FC2ブログ

【雑感】下落相場では投資を辞めたくなりますよね?

LRG_DSC01365.jpg
(太田黒公園の紅葉)

今年からつみたてNISAが導入されたこともあって、投資を始めた方も多いのではないでしょうか?
そして今、投資の口座画面を眺めて、こんなはずではなかった、何が資産形成なんだ、つみたて投資をしても結局はマイナスやん、という方も多いのではないでしょうか。

私も、投資を始めたのがパリバショックの後で、もうこれ以上は下げないだろうという時で、そこからリーマンショックを迎えて、いきなりボーナスぐらいのお金が吹っ飛んでいきました。

そう考えると、今はまだまだという感じがしますね。
当時は、本当に米国の銀行や証券会社が次々と潰れるのではないかと、そういう状況でしたので、今はどうってことはないですね。

と言っても、これからもっと下がるのではないか、と不安になりますよね。
私も、もっと下がることもあるのではないか、なんて思いながら投資をしています。

対処法とすると、
1 下落相場は安く買えるチャンスと思う
2 ゴールを再確認する(ゴールはまだ数十年後)
3 投資とは未来の経済成長を信じるもの

でしょうかね?

1は、つみたて投資のメリットは、定期的に買い付けやすい時に多く買える、それによって平均取得単価を抑えることができますね。
ずーっと上昇相場であれば、最初に一括して投資しておけばいいのですが、相場は上下に変動して、更にいつが底値なのか分かりませんね。
そんな中でもコンスタントに投資を続けるのがつみたて投資のメリットだと思います。

2は、投資のゴールはまだ先ですよね。人それぞれでしょうが投資を始めたばかりの方は、まだゴール(定年や目標額など)は見えてもいないのではないでしょうか?
豊かな老後資金が欲しい、とにかくお金を貯めたい、アーリーリタイアできる資金が欲しいなど様々でしょうが、やはり投資で短期間で10倍にしたいと思っても、そんなに簡単ではないですよね。
インデックス投資がメインであれば、ゆっくりと時間を味方につける投資方法です。
相場は7年から10年で一巡(上昇と下落を繰り返す)ので、それぐらいは続けてみてはいかがでしょうか?

3は、投資は企業の成長に資金を拠出するものですよね。
FANGのようにいきなり大きくなる会社、少しずつ大きくなる会社、残念ながら退出する会社など様々ですが、どの会社も成長を目指しているのは確かです。
そう考えると、今は少し体調を崩していますが、いずれまた大きく成長してくれるはずですね(そう信じることができなければ投資をする必要は無くなってしまいます)。

投資をするしないは個人の自由ですが、私は10数年前に投資をしてよかったと思っています。そして、時間を味方につけて投資を続ける、この下落相場を耐えた人だけが大きな果実を得ることができます。
そんな思いで、これからの下落相場を乗り切っていきましょう!

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

下落相場の時こそ、その人の資質、性格、経験などが影響しますよね。
僕もそれなりに乗り越えてきた歴史があるので落ち着いて対処できていますし、もし本格的に落ちるならまだまだこんなものではないだろうから、いよいよ冷静に対処するのみです。
つみたて投資もラクでいいですね。

Re: タイトルなし

招き猫さん、コメントありがとうございます。

さすがに、リーマンのような下落はないと思いますが、少し利確しておくと気持ち的に楽なのと、リタイアを見据えても3年分ぐらいNISAで投資できる余裕があると、なんとかなるのではと思えますね。

セオリーだとBuy&Holdなんでしょうが、給料のインカムがなくなる時に下落が来る可能性を考えると、少しリスクオフにしている感じです。
何が正解かはないでしょうが、自分に合ったリスクで行きたいですね。

> 下落相場の時こそ、その人の資質、性格、経験などが影響しますよね。
> 僕もそれなりに乗り越えてきた歴史があるので落ち着いて対処できていますし、もし本格的に落ちるならまだまだこんなものではないだろうから、いよいよ冷静に対処するのみです。
> つみたて投資もラクでいいですね。
プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をして、趣味を楽しみつつ、資産形成・セミリタイアを目指しています。
投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。
メールも設定していますが、よく分からずつながらないので、コメントあればコメント欄へお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR