FC2ブログ

【18きっぷの旅】念願の只見線に乗ってみる~会津若松②~

IMG_8011.jpg

おはようございます。
今回は、今年の18きっぷの旅 2018年冬編の2日目です!

1日目は只見線の旅と越後湯沢駅で日本酒を愉しむというプランでした。
2日目は、行ってみたかった鶴ヶ城を見るという行程と、会津若松でしょうか、喜多方でしょうか、朝ラーなる文化があるということをネットで知ったので急きょ、朝ラーを愉しむということも追加です。

そのため、会津若松駅を出発するというのは11時、途中郡山駅で駅弁を購入、宇都宮で餃子とビールのセットを頂いて帰るという感じでした。

《2日目》
会津若松11:08発 JR磐越西線→郡山 12:12着(駅弁) 12:50発 JR東北本線→新白河 13:31着 13:38発→黒磯 14:02着 14:09発 JR宇都宮線→宇都宮 15:01着 (宇都宮ぎょうざ)15:34発 JR湘南新宿ライン→新宿 17:13着

2日目はのんびりです。
鶴ヶ城(若松城)は8時半開城ということで、早起きの私はどうしようかな、なんて考えます。ネット情報でこの辺りは朝にラーメンを食べる文化があるということで、郷に入れば郷に従うフェニックス、鶴ヶ城近くの朝ラーのお店を探すと7時からやっている大笑家さんを発見!駅から歩いて行くと20分ほどかかりますが、他にやることもないので歩いて行きます。さすがに雪は降っていないですが、寒かったせいか恒例のお腹が痛くなってきました・・・

この時間空いているお店はないし、どうしよう???もうあかん、と思った時にコンビニが見えてきて事なきを得ました。
普段コンビニなんていう高級スーパーを利用することはありませんが、こういう時には本当にありがたいですね!

気を取り直してお店に入ると、ほぼ満席です!
食券でシンプルな支那そば650円を購入です。出てくると、こちらもシンプルながら麺の硬さもばっちりで、正直こちらの方が安くて美味しい!!

IMG_7996.jpg

IMG_7998.jpg

その後は、鶴ヶ城見学です。
IMG_8002.jpg

LRG_DSC01685.jpg

IMG_8003.jpg

綾瀬はるかさんが訪れた時に書いたものでしょうか?綺麗な方は字もきれいですね!
IMG_8004.jpg


大きくて立派ですね!周りには桜の木がたくさんあるので、この辺だとGW頃が満開の時期でしょうか?その頃にもう一度来たくなりますね。
今年は戊辰150周年ということで、特別展のようなものもやっていましたが、いかんせん時期が悪いのと朝早かったので、人はまばらでした。

こちらは天守閣からの街の景色です。
ちょっとこの日は曇りがちでした・・・

LRG_DSC01701.jpg

その後は、末廣酒造さんを覗いてみます。
LRG_DSC01714.jpg

LRG_DSC01715.jpg

だいたい、田舎の酒造さんは豪族が多いのか立派ですね!
酒造見学も定期的に行っているようですが、どうやら私一人しかいないような感じ・・・そこまでして見たいというものでもない(他で5回以上見学している)ので、今回は購入だけにしました。

他にも見どころはあるのかもしれませんが、自宅まで約7時間の旅を残しているので、この日は帰ることにします。

18きっぷの旅だと、お昼ご飯の時間の確保が難しいですが、この日は郡山駅で「のり弁当」をゲットして駅のベンチで頂きます(在来線ロングシートが多いので)。
IMG_8026.jpg

IMG_8027.jpg

人気のあるお弁当らしく、マツコの知らない世界でも取り上げられたそうです。
シンプルで飽きの来ない味、卵焼きが美味しく、のりもきちんと二重になっていて美味しかったです。
IMG_8028.jpg

IMG_8022.jpg

その後は宇都宮駅でエキナカの餃子屋さんで餃子ビールセット(1080円)を頂き、グリーン車で帰りました。
IMG_8031.jpg


この日は288.4km、乗車金額は5,080円、約7時間近い行程でした。
IMG_8092.jpg


2日合計で通常運賃であれば、11,560円、18きっぷ2枚で4,740円、グリーン券2枚で1,560円、ビジネスホテル5,500円で合計11,800円、その他食事代などがかかっていますが、ほぼ旅費を節約したお金で宿泊費をカバーできました!



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【18きっぷの旅】念願の只見線に乗ってみる~会津若松~

LRG_DSC01652.jpg

今回は、今年の18きっぷの旅 2018年冬編のスタートです!

もともと無趣味の私ですが、気が付くとなぜか18きっぷの旅にはまっています。
ブログを振り返ると、2015年の夏に長野、直江津、金沢を巡る旅をしたのが始まりで、その時はえちごトキめき鉄道とあいの風とやま鉄道が18きっぷで乗れないなんて知らないぐらいの鉄道おんちでした・・・

その後は、シーズンになると五能線、飯山線、飯田線、御殿場線、高山本線、身延線、八高線、両毛線、水郡線などなどを愉しむようになってきました。

ということで、今年はどこにしようかな、なんて思っていましたが、やはり一度は乗ってみたい聖線?乗鉄さんにも撮鉄さんにも人気がある路線である只見線にすることにしました!
せっかくの三連休なので1泊2日で、会津若松の観光も楽しもうというプランです。

《1日目》
東京6:20発 JR上野東京ライン→高崎 8:16着 8:24発 JR上越線→水上 9:30着 9:45発→越後湯沢 10:17着(ぽんしゅ館で日本酒とへぎそば)
越後湯沢 12:15発 JR上越線→小出12:56着 13:11発 JR只見線→14:28着 14:32発 代行バス→会津川口 15:22着 15:27発→会津若松17:19着


比較的のんびりしたプランですね。他の方のブログを見ていると、只見線なら日帰りというかたもいましたが、体力的な問題と、やはりせかっく行くなら観光も少しはしてみたい、ということで、只見線を愉しみつつ、越後湯沢で日本酒を味わい、鶴ヶ城と末廣酒造さんを見学するというプランです。

やはり北へ向かうとなると日本酒を愉しみたくなるということで、越後湯沢のぽんしゅ館で日本酒を味わって食事を取る時間を確保するため4時過ぎに起きて出発しましたが、8:29東京発でも会津若松には同じ時間に着けますね。

こちらがぽんしゅ館です。
IMG_7811.jpg

お土産やさんなども充実しています。
LRG_DSC01609.jpg

でも、せっかく18きっぷで旅をするとなると色んな駅で途中下車するというのも旅の愉しみなので、お酒が好きな方は是非ともぽんしゅ館でお酒を味わってみてください(500円で最大5杯まで)。

メダルの枚数が書いてありますが、500円で5枚もらえるので、それで好きなお酒を選びます(100種類以上)。
IMG_7821.jpg

こちらは夏子の酒のモデルになった酒造さんだそうです。
IMG_7820.jpg

その後は、ちかくのおそば屋さんでへぎそば(大盛り1000円)をいただきます。

LRG_DSC01615.jpg

この駅は、エキナカにお寿司屋、新潟のお米をいただけるおにぎり屋さんがあったり、ラーメン屋があったりと、充実しているのでいいですね。
結局、へぎそばを食べた後も、まだ時間があったのでもう一度ぽんしゅ館によるという、もう昼間からただの酔っ払いオヤジです・・・

そして、本日のメインである只見線に乗るため小出駅に向かいます。
こちらが時刻表です・・・本数が少ないですね。
LRG_DSC01624.jpg

LRG_DSC01630.jpg

小出駅で只見線のキハ40系に乗り込みます。2両編成で、意外と乗客が多いですね!
どうやら、観光客がほとんどのようで、中には中国人の家族連れまでいるという感じです。

なんとか座るところを確保して、景色を楽しみます。
やはり、乗っていて愉しい路線は川とダムと山がセットになっているんですね!
私も好きなのは高山本線と飯田線ですが、只見線もいいですね。

IMG_7875.jpg

IMG_78671.jpg

LRG_DSC01650.jpg

ただ、只見線でよく見る只見橋梁は乗っているとよく分からないんですね・・・
あっ、と思うと流れ去っていくような感じで、更には今年の暖冬のせいか、雪もそれほど多くないという感じでしたね。
でも、心配していた天気がよかったのが救いでした。

只見~会津川口間はまだ代行バスでの運行ですが、なんとか2021年の再開を予定しているそうです。
IMG_7857.jpg

LRG_DSC01651.jpg

当初は、ここ早戸駅の近くにある「つるの湯」さんに寄るか、泊まることも考えていたのですが、雪のことを考えて遠慮したんですが、全然積もっていないですね・・・
また、夏にでも来たときは寄ってみたいところですね。
IMG_7869.jpg

LRG_DSC01663.jpg

そうこうしていると、目的地の会津若松に到着です。
LRG_DSC01669.jpg

その後は、駅前に取ったビジネスホテルにチェックインして、近くの「喜多方ラーメン来夢」で確か910円だったような気がしますが、チャーシューがたっぷり乗ったラーメンを頂きました。お客さんは7、8人だったでしょうか?
IMG_7974.jpg

IMG_7975.jpg

6時過ぎだったと思うので、それほど混んでいないんですね。
駅からは10分ぐらいかかりますが、シンプルなしょうゆ味で美味しかったですが、少し麺がやわらかいのかな、という感じです。

その後は、軽く散歩をしながら飲み屋を探しますが、いまいちよく分かりません。
これといった感じのお店もないし、さすがに12時間電車に乗っていたので、ゆっくりお風呂に入ろうということで「富士の湯」さんです。

こちらがあったので、ビジネスホテルは安い大浴場なしのところにしました。
富士の湯さんは、地元の人も多いのか、結構混んでいますが、中の浴場も内風呂4つぐらいに、炭酸湯からジャグジー、壺湯や薬湯までいろいろあって温まれます。

そして、コンビニでお酒を買ってホテルでぼっち呑みです。
ホテルも古いですが中はきれいで、部屋が広めなのがよかったです。
10時過ぎぐらいには、眠りについてしまいました。
IMG_7983.jpg

ちなみに、東京から会津若松までは372.4km、普通運賃で6,480円、東京から約11時間(昼を抜くと約9時間)の旅でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【感想文】「プライベートバンカー驚異の資産運用砲」杉山智一著、その脅威の運用方法とは?

最近、読書感想文を載せていませんでしたね。
以前ほど投資関連本を読まなくなってしまったというのもあります。
正直、インデックス投資は、色々と理屈なり考え方を理解してしまうと、どの本を読むのか、よりもどうポートフォリオを組むのか、どれほどをリスク資産とするのか、ということだけ考えれば、後は大きな問題ではありません(私のようないいかげんな人間にとってはですが)。

今回読んだのは、杉山智一著の「プライベートバンカー驚異の資産運用砲」です。
著者はプライベートバンカーで、清武英利氏の「プライベートバンカー」の主人公と言われている方のようです。

こういった本は、個人的に大好きなんですね。
富裕層であったり、アンダーグラウンドの世界の人であったり、スパイであったり、現実世界に順応できない身とすると、非現実的な世界、一部の人しか経験できない世界を描いた本は興味が湧いてきますね。

ということで、なんとこの本が某中古本屋さんで108円で手に入ったので読んでみました。
いいですね。私のような庶民投資家では到底マネできないような、レバレッジを効かせた投資法で、海外の法人や低税率な国を使って、なんだかんだで年率10%近いリターンを得るという夢のような資産運用砲が書かれています。

残念ながら、これらのスキームを使えるのは富裕層だけだそうです・・・
どこまでが本当なのか、私には確認する術はありませんが、本当であれば富裕層はいつまでたっても富裕層なんだな、という現実を突きつけられますね。

ただ、この本で私が学んだのは、著者は富裕層向けの特殊な仕組みなり制度を使っていますが、経済の考え方についてはスタンダードに、米国の利上げに備える必要があると述べている点です。

そして、我々のような庶民に向けては、170ページから「非富裕層が行うべき投資法」として、税制メリットを活用しつつ、ドルコスト平均法の投資法を説いていらっしゃいます。

ここでも、分散、低コスト、そして節税制度(NISAなど)の活用ということですね。
正直、別世界の人だと思っている、プライベートバンカーの方から、このような投資手法が紹介されているのにびっくりするとともに、やはり投資の王道であるんだな、なんて思いました。

その他、資産形成気だけでなく1000万円以上からの資産運用方法、そしてプライベートバンカーに依頼できるような1億円以上の運用方法についても、軽く触れられています。

それにしても、この本を読んでみると細かくは述べられていませんが、日本の規制は資産形成に向かない制度だそうです。
そのために、著者はシンガポールでプライベートバンカーとして仕事をしたそうです。

そして、シンガポールの住人の6人(組の家族)に1人(組)が富裕層であるということに驚くとともに、日本人が結構いるということにも驚きました。

日本の年金制度やら高齢化の状況を見ると、富裕層に達している方はシンガポールに移住するのもありなんですかね・・・
なんでも、税金がほとんどかからないそうですし。

是非、これ以上の運用方法が知りたい方はこちらから(笑)




【ハイキング】紅葉の高尾山を愉しむ!!

LRG_DSC01508.jpg


こんばんは、フェニックスです!
三連休はいい天気でしたね。
ということで、三連休の最終日にいつもの高尾山に登ってきました(笑)

当初は、もうちょっとハードな山を考えていたのですが、とある事情で病院にいかなくてはいけなくなり、そうなると土曜日に行くしかない・・・
土曜日の朝に病院に行って、待ち時間3時間以上・・・挙句の果てに治療は20分ぐらい?そして既に、今日から使っていないシップを35枚処方されるという始末・・・

もう、医療費が破たんするのは当たり前ですよね。
シップなので、お医者さんの暖かい心遣いなんですかね?でも、保険適用だから1000円以内ですが、市販で買えば3000円ぐらいしそうですよね?

そして、思ったのが老人の方はその辺の判断もできないし、私も久々に病院に行くと処方について意見なんて求められないんですよね・・・

シップも痛み止めも当日使っただけで、後は何もなければ使わないのに、痛み止めも10日分も処方されているんですね。
この辺をどうにかしないと、捨てられる薬問題は解決されないんでしょうね・・・

それはいいとして、なぜか高尾山に行ってきました。
当初は、東京の御嶽山を考えていたのですけどね。
単に、乗り換えが面倒くさかったのと、お金の問題ですかね。

いつも通りというか、家を6時前に出てコンビニで食料の調達などをしつつ高尾駅に向かいます。
今回は高尾山のロープウェイ乗り場には7時前には到着です。

どこから登ろうかな、なんて思いつつ、今回は6号路を選択です。
午前中ぐらいまでは登り限定、トレラン禁止ということで登りやすいのではという選択です。

登ってみて、このコースはいいですね!
登るのはおそらく初めてなような気がしてきました。
つい、薬王院へのお参りをしたいということもあり、登りは1号路が多いのですが、ここはそれほど土地改良(舗装)されてないので、ちょっとした登山気分が味わえますね。
その後は、いつもどおり小仏峠の途中の茶屋に9時過ぎに着いて、どうしようかな、なんて思いつつ、結局高尾山へ戻って4時間コースです。

途中は天気もよく紅葉なども楽しめましたが、帰りに高尾山頂を訪れましたが(10時ごろ)大変混んでいました・・・

この時期の高尾山は魅力的ですが、ちょっと混雑しすぎですね・・・
そうは言っても、私も散々登っているので、手軽に愉しめる山なのは確かですね。

LRG_DSC01513.jpg
薬王院の天狗さん

LRG_DSC01499.jpg
小仏峠へ向かう途中の茶屋でお昼ご飯

紅葉・・・

LRG_DSC01315.jpg



【ハイキング】高尾山の紅葉巡り!

LRG_DSC01315.jpg


もう、いいよね、というぐらい高尾山に登っている気もします。

今日は早く起きたので、天気が悪いという予報にもめげずに行ってきました。
7時ごろに高尾のケーブル下に着いて、ありきたりですが1号路から頂上をめざしました。

幸い、7時ぐらいだとそれほど混んでもいなかったので、順調に8時ぐらいに頂上について、せっかくなので小仏方面に向かいました。
そして、茶屋のベンチでお昼ご飯(9時ぐらいでしたけど)のカップラーメンを頂いて、また、高尾山を経て帰るという、なんだかんだで4時間ほどのルートでした。

帰りは稲荷山ルートだったのですが、なんか歩きやすくなっていますね。
最近は老人が多かったりするせいなんでしょうね。

いいのか、悪いのか、よく分かりませんが、登山客の1/3が老人、1/3が外国人の状況では仕方ないですね。
そういう私も、あと20年もすれば歩きやすい高尾山を愉しんでいるんでしょうかね?

ちょっと天気は悪かったですが(曇り)、人は多かったですね。

LRG_DSC01290.jpg

LRG_DSC01284.jpg

IMG_7377.jpg
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR