FC2ブログ

「低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー」朝倉智也著を読んでみました!

今日は少しあったかい日で、まったりと部屋掃除などして過ごしたフェニックスです。

今日はブックオフで先日買った本を読みました。
好みもあるでしょうが、私は古本でも気にしません。
その時々ですが、月に4、5冊本を読むので、小市民としては投資資金の捻出のためには中古でもいいと思っています。

今回も1,500円の本を200円で手に入れています。
そして、もう一つのメリットが投資本の場合、当時の著者の考えなり投資本が果たして2、3年後に当てはまっていたのか検証ができるということです。

よほどお気に入りの本でもない限り、新刊で手に入れても数年後読み返すということはあまりありません。
もちろん、投資本でも永く愛され教科書となる本もありますが、ほんの一握りです。
一方で多くの本はその時は時代にあっていますが、数年後には対応できない投資手法であったりします。

今回は、残念ながら半々、少し後者の割合が高い評価です。
著者は、投資をしている方なら知っている方が多いかと思いますが、モーニングスター社長です。

私も大変お世話になっているサイトです。
感想としては、中・上級者向けで、以前より不確かな時代にどのように同投資すればいいのかということです。

著者は、景気循環に合わせてポートフォリオを組み替えるという考えです。
理屈上はそれは分かりますが、非常に難しい投資手法です。

そして、新興国のVISTAやNEXT11とされている、インドネシア、トルコを組み合わせるのもどうかと提案されています。
これは2012年当時ではよく聞きました、

でも、今となってはどうでしょうか?
トルコなどの新興国は政治リスクがあり、景気循環も新興国、先進国、日本で微妙に異なります。
朝倉さんも本心でかいたのかどうか分かりませんが、個人的にはいろんなファンドにリスク分散した積み立てがいいのかなという思いを強くした本でした。


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

フェニックス

Author:フェニックス
 40代の独身男、インデックス(パッシブ)つみたて投資は、ベストではないかもしれないけど、最もベターな投資方法であるというポリシーでコツコツ投資をしならが、高配当株にも手を出したりして、資産形成・セミリタイアを目指しています。
 投資だけでなく、軽登山・トレッキング、旅行(18きっぷ等)、日々の生活や悩みごとなどもブログにアップしています。
 なお、ブログには一部面白くするためフィクションも含まれています。くれぐれも投資は、自己責任でお願いします。

最新記事
カテゴリ
シンプルアーカイブ
カウンター
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR