FC2ブログ

【ハイキング】涸沢に紅葉を見にテント泊!

IMG_2896.jpg

おはようございます、フェニックスです。

今回は、先週末に有休を1日とって涸沢にハイキングに行ってきたのでご報告です。

上高地は今シーズン3回目、まさか行くとは考えていませんでしたが、夏休みは初日に熊が出て撤収、リベンジで4連休に行ってまったり過ごし帰ってきたら10年に1度の紅葉とニュースがあったので2年ぶりに行ってきました。

上高地と聞くと遠く感じるかも知れませんが、意外と手軽に安く行けるのでお勧めです。
IMG_2842.jpg

高尾6:14分発の松本までの直通鈍行に乗って、松本電鉄で新島々10:40着、そこからバスで上高地バスターミナルに1時間ほどで行くことができます。
鈍行で行くと、高尾から3,410円、松本からの電車とバスのセットで片道2,500円ですので、なんと6,000円ほどで上高地に行くことができます。
時間は約6時間ですが、余裕のある方は特急あずさで1,600円ほど出すと1時間ちょっと早く着くことができます。

ちなみに、2泊3日で行きましたが、
交通費(帰り特急使用)15.000円ほど
宿泊費2,300円(徳沢園800円、涸沢1,000円、コンパネ500円)
飲食費 5,500円(ビール550円×3本、800円×2本、生ビール1,000円、おでん800円、ソフト450円)
合計22,000円ほどで2泊3日旅行とハイキング、そして日本一と言われる紅葉が楽しめるので、意外と安上がりですね!


で、実際に涸沢に紅葉を見に行きたいという方にお勧めのルートです。
私は、徳澤園のキャンプ場で前泊して行くことが多いですが、徳澤に泊まって涸沢に行ってその日に戻ってくる人、上高地に夜行バスで来て一気に涸沢に行く人、更には穂高まで行く人色々いますが、体力がない人は徳沢園での前泊がお勧めです(今シーズンは徳沢ロッジの日帰入浴ができないのが残念ですが・・・)。
そこは個人の体力、金銭、色々なものに左右されますのでよく考えてみてください。

私の場合は、涸沢で紅葉とモルゲンロートと言われる朝焼けが見たい!ということがメイン、それほど体力に自信がないので、2泊3日の計画です。

上高地に12時過ぎについて、帰りのバスの予約をして、軽くおにぎりを食べて、徳沢園を目指します。

上高地でハイキングする際に覚えておくといいのが、上高地、明神、徳沢、横尾とありますが、どれもおよそ1時間で行けるということです。
つまり、上高地から徳沢までは約2時間でいけるので、初日は疲れることなく、おしゃれな徳沢園のキャンプ場に到着です!
IMG_2852.jpg

到着も確か2時過ぎだったような気がするので、自分の好きな所にテントを張ってのんびりビール(500ml、550円)を呑みながら本を読んだりして過ごして、持ってきたカップラーメンやら、つまみでお腹を満たしました。
IMG_2856.jpg

ちなみに徳沢園はオシャレな山荘、ホテルなので、食事も1,000円ほどで色々あります。
IMG_2851.jpg
食堂でいただくビール!

この日は、夜はめっちゃきれいな星空でした!
IMG_2779.jpg

本当に、上高地に来るたびに星空の雄大さと水のきれいなことに感激しますが、とにかく満点の星ですので、キャンプだけでもお勧めです。

夜は大体みなさん9時ぐらいには静かになるので就寝、夜中トイレにいったりして3時過ぎに起きる感じでしょうか。

4時ぐらいに本格的に起きて、コーヒー、朝食の準備をして30分ほどかけてテントを撤収して、この日は5:10に徳沢園を出発して涸沢を目指しました。

涸沢を目指すだけであれば、通常4時間コース、足の遅い私でも10時には着いたので5時間コースなので、もう少しゆっくりでも問題ありません。
私の場合は、涸沢でコンパネ(テントの下に敷く板)が欲しかったので早めに出発しただけです・・・

ちなみに、涸沢に登るだけならそれほど大変ではありません(人によりますが)。私も今シーズンはコロナと天候不順でほとんど山には登っていませんが、先ほど言ったように前泊してある程度時間を稼げば4時間(横尾泊だと3時間)ほどで登ることができます!

そして、上高地からと横尾から涸沢までの中間地点の本谷橋まではほぼ平坦なルートです。
そのため、アップダウンはほぼなく長距離歩ける人は問題なくここまでは行けます。
本谷橋からは、岩場の登りが続くので久々にテントを担いで登るには疲れたので、標準時間より50分ほどかかりましたが、これは紅葉を見ながらという面と、先行してるツアー客の集団がいたのもあります。

このシーズンの涸沢はツアー客の年配の方がいるので、帰りも雨の中6時過ぎに出ましたが、下りが大渋滞するということがありました。

IMG_2869.jpg
この日は残念ながら曇り空でした。

いずれにしろ、最後2時間ほどの登りに耐えるというか、1時間ほど頑張って登れば途中から紅葉など景色も良くなってくるので、景色を見ながら登っていると到着します。
IMG_2878.jpg
涸沢ヒュッテに物資を届けるヘリ!

この日は、日曜日ということもあってか、コンパネもあり早速調達してテントを設営しました。ちなみに、涸沢は午後2時以降にならないと受付が始まらないので、早い者勝ちで勝手に持って行くしかありませんので、待っていてもだめですよ。
IMG_2873.jpg
コンパネは500円、11時過ぎにはなくなっていました・・・

IMG_2890.jpg
写真右下に積まれているのがコンパネです。
ちなみに、テントはここから少し下ったところに張りました。涸沢は1000張できる巨大キャンプ場ですが、岩場が多いのと横に長く水場が遠くなるので、できれば早く着くことをお勧めします。
IMG_2886.jpg
眺めがよく、なるべく平坦な場所にテント張り。

IMG_2904.jpg
10時過ぎについて、テントを張って軽く食事をとって少し上の涸沢小屋で生ビールとおでんを食べました!
おでんは涸沢ヒュッテが名物のような気もしますが人が多いので、私は前から少し人の少ない涸沢小屋ででおでんと生ビールを愉しみながら、涸沢のキャンプ場を少し上から眺めるのが好きです、おすすめですよ!!
しかも、生ビールはMAMMUTのロゴが入っています!

IMG_2920.jpg
この日は曇りなのでテントも少なめ、前日は1000張り近かったそうです。

その後は、正直それほどやることがないので、のんびり景色を眺めて本を読んで、夕食を作りながらまた景色を眺めてにやにやしているぐらいでした。
IMG_2933.jpg

でも、残念ながらこの日はくもり、夜からは雨が降り出したので8時ごろに就寝、12時過ぎから本格的に降り出して下山をどうしようかな、なんて考えながらうとうとしつつ、それほど眠れずに4時過ぎになって、ちょっと雨が小降りになった時に食事をとってテントを撤収して6時半ごろ出発して一気に横尾まで下山して、更にスピードアップして11時前に上高地バスターミナルに到着、11時半のバス、あずさに乗って帰りました。
IMG_2935.jpg
朝は雨・・・

でも、雨を含んだテントが重くて、途中でトイレに寄った時にザックをおろすと、空を飛べるような身の軽さに驚きました。
IMG_2952.jpg
疲れたので帰りは鈍行ではなく、あずさでお弁当とビール!

あ、帰りはご褒美に徳沢園でソフトを食べました、美味しかった~
IMG_2943.jpg


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【18きっぷの旅】対策をとってソロ旅、電車旅を愉しもう!~ゆりあげ朝市~

IMG_2422.jpg

おはようございます、フェニックスです。

夏の18きっぷシーズンの到来です!
皆さん、きっぷを片手に電車に乗りましょう!!


いろんなニュースなどを見ると、若者の感染が拡大していますが、そもそもマスクもせずに夜にクラブに出歩いている若者が結構いるようです。

そんな状況で三蜜状況だとある意味感染して当たり前ですよね?
一方で、18きっぷの旅でローカル線に乗ると、一人旅でしゃべることもなく車窓を眺めたり、本を読んだり、次行くところを考えたり・・・

しゃべることもなく、マスクを着用しているので、感染させる恐れもありません。これがだめなら、普段の通勤でクラスターが発生しているはずですね。

そして、夜も独りグラスを傾けるだけなので、問題ないですね。
実際に、仙台に行った時もカウンターに私だけ、その他に数組という感じなんで、これでダメならなにもできないでしょう、という感じですね。

それはいいとして、四連休初日に、18きっぷが使用できることを忘れるという痛恨のミス・・・
とはいうものの、気を取り直して10時ぐらいの電車に乗って、仙台を目指します!
いつものように、宇都宮経由で、郡山、福島、仙台で、10時に出ても6時過ぎには仙台に到着していました。

夜は、国分町のビジネスホテル、3000円前半でしたね。
いつもは大浴場付きを好むんですが、今回は自粛しました。

次の日がメインと考えていて、第一候補は鳴子温泉へ朝早く行って新庄へ、そして快速ゆけむり号で仙台に帰ってくるのか、第二候補は気仙沼線や三陸鉄道など東北の海沿いを巡ることも考えていました。

でも、東京で300人越えの感染確認・・・温泉はまずいかな?、三陸鉄道なんて誰も乗っていないだろうしいいかな?と思いつつも、さすがに岩手県は見えない壁で拒否しているだろうしと考えて、仙台近くのゆりあげ朝市へ!

ここなら野外だし、失礼ながらそんなに人もいないのかな?なんて考えていました(実際は、人は多かったですが、野外なのとそこそこの人出という感じでした)。
IMG_2430.jpg

取手駅8時発のバスで震災メモリアルパークへ向かいました。
その後、公園で手を合わせて、朝一へ!

ここは浜焼きというか、魚介類を購入してその場でBBQのようにして食べるのが人気なんですが、さすがに一人旅なのでそれは我慢。
分かりにくいですが、階段下ったところが浜焼きスペースです。
IMG_2425.jpg

となりのメープル館でしらす二色丼800円とビール300円で1100円!!
朝おにぎりを食べたのに、9時前に更にどんぶりを食べるという贅沢!!
IMG_2421.jpg

帰りは、常磐線で、相馬や双葉、浪江などを眺め、遠くにたたずむ福島第二原発を確認して帰路に着きました。
IMG_2449.jpg


正直、なにをしたわけでもなく、ただただ電車に乗るという旅でしたが、楽しかったです。
IMG_2455.jpg


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【ハイキング】解除後初の高尾山ハイキングに行ってきたよ!

IMG_2283.jpg

おはようございます。

緊急事態宣言が解除されたということで、早速登ってきました。
まだ、県をまたぐ移動は自粛ということで、都内で行けるハイキングの定番、高尾山です!

なるべく月1ぐらいでどこか登りに行きたいと考えているので、よく行っていた山です。
今回は、そうはいってもまだまだ油断は禁物ということで朝の6:45頃に高尾山口につくようなスケジュールで出発しました。

ざっくりとのスケジュールは、
6:48ハイキング開始→7:43高尾山頂→城山8:34(食事)→高尾山頂10:04→高尾山口11:07という感じでした。

登りは好きな沢沿いの6号路で登って、山頂を超えて城山で食事、折り返して1号路で薬王院でコロナ禍が治まるようにお参りして帰ってきました。

今回行って気づいた点などをメモとして残しておきます。
コロナ対策としては、
① 早く出発する
② ソロで行く
③ マスクをする
④距離を置く

この程度でしょうか?
早く出発しましたが、着いたのは7時前だったので結構な人がいました。
駅に降りたのは肌感覚で50人ほどでしょうか?ただ、ルートがたくさんあるので、登っていると全然気にならない人数ですね。
やはり登るのが好きな人が多いのか、朝が早かったのもあってかソロの人が多かったです。

IMG_2277.jpg

沢沿いのルートでそれほど暑くはないのですが、登りながらのマスクは正直キツイです・・・
途中からあごにかけながら登っていましたが、距離は十分とっているので気にならないですね。

今回は、やはり好きな人が多いのか、城山を目指す方も多いイメージでした。
普段は、奥高尾に足を延ばす方は1割ぐらいのような気がしますが、多かった(といっても混んでいるわけではないです)。
山頂も20、30人ぐらいしかいなかったし、城山の茶屋も20人もいなかったような気がします。

IMG_2289.jpg

帰りは、やはり登ってくる人が多くすれ違うことも多くなり、家族連れや若者のグループも多くなってきました。
気になる人出は、普段の3程度でしょうか?
NHKなどは、2割程度と言っていましたが、確かにリフトなどの利用者は少なかったですが、それなりの人はいましたね・・・


IMG_2293.jpg

IMG_2278.jpg

1号路は参道というか広く整備されているので、距離を保ちながら降りていきました。
ま、外なのでどこまで気にするのか悩ましいところですね。

私は基本、日帰りハイキング程度なので問題ない気もしますが、リスク(難度)が高い山や泊りは厳しいですかね?

移動制限がなくなれば、低山のテント泊ぐらいはしたいけどどうなんでしょうかね?
私は普段通勤で電車で70分程は乗っているので、それに比べればハイキングはリスクが少ない気がするので、あまり問題ないのかな?なんて思っていますが、この辺りは個人の判断でしょうかね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【ハイキング】陣馬山から高尾山へ!高尾山縦走!!

IMG_1711.jpg

おはようございます。フェニックスです。

やっと冬らしくなってきたと言いますか、休日の天気の日が増えてきたような気がするので、またしても高尾山ハイキングです。

今回は早く起きたので、陣馬山から景信山を経て高尾山へという、いわゆる高尾山縦走へのチャレンジです。

昨年は夏に至仏山へ行って足を痛めてから、秋口も軽いハイキングまでだったので、久々の5時間越えのコースへチャレンジしました!

当日は、中央線が遅延したので少しの差で7:35に乗れず!!
おかげで寒い中30分近く待つ羽目になり、お腹が痛くなってきて・・・

なんとか気を取り直して8:10のバスに乗って登山口まで30分ほどで到着。

久々の陣馬山でこんなに大変だったっけ?なんて思いながらなんとか70分ほどで山頂へ!
神馬さんは見晴らしがいいですよね、富士山もはっきり見えました。
IMG_1713.jpg

景信山あたりで11:30頃でしたのでお昼を食べようかな、とも思ったのですが、ここはバーナー使うのに山小屋の許可が必要なようなので我慢(何も買わないので)して小仏峠を超えて城山まで行きました。

ここで、持ってきた炊き込みごはんとカップラーメン、そしてコーヒーです。
IMG_1724.jpg

美味しかったですが、ちょっと量が多かった・・

さすがに足も疲れていたので、30分ほどお昼休憩で一気に高尾まで下っていきます。
久々で最後は足もぐったりしていたので、最後は楽して1号路で下りました。
陣馬山、景信山、見晴台、高尾山で富士山の写真をとって、高尾山縦走を愉しみました。

当日は寒かったので霜柱が所々にあり綺麗でしたが、溶けたところは足元が悪かったです。
IMG_1710.jpg

高尾山縦走は、正直言って陣馬山まで登るのが大変ですが、そこからは比較的なだらかな稜線ですので歩きやすいのですが、さすがに5時間半ぐらい歩いたのでぐったりでした。

でも富士山も綺麗だったし、天気もよかったので楽しいハイキングでした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【ハイキング】雪の高尾山を愉しむ!

IMG_1663.jpg

最近ブログでハイキング記事を書いていないな~なんて思っていたので、今回はアップします。
相変わらずの気軽に行ける高尾山~小仏峠のピストンです。
景信山までとも考えたのですが、久々だったのと日曜日だったので・・・

ということで、いつものYMAPでの記録を見ると
8:39スタート9:35高尾山頂10:42城山(小仏峠)11:57高尾山頂12:53ゴール
でした。
最近お気に入りの6号路から登り始めましたが、思っていたほどの雪はありませんでした。
途中、それなりに積もっていましたが、普段の装備で問題ないレベルでした。
IMG_1620.jpg

順調に1時間ほどで山頂に到着です!
IMG_1630.jpg

IMG_1631.jpg

IMG_1632.jpg
もう、これが見たくて来たんですよね。寒ければ寒いほど空気が澄んで綺麗に見えるんですよね、富士山!!

普通の方はここまでですが、本当は高尾山頂から小仏峠に向かう見晴台からの富士山が最高です。こちら!!

IMG_1644.jpg
少し大きく見えるのが分かりますかね?
山頂からさらに30分ちょっとぐらい?でしょうか、余裕があれば是非こちらに来てください。

山頂から小仏峠に向かう階段辺りが凍結していたので、少し心配になって軽アイゼンを装着しました。
そうしたら親切なおじさんが「高尾山だと木道が多いからアイゼンだと足痛めるかもしれないよ。今日だったらいらないんじゃない?爪だけで十分だよ。」と教えてくださいました。

爪って?と思いながら、先端だけのやつかな?なんて思いつつ、念のため6本爪のモンベル軽アイゼンを装着していきました。
結果的には、8割ぐらいは泥や不要なところで、残り2割が少し雪や凍結している、本当にあった方がいいな、と思う箇所は5%ぐらいでしょうかね。
IMG_1650.jpg

IMG_1665.jpg

今回はなくても行けたかなと思う感じでしたが、油断するとこけている方もいたので、判断が難しいところですね・・・

小仏峠でなんとか座る場所を確保してランチ!
IMG_1655.jpg
寒かったので、今回は担々麺にしました!温まりました!!美味しかった!!!
手前は自分で作ったお弁当、といっても振り返ご飯に海苔とソーセージのみ・・・
暖かいカップラーメンとコーヒーがあればいいんです。

帰りは、今年初の高尾山だったので、薬王院にお参りも兼ねて1号路で帰りました。
1号路は舗装道路ですが、急な下り坂もあるので膝の負担があるんですよね。

ま、東京でも八王子辺りに雪が降るとこんな感じになるので、雪を体験したい方は是非とも高尾山にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR