FC2ブログ

ETFへのリレー投資

景気が良くなっているんですかね。
今日の日経では消費先行との記事がありましたが、いいですね。
富裕層の方が株高で潤って、超一流企業の方が給与上昇を見込んでいるんでしょうかね。

私も株高の恩恵を受けていますが、あくまで評価益であり給与の上昇も見込めない(むしろ下がっている)ため、とてもそんな余裕はありません。

そんなことはともかく、週末はETFへのリレー投資を考えていました。
ETFへのリレー投資は、インデックスファンドからよりコストの低いETFへ資産を移動させることです。
ざっくりいうと、投資信託の費用の半分程度になります。

長期の投資では、小さな差が大きな運用の差を生むのです。
そして、コストは管理できてもリターンは管理できないため、同じような投資カテゴリーなら、より低いコストの方が経済合理性があると考えられるため、リレー投資をする必要があると思っています。

今回調べてみて思ったのは、日本のETF市場の出来高が低いということでした
投資になれたブロガーの方が外国のETFに投資されている理由が少し分かりました。
バンガードなどのETFの方がコストが低いのもありますが、日本のETFは流動性が低いのも敬遠されているのではないかと思いました。

北朝鮮のリスクもあるのでしばらくは先が読めない(価格変動が高いことも想定されるため)勉強します。
EXE-iも検討してみるのもいいのかな、と思った今日この頃です。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

前言撤回・・・

4/7のブログで、SBI銀行の仕組み債に投資したと記載しましたが、結局解約しました。すいません。

このブログというか私の基本運用方針は、インデックス投資です。
しかし、つい浮気心を出しますがたいていは失敗しています。

また、夜は飲みながらこれいいかなとか訳のわからないことを行っています。
しかも、根がMなので損失を出しても意外とめげないたちです。

これだけ、債券の利率が動いている状況で10年の投資は厳しいなと思ってしまいました。
もう少し落ち着いたら、改めて考えます。

週末は、積立がめでたく100万円近くになっているカテゴリーもあるのでETFへのリレー投資を見越して検討したいと思います、

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

過去の投資信託の上昇率は・・・

過去10年間の投資信託の騰落率が、モーニングスターのサイトに載っています(こちら)
これも見ると、2012年はどの資産に投資してもよかったみたいですね。
特にJREITが上昇したみたいです。

分散投資を基本に考えると、下落するカテゴリーと上昇するカテゴリーがあって、トータルでは上昇するというのが理想ですが、必ずしもそうではないようです。

これを見ると、リーマン後に国際株と国債REITが上昇している中、日本は大幅に出遅れていたのをやっと巻き返した感じでしょうかね。

ま、それぞれの年度で上昇率のいいカテゴリーが異なっていることから、分散投資の利点はある気がします。
センスのある方は、その年度でカテゴリーを変えるのはありだと思いますけどね。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

北朝鮮の動向が気になる・・・

北朝鮮の動向がマスコミで取り上げられている。
ミサイルを撃つという報道があったが、今日は今のところ発射はないようです。

北朝鮮の新体制になって1年が経過しようとし、方向性がよく分からないし専門家でもないのでコメントしようがない。
しかし、本当に発射したら日経平均も下げるかもしれない。

地政学リスクというものでしょうか。
まだ上昇余地はあるものの、北朝鮮が何をやるかリスクはある気がします。

やはりこういう時は積立でしょと思ってしまう。
これから投資する方は、積立でなくても少額分散がいいと本当に思います。

様子を見て投資を始めてみるのがいいと思います。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

書くことが・・・

こうも相場がいいと、インデックス投資家はあまり書くことがない・・・

日本株も高いし、円安で先進国債権も高いし、REITも上がっている。
幸いにも私の資産も30%近く上昇しているし、それ以外にも外貨MMFの含み益もあるようです。

でも、これってBOJがすべてのリスクを負ってるんですよね。

これまでの私の知識では、利率が下がると債券価格が上がって、逆に株価が下がるというものでした。
つまり、債券価格と株価は反比例の関係でした。
しかし、株も債券も上がるというのはどういうことか理解できません。

分散投資が効かなくなることを意味しています。

でも、今はBOJが債券も買って株も買ってREITも買っていることから、すべての価格が上がっています。

これが正しいかは分かりませんが、みんなが踊っている以上踊らにゃ損なんでしょうね!
しばらくは積み立て投資を続けていきます。

この反動が来た時に備える投資方法はまだ分かりません・・・

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

ISA関連

ISA関連について今日は一気に以下のことをやりました。

①SBI証券で資料請求

②SBI証券でアンケート回答

③週末考えた愛称募集に応募

①は、とりあえずメイン口座で資料請求して、どのような資料が来るのか見てみようということで、10月ごろまでは各証券会社の動向を確認しようかと思っています。

②はSBI証券でISAに関するアンケート募集があって、所要5分程度で100円がもれなく?もらえるというものです。口座を持っている方はぜひ応募して、より使いやすくなるようにしてみましょう!
ログイン後の左下、お知らせ画面から応募できます。

③は、以前もブログで書きましたが週末3つ浮かんだので応募しました。
再度ですが、応募サイトはこちらです。

くどい気もしますが、英国のように恒久的制度になるように微力ながら普及させていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。いい愛称が思いついたらぜひ応募してみて下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

遊び心で投資しました

SBI銀行で募集している仕組預金「プレーオフ」フラット型に投資しました。
最短1年最長10年でありますが利率は0.7%と高いものです。
利率が高い分、預金期間は銀行側が選べるという仕組み債です。

インフレ期待があるということは利率が上昇することが想定されますが、金融緩和で長期金利が下がっているので、1年で償還されると見込んでの投資です。

はずれれば、損失が確実な気もしますが1年で償還されることを期待しています。
日銀には逆らえる人はいないでしょう!

しかし、1年定期預金利率が0.1%程度ですので、その7倍の利率ということは7倍のリスクがあるということです。

今なら、株式に投資すべきでしょうという声もあるかと思いますが、値動きが大きすぎてもう少し落ち着いてからでもいいかと思っています。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

BOJ Stimulus 'Quite Dangerous'

おおー、ついに我がブログにも横文字が並ぶ時がやってきました。
著名投資ジョージ・ソロス氏が、今回の日銀金融緩和についてコメントしています。
英語に自信はないので以下、引用させていただきます。

"What Japan is doing is actually quite dangerous because they are doing it after 25 years of just simply accumulating deficits and not getting the economy going," Soros told CNBC's Bernie Lo on the sidelines of a conference by the Institute for New Economic Thinking in Hong Kong.

"So if what they are doing gets something started, they may not be able to stop it. If the yen starts to fall, which it has done, and people in Japan realize that it is liable to continue, and want to put their money abroad, then the fall may become like an avalanche," Soros added.

The yen has tumbled almost 21 percent since mid-November, falling to 97 per dollar on Friday, and many currency strategists expect a move to the 100-110 area by the end of this year.

"The amount of quantitative easing that he [BOJ Governor Haruhiko Kuroda] is introducing, is the same as in the United States, but Japan is only one-third the size of the U.S. so it is three times more powerful than what's happening in the U.S.," Soros said.

Soros reiterated his view that Europe's economy faced serious problems, adding that austerity measures in the region were "self inflicted."

"Japan is trying to escape after 25 years of slow death, from a policy that Europe has just now adopted. So they are moving in opposite directions. Japan is trying to escape and Europe is just starting," Soros, founder and chairman of Soros Fund Management said.

引用おわり。CNBC該当サイトはこちらです。

昼過ぎから、辞書片手に何を言っているのか理解しようと思っていたら、日経電子版に豊島氏がコメントを寄せていますのでそちらを参照してください。

気になるのは、ソロス氏が今回の金融緩和に否定的なコメントを述べていることです。
BOJ(日銀)のstimulusは極めて危険とし、円の下落はavalanche(雪崩)のようになるかもしれないという趣旨のコメントを述べています。

前人未到の領域に踏み込んだということは、この先は誰にも読めないということでしょうが、著名投資家の意見だけに気になるし、もし円の暴落があれば小市民への影響は大きい気がします。

常に物事にはプラスの面とマイナスの面があり、両方に備える必要があります。
日本株で儲かったと喜んでいるだけでは、将来の備えにならないかもしれません。

常に分散投資が必要な世の中かもしれませんね。
そう改めて思った、ソロス氏のコメントでした。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

日銀が未踏の領域へ

今日の日経平均は大荒れだったようです。
米国経済への懸念等から午前は大きく下げましたが、日銀の金融緩和の内容が明らかになって反転したようです。

詳しいことはよく分からないので、以下ロイターの引用です。

「質的・量的金融緩和」の概念を導入し、マネタリーベースと長期国債・上場投資信託(ETF)の保有額を2年間で2倍に拡大するとともに、長期国債買い入れの平均残存期間を2倍以上に延長することが柱。金融市場調節の操作目標をマネタリーベースに変更し、年間60─70兆円に相当するペースで増加させる。

マネタリーベースの残高は2012年末実績の138兆円から、13年末に200兆円、14年末に270兆円に増加する見通し。当座預金も12年末実績の47兆円から13年末107兆円、14年末175兆円へ大幅に拡大する。日銀全体のバランスシートは12年末の158兆円から13年末220兆円、14年末290兆円へと膨らむ。

<資産買入基金は廃止>

毎月の長期国債のグロスの買い入れ額は7兆円強になる見込み。また、ETF及びJ─REITの保有残高は、それぞれ年間約1兆円、年間約300億円に相当するペースで増加するよう買い入れる。CP、社債などについては、13年末にそれぞれ2.2兆円、3.2兆円の残高まで買い入れた後、その残高を維持する。

量的・質的金融緩和は、2%の物価安定の目標の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで継続する。その際、経済・物価情勢について上下双方のリスク要因を点検する。
引用終わり。

残念ながら経済的な知識に乏しいのですが、世の中に日銀からあふれるお金が12年から倍増されるということでしょうか?
また、政策を小出しにせずに一気にやったということ見たいです。

これで、今後のデフレ脱却の責任は安部政権に移ったのでしょうか?
しばらくは、株価も上昇するでしょうが、TPPなどで既得権益まみれの自民党議員が改革に反対して改革が進まず暴落して、小市民が結局損をしなければいいなと思います。

小泉総理ですら手こずったのに、育ちのいい安部総理に本気で改革する気概があるのでしょうか?
政治はまだ何もしていないというのが個人的感想です。

日銀はやることやって手詰まりになってしまうと、今が最高値なのかもしれないと心配するのは私だけですかね?

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

日本版ISAの投資法を考え中②

日経新聞M&IでもISAが取り上げられていましたが、先日紹介したモーニングスターのサイトにも、ISA口座の活用法(後編)がアップされていました(こちら)

記事の内容は、初めての方には「なるほど」と思うものかもしれませんが、特にISAでなくても一般的な投資スタイルを紹介する程度にとどまっていると思います。

しかし、よく考えるとそのようなものかもしれません。
非課税のメリットは大きいものの、ISAが始まったとしても私も投資スタイルは変えるつもりはありません。
ISAに入れる内容も、長期で見ると日本株が上がるか、新興国株が上がるかは読めません。

そう考えると、これまで同様分散して投資するのがいい気がします。
ただ、債券ものは利率が低いため普通口座で持って、株式3兄弟(日本・先進国・新興国)をISAで運用するのがいい気がしてきました。

積立がいいのかは、これから色々考えてみます。
また、証券会社からも新しい商品が出るかもしれないので、あくまで頭の整理用です。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR