FC2ブログ

【雑感】コロナ禍・超低金利継続時代は生活防衛のための投資時代!?

IMG_3025.jpg


おはようございます、フェニックスです。

最近、投資家のつぶやきに資産額が過去最高という方が多くなってきた気がします。
まあ、インデックス投資をしている方は、米国や全世界株のインデックス投資の方が多いので、コロナ禍でも継続して積立投資をしている人の多くが過去最高額になっているものと思います。

私もコロナ禍で高配当株に手を出して長らく低迷していましたが、追加投資もしているので過去最高額になっています。
ここでは過去最高額がどうだとかではなく、最近この時代は投資=生活防衛なのではないかと感じたりしています。

もともと、リーマンショックの時の危機感から投資を始めたのですが、コロナ禍でも改めて投資をしていてよかったと感じています。

勝手なイメージかもですが、華やかな航空業界がいま苦境にたっています。
そして安定的な優良企業と思っていた公共交通機関企業も打撃を受けています。
それだけでなく、中小企業が多い旅行や飲食系も壊滅的な状況です。
一方で、ITデジタル化、リモートワークなどIT系企業が活況を呈しています。

何が言いたいかというと、時代の流れや変化が早くて安定と言われた職業がないのではないかということです。
そのような中で、理想は複数の業種、業態の仕事をすればいいのかもしれませんが、それに対応できる多才な人は少ないと思います。

もちろん、私も何のとりえもない人間です。
でも、投資をしているだけで本業の不振を補ってくれ、資産額が増加しています。

このように、インデックスで世界のあらゆる企業に投資する、というのをメインにすると個別株のような大化けはないが大損もない、自分が所属する業界は悪くても違う業界は利益を生み出している、そういったところにお金を回すことになると感じています。

また、私が小学生のころは定期預金の金利が7%ほどありましたが、今は超低金利時代、しかも世界中で低金利ですので、投資をするしかお金を増やす方法はないと強く感じています。

そして、この流れがしばらく続くのは間違いないです。
そうなると、預金で資産を増やす、老後やいざという時のために備える、ということは不可能です。

投資は難しいと思ってやらないと、いつまでも2千万円問題に怯えて働き続けるしかありません。
そうならないためにも、生活防衛のつもりで投資をする、そういう考えをする時代になったのかなと思った朝でした。

あ、もちろん時間をかけて長期で、インデックスの積立投資が前提ですけどね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【雑感】インデックス投資か高配当投資か?

LRG_DSC00816.jpg


珍しく夜の投稿で、呑みながらつらつらと・・・

インデックス投資か高配当投資か、なんて記事があったので少しばかりの個人的な考えを整理してみようかなと思いました。

私自身も、現在はインデックス投資も高配当投資も行っている投資家のはしくれとして、感じていることを書いてみようかなと思います。

まず、現在の投資スタイルも基本はインデックスの積立てをしています。
そして、一部高配当の個別株やETFを適宜購入しています。

特に、コロナショックの頃には高配当のETFなどを追加で購入しました。
現在のPFもインデックスが4割、高配当が3割、REITやインフラファンドや債券が残りという感じです。

で、私が思うのは、正直言ってどっちでもいいということです(笑)
今回のコロナショックでも、怖くなって売却した投資家の方もいらっしゃると思います。
私も、リーマンショックの時には一部損切りが大事だなどと思って売却してしまいました。

いくら長期投資といっても、日に日に損失が拡大していくことに、耐えられる人は多くないですよね?
私も、今回は1月ほどで数百万が消えていくのを眺めながら、追加投資していたわけです。

何が言いたいかというと、長期的にはこの投資(インデックスや高配当個別株・ETF)は大丈夫だろうと信じられるのか、いずれ上がるだろうと思えるかだと思っているからです。

そのうえで思うのは、資産形成期はやはり配当による税金分だけ複利効果がそがれるので、インデックスがいいのかな、なんて思ったりしています。

資産形成は、複利効果が大事で配当にかかる20%の税金のダメージは大きいと感じています。一方で、なかなかインデックス投資だと評価額が全てで、今回のように大きな下落局面がくるとダメージが大きく感じるのも事実です。

そういった面では、下落局面でも少しでも配当があると投資を継続する効果はあるのかなと感じたりします。

そして、高配当投資は配当が継続するだろうという前提に立つと、FIREを目指しやすいということでしょうかね。
7千万円あって配当利回り5%(税抜4%)だと280万円の手取りで、その範囲で生活できるなら、資産の増減に関わらず仕事をしなくてもやっていけると思ってしまいますよね。

コロナショックでも、そんなことはないという事実が分かりましたが、一つの投資の目安にはなるわけですね。

個人的な感覚では、資産形成期はインデックス投資をメインにして資産形成しつつ、相場の流れや投資のメンタルを鍛えていく、FIREを見据えるところまで来ると高配当のETFや個別株に投資していく、そんな併用投資もありなのかな、なんて実践中です。

現在は、インデックスと高配当を併用していますが、それでいいのかななんて思っています。
今回のコロナショックで分かったのは、当たり前ですが既存の高配当銘柄もどうなるのか分からないということです。そして、これはやはり投資全般について言えることです。

そのようなリスクを減らすために分散効果のあるインデックス投資をするわけですね。
しばらくはIT、テレワークに対応するような新興企業で配当がでない企業が伸びていくことが想定されると、既存の高配当銘柄は劣勢になるわけです。

それぞれ、メリデメがある以上は、どちらが自身の考えに合うのか、という気がします。
やはり、いい時も悪い時もある投資生活、長く続けられるスタイルをそれぞれが確立することが大事かなと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【運用方針】今年もよろしくお願いします。今年の運用方針は?

Image-44.jpg

おそくなりましたが、明けましておめでとうございます。

年末から長期休暇をいただいて、18きっぷの旅にでていました。
また時間があれば記事にしようかと思いますが、下呂温泉、道後温泉などをめぐる旅と帰省を兼ねての旅となりました。

ところで、皆さん今年の目標や投資方針をブログでアップされていますね。
私も今更ながらどうしようかな、なんて思っています。

性格的にいいかげんなので、あまりかちっとした目標を立てても達成できないほうなので、目標というよりもなんとなくの願望ですね、私の場合は。

ということで、前から考えていることですが、セミリタイア、アーリーリタイアですね。
そのための第一歩ということで、
年間配当収入100万円を目指す!!

ですね。

セミリタイアを考えると不労所得というのでしょうか?安定的なキャッシュインを確立することが、やはり大事ではないかと考えています。
もちろん、インカムゲインだけでなくキャピタルゲインを得て、その資産を取り崩すという考えもあるでしょうが、ある程度見通しの立つインカムゲインを得る方向に運用方針を見直しつつあります。

ちなみに、ここで見通しの立つというのは、基本的に連続増配(減配しない)企業を中心に高配当銘柄を選択しているという趣旨で、リスクは当然ありますけどね・・・

今後は、個別銘柄はなんらかの株価調整のタイミングでの追加購入を考えています。
一方で、低コスト全世界ETFが国内で上場されるようですので、その辺りを3年程度に分散して購入していくことも考えています。

ただし、インカムゲインを重視しすぎるのではなく、購入するタイミングがなければ無理しない、今年なのか来年なのか、大統領選挙後ぐらいには調整局面がくるのではないかということも頭の片隅に置きながら、投資を続けて行ければと思います。

いずれにしろ、投資を継続するというのが投資を始めてからの一番の目標なので、リスクを取り過ぎて退場することのないように、安全運転で投資をしていきたいと思います。

ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【株主優待】KDDIからカタログが届きました!

IMG_9899.jpg

おはようございます。
またブログの更新をさぼっています。

金融庁の例のレポートが炎上しているようですが、最近は若い投資家さんも増えてきているのかな、という気がします。
おそらく、これは格差社会が進んでいるだけのような気がするのですが、優秀な若手には年収500万近く稼ぐ方もざらにいるようで、そういった方が投資に走っているのかな、なんて私の周りには投資家らしき人がいないのでそんなことを思ったりしています。

それはいいとして、ここ最近の私はインデックスのつみたて投資を行いつつ、個別株にも手をだしています。
投資はやはり少額のうちはインデックスで十分だと思っていますが、ある程度の分散できるほどの資産と経験を積めば個別株も否定する理由もありません。

私は比較的保守的なので、通信などのインフラやたばこ、医薬品などから高配当な銘柄を選んで投資しています。

そして時期的に株主の通知が我が家にも届きだしていますが、今回KDDIから優待のカタログが届きました!

KDDIは株価が2,770円で配当利回りが4.07%(みんかぶ情報)もあります。
更には、100株でも3,000円相当、5年以上保有で5,000円相当のカタログが届き全国各地の名産食材を選べるというものです。

個人的には、株主優待というものより配当で還元して欲しいという考えのフェニックスです。でも、KDDIは十分高配当なので投資しています(笑)

株主優待はお得に思えたりしますが、吉野家もほとんど行かないし、マクドも年1回いくかどうかだし、株主優待でもそれ以上にお金を使うものや、食事券などであれば正直自炊で100円ぐらいに抑えたほうが安上がりなので、投資する理由はないし、期限までに使わなければいけないというのは本末転倒な気がするので、投資するならやはり現金でいただける高配当銘柄で十分ですね。

そして今回のKDDIさんの優待で私が選んだのは、「お米」です!!
はい、他にもおいしそうなお肉や明太子やハム、スイーツとありますが、食費を安くするのはお米ですね。
後はお米がそろそろなくなりそうだったのもありますけど。

ま、老後に2,000万円必要かどうかは人それぞれですが、だいたい文句言う人はいつも文句言っているんですよね、で、他にいい方法があるかというと何も解決策を示さない。
結局は国に頼ることになるんだけど、それでも文句を言い続けるみたいな・・・

昔のように定期預金の金利が5%超えていれば預金でいいのですが、投資も選択肢ですよねと言っているだけなのにね?なんて考えても休みがつまらなくなるのでこの辺で(笑)

優待品が届くのを楽しみにしています!!


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】日産の減配に思うことなど・・・

意外と持ちこたえましたね~
という感じでしょうかね?

日経平均も当初は400円近く下げていたようですが、終わってみると124円安程度の21,067円ということでした。
NYダウが617ドル下げたのでもう少し下落するかな、なんて思っていたのですが残念ですね。

そんな中、私のポートフォリオはここに来て踏ん張ってくれています。
というか、最近通信関連がずっと下げていたということもあるのですが、やっとここにきてディフェンシブらしい動きをしてくれています。

ま、それはいいとして高配当も業種なども分散すべきですよね。
ディフェンシブも今後の人口減少や楽天の参入でどうなるか分かりませんよね?
かといってJTのようなタバコも将来性は10年は持ちそうですが、20年はどうなるか分かりません。

そして、今回日産も減配に転落してしまいました。
残念ですが仕方ないですね。

日産は、私もどうしようかな、6%近い配当利回りであり10万円切る株価だったので100株ぐらい(9万円ほど)買ってもいいかな、なんて思っていました。

結果的に買わなかったのですが、ここから学ぶことは何でしょうかね?
個人的に思うのは、
① 景気敏感株であること
② コンプライアンスに問題があること
③ グループ間で問題ありなこと

でしょうかね?
一つ目は、どう考えるのか悩ましいことですが、景気敏感株の高配当銘柄は減配リスクを常に考慮すべきですね。
私も、コマツやマブチ、その他オリックスなんかもそうかと思いますが、これらの景気敏感株は、将来的な減配リスクと、配当性向、自己資本比率、利益率を考えて投資を考えています。

日産も選択肢としてはありましたが、その後の2つの判断から踏み切れませんでした。
それは、やはりコンプライアンス体質ですね。
今は、ゴーン会長?に責任を押し付けていますが、西川社長も当然責任を負うべきだと個人的には思っています。

よく、日本人の社長はこの問題が片付くまでと言いますが、それなりのポジションで代表権をもつような立場であったなら、それは無能以外の何物でもない気がします。
だいたいそういう場合は、ろくなことになりません。

そして、やはりルノーとの関係が国家も巻き込んだ不透明感で覆われていることですね。
減配も、もしかするとルノーへの配当を減少させたいという思惑もあるかもしれません。

いずれにしろ、日産への高配当スタンスの投資は、いったん損切りするのが賢明かもしれませんね。

翻って私の保有銘柄で懸念すべきはソフトバンク(通信)ですかね。
増配していますが、SBGへの貢ぎ物の感はどうしてもでてきます。

そして、ウーバーなども想定のキャッシュが稼げていない可能性もあります。
コンプライアンス上の問題はないかもしれませんが、減配すればそく損切りすべき銘柄かな、なんて思っています。

正直ヤフーと一緒になってもペイペイもどうなるか分からないし、通信だけでほそぼそと6%ぐらいの配当を出し続けてくれればいい銘柄なのですが、SBGの投資が上手くいかないと現金自動預払機のような存在になりそうで心配ですね。

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
 40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をしならが、高配当株にも手を出したりして、資産形成・セミリタイアを目指しています。
 投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
 なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
カテゴリ
シンプルアーカイブ
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR