FC2ブログ

【運用状況】12/22ポートフォリオの確認!

おはようございます、フェニックスです。

気が付けば今年も残すところ十日ほどになりましたね。
少し早いですが、今年の年末近くのポートフォリオの確認です。

投資を始めて10年以上が経過して、個別株や高配当銘柄にも投資を始めたので、細かく分類するともっと別れるのでしょうが、次のグラフのような分類に分けています。

PF PF20191222

インデックスの中には高配当などのETFも含まれています。
また、全世界ファンドなども簡便的に先進国インデックスに分類しています。
金額がそれほど大きくないので誤差の範囲内だと思っています。

大きく見ると、株式クラスに39%、REIT3%、債券11%、現預金43%、その他4%というところです。

なんとなくの目安は株式50%、REIT15%、その他5%、債券・現預金30%ぐらいでいいと思っていますが、どうでしょうかね?

ちょっと先が不透明な気もしますが、昨日も書いたようにETFやら手数料無料化があるので、少し調整局面があればそれらを活用して買い増ししようかなと思っています。

不動産、REIT系は、悩ましいですね。

私は近い将来のセミリタイアを考えているから、あまり無理しないようにしていますが、今後5年、10年とある程度安定した収入が見込める方は、あまり気にせず淡々と積み立てて行けばいいと思っています。

さて、今年は昨年から種を蒔いてきた高配当銘柄から早速芽が出てきた感じで、配当収入が50万円弱になりました。

来年も、リタイアを見据えつつ、もう少し投資活動にも力を入れていこうと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【衝撃】オールカントリーETFが0.0858%で投入される!?

IMG_8552.jpg


おはようございます、フェニックスです。

私は毎朝偉そうな顔をしながら電車で日経新聞を広げて読んでいます。
おそらく通信費につぐ高額な娯楽費をかけて購入しています。
なんせ、通勤時間が電車で1時間歩いて30分なので1時間かけてじっくり読める楽しみというか苦痛を和らげる娯楽費なんです。

ま、今の時代はタブレットやスマホで電子版を見ている方が圧倒的に多いですが、いつも少数派につきたくなる私は、人の迷惑も顧みずに広げて読んでいます。

それはいいとして、先日驚いた記事が、「投信手数料、下げ拡大 個人の長%期投資促す」という記事です。

何がすごいかというと、三菱UFJ国際投信さんがMSCI全世界(オールカントリー)に連動する上場投信(ETF)を、なんとなんと運用手数料

0.0858%(税込み)

で来年1月に投入するというものです!!

おいおいおい、という感じですよね?

確か三菱UFJ投信の方がFOYでバンガードを目指す!とおっしゃっていましたが、どうせリップサービスだろうと正直思っていました。
現在は、投信の最低コストSBI雪だるま全世界が0.1102%です、そしてなんと本家VTの0.09%よりも低コストのようです(フェニックス調べ)。

私は、せっせとコストをかけてドル転して海外ETFなどを買ったりしていますが、インデックスでよければコストをかけて海外ETFを買う必要はないですね!

おそらくネット証券会社の多くは50万円程度までは買付手数料を無料化する流れにあるので、来年からはつみたて投信ではなくてETFを定期的に購入するという投資スタイルも一つの選択肢になるかもしれませんね。

ETFだと分配金も出る可能性が高いので、私も来年の投資の選択肢にしたいと思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】ネット証券のサービス拡充、無料化が止まらない!!

Image-44.jpg

池江璃花子選手が退院したようですね。
水泳が好きなのとかわいいので応援していたのでおじさんもただただ嬉しい限りです。

それはいいとして、既に多くの方がブログで取り上げていらっしゃるのですが、ついにここまできたのかという想いがあるので、取り上げておきます。

今の若い方というとおっさんというのを自覚してしまいますが、本当に10年ひと昔という感じでしょうか、私が投資を始めた頃は投資信託を購入するのが1万円からというのが当たり前でした。
それがここ数年で100円から購入できるようになったと思ったら、ポイントでも購入できるという時代になりました。

そして、インデックスファンドも当初は海外のものは1%台ぐらいだったような気がします(正直覚えていません)。
それが、あれよあれよとつみたてNISA導入とともに低コスト競争に突入で0.1%を切るところまで来ました。

そうしたところ、いきなりETF(国内・米国)やインデックスファンド以外の手数料無料化の導入です。

それだけでなく、楽天証券の投資信託の定率取崩も導入されるようです。

これをどう考えていくのかは、今後呑んでいない時に考えたいと思いますが、高配当戦略以外のは国内インデックス投資信託(全世界インデックスなど)を積み立てて、将来は定率取崩しを考える、高配当ETFは国内で一部手数料無料で購入する、米国ETFは高配当は今のところ手数料ありで購入するしかなさそうですね。

いずれにしろ、これだけのサービスを低コストでできるのはネット関係の企業で衝から、やはり今後はネット証券やネット銀行、もっというとその先のフィンテック企業となるのでしょうね。

今後のサービス拡充を期待しつつも、セキュリティなどのコストはしっかり投資できるところでやってほしものですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【おじさんの小言】市況がいい時ほどリスクの取り過ぎを気にしよう!

IMG_3865.jpg

こんばんは。フェニックスです。

昨日も書きましたが、今は世界的に株高傾向にありますね。
投資家としては嬉しい限りですが、最近のブログを見ていると少し不安も覚えたりします。

ここからはおじさんの小言です。
最近のブログなどで見るのは、資産の大半をリスク資産に配分している、もっと早く投資しておけばよかったのでリスク資産へ一括投資したい、リタイア目標を数年後(30代)などにするという感じです。

当たり前ですが、景気がいい時、特に今のように10年以上も大きな景気減速がないと、収入も安定してきますし、転職などの自由度も高くなってきています。
これはいいことですが、景気はこれまで10年程度のサイクルで好況と不況を行ったり来たりしています。

そろそろ減速する気もしますが、それを世界的に中央銀行が金融緩和することにより低成長ながら資産バブルを引き起こしている状況にあるような気がします。

億単位の資産を持っている方や本当に少額の投資の方は別でしょうが、生活防衛資金だけでなく、債券(国債や定期預金など)を資産の一部30%ぐらいを保有しておくことを強くお勧めします。

せっかく節約して貯めた500万円がリスク資産だけだとあっという間に50%下落することもありますが、安全資産に振り向けておくと下落は全体の35%ぐらいに緩和することになります。

本当に下落相場は一瞬で大きく下げるので、メンタルの維持、下落しきったところで我慢できずに売却するというメンタルにならないためにも、適切なリスク管理、ポートフォリオ管理が大事な気がします。

ま、リーマンショックを経験しているだけあってあの悪夢を心配しますが、それを経験していない若い方は不安がない分大きなリスクをとれます。
投資だけでなく人生において若いというのはリカバリーする時間がある、時間は大きな財産ですのでリスク資産に大きく投資するのを否定するつもりはありません。

でも、若い時には趣味、結婚など投資以外にも有効にお金を使って欲しいな、なんて思ったりします。

若い方は時間がありますが、そうは言ってもその時にしかできないこともあります。
何事も中庸というか、偏り過ぎないように、長く投資を楽しみたいものですね!



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【市況】日経平均が598円高の24,023円へ‼

こんばんは。フェニックスです。
珍しく平日の夜に投稿です。

昔は普通に平日も投稿していましたが、歳のせいでしょうか、つい呑んでしまうと筆が進まなくなってしまう様になりました。

とういものの、今日は特に市場で大きな動きがあったので、記録しておきます。
珍しく、日経平均が598.29円高の24,023.10円と24000円台に乗せました!!

ちょうど英国の選挙とトランプさんのTwitterで米中合意が近いというのが原因のようです。
果たしてどうなんでしょうかね?

ちょうどNHKでは自動車会社の派遣労働者が減少しているという記事もありますが、一方で5Gや自動運転やらAIなどへの期待があるのは分かるのですが、どうなるんでしょうかね。

年内は強気相場が続くのかもしれませんが、年明け以降にダブルインバースなどを買う機会を考えるかもしれません。

【セミリタイヤ】生活費のダウンサイジング!

IMG_4787.jpg

どうも、フェニックスです。

資産形成を考える場合もそうですが、早くセミリタイアを考えると大事なことはやはり収入を増やす、支出を減らすしかないと思います。

30代でリタイアした人や、インデックス投資で億近い資産を形成した方は、正直収入が多い方です。
入金力が全てではないというものの、毎月3万円積み立てる人と9万円積み立てる人とではスピードが3倍違うわけですね。

収入アップの転職も今の時代はありでしょうが、かと言って私のような団塊ジュニア世代で大したスキルもない人間が転職して収入アップにつながるのかというと、そう上手くはいかないですよね。

そうなると支出を減らすしかないのが収入多くないのにセミリタイアを目指す一つの大きな手段となります。

生活のダウンサイジングというのか、断捨離生活というのか、かっこよく言うとそんな感じでしょうか。

私がセミリタイアを見据えて行っている生活費の削減の大きなのは、以下のものです。

1 禁煙
 今はタバコを吸わない人が多いですが、私は以前はかなりのヘビースモーカーでした。
 だいたい1週間で1カートン、今だと5000円×4週として20,000円近くを浪費していました。
 私が禁煙できた大きな理由の一つがセミリタイアへの想いです!
 禁煙の条例などもきっかけの一つですが、セミリタイアを考えると年24万円の収入は、時給1,000円で240時間、なんと8時間勤務で30日も余分に働く必要が出てくるんですね。
 いかにこれまで深く考えずに健康にも悪いのに喫煙していたのか、本当に無駄な支出をしたものです。
 いずれにしろ、まだ喫煙している人は是非この機会に禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

2 生命保険
 これは、加入を止めて5年以上経ちます。
 昔は月1万円近い金額を払っていましたが働けなくなっても生活費1年分はあるようであれば、必要ないと思っています。
 これは、もちろん人の属性にもよるかと思います。病気がちで心配な人や家族を抱えている方は安い掛け捨てのネット保険、都民共済のようなのも選択の一つかもしれませんが、この辺はそれほど詳しくないので、ご自身で考えてみてください。

3 家賃
 これも生活費の中で大きな割合を占めるものですね。
 そして、ここは価値観が反映される部分でもあるので、価値観と金銭の折り合いをつけるしかないと思います。
 私も以前は都区内に住んでいた時期もありましたが、お金を優先して区外の駅から徒歩20分近い所に住んでいます。
 ただ、ここは痛勤のストレスや効率的、快適な生活を求め、区外のワンルームだと2万円ぐらいの差でしかないので、そこをどう考えるかでしょうか。

 やはり毎月のコストをどう削るのか、私の場合はこれだけで生活費は4万円近く削れているのでその分を現役時代は投資に回し、リタイア後は生活費の取り崩しを押さえることができます。もちろん、リタイア後はもっと低コストなところに住みますが・・・

 こんなの既にやってるよという方も多いかと思いますが、私の場合は食費と酒代で月4万位に抑えているので、税や社会保証除くと低コストになってます。

 今の課題は通信費ですね。ケータイとネット環境の整備にそれなりの支出をしていますが、楽天の携帯が本格化すればと考えているのですがもう少し先でしょうかね?
 このへんも、月5,000円ぐらいコストカットできるのではないかと考えています。 

 その他、暖房をなるべく使わないとか、水道代とかいろいろとあるでしょうが、独り暮らしだとそれほど大きな金額ではないので、そこまでは気にしていません。
 
 ただ、将来は薪暮らしみたいなのには憧れがあるので、その辺はリタイアしてから考えようかと思っています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【定期預金金利】ボーナスをどうしようかな?

IMG_4171.jpg


おはようございます。フェニックスです。

今朝の米国株は強かったですね。
NYダウは28,000ドル台を回復、雇用統計が良かったのが理由のようですね。
米中貿易戦争により経済悪化と言われながらも、意外と米国経済は強いんですかね?

私も、普段であればダブルインバースなどを買うことも考えるような高値にある気もするんですが、今回はいまいち先が読めないので動けずにいます。
底を打った気もするし、一部投資家が参戦しているだけのような気もして、もしかするとこれから1年ぐらい、大統領選が終わるまでは積立てだけかもしれませんね。

それはいいとして、気が付けばボーナスの時期ですね。
景気がいい会社、悪い会社、最近は明暗が分かれる傾向にありますが、今年も無事に支給されるようなので、昔を考えると支給されるだけありがたいですね。

そうなると、どこに預けようと考えてしまいますね。
先ほど書いたように、あまり大きく株式等のリスク資産に投資する気にはなりません。

しかし、ボーナス時期のキャンペーン金利も全然上がりません。
私が口座を持っている住信SBI銀行もおそらくキャンペーン定期1年で0.2%(予想)、楽天銀行は0.11%という状況です。

ということでどうしようかな、と考えて先週オリックス銀行の口座開設をしました。
正確には、今日あたりに書類が届くと思いますが、オリックス銀行は1年定期0.2%、3年定期0.3%、5年定期が0.35%です。

よく調べるとじぶん銀行が1年定期で0.25%のキャンペーンなのでじぶん銀行でもよかったのかな、なんて思っています。

じぶん銀行はKDDIと三菱UFJ系列、auカブコム証券などKDDIが金融分野へ力を入れつつある中、じぶん銀行でもよかったかな、なんて今更ながら思っています。

それはいいとして、オリックスの3年定期に今の待機資金とボーナスを投入して、リスクオンしたい気持ちを押さえようかな、なんて思っています。

それにしても、0.05%とか0.1%の違いでこんな考えても100万円で500円とかの差なんですよね、外食代1回分でしかないんですよね。

早く金利が3%ぐらいつく時代になってくれないですかね?


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【ポートフォリオ】2019年11月末のポートフォリオの確認!

IMG_1122.jpg


昨日は久々に高尾山にハイキングに行きました。
ちょうど天気もよく紅葉も見ごろだったので、人が多くて大変でしたが、城山の所まで行って戻ってきました。
冬場は空気が澄んで、富士山もきれいに見えるので好きなんですよね。

それはいいとして、久々にポートフォリオなるものを確認しました。
個別株への投資をすると、あまりポートフォリオというよりも、なるべく分散することと業種も分散させることに意識が行くのでポートフォリオの確認を行っていませんでしたが、ちょうど11月末ということで確認です。

結果は、日本株(インデックス)22%、日本個別株18%、先進国インデックス16%、米国株9%、新興国インデックス4%、債券(日・先進国など)19%、その他(REIT・金など)となりました。

日本株インデックスの中には一部高配当ETFなども含まれていますが、意外と日本への投資が多いですね・・・
はやりの米国株も少しはしていますが、まだまだ日本株が多いですね。
債券は大半が日本国債で、一部先進国債券への投資もしています。
ちなみに、生活防衛資金や待機資金は含まれていません。

今後どうしようかな、と考えるのですが、つみたては全世界型と日・先進国REITのみになりましたが、若干積立額を減らして継続中です。

先進国や米国も天井のような気もするので、それほどつっこむ気にはなりませんが、資産の配分を考えるともう少しあってもいいんでしょうね。

でも、先進国や新興国も随分と上がっている気もするので、これ以上投資するのもどうかと思ったりします。

ぼちぼちと、配当利回りが上がる銘柄を探していきましょうかね。


プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR