FC2ブログ

【ハイキング】御岳山~大岳山~鋸山縦走!

おはようございます。
昨日は、トレーニングも兼ねて、7時間ほどのハイキングを楽しんできました。
この秋に、紅葉をテント泊で楽しもうかな、なんて考えているので、今回は使わないテント、シュラフを背負ってのトレーニングです。

朝は、洗濯などをしていると少し遅くなってしまい、8時過ぎに御嶽駅に到着するホリデー快速で向かいました。
すぐに降りて、バスを目指します。席は空いていませんが、なんとか潜り込んで出発です。
ケーブル下まで行って、ここからはケーブルに乗って、時間を有効活用です!

Image-51.jpg

御嶽神社へお参りです。
Image-52.jpg

天気はいまいちなのは分かっていたのですが、この日は一日こんな感じでした。
Image-53.jpg

ハセツネさんの記念碑、かれこれ5回ぐらい来ているのですが、初めて気が付きました。
Image-54.jpg

幻想的ですね・・・
Image-55.jpg

Image-56.jpg

ロックガーデンコースで滝を見ようと思っていたのですが、コースを間違ってしまい、大岳山へ向かいます!
結果的には、ロックガーデンに寄っていたら、8時間以上かかっていたかも・・・
Image-57.jpg

知らないおじさんも軽快な足取りです。
Image-58.jpg

大きなカエルがいてビックリ!!
Image-59.jpg

意外と危険個所があるんですね!
Image-60.jpg

鎖があるところはいいんですけど、ない岩場の個所で意外と苦戦してしまいました・・・
Image-61.jpg

Image-62.jpg

大岳山の頂上に着いたと思って、お昼にしたのですが、ここは頂上ではないんですね。
なんだかんだで、11時を過ぎていました(スタートから2時間ほど)。
Image-63.jpg

そういえば、この日は多国籍軍のトレランメンバーが20人ほどいらっしゃいました。
欧米人の鬼軍曹を筆頭に、若い男女まで欧米人から南米?東欧系?日本人まで、そうそうたるメンバーで、勝手に海兵隊員の秘密の訓練ではないか?なんてバカな空想をしていました。
おそらく、外資系企業のトレランサークルですかね?

雲取山の時はテントが重く感じましたが、この日はそれほど疲れを感じませんでした。
おそらく気温もそれほど高くないためかな、なんて思っていましたが、後半疲れが一気に出てくるとは、この時はまだ知りませんでした・・・

食事したところから30分ほど登ると、頂上です!!
Image-64.jpg

意外と、難所があるんですよね。
そして、私は岩場の下りが極端に苦手であると自覚してしまいました・・・
Image-65.jpg

大岳山から1時間少しで鋸山に到着です!
だんだん元気がなくなってきて、写真もあまり撮っていませんね。
到着は13:20分ごろです。
Image-66.jpg

少しだけ晴れ間が見えることも。
Image-67.jpg

いい景色ですが、もうこの頃はヘロヘロです。
地図上では鋸山から奥多摩へは1:40のコースですが、2時間20分ほどかかってしまいました。

Image-68.jpg

奥多摩駅に向かう橋の上からです。
Image-69.jpg

今回は、天気の悪い中でトレーニング目的でしたが、なかなか大変ですね。
御岳山やロックガーデンは景色や滝がきれいですが、大岳山なんかはあまり見どころがない気がします。
景色やテント泊などの目的がないと、心が折れそうになりますね。

秋登山はこれからが本番ですね、天気に恵まれるといいな!
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
Phoenix Fund(自分用リタイアファンド)のファンドマネージャーとして運用方針を悩みながら投資生活を送る。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR