回りですね。
こちらは前年からどうなったのかと思ってみたら、前年同月は377円だったので、まさかの20円も多くなっています???

どういうことなんでしょうかね?てっきり下がっているのかな、と思っていたんですけど・・・
20銘柄多い分少し減少幅が小さいかなと思ったんですが、ちなみに前年1年間は768円だったので829円と61円も増えていますね。

こちらのTOP5は、清水建設、ドコモ、ソフトバンク、KDDI、中国電力と安定増配傾向の強い通信が多いのが効いたんでしょうかね?

NF50をもう一度確認して見ると、前年1年分が1,132円185円増えているんですね。
肝心の3月決算は、最近決算発表が続いているので、その辺りの影響が今後出てくるんでしょうか。

現在のポートフォリオの主力銘柄の1つが高配当ETFですので、キャピタルゲインというよりも、そこそこ安定して配当が出るということを重視している投資です。

両方合わせて4%を超えていれば十分と考えているので、大きく配当水準が低下しない限りは保有していこうと考えています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金】嘘だと言ってくれ!インヴィンシブル投資法人が98.3%の大幅減配・・・

インヴィンシブル投資法人(8963)が大変なことになっています・・・
1口当り分配金が1,812円が30円へと98.3%減だそうです。
発表はこちら

は、は、は、もう終わりです・・・
なんてことはないですが、ほぼ100%減額にはびっくりでした。

なんだかんだ、今回のコロナ禍で新規購入した銘柄だったんですよ。
しかも、早くに手を出し過ぎた感が否めないダメ銘柄の筆頭だったんです。

でも、10%近い分配金ならいいかな、なんてナンピンまでして更に未だに含み損というどうしようもない銘柄なんですよね・・・

ま、ホテル業界は厳しいので仕方ないですが、先日のRDSB(ロイヤルダッチシェル)の減配もそうですが、高配当の裏には色んなリスクがありますね。

救いは、ロジスティック系にも投資していて、そちらは順調に含み益になっているのと、少額で色んな銘柄に分散していることでしょうか?
でも、今後も減配銘柄が増えてくると分散効果が機能するのか、という心配もありますね・・・

皆さんも高配当だからと集中するのではなく、なるべく分散して色んな業種、分野に投資しておきましょうね。

ただ、ここにきて全体的に株価は上昇傾向なのが救いですかね?
ちょっとびっくりな発表だったので、久々に平日に更新しました。



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金・分配金】国内高配当ETFから分配金!

IMG_8092.jpg


おはようございます、フェニックスです。

コロナウイルスの感染拡大は少し気がかりですね。
過度に敏感になる必要はないと思いますが、過剰に反応して経済が冷え込むのは困りますね。

ただ、投資の面では少し先行き不透明感が出てくると言いますか、世界経済第2位の中国の経済活動が停滞するので、やはり少し下落局面になることを想定する必要があるかもしれません。

そんな中、高配当ETFから分配金を頂きました。
東証配当フォーカス100(1698)とNEXT FUNDシリーズの高配当50(1489)、70(1577)からです。

1698からは1口あたり14.8円、1489からは103.0円、1577からは43.0円です。

公式HPを確認すると1698の配当利回りは3.21%、1489が4.05%、1577は3.63%です。

組み入れ上位は、1698が花王、キヤノン、JT、ブリヂストン、アサヒGHDです。
1489は、ドコモ、野村HD、三菱UFJHD、武田薬品、SUBARU、1577は清水建設、SBIHD、伊藤忠商事、大和証券G本社、オリックスとなっています。

意外と銘柄が分散されている気もしますね。
でも、NEXT FUNDシリーズは、配当利回りが高い分どちらかというと景気敏感株の高配当銘柄が中心のような気がします。

このため、今後もこれだけの高配当が継続するのか、日産も一時期高配当銘柄でしたが、あっさりと期末無配(年間10円と47円減配)に転落しましたので、注意が必要かと思います。

しかし、複数の会社に分散されていること、1698は連続増配銘柄の花王の比率が7%ほどあるのとREITへの投資も行われているので、今のところは継続保有というか永久保有を考えています。

ブログやTwitterを見ていても、ETFは日本国内より米国ETFが圧倒的な人気ですが、国内ETFも申し越し頑張って欲しいですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR