FC2ブログ

【18きっぷの旅・番外編】上高地で初めてのソロキャンプを愉しむ!

IMG_4537.jpg

お久しぶりです。
今回は、18きっぷの旅・番外編です。

今回はメインが18きっぷで電車を愉しむというよりもソロキャンプであったのと、交通費の大半が18きっぷ以外だったので、番外編という扱いです。

40歳を過ぎてから、貯蓄も大事だけど、色々とハイキングを始めたりして趣味を広げたいなと思って、やってみたかったことの一つがソロキャンプです。

色々とソロキャンプ、電車で行けるなどと調べているうちに見つけたのが「小梨平キャンプ場」です!!
これを聞いただけでは分からないですよね、長野県の上高地という中部山岳国立公園の一部にあり、大正池、穂高連峰、焼岳、芥川龍之介が「河童」で取り上げたかっぱ橋などが有名で、標高1,500mの避暑地のようです。

そして、キャンプ場まではバスターミナルから徒歩10分程度、そして決め手はソロキャンプだと1泊なんとなんとの600円!!です。

ちなみに、きちんと事前に調べて行く場合は夜行バス「さわやか信州号」新宿22:55発があります(7,400円~9,200円)。また、18きっぷで向かいたい方は特定日だけですが「ムーンライト信州」新宿23:54発松本4:35着を利用すると、朝早くに到着できますね。

0 まとめ
 今回、色々と書いていると長文になったので、最初にまとめです。
・上高地に行ったことがない方は、是非一度は行ってみてください。めちゃめちゃお勧めです。
・備品、食材も現地調達できてテントも張りやすいので、初心者、ソロキャンプにお勧め
・18きっぷを使えば10,500円ほどの2泊宿泊費と交通費で愉しめる
→意外とお金がなくても十分愉しめるスポットだと分かった!!

1 18きっぷのルート
 今回は、私は普通に朝起きて松本経由で向かいました。
 都下某所→高尾6:14発(JR中央本線)→9:35着松本→10:10発(上高地線)新島々10:40着→10:55発バス→上高地バスターミナル12:00

 (帰り)
上高地バスターミナル7:50→新島々8:55着9:20発(上高地線)→松本9:50着10:40発(中央本線)→高尾14:21着→自宅

というルートで、都下某所からは18きっぷを使用しました。
18きっぷが1枚2,370円、普通に行くと3,500円ほどですので1,000円ほどお得になりました!
ですが、松本からは新島々経由でバスで片道2,450円、往復4,550円かかってしまいます。

このため、18きっぷと往復きっぷで、9,290円という結構な大金ですが、キャンプが1泊600円ですので、10,490円で2泊して避暑地を愉しむことができます!

2 1日目(上高地まで)
上でも紹介したように、事前に夜行バスや夜行電車を予約できれば時間の節約になりますが、今回は1月ほど前に決めたのと、できれば晴れるのか確認してから出発したいということで、朝早く出発ということです。
松本方面へはこれまで小海線や飯田線、松本城を訪れた時や、長野を抜けて富山・金沢を超えた時、飯山線・篠ノ井線から高山本線で下呂温泉へ行った時など、18きっぷだけでもそれなりに行っていますが、松本まで行ったというのはそれほど多くないですね。
高尾からでも3時間ちょっとで着くので、意外と近いところなんですね。

幸い平日ですが朝も早く、通勤とは逆方向ということもあるのでしょうが、座って松本駅に到着です。このルートも山が綺麗に見える箇所もあるので、いい路線ですよね。
新聞を読んだり、ウトウトしたり、勝沼でまたワイン飲み放題の旅に行きたいな、なんて思っているうちに到着です。

乗り換えに時間の余裕はあるので、落ち着いてバス+往復切符の帰る場所を探します。
窓口なのかな、と思っていましたが、松本電鉄の券売機でも購入できます。
松本~新島々~上高地バスターミナルまでの乗車券+バスの往復のチケット(4,550円)を無事ゲットです。
IMG_4477.jpg


さて、ここからは初めて乗車する上高地線です。
IMG_4490.jpg

2両編成のワンマン電車で、松本から終点まで30分ですが700円(通常運賃)もかかるという、なかなかのお値段の電車です。
この路線は単線で、運転手のおじさんが両手で運転している、機器類もちょっとシンプルな電車ですね。

渕東なぎささんらしいです・・・
IMG_4489.jpg

30分で到着して、次はバスに乗り込みます。
IMG_4491.jpg

IMG_4492.jpg

電車から降りてバスに乗り込もうとするのは20人ほどでしょうかね。
10分ほど待っていると、バスが到着しました。2台続けて到着ですが、どうやら松本方面から既に乗車している方がいるようで1台目は満員、2台目になんとか乗車です。

こちらのバスの旅は約1時間程度で、長すぎもせずといういい距離感ですね。
そして、この路線は稲核(いねこき)ダム、水殿(みどの)ダム、奈川渡(ながわど)ダムを見ることができ、なかなか壮観です。
IMG_4493.jpg

そうこうしているうちに、上高地バスターミナルに到着です!
下車してみると、涼しい!!これぞ避暑地、と思いつつも日差しはそれなりにありますね。
IMG_4505.jpg

平日の金曜日なので、大混雑という感じではないですが、外国人の観光客の方など、そこそこの人の多さです。

早速キャンプ地となる小梨平に向かいたくなりますが、まずは帰りの整理券をゲットする必要がありますね(事前にチケットとともに整理券で予約する必要があります)。
バスはそれなりの本数がありますが、日曜日の帰りなので早めにゲットしておきました。

3 小梨平キャンプ場
バスターミナルに着くと、とりあえず荷物も重いし、キャンプ場を探しますが標識などはすぐには見当たりません。
とりあえず人の流れに沿っていくと、かっぱ橋が見えてきました。

IMG_4510.jpg

おお、綺麗です!しかも穂高連峰が見えます、すげー、そして綺麗としか言いようがありませんね。
IMG_4511.jpg

河童橋を超えてプラプラ進んでいくと、標識が見えてきました。あと333歩らしいですが、数えるのを忘れていました・・・
IMG_4512.jpg

どなたかキャンプ場に行かれる方は数えてみてください。

キャンプ場の受付で2泊の予定を告げて1,200円を支払って、タグをもらいます。
ただ、重い荷物を担いで受付するよりも、先にテントを張っておけばよかったと、後で後悔しました・・・

キャンプ場は広いですが、梓川沿いで穂高連峰を見渡せる場所は、ほとんど埋まっています。
というか、60歳から70歳ぐらいの夫婦の方、ソロのおじさんが7割ぐらい占めているのでは?という感じです。そして、残りは、いかにもキャンプ・登山経験が豊富そうな方が、狭いスペースに上手くテントを張っていらっしゃいますね。

40を過ぎたおっさんで、普段も独りなのですが、今回のキャンプの目的も独り静かになりたいという、どんだけ独りになりたいねん!と突っ込まれそうですが、ちょっと中に入ってテントがあまりないスペースが空いているところにテントを張りました。

よし、昼飯を食べよう、いやその前にビールを飲もう!!
そうです、このキャンプ場ではビール500㎖がほぼ定価の340円(ドライや一番搾り)で調達できるんですね!
IMG_4527.jpg

梓川と穂高連峰に乾杯をして、袋ラーメンを調理します。
キャンプと言えばカレー、もしくは袋ラーメンのような気がするのですが、ひさびさの「サッポロ一番味噌ラーメン」です。
このフレーズを見ただけで音楽が流れだす人は、同世代でしょうかね?
そういえば、最近CM見ないな、なんて思いながら、美味しくビールとラーメンをいただきます。

ちなみに、キャンプ場には洗い場も3か所か4か所ぐらい、トイレも同じ数ぐらいあるので心配ありません。
IMG_4514.jpg

そしてなにより、水が美味しい!!
結局、2泊3日の旅の間で、お酒以外は全てここの水を飲んでいました!

これが梓川に流れる水です。もう透明度抜群ですね、美味しいわけです。
IMG_4542.jpg

後は、小梨平キャンプ場の売店ですが、キャンプ生活に必要なほとんどのものが手に入ります。カップラーメン、パスタ、調味料、お菓子類、石鹸やバンドエイド、サラダ油など、重い荷物を運ばなくてもそれなりのものは手に入りますね。
IMG_4523.jpg

この時で2時ぐらいでしょうかね。せっかくなので、キャンプ場から河童橋を超えてウエストン碑があるところまで、のんびりとお散歩です。
それにしてもどこも素晴らしい眺めですね。右を見ても左を見ても、川を流れる水も澄んでいる、空も青く空気も澄んでいる、なんでもっと早くこの地を訪れなかったんだろうと、軽く後悔です。
IMG_4563.jpg

IMG_4596.jpg

IMG_4587.jpg

IMG_4539.jpg

その後、夕方16時過ぎには早めにキャンプ場のお風呂に入ります。
IMG_4588.jpg
600円で、こちらも良心的な値段ですが、温泉ではありません。
浴場もそれほど大きくありませんが、汗を流せれば十分ですね。

後は、夜ご飯、またまたラーメンですが、おつまみに持ってきたソーセージや日本酒などをいただきます。
IMG_4614.jpg
ちょっと焦げているように見えるのは気のせいです・・・

IMG_4629.jpg

外は涼しいというか、ちょっと寒いくらいですが、なんとか半袖でも大丈夫ですね。
IMG_4624.jpg
確か、ここから完全に暗くなるまで1時間ぐらいかかったような気がします。

IMG_4627.jpg
梓川沿いにテントを張ったキャンパーの皆さんです。

8時過ぎになると、空には満点の星です!
久々に、こんなに夜空に星があるのか、驚くばかりです。
スマホカメラしかないので、写真がないのが残念ですが、本当に綺麗でした。

あー、やっぱり来てよかったな、なんて思いつつ、寒くなってきたので9時頃にテントに戻ってラジオを聴いているうちに眠りについていました。

ちょっと長くなりすぎたので、2日目は次回に持ち越しです。


にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR