FC2ブログ

【感想】インデックス投資ナイト2019に行ってきたよ!

今回は、昨日7月6日(土)に開催されました、インデックス投資ナイト2019に参加した記事を書きたいと思います。

昨年に引き続き2度目の参加となります。
昨年以来の渋谷駅でさっそく迷うなど、人の多さにやっぱり帰ろうかな?なんて思ったりもしましたが、プラチナチケットを持っている身とすると参加しないと申し訳ないということで行ってきました。

IMG_9976.jpg

なんとか17時前に会場に到着すると、入口にいきなり山元さんが立っていらして、思わず二度見してしまいました。
軽く会釈して意外と人が少ないな、なんて思っていると、奥にチケット番号順の待機場所がありました。その後は開場になると席について、呑んだり雑談したりで開始を待ちます。
飴ちゃんもいただきました!ありがとうございます。

第一部は、「インデックス投資の生みの親Jhon C. Bogle氏追悼」でした。
様々なボーグル氏の名言や考えを取り込んだつみたてNISAについてや、バンガード本社訪問時の想いでなどを各氏が熱く語ってくださいました。

私が気になったのは、Stay the courseという考え方。ボーグル氏の最後の著書のタイトルにもなっているとのことでしたが、意味を調べると「最後までやり遂げる」という意味だそうです。
それ以外のボーグル氏の投資哲学まで踏まえると、「正しい道にブレずにとどまり進み続ける」つまりは、「インデックス投資をどんなときも継続する」という感じなのかな、なんて思いました。

ちなみに私が個人的に好きなのは、ボ―グル氏のEnoughという本に出ていた、
「コスト」より「価値」を
「投機」より「投資」を
「複雑さ」より「シンプルさ」
という言葉です。
なかなか、広く分散されたインデックスファンドで十分と思いつつも、私もダメな人間なのでつい他の投資に手を出してしまします。
改めて投資の基本を思い起こすいい機会になりました。

第二部は「投信ブロガー座談会「若手投信ブロガーさん、集まれ!!」でした。
4名の若手ブロガーさんですが、凄いですね。
みなさん若いのに考えて投資をされている方だけあって、頭もいいし受け答えもしっかりしているし、更には若い方はコスプレにも抵抗がないのか、本格的なコスプレ時代に入ったのかな?なんて思ってしまいました。
これは、次回以降登壇されるブロガーのハードルが高まったかもしれませんね(笑)

若いのに投資されているのは、やはり自分で考えて納得していろいろやってみてインデックスやその他の投資をされているということですね。
そして、皆さん結婚されて家計を夫婦で共有化、その際はアプリを効率的に活用されているという、今どきの夫婦像というのを垣間見ることができました。

一方で、パートナーの方は投資に理解を示しているようですが、自ら投資している方は少ないのも興味深いですね。
ただ、皆さん仰っていましたが投資ナイトは女性の参加率も非常に高く、おそらく何事にも積極的にチャレンジする女性が投資するのかな?なんて思いながら楽しめました。

第三部は、「なぜインデックス投資は広まらないのか?」というテーマで虫取り小僧さん、山元さん、柴山さん(ウェルスナビ)が参加されていたので、インデックス界隈ではいつ殴り合いが始まるのか、みなさん釘付け状態でした。

結果的には人間臭く新たな顧問先を見つけたいという金に流された山元さんが歩み寄るというまさかの展開に・・・
それは冗談ですが、終始爽やかに受け答えする柴山さんに根負けした感じでしょうか?

ウェルスナビの1%の手数料は高いとしかいいようがありませんが、おそらく対象とする顧客はあまり投資のことについて考えたくない、難しいことは分からないけど効率的に運用したいという顧客層で、独立したFPさんに頼んだりしたらこれぐらいはとるでしょう、というのが事業の基にあるような気がしました。

虫取り小僧さんも確かおっしゃっていましたが、山元さんのような経済効率的な投資行動をとれる人ばかりでなく、私を含めて多くの方は感情に流されたりすることも多く、そのような余計な行動をしないための仕組みづくりの手数料という感じなんでしょうね。

インデックス投資の普及については、やはり教育しかないような気がします。
ボーグル氏も大学卒論が投資信託についてだったそうですが、日本の大学生で卒論に投資の世界について書いている学生がどれぐらいいるのでしょうか?私の頃は少なくともそんなひとは皆無に近かった気がします。
日本の社会的に義務教育に組み込むとなると反発が大きすぎるでしょうから、まずは大学あたりから経済学部には必ず投資関連の講座を設けるということですかね?もちろん知名度の向上も大事ですが、そんな感じがしました。

IMG_9979.jpg


懇親会では、ウェルスナビのリサーチ&クオンツグループ執行役員の牛山さんという方に少しお話しする機会がありましたが、我々のような自分でインデックス投資にたどり着く方は、質問に答えて提供されたポートフォリオを参考にするだけで利用されなくてもいいです、というニュアンスのことをおっしゃっていました(あくまで私の受け止めです)。

後は、私の最近の想いである、認知症になっても元気なうちに考えた投資方針に沿って運用できるようなシステムがあれば、手数料を払ってもいいですよということで、お願いしている最中に柴山さんのプレゼントタイムになって時間切れになってしまいました。

メモも取らずにハイボールとビールを呑みまくっていましたのでウル覚えですが楽しいインデックス投資ナイト2019でした。

お会いしたかったはるかさんやmuzさん、ひめだかさん、ぱーささん、バカオヤジさん、nekoroさんなどなど、意外と時間がないのであいさつ程度しかお話できませんでしたが、ありがとうございました。

そして、毎度のことながら運営の方あっての投資ナイトです、ありがとうございました!!


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【参考】去年インデックス投資ナイトに初参加、服装から食事までどうしたの?

IMG_4215.jpg

IMG_4226.jpg

今回は、来週にせまったインデックス投資ナイト2019について、昨年初めて参加した時思ったことを振り返りながら、今年始めていく方の参考になればと思い、記事にしておきます。

今年のイベントは、こちら

1 服装
私も最初にどうしようと考えたのが服装です。
正直万年同じような服しか持っていないので、確かユニクロで新調した気がします。
渋谷に集まる投資家集団なのでオシャレさんばかりだとどうかななんて思っていましたが、意外とカジュアルな方が多く、ポロシャツ、ジーパンなどで問題ないかと思います。
たまに、ジャケットを着ている方もいた気がしましたが、業界の方でしょうかね?という程度です。
 女性の方も、正直よく分からないですが、ちょっとおしゃれな丸の内辺りに勤める女性ならこんな感じで出社しているのかな、というカジュアル過ぎず、おしゃれ過ぎず、なんて感じだったような気が・・・

2 開場
  去年は、時間通り17:00開場でした。その際は、チケットの番号順に入場でした。
  おそらく、それ以降は着いた人順に入場されたと想像されます。
  座席は早く入った人から好きに選ぶことができました。

3 食事
  イベントは18時からなので食事をどうしようという方もいると思いますが、開場は飲食可能(食事、アルコールあり)ですので、会場で注文することもできます。
  ただ、清算はテーブルごとのようなので、清算方法は事前にテーブルで話しておいた方がいいかもですね。
私のところは、カレーなどの単品、アルコールは個人清算、つまみのようなみんなで食べるものは割り勘という感じでした。
 ただ、イベントが始まるとどうしても面白いのでそちらに集中してしまうので、余裕のある方は事前に軽く食事しておいた方がいいかもしれません。

4 名刺など
  ブロガーやツィッターやっている人の中では名刺を作成されている方も多い気がします。でも、昨年行った時の感覚では持っていていた人は2、3割ぐらいな感じでした。
  なくても問題ないと思いますが、話すきっかけのアイテムと考えてもいいかもです。

5 二次会
  イベント終了後の二次会も、そこそこ参加される方がいます。
  もちろん遠方から来ている方などは無理ですが、半分以上?参加されていたような気がします。
  去年参加して思ったのが、著名ブロガーや運営の方が気を使っていただいたためか、意外と山元さんや今井さん(金融庁)の方とかとすぐ近くでお話する機会とかがありました。
  よくしゃべる方は別ですが、そうでない方はもし何か聞きたいこととかがあれば、事前に考えておいた方がいいと思います。
  お酒も入っているし、いきなり山元さんとかが近くにいるとおおー、となって考えがまとまらなくなることもありますので。

私も初めて参加した時は、早めについて一人ゼロ次会をして勇気を振り絞って参加しましたが、イベント中は見ているのが中心なので人見知り、しゃべるのが苦手な人も大丈夫かと思います。
せっかくのプラチナチケットなので、初めて参加される方もそれほど気負わず参加すれば楽しめるのではないかな、なんて単なる部外者ですがそんなことを思いました。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【MUKAMブロガーミーティング】工場見学会に初参加!

おはようございます、フェニックスです。

今回は初めてMUKAM ブロガーミーディング 工場見学編に参加してきました。

普段は他人のブログを見て参考にしているだけですが、今回は運用現場を見学できるという貴重な機会なので、重い腰を上げて初参加です。
IMG_9947.jpg

参加した感想とすると、お寿司やサンドイッチを持ち帰るタッパを持っていけばよかった、という感じでしょうか・・・
IMG_9944.jpg

当日の詳しい内容は青井ノボルさんにお任せして、こういうところに行くのは苦手だけど少しは興味あるな、という方が一人でも参加できるように、雰囲気をお伝えしたいと思います。
ブログはこちら

1 会場の雰囲気(服装、開場時間や年齢層など)
人見知り小心者の人は、だいたい何を持って行けばいいんだろうか、服装はどんな感じがいいのだろうか、開場時間書いていないけど何時に入ればいいんだろうか・・・などなど余計なことを考えているうちに胃が痛くなってきて、着くころには心神喪失でぐったりということもあると思うので、ブログに残しておきます。

MUKAM(三菱UFJ国際投信)ブロガーミーティングは、新有楽町ビルの4階にある本社で開催され、開場へは有楽町駅から降りて5分ちょっとぐらいでしょうか、比較的すぐに着くことができます。
4階につくと受付ではハンドルネームを言うと会場まで案内していただけました。
一応メールを用意していたのですが、いらなかったようです。

会場は写真を撮り忘れましたが、1テーブル3人ぐらいのいすやソファなどがあって、広めの会場でゆったりできるいい雰囲気で、好きな席を選ぶ感じでした。

開場時間は、私は少し早めの18:30頃に会場に着きましたが、既に10名近くでしょうか、参加者の方がコーヒーを飲んだりとくつろいでいらっしゃいました。

気になる服装ですが、お堅い仕事場だろうからとスーツの上も着て行ったのですが、参加者のほとんどの方は普通の仕事帰りなので、クールビズの上着なしの方でした。

ちなみに、女性の参加比率は目測で3割超えているぐらいでしょうか、意外と多かった感じでしょうか(MUKAMの女性の方も数名いらっしゃるので、女性も参加しやすいかもしれません)。

年齢層も30代、40代が中心のような気もしますが、20代から50代ぐらいまでという感じでした。

2 持ち物や食事
会場には当日の資料、お茶、タマゴサンド、バタークッキー、メモ帳、ボールペンが置いてあり、セルフのコーヒーなども用意され、何も持って行かなくても問題ありませんでした!
また、毎回なのか分かりませんが、タマゴサンドがあったので食事せずに早めに会場に着けばお腹も満たされます(ブログやツィッターなどを見ると毎回軽食が出されていた気がします)。

私の場合は、プログラム開始までや懇親会はこんな感じでした。

私はもちろん知り合いなんていないので、ぽつんと誰もいない席に荷物を置いて確保してコーヒーを淹れて席に戻ろうとしたら、知らないおじさんが座っていました・・・〇〇さんでした。

〇〇さんはREITなどにも詳しく、REITの世界でもESGやらSDGsなどが投資の判断基準になっているなど、勉強になるお話を聞くことができました。
その間に食事をとっている間にプログラム開始の時間になりました。

懇親会でも、知り合いがいないのでがんばってお寿司をたくさん食べていたら、優しいお姉さんに話しかけていただいたり、たまにお伺いするブログの方とお話したり、少しだけですがカンさんや会社の方とお話してたくさん呑んで過ごすことができました。

ただ、お寿司やサンドイッチが余っていたので、タッパを持って行けばよかったと、つい先日「食品ロス削減推進法」が成立したばかりなのにと反省しました・・・

3 肝心の工場見学
運用報告書のデザイン変更などは大事なことですがここでは省略しますが、素敵女子の方が一生懸命説明して下さいました。
こういうコツコツとした取り組みをしてくださる方がいるので、見やすくなってるんですね(反省してもう少しがんばって読みます)。

運用のあれこれも、他によくまとめていただいている方に譲るとして、気になったのは次のとおりでした。
司会は安定のカンさん、ファンドマネージャーのいかにも金融やり手イケメンな方が上手く説明してくださいました。
① 低コスト競争や運用の効率化のため最適化法などを活用している(それ以外の理由もあるでしょうけど)
② 配当入金までのタイムラグ解消のため先物なども活用する
③ コスト改善のため貸株なども活用
④ 運用報告書に現れない隠れコストがある
などが興味深い点でした。

そして、工場見学ですが、
① 意外とエクセルシートのようなアナログっぽいシステム(見た目はそうですが、持っていない銘柄は売却できないなど誤発注を防止するなどの機能が満載のよう)
② 海外株はマーケットが開く前に発注などが終わっている?
のような説明があったような気がしましたが、なかなか理解が追い付かない状況でした。
次回は、これだけで1つのテーマになるのではと思いつつも、自分が運用するわけでもないので、とりあえずいいかと思いました。

4 感想など
アクティブファンドであれば、特に独立系のファンドを中心に運用報告会などでファンドマネージャーさんなどと交流を深めるという機会がありますが、インデックスだとなかなか交流する機会がないと思うのでいい機会だったなと、運用のアートの部分の一部を垣間見れた気もしました。

あと、たくさん食べたのに残っていたお寿司が心残りでタッパを持って行けばよかったと心から反省しております。
お寿司を少なくして持ち帰りやすいサンドイッチやピザなどにしてもいいのかな、なんてお金も出していないのに思った貧乏性なインデックス投資家でした。

あ、ちなみにお寿司はわさび抜きになっていました・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


【講演レポート】つみたてNISAフェスティバル2019に行ってきたよ!

IMG_9398.jpg

なんと、今回初めての金融庁のイベント「つみフェス2019」に行ってきました。

つみフェスって何だよという方はこちら(金融庁HP)を参照してください。
本来なら私のような投資歴10年以上の者が参加するのは年齢的にも老害以外の何物でもない気もするのですが、初回に六本木ヒルズに行ってしまうという過ち(当時は虎ノ門ヒルズ開催)を犯した、そこで忘れた何かを取り戻しに行ってきました。

そして今回は、岡本和久氏が昨年に引き続き講演されるということで、是非一度は聞いてみたいということだけでした(正直)。
でも、参加してみると、副大臣から遠藤金融庁長官から、虫取り小僧さんなど、色んな方々のお話を聞けて良かったです。

始めていく方へのアドバイスとすると、
① 駅地下から行けますが少し歩くので10分ぐらい前に駅に着いた方がいい
② 席が半分ぐらい机ありですが残りはいすだけ(私は開場5分前集合していたので机ありをゲット)
③ Twitterやっていると一人で行くのが不安になることもあるでしょうが感覚では9割が一人で来ているので安心してください
④ 年齢は20代から60代ぐらいまでぐらい、多いのは30、40代かな
⑤ 今回も間際に「something green」というお題が出ましたが実践者は3割ぐらいでしょうか?様子見の人もいたかも(私は目に付いたお茶PET、ワインボトルは危険なのでやめました)
⑥ 迷わず行けよ行けばわかるさ、ということでその踏み出した一歩が投資への道となります

実は、後輩にもこんなイベントがあるよと伝えていたのですが、もう一年近くなっても投資を始められていないのと同じく、ぼーっとしているうちに枠が埋まってしまったようです。

今回のイベントでも、私の理解では、いかに投資未経験者を投資に向かわせるかという感じの流れでした。

私は前から思っていますが、そんなものは簡単で総理大臣か厚労大臣か金融庁長官が、「今後は、年金は持たないので自助努力で資産形成してください、そして今の金利では無理なので株式投資してください」というだけだと思っています(マジ)。

当日の模様はザリガニさんが上手くまとめていらっしゃるので、こちらをご覧ください。
以下は私のメモなので、暇な人だけご覧ください。

最初は副大臣の挨拶ですが、そこは大人の挨拶でした(笑)

1 岡本和久氏基調講話
岡本和久氏の講演です!
ここは大事なところですが、私のおぼつかいない理解では、概ねこんな感じでした。
現代の人は、「今」と「自分」に凝り固まっている、そんな中時間軸と空間軸を使って投資を考える、時間軸は「長期」、空間軸は「全世界」、時間も空間も分散する、長期に継続して投資するということですね。

その他、しあわせの六角形や人生のステージ(学び、働き、遊び)、ハッピーマネー四分法(ためる、つかう、ふやす、ゆずる)などのお話がありましたが、時間が短く駆け足でしたね。

詳しくは割愛しますが、多くの方が納得していたのが、「投資は歯磨きのようなもの」、ということ、その趣旨は「当たり前のようにやるべきもので、やらないと後で後悔するもの」と私は理解しました。

あとは、投資は「投志」、私の理解では想いを持ってお金を投じて、それが社会に役立っていく、自分の中にため込むのではなく時間、空間を広く活用していくという感じかな、なんて思いました。

2 長官に聞いてみよ~!
カンさんの絶妙トークで、遠藤長官が結構ぶっちゃけているというか、意識して金融会社向けに発言されたのかは分かりませんが攻めていらっしゃいました。
是非ここは動画で証券会社や保険会社幹部にも見ていただきたい内容でした。

NISAなどについては、元財務相の主税局にもいたとかで、政治的な面もあるので実績(NISAなどが拡大しているという事実)を示すのが大事ということなので、我々の行動で結果を示さないといけない、制度を活用しなければいけないなと思いました。

そして、恒久化やスイッチングにも理解いただいているようで、今井さんなど事務方がしっかりと幹部教育にも努力されているんだなと感心しました(笑)

3 つみたて投資クリニック
著名ブロガーの方たちでしたが、皆さん上手いですね!
投資初心者?からの質問に、熟練の一般投資家が回答するという形式でしたが、皆さんの話に集中してメモを取っていませんでしたw

印象に残ったのは、多くの方が長期投資は20年以上という意見とおっしゃっていたことですね。
私も弱小投資家ながら10年以上続けていますが、投資を始めた頃から資産額は50倍近くになっています。

これは、もちろん利益だけでなく給料の増加による投資元本が増加したためでもありますが、毎月つみたてて資産形成をする、その仕組みを継続する、ただそれだけの結果ですので、続けているとなんとなく実感できますね。

4 パネルディスカッション
山崎元さん、島田さんやLINE、KDDI、ソフトバンクの方々からフィンテックを絡めてお話がありました。
勝手な憶測では、金融庁側にもLINEなどスマホ活用して若者にも金融に近づきやすい環境を作りたいという想いもあったんでしょうかね?

個人的には、私のようなすぐ感情に流されて売買する人を、自動で冷静にしてくれるサービスが欲しいですね。
これは、ファイナンシャルジェロントロジーにも通じるというか、私のような独男は痴ほう症になることを今から心配するわけです。
頭が元気なうちに、ライフプランを設定しておく(年齢に応じた投資プラン、生活費などの設定)、そしてそれを外れる投資行動、金融行動をとったら冷静になるメッセージが表示される、更に予め設定した親族やFPに連絡して相談させるという、信託銀行のような仕組みを月3000円ぐらいでできないかな、と思っています。

正直、スマホで投資実績を毎日確認できるなんて機能はいりません。利益が出ている時はいいですが、リーマンの時には死にたくなるだけです(笑)

金融庁主催というお堅いイメージでしたが、カンさん、ブロガーの方々などの話術で楽しく投資について理解を深めることができました。
まだまだ、投資、NISAも活用されていない状況ですが、このような機会を利用して投資に対する恐怖心を打ち消して、一歩踏み出してみるのもいいかもしれないですね。

個人的には、これでほとんどのイベント(FOYや投資ナイト)にも参加できたのでリタイアして東京を離れる心づもりがどんどん加速しています。
あとは、ブロガーミーティングでただ飯を食いたいけど、ベンチマークがどうとか全然興味ないしどうしようかな?

【イベント】Fund of the Year2018表彰式に行ってきたよ!

IMG_8348.jpg

1年に1度の大規模イベントFund of the Year2018(FOY2018)が先日開催されましたね!
フェニックスも、投票&参加しましたので備忘録として感想を残しておきます。

詳細は公式HPこちらを参照してください。

そもそも私がブログを始めたのもFOYに投票したいという想いがあったためであり、楽しみなイベントです。思い返すと2016にも参加していたのですが、人見知りな性格なので昨年は不参加でした・・・

そんな前置きはいいとして、今回は色々な意味で面白い投票結果でした。
個人的には、つみたてNISA導入を機に金融庁が旗を振って低コストインデックスファンドの普及を勧めると、こんなにも運用各社は従順に従うんや・・・という想いがあったためです。もちろんいい意味でですよ(笑)。

FOYも運営の方の想いまでは詳しく知りませんが、始まったころは高コストのだめファンドではなくて、そんなファンド業界の中でも本当の投資家のためになるいいファンド(アクティブ含む)を紹介し、熱い想いのある運用会社を表彰するというイベントだったような気がしています。

そんな中で、FOYの努力の影響もあってか、ここ最近は低コストインデックスファンドがやっと普及してきたのか、なんて思っていたところでつみたてNISAの導入、そしてお上に従順に従う金融業界、低コストインデックスファンドの乱立、なんてある意味夢のような時代になりました。

最近は、若い投資家、ブロガーも増えてきており、どのような結果になるのかな、なんて漠然と思っていました。


で、結果とすると順当な感じでしょうかね?(ファンド名などは適宜略称を使用)
eMAXIS Slimシリーズが上位10位の中に5本(先進国、全世界、バランス(8資産)、S&P500、全世界(日本除く))と圧倒的な強さだったような気がします。

一方で、昨年トップの楽天VTが9位、三連覇を成し遂げたニッセイ(先進国)も2位、アクティブに至っては11位のひふみ、結い2101が15位、コモンズが20位という状況でした。

私が投票したのは、株式(日本、先進国、新興国、全世界、バランス)の低コスト商品に1票ずつ、だったはずです。
これは、ずっと同じ思いですが、投資を始める人に紹介するのなら分かりやすく(実質コストの問題はあるにせよ)表示されている信託報酬が低コストでバランスよくという想いからです

想いが強かったのは、やはりニッセイシリーズの先進国やTOPIXなど、バランスはSlimに投票しました。

Slimシリーズが強い中でニッセイが2位に食い込んだというのは、なんとなくですが投資経験が長い方はニッセイ推し、最近の方はSlim推しという感じでしょうかね?

ニッセイは、やはりこれまでの低コスト化、信託報酬引き下げの先頭を走ってきた、そしてFOY授賞式でのコメントが例年、熱くて秀逸!というのがファンの感想でしょうかね?

一方で、Slimシリーズは業界最低コストを目指すという分かりやすいコンセプトなので安心して投資できるという面がありますよね。

私も投票はニッセイですが実際に投資しているのはSlimというわけワカメ状態ですが、ニッセイがいないとSlimのコストが下がらないと、そんな想いで投票しました。

ただ、Slimシリーズは販売会社もネット証券がメインで手数料引き下げの障害が少ないことなど、規模が大きくなるとニッセイよりも、より低コスト化できる仕組み作りができている気がしています。

いずれにしても、上位10位までがインデックスタイプ(ETFもありますが)でどれも低コスト、そして上位5位の中に同シリーズ3本がランクインするという状況でした。

5位以上は受賞コメントがあるのですが、三菱UFJ国際投信の方3名、ニッセイAM、楽天投信1名ずつとなってしまい、バンガード社や野村やアセマネなど、多くの運用会社のコメントが聞けなくなったのは残念ですね・・・

私のようなひねくれた心を持った人間は、受賞スピーチで偉そうなこと言う前に結果を示せよと(金融庁に言われる前にやることやれよ)と思いながら聞いていましたが、純粋な若手投資家の心を打ったようですので、もう少し多くの運用会社の方のスピーチが聞きたかったのが正直な感想です・・・

ただ、これからは本当に難しくなりますね。
つみたてNISAが始まったことにより、若い投資家の方へのインデックスファンドの認知度が上がってくる中で、その差はコストしか示すものがなくなっています。
今後は各社がどのようにしてコストの低減を図るのか、それともコストをかけて金融教育、個人投資家・ファンを育てていくのか、相反する課題と向き合うのかもしれませんね。

いずれにしても、FOY運営委員の方このような機会を作って頂きありがとうございました!!

にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR