FC2ブログ

【運用方針改訂】Phoenix Fund運用方針の一部改訂します!

IMG_4787.jpg

おはようございます。
今日は三連休だというのに天気もいまいちということで、久々に年末の資産の棚卸と今後の投資の方針について考えていました。

久々に2018年の10月以降は血が滾ってくるような相場環境でわくわくしたのですが、つみたて投資をかれこれ10年近くしていても、評価益が大きく減っていく口座画面を見るのは、心穏やかになれるわけもなく動揺してしまいますね。

かくいう私も、2017年頃からリスク資産を減少させてしまっていたのですが、改めて投資の基本に立ち返ろうということで、投資をして4年ぐらい経った頃に前に書いたPhoenix Fundの運用方針を読み直して一部改正することにしました。

自分なりに考えて当時は作成していたのですが、ついつい雰囲気で売買することもあり、昨年色々と手を出した分を後出して改訂するという、ファンドマネージャーとしてはあってはいけないことですが、それはそれ、顧客は一人なので・・・

ということで、ざっくりいうと当ファンドも昨今の高配当ブームに三周遅れぐらいで参入しようと一部たばこや通信銘柄に資金を投じるなどの変更をしたこと、そしてリスク資産を少し減らしていたので、その分を今後3年ぐらいかけて正常なポートフォリオに近づけていこうと、そういった改訂を行いました!

性格的に目標の50%ぐらいできていれば満足する性質なので、あくまで目標・理想ですけどね。


Phoenix Fund運用目論見書

1. ファンドの目的
長い人生を幸せに暮らすために必要となる金融資産を、早期リタイアとHappy lifeを送ることができる資産を形成することを目的としています。
なお、名称の由来は、永遠の時を生きるとされるPhoenixのように長期にわたり、相場環境が悪くなった時もPhoenixのように蘇ることを願い、命名されています。

2. ファンドの特色
低コストのインデックスファンドを主体とし、リスクを低下させるためバランス良く資産を分散するポートフォリオを重視した長期の運用を行います。
なお、投資を楽しむために資産の一定割合を限度として高コストのファンド等に投資を行い、自己の相場観のなさを嘆くというMな遊びを行うことがあります。

Phoenix Fund運用方針

1. 運用期間
ファンドマネージャーが生きている限り運用を行います。

2. 投資金額
年間手取り収入の1/3を目標に投資資金の確保を行います。
なお、早期リタイアを目標とし、2030年までに生活防衛資産を含め金融資産を7,000万円とすることを目標としています。

3. 投資対象
株(日本・先進国・新興国)、債券(日本・先進国)、REIT等のインデックスファンドを主な投資対象として投資を行います。
投資対象に、高配当株式(配当利回り3%以上)の個別株も加える。

4. ポートフォリオ
日本株・・・15%
先進国株・・・20%
新興国株・・・10%
日本債券・・・15%
先進国債券・・・10%
REIT・・・10%
その他(高配当株含む)・・・20%
なお、ポートフォリオは早期リタイアを目指す、2030年の5年前の2025年から経済状況を考慮しつつ、リスク資産を60%程度まで減少させる予定です。

5. 生活防衛資産
生活防衛資産として生活費の3年分程度を確保し、普通預金・定期預金で運用する。
なお、当面予定はないが、仕事も満足にできないオヤジが生きていく希望を持てるよう、結婚資金を含めて500万円とする。

6. リスクへの対応
2.に定めた投資金額への2割程度は投資防衛資金として積み立てを行う。
なお、当該防衛資金は、生活防衛資産を除く金融資産全体の評価損が10%を超えた場合に投資資金に充て、各資産の積立額を20%程度増額し積み立てを行うものとする。
 
7. 資産の売却
原則、ファンドマネージャーが50歳頃を迎える2025年までは資産の売却は行わない。
なお、ETFへのリレー投資のための売却、その他資産の売却は除くものとする。

8. ポートフォリオの見直し
ポートフォリオの見直しは、年1回年末に行う。各資産の4に定める割合からの乖離が5%以内の場合は、積立額の変更により行うこともできることとする。

9. その他への投資
その他に分類される投資対象は、純金等のコモディティ商品、高配当株式などとし、ポートフォリオは20%を必ず超えないものとする。

10.その他
上記に定める運用方針は、現在のファンドマネージャーの収入状況・生活環境を基に定められたものであり、状況の変化により変更されることがある。


2013年1月14日
ファンドマネージャー フェニックス



Phoenix Fund運用方針 附則

2013年は運用方針に則り、以下のとおりとする。

1. 投資金額
運用方針2に定める投資金額は月10万円以上とし、そのうち2万円を投資防衛資金とする。

2. 運用方針の適用
2013年2月の積立てから適用する。

3.2017年頃からリスク資産を、運用方針に反して大幅に減少させていたことから、2019年から積立額を増加及び個別高配当株の購入により、今後3年程度をかけて適切なポートフォリオを構築する。

2013年1月14日

2016年改正
2016年12月11日、運用方針の一部変更する。
4.ポートフォリオ、の日本株15%を20%に変更する。
また、先進国債の15%を10%に変更する。
8.ポートフォリオの見直し、の乖離率を3%から5%に変更する。
附則1.投資金額を月10万円から月10万円以上に変更する。

2019年改正
2019年1月12日、運用方針の一部変更する。
3.投資対象に、高配当株式を追加する。
4.ポートフォリオ、の日本株式20%を15%に、新興国株15%を10%に、その他10%を20%に変更し高配当株を含むこととする。なお書きのリスク資産の割合を40%から60%に変更する。合わせて9に高配当株式を加える。
附則3に、今後の運用方針を追加する。



ま、ほとんど暇つぶしのようなものですが、長く投資を続けるには、目標となるライフプラン・人生設計とそれに合った資産形成が必要で、なんとなく文章にすることで、もやもやしていたのが明確になったり反省したりできるかもですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【雑感】つみたてをするならこれから3年ぐらいは我慢の年なのかな?

ここにきて、本格的な下落局面なんですかね?
今年もここまで待っていたのに、耐え切れずに10月ぐらいから高配当銘柄に投資をしたのですが、少し早かったですね・・・

個別株は、よくたらればの世界だと言いますが、本当にもう少し待っておいたら・・・という感じでしかありません。
しかたないので、気休めでETFの手数料無料NEXT FUNDシリーズの高配当を今日指しておいたら、あっさりと刺さってしまって早速の含み損・・・

もちろん、これまでのファンドシリーズもことごとくマイナスを指示しております。
と言いつつも、昔ながらのETFの含み益が大きいのでなんとか心折れることなく投資をできていますが、今更ながら昔から続けていてよかったと思ったりもします。

今年のつみたてNISAから始めた方も、これから3年ぐらいは投資をしておかなければよかったかな?なんて思うこともあるかもしれませんが、その時こそが安く多くの口数を仕込めていると思って耐えるしかありませんね。

そうは言っても、私も今回も同様に下落局面を耐えれば10年後に大きくリターンを生んでいるのか、そればかりは分かりません。

ただ、投資をするというのは将来の成長を信じて託すものなので、そこが信じられないと投資する必要はないと常々思っています。

ま、仮に大きな景気後退局面になった時に、色々と言われている入金力(=投資継続力)は必要ですよね。
私のようなおじさんは、最近の副業当たり前、定時帰宅当たり前はいいことだと思っていますが、不景気になるとそんなことをやっていると会社自体が傾いていく、そして投資ブログなんて誰も見なくなるので、やはり本業が大事だよね、なんて冷たく見ていますが、それも時代の流れで、いざその時が自分自身に訪れないと身に染みて分かりません。

ただ、謙虚な若者だけが、当時の派遣村などの惨状から少しは思いを馳せるのでしょうが、そんなものは、やはり若者に求めるのは酷なんですよね。

ま、悲観論者の私が呑みながら書くと死にたくなるのでこの辺で・・・
あ、根がばかなので寝て起きると全て忘れる性質なんですけどね・・・

何が言いたいかというと、本業をがんばって不景気になって給料が下がっても、くじけずに投資を継続していれば、華を開くかもしれませんね。ただ、景気後退が来なければ、そんなことを気にする必要はないですが、どうなんでしょうかね?


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】高配当戦略への転換を考える!

気が付けばもう11月になっているんですね・・・
久々の72候では山茶始開(つばきはじめてひらく)と、つばきの季節なんですね。

ということは、今年もぼーっとしていたフェニックスですが、1年が終わろうとしているんですね。困った・・・

今日は、ちょっと改めて投資方針について頭の整理です。
これまで10数年、インデックスつみたて投資をメインに投資をしてきましたが、先日も書きましたが、セミリタイアを考えて高配当などのインカム重視戦略に移行していこうかと考えています。

インデックス投資は基本的に無分配のファンドで複利の効果を最大限活かす投資法であり、定期的な収入がある場合には適した投資方法だと思っています。楽ちんだし(笑)

一方で、今後数年後にセミリタイアを考えるのであれば、毎年ある程度のインカムがあるというのは安心材料になりますよね。
ということで、高配当(高利回り)の投資というものを考えています。

高配当と聞いて思い浮かぶのは、
① 米国高配当
② 日本株高配当
③ 長期債券(米国など)
④ REIT
⑤ 新興国債券
でしょうかね?

色々と考えていたのですが、日本株高配当、米国高配当、REITを中心に投資をして、様子を見て米国などの長期債なども考えようかな、なんて思っています。

単純に利回りだけを考えるのであれば、REIT、米国高配当、日本株の順番なのでしょうが、REITは正直よく分からないんですね。
オフィス需要や物流の需要は旺盛なようですが、金融緩和の低金利の後押しがないと厳しい気がするんですよね。
なので、総資産の10%ぐらいまでを目途に考えています。

次は、人気の米国高配当株ですが、ここは評価が別れそうですね。
個人的には、米国高配当株は大変魅力的だと思っています。
ただ、為替リスクがあるのと外税控除の手間をどう評価するかでしょうかね?

でも、為替リスクは日本株でも広い意味では影響がありますよね。
よく高配当で人気のJTなんかも、売上の6割近くが海外でその多くが新興国なので、ほとんど新興国銘柄ではないかと個人的には思ったりしています。
その他、日産やキヤノン、商社もそうですよね、利益の半分ぐらいは海外で稼いでいるところなんていくらでもあるので、配当が日本円で貰えるのか、ドル建てになるのかはあまり大きな問題ではないのかな、なんて漠然と思っています。

ただ、やはり円高のリスクは今後大きくなる(現状はドルの金利が高いけどいつかは日本も利上げせざるを得なくなる)ので、どうしましょうかね?

なんとなく書いて整理をしていると、
米国高配当株は5%以上(税引きで4%)
日本株高配当は4%以上(同3%)
を目安にしていく感じでしょうかね。

ただ、この戦略でも年間200万円とすると7000万円ちかくの資金が必要なんですね・・・
現実的な数字とすると年間150万円の配当で5000万円(5000万円×4%×80%)ですかね(20%は税金)。
この辺が妥当ですが、今から戦略を変えるのはなかなか難しいですね。

まずはNISA枠で日本高配当株を買い付けて、ドルをつみたてで調達して来年あたりから米国高配当株を本格的に購入していく感じですかね(その前に軍資金をどうするかという問題もありますが)。

そんな気もしつつ、米国の長期債の金利が4%を超えるようなことがあれば、ドル相場次第ですがドルの長期債の投資も考えたほうがいいのかな、なんて思っていると考えたりやったりすることが多いですね・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】投資への興味がだんだん薄れていく気がする・・・

こんばんは。
気が付けば、寒蝉鳴(ひぐらしなく)という季節で、夜は少しずつ涼しくなってきましたね。

ところで、最近急速に投資への興味を失いつつあります。
というより、インデックス投資家というか、個人投資家がなんとなく増加してきたな、という思いもあって、更に私のような弱小ブロガーがわざわざインデックス投資の良さみたいなものを書かなくても、金融庁が金融教育の普及などに取り組んでいる、というのもあるのかもしれません。

そして、何よりやはり、投資についてあれこれ時間を使うより、もっと大事なことというか、人生の時間を費やしたいいことがあると思うんですよね・・・

そう思うのは、
① つみたてNISA開始により低コストファンドが多数登場
② 40歳を過ぎると体力の低下を感じる
③ リタイア後の趣味などを探したい

という所でしょうかね?

投資(投資の情報)に興味がなくなったのは、①が圧倒的な理由でしょうかね?
これだけでなく、つみたてNISAやiDeCoもある程度勉強する必要もなくなったのと、eMAXIS Slimによって低コストファンドを探す必要がなくなりましたね。
そして、全世界型やバランスなど投資先は微妙に違いますが、ある程度世界に分散されていれば、リターンは誤差の範囲内という、個人的ないい加減な取り組み姿勢なので、これ以上勉強、分析したところで、リターンに影響はないんじゃないの?なんて思いがあります。

その次の、②と③は似たようなもので、健康であるうちにできることをしておきたい、リタイア後のやることを探しておきたいということですね。

幸い、今であれば18きっぷの旅であったり、先日行った上高地のキャンプが良かったので、テント泊登山にもチャレンジしたいという思いが強くなってきました!!

一応相場は確認しているので、変動が激しいとギャンブラーの血が騒ぐことはありますが、投資スタンスは変わらず、高値から30%以上の下落する局面があれば追加購入なんて思ったりもしていますが、どうなるのでしょうかね?

ま、暴落でセミリタイアが遠のくのは避けたい思いはありますが、相場をチェックしつつも、趣味への時間を確保したいですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】インデックス投資でいかに楽をしていたか、高配当株を探して流離う・・・

こんばんは、フェニックスです。
最近は柄にもなく高配当株を調べたりしています。

これまでインデックス投資を中心に資産形成をしてきましたが、セミリタイアを考えると、インデックス投資だけではどうかな?と疑問が湧いてきました(他のブロガーさんの影響もあります)。

インデックス投資のメリットは、配当されないので課税されずに配当を再投資するという、複利を最大限活用するということですよね。
確かに、経済合理性では複利パワーが凄いのは理解しているつもりですが、いざセミリタイアを考えだすと、毎年どれだけのインカムゲインを得られるのか?というのが一つのテーマですよね?

ということで、高配当株やら株主優待を調べてみたんですけれど、大変ですね・・・
これまで10年以上インデックスメインで投資してきたのが、いかに楽をしていたのかというのが改めて実感しているこの頃です。

調べてみてもどれがいいのかもよく分からない、更には株主優待なんてのもあるんですけど、ほとんどが自社製品などの食事券などが人気なんですね・・・

株主優待を含めると5%を超えるものもあるようですが、優待を除くと1%以下が多いんですね・・・
正直、外食をほとんどしない、マクドやガストを美味しいと思ったことがない身とすると、株主優待での高配当戦略というのも、私には合っていないんでしょうね・・・
外食を優待券でカバーできると、満足感はあるのでしょうが、普通に考えると外食で優待券とは言え500円使うより、自炊すれば300円でそれなりの満足度のある物が食べられますよね?

そう考えると、株主優待のメリットって私のような人間には向かないような気がします。
結局は、株主優待狙いであれば、自分が本当に好きな店舗であればいいのでしょうが、それ以外であれば、普通の高配当銘柄を探すべきなんでしょうね。

それにしても、もう10年以上投資していながらインデックス投資メインであったことのありがたさを実感するばかりですね。
高配当といっても、ETFもあれば米国株の高配当ETF更には個別株の高配当銘柄まであって、それがいつ安くなるのか、果たして今が安いのか?考えだすと、頭の弱いフェニックスでは判断できません・・・

皆さんの投資って、こんなに大変だったんですね・・・

投資は長期にわたって継続するのが大事なんですけど、今更ながらインデックス投資のありがたさを実感したこの頃です。
そうは言っても、ということで日本株と海外株の高配当ETFをメインにして、自分好みの高配当株を探すしかないのでしょうかね?

まだ、しばらくはボックス圏相場のような気がしますので、今年いっぱいじっくりと検討して、本格的に下落する来年以降に高配当ETFを仕込むイメージでしょうかね(個人的な相場観で当てにしないでくださいね)。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR