FC2ブログ

【ハイキング】解除後初の高尾山ハイキングに行ってきたよ!

IMG_2283.jpg

おはようございます。

緊急事態宣言が解除されたということで、早速登ってきました。
まだ、県をまたぐ移動は自粛ということで、都内で行けるハイキングの定番、高尾山です!

なるべく月1ぐらいでどこか登りに行きたいと考えているので、よく行っていた山です。
今回は、そうはいってもまだまだ油断は禁物ということで朝の6:45頃に高尾山口につくようなスケジュールで出発しました。

ざっくりとのスケジュールは、
6:48ハイキング開始→7:43高尾山頂→城山8:34(食事)→高尾山頂10:04→高尾山口11:07という感じでした。

登りは好きな沢沿いの6号路で登って、山頂を超えて城山で食事、折り返して1号路で薬王院でコロナ禍が治まるようにお参りして帰ってきました。

今回行って気づいた点などをメモとして残しておきます。
コロナ対策としては、
① 早く出発する
② ソロで行く
③ マスクをする
④距離を置く

この程度でしょうか?
早く出発しましたが、着いたのは7時前だったので結構な人がいました。
駅に降りたのは肌感覚で50人ほどでしょうか?ただ、ルートがたくさんあるので、登っていると全然気にならない人数ですね。
やはり登るのが好きな人が多いのか、朝が早かったのもあってかソロの人が多かったです。

IMG_2277.jpg

沢沿いのルートでそれほど暑くはないのですが、登りながらのマスクは正直キツイです・・・
途中からあごにかけながら登っていましたが、距離は十分とっているので気にならないですね。

今回は、やはり好きな人が多いのか、城山を目指す方も多いイメージでした。
普段は、奥高尾に足を延ばす方は1割ぐらいのような気がしますが、多かった(といっても混んでいるわけではないです)。
山頂も20、30人ぐらいしかいなかったし、城山の茶屋も20人もいなかったような気がします。

IMG_2289.jpg

帰りは、やはり登ってくる人が多くすれ違うことも多くなり、家族連れや若者のグループも多くなってきました。
気になる人出は、普段の3程度でしょうか?
NHKなどは、2割程度と言っていましたが、確かにリフトなどの利用者は少なかったですが、それなりの人はいましたね・・・


IMG_2293.jpg

IMG_2278.jpg

1号路は参道というか広く整備されているので、距離を保ちながら降りていきました。
ま、外なのでどこまで気にするのか悩ましいところですね。

私は基本、日帰りハイキング程度なので問題ない気もしますが、リスク(難度)が高い山や泊りは厳しいですかね?

移動制限がなくなれば、低山のテント泊ぐらいはしたいけどどうなんでしょうかね?
私は普段通勤で電車で70分程は乗っているので、それに比べればハイキングはリスクが少ない気がするので、あまり問題ないのかな?なんて思っていますが、この辺りは個人の判断でしょうかね。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【雑感】緊急事態宣言解除!

IMG_2060.jpg

こんばんは、フェニックスです。

ついに緊急事態宣言が解除されましたね!
やっとという感じでしょうかね。

今回のコロナ禍では色んなことを考えさせられました。
働く業種であったり、地域であったり、働き方であったり・・・

個人的には、自粛生活は1月ぐらいが限度ではないかと思います。
私のような孤独耐性?の強い人間でも、どこにも行けない(近所のウォーキングはずっと行っていましたが)のは想定以上に辛かったです。

そんな中、おそらく第二波の足音も近づいているような気もします。
既に、GW明けの気のゆるみもでていた気もするので、どうなんでしょうかね?

それはいいとして、日経は、ここに来て20,741円なんて大きく戻しましたね。
私も、全然底に行く前に球が尽きてしまい、買い場を逃してしまいましたが、それでも含み益にはなっているので、とりあえずいいとしますかね。

2番底なるものがあるのか分かりませんが、この程度で落ち着いてくれるなら、落ち着いたら本格的にセミリタイア生活を見据えた活動を開始しようかとも思います。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】目がテンを見て理想のライフスタイルを考えてみた。

IMG_0279.jpg

おはようございます、フェニックスです。
今日も朝から、いつものように遠くへ行きたい、所さんの目がテンを見たりしつつ、洗濯したり朝食を食べたり、のんびり過ごしております。

最近は、そこにYoutubeでライブを見ることも多くなって、今朝はSuperflyですね。
聴きながらブログを書いています。

さて、今日の所さんの目がテンは、所さんの普段の自粛生活というか、普段の生活が放送されていました。
朝早く起きて日の出を迎え朝日を浴びる、そして畑仕事をしたり、趣味に没頭したりと、本当に自由人というか、気ままにしたいことをするという感じでしょうか?

共感したのは、朝日を見るとこの騒ぎを忘れるぐらいいい天気なんだというニュアンスの発言でしょうかね。私も比較的早く起きる、普段は4時台から5時半の間ぐらいには起きるようにしています。
最近、テレワークの時は、6時過ぎには近所の公園まで30分ほど歩いて公園でも歩いて合計90分ほど歩くようにしていますが、本当に天気がいいと気持ちいいんですよね!

それはいいとして、今回のことを機に改めて本来あるべきというか、こうありたい、こう生活したいという理想の生活はどんな感じでしょうかね?

東京圏の人だと、だいたい1時間近く、もしくはそれ以上の通勤時間、勤務時間が最低8時間、普通は10時間ぐらい?そうすると1日の半分が会社で消えていくわけですね。
そこで8時間睡眠だと残り4時間、昼の1時間の休憩、朝晩の食事で1時間、ちょっとのんびりTVを見たり新聞や雑誌を見るともう終わりですね・・・
睡眠時間を6時間ぐらいにすると、少しのんびり呑んだり、ちょっと趣味に充てることができる程度ですね。

仮に、通勤時間2時間がなくなると、私のように朝のんびりウォーキングやランニングできるかもしれませんね、2時間だと庭いじりが好きな人は、そういう時間でもいいですね。結構、通勤というストレスがなく好きな時間に充てられる、それだけでテレワークの効果絶大ですね!

私の理想は、朝はやはり早く起きて、庭のある家に住めれば所さんのように1時間ほど庭いじり(家庭菜園)、そしてのんびりウォーキングとか水泳、早めに昼ごはんと昼寝して、午後は4、5時間ぐらいのバイト、そして呑んで寝る、そんな生活でしょうかね?

それでは生活していけないですけど、個人的には、1つの仕事に集中できる時間って4時間ぐらいじゃないの?と思っています。
そう考えると、2つぐらいの仕事というか、肉体労働と接客業とか、企業に属する時間と個人事業主というかフリーというか、そんなことが本格的にテレワークが普及すると可能になるのかなと思ったりしています。
つまり、移動する必要がないわけで、その時間がないと1日の中で2つの仕事をかけ持つのも可能ではないでしょうか?

まだ、テレワークしている方は、せっかくの機会です、ちょっと監視がない時間にでも、仕事を抜きにして、自分のあるべきライフスタイル、お金も加味したワークスタイルを考えてみる、それを目指して資産形成も含めて、トータルのライフスタイルを考える時間に充ててみてはいかがでしょうか?そんなことを考えた朝でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金・分配金】NEXT FUND50から分配金がキター

IMG_0265.jpg


おはようございます。
インヴィンシブル投資法人のダメージから、気持ちだけは立ち直ってきたフェニックスです。

さて、投資をしているといい時もあれば悪い時もあるわけですが、なんだかんだで今月の配当金がたくさん届きましたので、自分の気持ちを高めるためにもブログを書いています。

気が付けば、今月分は普通のお父さんのお小遣い程度になっていました!
届いたのは、AT&T(通信)、QQQ(ETF)、MO(たばこ)からと、日本の高配当ETF(NF50、NF70)などです。

米国株なんかは金額が少しなのでいいのですが、今回は日本の高配当ETFの分配金の情報をチェックです。

まずは、NEXT FUND50です。
1口当り569円、年4回配当で直近1年分だと1,317円、現在の株価が26,070円なので5.05%の利回で十分高い利回りですね。

ただし、今回の分配金は前年同月が604円から569円と5.79%減少しています・・・
仕方ないですね。
ちなみに、構成銘柄TOP5は、ドコモ、武田、野村、伊藤忠、KDDIと大型株で安定しているイメージですね。もちろん、野村、伊藤忠などの景気敏感株も含まれているので、コロナが長引けばどうなるかは分かりませんね。

そして、もう一つが同じシリーズのNEXT FUND70です。
こちらも今回は397円、直近4回合計が829円、現在の株価が17,440円なので4.75%の利回りですね。
こちらは前年からどうなったのかと思ってみたら、前年同月は377円だったので、まさかの20円も多くなっています???

どういうことなんでしょうかね?てっきり下がっているのかな、と思っていたんですけど・・・
20銘柄多い分少し減少幅が小さいかなと思ったんですが、ちなみに前年1年間は768円だったので829円と61円も増えていますね。

こちらのTOP5は、清水建設、ドコモ、ソフトバンク、KDDI、中国電力と安定増配傾向の強い通信が多いのが効いたんでしょうかね?

NF50をもう一度確認して見ると、前年1年分が1,132円185円増えているんですね。
肝心の3月決算は、最近決算発表が続いているので、その辺りの影響が今後出てくるんでしょうか。

現在のポートフォリオの主力銘柄の1つが高配当ETFですので、キャピタルゲインというよりも、そこそこ安定して配当が出るということを重視している投資です。

両方合わせて4%を超えていれば十分と考えているので、大きく配当水準が低下しない限りは保有していこうと考えています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【配当金】嘘だと言ってくれ!インヴィンシブル投資法人が98.3%の大幅減配・・・

インヴィンシブル投資法人(8963)が大変なことになっています・・・
1口当り分配金が1,812円が30円へと98.3%減だそうです。
発表はこちら

は、は、は、もう終わりです・・・
なんてことはないですが、ほぼ100%減額にはびっくりでした。

なんだかんだ、今回のコロナ禍で新規購入した銘柄だったんですよ。
しかも、早くに手を出し過ぎた感が否めないダメ銘柄の筆頭だったんです。

でも、10%近い分配金ならいいかな、なんてナンピンまでして更に未だに含み損というどうしようもない銘柄なんですよね・・・

ま、ホテル業界は厳しいので仕方ないですが、先日のRDSB(ロイヤルダッチシェル)の減配もそうですが、高配当の裏には色んなリスクがありますね。

救いは、ロジスティック系にも投資していて、そちらは順調に含み益になっているのと、少額で色んな銘柄に分散していることでしょうか?
でも、今後も減配銘柄が増えてくると分散効果が機能するのか、という心配もありますね・・・

皆さんも高配当だからと集中するのではなく、なるべく分散して色んな業種、分野に投資しておきましょうね。

ただ、ここにきて全体的に株価は上昇傾向なのが救いですかね?
ちょっとびっくりな発表だったので、久々に平日に更新しました。



にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【雑感】アフターコロナのセミリタイア生活・・・

IMG_1400.jpg

おはようございます、フェニックスです。

今回も、あくまで個人的な頭の整理と言いますか、コロナ禍を受けてセミリタイアへの考えをつらつらと・・・

1 ライフスタイル
 これまでも書いてきたように、東京に住んでいる、仕事の機会のため、もっと言うとお金のために東京(近郊)に住んでいるような人は、今後、私のような地方都市がいいと考えていたような人には理想のライフスタイルを選べるようになるかもしれませんね。
 今後の就職する学生は、週何日通勤の必要があるのか、もっと言うと本社や支店以外にどれだけのテレワークステーションを整備しているのか、というのが就職する際の基準になるのかもしれません。
 一方で、現場の仕事はますます敬遠されていくのかも知れませんね。
 いずれにしろ、今後の政治や行政のオンライン化の進み方によるのかもしれませんが、働く場所、生活する場所の分散化は不可避で、私のような地方都市でのセミリタイア生活を考える人には、地方でも人口がある程度維持されると想定され、いいことなのかも知れません。

2 資産形成・投資
 改めて、実際にコロナショックを受けて資産が減少する中で、改めておおまかな資産の状況を確認していました。
 あまり細かなことを気にしないいい加減な性格ですが、高配当戦略へシフトしている中で、減配する企業もあり、どんな状況なのかの確認です。
 ざっくり、世界への投資が40%、国内が50%、REITやインフラが10%に分散して、その中でも高配当狙いの個別株・ETF、インデックスの投信・ETFとある程度分散されているので、資産配分に大きな影響はないのかな、と思いつつも今回のように予想できない事態には分散しかないなと改めて感じました。
 個人的には、REITをもう少し増やして利回りを高めたいとも思っていますが、6月ぐらいの決算で分配金がどう変化するのか、特にホテル系や商業系がどのような影響を受けるのかという点と、オフィス系もどうなるのか読めないので悩み中ですが、その間にどんどん値を戻していますね・・・
 ただ、REITは90%以上を分配に回して備えがないので、稼働率が低下するともろに減配になるのは確実なのかな?と思ったりしています。

3 セミリタイア後の生活
 リタイア、セミリタイアと言っても人それぞれですよね。
 セミリタイアの人は、少し働く(バイト、短期、フリーなど)ことを想定していると思いますが、働く場が少なる気がしてきましたね・・・
 私は緩くリゾートバイトのようなものもありかな、なんて思っていましたが、その目がほとんどなくなったのかも知れませんね。
 在宅でできる仕事、スキルというのを何か身に付けるのか、それとも運送系やウーバーのようなものならできそうかな、なんて思っていますが、どのようにして月10万程度を得るのか、働き方をどうするのか、これは手探りの部分もあると思いますが、リタイアの際に考える必要がありますね。
 そして、セミリタイア時の資産の置き場の分散ですね。いつ収まるのか読めない中で、もしかすると病気なども含めて全く働けないという期間を想定しないといけないというのを改めて感じました。やはり3年分ぐらいの生活費は安全資産で確保する必要がありそうですよね。

 私自身は、高配当が全てとは思っていないし、景気敏感株であれば減配もあるというのも十分理解はして、広く分散するように心がけていたので、方向性はそれほど変える必要はないのかな、と思いつつも、シミュレーションする際の想定利回りは3%程度、安全資産を多めで想定する必要があるのかな、と改めて思ったりしました。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


【雑感】コロナ後のライフスタイルやら投資の方向性やらをつらつらと・・・

Image-33.jpg


おはようございます、フェニックスです。

さて、多くの方はGWの連休最終日でしょうかね?
人によってはまだまだ後4日休みという方もいるんでしょうね。
私は残念ながら今日までですので、天気もいまいちだし、Youtubeで福山雅治のライブを見て過ごしています。

それはいいとして、やはり独りStay homeしていると、どうしてもコロナ後のことを考えてしまいます。
仕事がどうなるんだろう、もっと端的に言うと給料はどうなるんだろう?ということですね。

巷ではタクシー会社やホテル会社などの倒産、海外でも航空会社や小売業、更にはゴールドジムのチャプター11申請のニュースが流れだしています。
ニュースにもならないような町の小さな飲食店なども、これを機会に倒産ではなくても畳む方も出てきているのではないでしょうか?

とういうことで、今後のライフスタイルの変化、ひいては投資に与える影響というのを珍しく考えてみたいと思います。

といっても、もともと凡人の考えは当たらないと思っているので、投資に生かすわけではないですが、自分の今後の働く方向性というか、どこに住むか、どういう生活を送るのか、というもしかすると投資なんかよりもっと重要な生き方への考えということですね。
考えられるのは、以下のことでしょうかね?

① 事務職だけでなく営業職もテレワーク化(対面の縮小)→通信、システム会社は堅調、営業車の縮小(リース業界苦戦、都心の時間貸駐車場も空洞化か)
② Amazon化の加速(物流網の重要性)→物流業界は今後も堅調、百貨店や小売店苦戦
③ レジャーのアウトドア化とインドア化の加速→ゲーム業界は堅調(eスポーツがもっと加速、独りや少人数のアウトドアが人気化、ライブよりオンライン)
④ オフィスの縮小・拡大・分散化→都心から周辺へ分散化
⑤ 移動手段の変化(自動車などが復活?電車やバスなどの集団移動が縮小)
⑥ 規制改革が進むのか(オンライン診療、調剤、学習など)


ありきたりですが、こんな感じですかね?
こういう連想ゲームは好きなんですが、自身の発想の貧困さを感じてしまいます。
よく言われているように、これまでも言われてきていたことが加速するだけですかね。
テレワークや、Amazon化、eスポーツなども散々取り上げられていたことが、これを機会により広がるという感じでしょうか?

一方で、今回のことで読めなくなったのが移動手段がどういう方向に行くのか、ということでしょうか?
感染経路不明の人が通勤や会社の空間の物の接触などによるものか不明ですが、いち早くバスの移動で感染が確認されていたことを考えると、電車の通勤のリスクも高いと思われます。

そうした場合、脱自動車という流れがもしかしたら変わるのかどうか、都心は無理でしょうが、もしかすると中堅都市などは自動車での移動が拡大するかもしれませんし、週末のレジャーの移動は自動車やバイクなどが拡大するのかもしれません。

また、観光はそこまで落ち込むのか微妙ですね。
クルーズ船やレジャー施設のように長期間一定の個所にとどまるようなものは敬遠される気もしますが、あまりはしゃぐような感じではない観光は、移動手段さえ何とかなればある程度は戻ってくるような気はしますが、1年ぐらいは厳しいですかね?

オフィス需要は、個人スペースの拡大という面では拡大化、一方でテレワークの推進ということでは縮小・分散化、どちらが拡大するかということですが、流れとしては分散化ですかね?

投資を考えるのであれば、規制が厳しいオンライン診療、調剤などやオンライン学習ですかね?
この分野も、頭の固い人たちの規制が強い分野でしたが、おそらく1年ぐらいはオンライン診療や調剤が限定的でも開放されると、圧倒的に便利となると、なし崩し的に開放されるかどうか見ものですね・・・

なんて、思っていますが、さて自分の仕事に当てはめて考えると、テレワークでもなんら問題ないですが、やはり設備面ですね・・・テレビ会議やデータのやりとり、セキュリティ面、個人への電気代や通勤費をどうするのか、その辺が曖昧過ぎて、どこの会社もそうですが、その辺のシステム会社さんやコンサルが当面は儲かるような気がしますね。

あ、ふと思いましたが、道路が整備されると自転車通勤とかも、レジャーや環境問題なども考えるとおもしろいところですよね。

よく分かりませんが、やはり東京のようなソーシャルディスタンスの確保が難しい都市での生活が困難になるのは確かなような気がしますね。

そんなことを考えた今年のGW最終日の朝でした・・・


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



【雑感】アフターコロナは金融所得増税とインフレ懸念?

おはようございます、フェニックスです。

最近、在宅勤務が多くなってきて、基本週1、2日しか出勤しない日が続いています。
通勤時間が空いた分、朝なるべく90分前後のウォーキングをするようにしています。
ま、健康維持、生活リズムの維持という感じでしょうか。

そんな中、今日はあいにくの雨模様ということで、朝からどうしようかな、なんて思いながら、B’zのライブ映像が無料公開中ということで聴きながら、新聞を読んだりしながら、やはりコロナ後の世界のことを考えたりしています。

よく言われるように、価値観は大きく変わるのかな、なんて思っています。
TVやラジオもテレワークが当たり前、そして雑誌などの取材もリモートでの対応が当たり前になって、とある編集長さんはよりグローバルに取材できるようになったとおっしゃっていましたが、会わなくてもやっていけることは意外と多かったりします。

私も、東京に居る以上諦めていた通勤時間をより健康的に過ごすことの重要性に改めて気づいたわけで、これはもしかすると私のような年齢を考えると年100万円ぐらいの貢献になるのかもしれません(将来の慢性的な肥満や病気へのコスト換算)。

それはいいとして、気になっているのが国民1人に10万円はいいんですけど、これが今後どのような影響を与えるのか、ということですね。
これが与える財政への影響とインフレへの懸念ということで、ない頭で考えたりしていました。

補正予算込みで、歳出が128兆円、歳入は63兆円ですが、歳入はおそらく大きく落ち込むんでしょう。なんとなく、コメンテーターみたいな人たちは危機だから速やかな給付をと言っていますが、もちろん必要な人にはなんらかの支援は必要でしょうが、無尽蔵に支給する余裕がどこにあるのか、ということの議論はほとんどないような気がします。

未曽有の危機だから、迅速な対応で後から考えればいいということなんでしょうが、危機が去った後に一人当たり10万円返してねと、しかも大半の人は年金受給者だから勤労者は1人100万円返してねと、それだけで足りないから金融所得課税も30%とならないのか?という将来への負担が心配ですね。

そして、もう一つの懸念が財政出動などによるインフレですね。
ま、この点はこれまでの長きにわたるデフレを考えると、そこまで大きく心配する必要はないのかもしれませんが、近い将来セミリタイアを考える身とすると懸念すべき点ですね。

東京財団政策研究所などのサイトなど色々と見ていても、インフレになる懸念を指摘する声はありますが、正直どうなるのか、今回はというか、今回も日本以外も大規模な財政出動に動いていることから、懸念はありますが、これまでどおり株や不動産などにお金の置き場所を分散することである程度対応できるのではないかと考えています。

そうなると、やはり今後の増税ですね・・・
金融所得への増税論が出てきそうな気がします。
この状況で、企業も個人もダメージを受けているので、めずらしく法人税、所得税、消費税の増税シナリオはあり得ないでしょう。
残るは金融所得、富裕層からとってもいいよねと、これは格差是正にも合致するのでこの状況であれば世論も大きな反対は言えないのかな、なんて思ったりもします。


これに対しては、正直、どうしようもないですね・・・
税率アップなのか、総合課税化かどうなのか分かりませんが、これまで散々取り上げられつつも逃れてきましたが、現実味を帯びてきた気がします。

そんなことをない頭で考えた、みどりの日の朝でした。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

【外国株】RDSB(シェル)が減配する中での外国株の現状確認!

IMG_1711.jpg


おはようございます、フェニックスです。

株価が持ち直してきているのと、RDSB(ロイヤルダッチシェル)の減配の発表があったので、少し株価のチェックをしてみました。

今回は、外国株について確認してみました。
まず、NYダウがどう変化したのかSBI証券のデータで確認してみます。
今年の2/12に52週高値29,568.57、3/23に52週安値18,213.65と38.4%安と4割近く下落していました。
そして、現在が23,723.69と高値から19.8%安、底からは30%近く戻している感じで、高値から見ても2割の下落になっているという感じですね。

まだまだ日本でも自粛生活が継続されるそうですが、株価は解除後を見据えている感じでしょうかね。
若干、戻りが早い気もしますが、まだ高値からは2割近く下げているのをどう評価するのか、正解は分かりませんね。

バフェット指数で見ると米国は132、日本は101ということなので、日本株は妥当な水準、米国は割高とも見えますが、どうなんでしょうか。
米国の方が成長期待が高い、GAFAなどはコロナ禍でもそれなりの成長が見込まれると考えると、この差は妥当な気もしてきます。

それはいいとして、私の海外株の現状の損益の確認です。
全体で見ると、含み損が3.34%となっているので、傷は浅いと言えるんでしょうかね?
少しだけですが買い増ししていたりするので、戻ってきてくれています。
そして、年間の配当見込みが5%台ですので、配当込みだとトントンぐらいですかね。

そんな中、RDSBの減配が発表されました。
第一四半期の配当が0.47から0.16と66%減になったということです。


私の含み損の貢献が高いのもこいつのせいです(笑)
約4割の含み損となっています。

RDSBは74年減配なしということで、私も海外株のポートフォリオの7%近くを占めており、配当生活を考える上でも大事な銘柄の1つでした・・・
ただ、渡航禁止、移動制限が大きくかかる中での石油価格の暴落、産油国の足並みがそろわない中で、仕方ない部分がありますね。
Bloombergのデータによると、現在29.83ドル、安値が19.19ドル、配当利回りが4.30%ということですね。

今後の方針としては、とりあえずホールドですね。
石油はある程度寡占市場ということ、70年以上減配がなかったという観点、利回りが6%を超えていたので投資をしたんですが、ここに来てやはり景気敏感株という負の面が出てきましたね。
仕方ありません、そういったリスクを負った上での高配当利回りということです。

私の外国株の主力銘柄のAT&T(通信)、ABBV(医薬)、BTI(たばこ)はいずれもまだ5%以上の利回り、評価損益もトントン程度なので、今回の下落相場でもある程度耐性があるのかなと考えています。

私の中では高配当株投資は、そこまで大きなキャピタルゲインを求めていませんが、その中でもディフェンシブな通信やたばこで利回りを高める、それだけだと分散が難しいので景気敏感株やETFにも資金を振り分けて分散するように心がけているつもりです。

NYダウが20%近く下げる中、ある程度の投資方針に沿った大きな下落を避けられているとも、現時点では評価できるような気もします。

ということで、方向性は変えることなく、気持ちETFによる銘柄分散、個別の分散ももう少し図っていこうかなと、考えています。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR