FC2ブログ

【運用状況】SPYDから分配金が出ました!!

IMG_4787.jpg


おはようございます。
昨日のラグビーは凄かったですね、見事な勝利でした!
まさかのアイルランドに勝利するとは思っていなかったので、ちょっとビックリでした。

それはいいとして、米国ETFのS&P500高配当(SPYD)から分配金をいただきました。
米国株の手数料が下がったので、小口でも買い付けやすくなったので先日買ったばかりだったので、少額ですが嬉しいです。

ということで、少し高配当ETFについて調べてみました。

1 SPYD(ステートストリートのSPDRシリーズETF)
SPYDは、S&P500の配当上位80社の指数に連動するものであり、経費率は0.07%で配当利回りは4.47%(2019年6月30日現在資料)となっています。
組み入れ銘柄を見るとSPYDは、コティやクアルコム、ゼロックス、ターゲットなど少しマイナーな銘柄が多い感じですね・・・
ちなみに、構成銘柄は書いたとおりの80銘柄です。
レポートは、こちら

2 VYM(バンガード社の米国高配当ETF)
人気の高いVYM(バンガード社のFTSE高配当インデックス連動)は経費率が0.06%と経費率は低いですが配当利回りが3.16%(SBI証券表示)と下回っています。
こちらの組み入れ銘柄は、J&JやJPモルガン、エクソンモービル、P&G、AT&Tなどメジャーどころが中心です。
構成銘柄は421銘柄とかなり広く分散されています。
レポートはこちら

3年リターンで見るとSPYDは9.32%、VYMは10.28%とVYMのリターンがいいですね。
高配当という面ではSPYDが優位だと思いますけど、分散やリターンではVYMが上回っているのかな、と思っています。

3 NEXT FUND50
ちなみに、日本の高配当ETFで配当利回りが高いのが、NEXT FUND高配当50(1489)があります。
こちらは、経費率が0.28%、配当利回りは4.9%(2019年8月末レポート)です。

こちらは50銘柄と更に高配当銘柄に集中投資しています。
しかし、利回りだけ見ると意外といいますか、5%近い水準です。
でも、経費率が高すぎますね・・・
ちなみに、組み入れ銘柄はスバル、ドコモ、三菱UFJやみずほ、JTなどとなっています。
レポートはこちら

巷では米国高配当株などが人気ですが、私は基本的に分散派ですので、SPYDもVYMもNF50にも投資しています。

米国株の優位性は認めていますが、日本企業もこの数年株主重視の姿勢になってきています。そして、日本企業のように会社・従業員・株主に投資・還元するというのが長期的な持続可能性があるのかなと思っています。

この点は、JPモルガンだったかのダイモン会長が、先日株主重視だけではダメというか、長期的視点に立つべきという感じの記事があったように、米国は今後株主第一からの転換、日本は株主重視への転換というかたちに変化していくかもしれません。

ま、ホームバイアスなのかもしれませんが、日本企業にも頑張ってほしいものですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【運用状況】資産がまた一つランクアップしました!!

IMG_9398.jpg
(ワニーサの背中の資産額がステップアップしたイメージです)

おはようございます、フェニックスです。
三連休初日は曇りですかね。

最近株価の上昇も順調です。
株の世界ではたらればはしても仕方ないと思いつつ、ダブルインバースETFを8月中に売却しておいてよかったな、なんて思っています。売却益でハイキングの交通費にしようとしていましたが、今の足の状態では無理のようです・・・

また、どっかのタイミングで購入することも考えていますが、米中貿易戦争の行方とトランプさんの発言が読めないので、もしかするともう一段の上昇もあるのかな、と思ったりしているので様子見ですね・・・

それはいいとして、今年のインデックス投資ナイトに参加してから、マネーフォワードのアプリを入れました!
これは若手登壇者の多くが家計管理に使っていたというので、おじさんも重い腰を上げて使っています。

メガバンクと郵便局はネット対応にしていないのでそれ以外のネット証券、ネットバンク、カードなどを紐づけして管理するようになりました。
独り身なので固定費などはだいたい把握しているし、食事もほぼ1回300円以内と決めているので、家計簿の機能は使っていないのですが、これは便利ですね!!

無料版なので、少しのタイムラグがあったりするそうですが、私のようなズボラな人間がますます資産管理の手間をかけなくなるアプリです(笑)

ということで、アプリを見てみるとまた一つの大台に乗ったようです!
資産額は公開していませんが、千万代の数字がひとつアップしました!!

8月に高配当50やVYMなどのETFを少し買い増ししたりしていたのと、先週あたりからでしょうか?日本株も大分戻してくれたおかげで一つランクアップできたようです。

これは嬉しい反面、日々の値動きも日によっては10万円単位で損することも多くなってきています。
当たり前ですが、100万円の1%と1000万円の1%は同じようで同じでなくなっているわけですね。

ふと思い返して、2008年12月の資産の手書き(笑)メモを見返すと、損益が▲39.3%でした・・・
今の資産だととんでもない額のマイナスになってしまいますし、耐える自信もありません。

いずれにしろ、最近世界的にリスクオンに傾いているようですが、長短金利の逆転が起きてから本格的な株の下落まで1年半ぐらいかかるとか、十数%株価は上昇するともいわれているようです。

私は比較的現在はリスクオフといいますか、リタイアしてからも下落局面で投資できるように半分近くを現金、定期預金等に退避させています。

個別株は10社を超えると業績報告や配当の通知などで郵便がいっぱいになるので、高配当ETFで十分と最近は考えています。
ETFだと値動きが平準化されるのでなかなかないですが、10%マイナスになれば追加投資するようなスタンスで、積立は続けていこうと思っています。

いずれにしろ、私のような少額投資家でも毎月少しのインデックス積立てと、高配当投資で配当金を頂いたり、たまに遊びのインバースなどの短期投資などでも、続けていれば大きな塊になっていきます!
皆さんもちょっとづつでもいずれ12年ぐらい続けていると大きな塊になるので、がんばって楽しく投資を続けていきましょう!!



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金】今年の配当金収入が30万円を超えました!

LRG_DSC00665.jpg

昨年当たりから高配当銘柄への投資を始め、なんだかんだで1年ほどが経過しました。
そして、今年の配当金・分配金の集計を行ったところ、なんと30万円を超えました!

ざっくりと私のポートフォリオは、およそ半分が高配当銘柄や高配当ETF、残り半分がインデックスファンドやインデックスETFという状況です。

インデックス投資メインで資産形成を行ってきましたが、世界経済の減速が見込まれる中、比較的安定的な業績を維持するであろう通信やたばこ、その他株主優待+高配当の銘柄に一部資金をシフトさせてきました。

インデックス投資がいいのか高配当銘柄がいいのか、どちらが経済合理的なのかというのは議論があるでしょうが、10年以上インデックスメインで積み立ててきてそれなりの資産形成をしたのは事実です。

ただし、私の場合はこれからセミリタイアを目指す、そして比較的値動きが安定的とされる高配当銘柄にシフトしていこうとする、リタイア後の副収入を得たいという考えによるものです。

そして同じような時期に購入したTOPIXのETFと日本ETFを比較すると、ほぼ上昇率は同じだけど配当率は2%ほど違っているというのもあります。
まーこれは日本が特殊なんでしょうけどね・・・

いずれにしろ、どちらがいいというものではなくて、資産形成は続けることが大事で、基本は買った銘柄を保有し続けることが大事なのではないかと思っています。

今後も働いている間は、インデックスファンドと高配当のETF(米国+日本)を1:2ぐらいのイメージで続けていければいいなと思っています。

年間200万円ぐらい配当があればいいんですけどね・・・
後は、JTなんかの評価損が少しでも小さくなって欲しいな、なんて思って続けていきます(笑)


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


【ハイキング】尾瀬の至仏山に登ってきたよ!!

IMG_0265.jpg

こんばんは、お久しぶりです。

ちょっとブログの更新をさぼっていました。
なぜかな、と思い返すと、7月に梅雨が長引いて山に行けずに、8月に山と18きっぷの旅を行っていて、なかなか忙しかったのと、仕事もなんやかんやで忙しかったのもあります。

その間に、大菩薩嶺に行ったり、念願の尾瀬にテント泊と至仏山、そして18きっぷでは宇都宮餃子巡りや定番の越後湯沢駅ぽん酒館に行ったりおいこっとという電車に乗って楽しんでいました。

その間にも、下げまくるJT株のナンピン買いを行うなど、投資活動も行っていました。

ということで、久々に念願の尾瀬に行ったので、これだけでも記事にしておこうということで残したいと思います。

行ったのは8月16日の朝の尾瀬号(新宿6:35発)で行きました。
その後の7:35発は結構混んでいるようなので6時台発にしたのですが、こちらはガラガラ、10人もいなかったのでどこでも好きに座っていいですよというありがたいお言葉!

そんなこんなで、尾瀬の戸倉まで行きます。
その後は、鳩待峠行きのバスというか乗り合いタクシーでしょうか?乗り換えます。

IMG_0242.jpg

念願の尾瀬、みなさんブログで写真をアップしている看板です!!
当初の計画では、山の鼻まで行ってテント設営、その後は自由行動、2日目は至仏山に行って見晴台に移動してテント泊、3日目に大清水に行って帰るというプランでした。

でも、あっけなくそのプランは崩壊してしまいました・・・
やはりトレーニング不足ということに尽きると思いました。

1日目は予定通り山の鼻までは1時間ほどでテントを設営、その後辺りを散策してビールなどを呑んで就寝しました。
IMG_0258.jpg

2日目は朝靄の中5時半過ぎに出発したような気がします。
少し呑み過ぎたものの、朝早いため余裕はある行動計画です。
登山計画を提出して出発しました。
DSC02662.jpg

途中までは、相変わらずのんびりとマイペースに出発です。
基本は、追いついてきた人は先に行ってもらいつつ、のんびり息を切らしつつ登っていきます。でも、7月はほとんど山登りをしていないのもあってか、結構つらい・・・

そして、個人的にあまり好きでない岩場が多いんですね。
そんなこんなで、7割ぐらいを登ったところで、腰に異変が訪れました・・・
IMG_0270.jpg


それ以降は、正直地獄の苦しみでした。
山の鼻からは登りのみで引き返すことができないルートです。
そして、おそらくは下るのは結構危険なルートのように感じました。

結果的には、腰を押さえつつ、なんとか気合で登っていく選択肢しかありませんでした。
ソロ登山が人気ですが、本当に今回ばかりは誰かいてくれたらなーなんて思ってしまいました。
IMG_0276.jpg


とは言うものの、やはり至仏山の雲海は圧巻で、小至仏山への稜線もそれなりの景色でした。
IMG_0279.jpg

年配の登山者の方にも抜かれつつ、腰を庇いながらなんとか下っていきます。

その際に、くまさんに遭遇です!!
厳密に言うと、私は見ていません(残念)

小至仏山から下っていくルートに親子連れのくまさんが現れたそうですが、その小高い場所まで登る体力が残っていませんでした・・・

結果、皆さんが鈴を鳴らしている間に山に帰っていったようで、無事に下山できました。
このルートは、戸倉に下山するので、そこで珍しく昼食をいただきました。
しかも、生ビールを飲む元気もありませんでした・・・

なんとか山の鼻まで戻って、ビールを飲んで横になりましたが、腰はぼろぼろ、足も思う様になりません。

結果的には、見晴台に行く気力もなく、山の鼻の山荘でお風呂に入ったりしましたが、夜になると、足がつったりして、もう2時間おきくらいに目が覚めてしまいました。

翌日もとてもではないけど動けないという気もしましたが、なんとか最後の気力を絞って鳩待峠を目指して歩きました。
結果的には、なんとか帰れましたが、未だに足腰の調子が悪いです。

DSC02685.jpg


今回学んだのは、やはり事前のトレーニングが大事ですね。
そして、急きょ行ったのもありますが、夏はゼリー状の栄養補給が大事です!
今回は、たまたまアミノバイタルみたいなゼリー状のものを持って行っていたのでよかったですが、暑いといつものスニッカーズはきついです・・・

いずれにしろ、基本に立ち返ってトレーニングと非常食の重要性を認識した尾瀬となってしまいました。

次回は、水芭蕉の頃に登山でなく散策ぐらいにしようかな?

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR